fc2ブログ
04.02
Wed

地震:チリ沖でM8.2 中南米に津波警報

毎日新聞 2014年04月02日 10時06分(最終更新 04月02日 14時47分)
2014040211.jpg
震源地の位置

【サンパウロ朴鐘珠】
南米チリで1日午後8時46分(日本時間2日午前8時46分)ごろ、
同国北部沖の太平洋を震源とする強い地震が発生した。
米地質調査所(USGS)によると、地震の強さを表すマグニチュード(M)は8.2。
米ハワイの太平洋津波警報センターは中南米の太平洋沿岸諸国に津波警報を発令した。

震源地はチリ北部イキケの北西95キロ沖の太平洋。
震源の深さは20キロ。現地からの報道によると、イキケに隣接するアウトオスピシオで地震により5人が死亡した。
このうち1人の死因は心臓発作という。また、3人の負傷が確認されている。

津波警報はチリ、ペルー、エクアドル、コロンビア、パナマの5カ国に発令された。
イキケ近郊の沿岸では2メートルを超える津波が観測された。

震源に近い地域では停電や土砂崩れが発生したほか、イキケの女性刑務所から受刑者約300人が脱走した。
原因は不明だが、地震の揺れで建物が崩れた可能性がある。

チリでは地震が多発しており、
1960年5月のチリ沖を震源とするM9.5の地震では、津波が太平洋を1日かけて横断し日本に到達。
東北地方を中心に142人が死亡し、家屋約1600戸が全壊した。
2010年2月には、中部を震源とするM8.8の地震があり、高さ30メートル超の津波が発生。
521人が犠牲となった。




巨大地震と言えば、原子力発電所。なので、
チリに原子力発電所はあるのか?

原子炉の一覧より

チリ 研究炉

チリ原子力委員会管轄の研究炉が2基存在する。

RECH1…プール型。出力5MWt MTR。1974年臨界。サンティアゴ
RECH2…プール型。出力10MWt MTR。1977年臨界、1989年改造。サンティアゴ



研究炉があるのみのようです。
震源地とサンティアゴも距離があるので、大丈夫かな…と。

「チリ・地震・原発」で検索していたら
東日本大震災のちょうど1年前2010年3月1日のしんぶん赤旗を見つけた


2010年3月1日(月)「しんぶん赤旗」
チリ地震が警鐘 原発冷却水確保できぬ恐れ
対策求める地元住民


チリ地震による津波が押し寄せた原発立地地域では28日、住民の不安が高まりました。
原子炉を冷却する海水が取水できなくなるなど、重大事故につながる恐れがあるからです。
日本共産党は、原発の津波対策の不備を早くから指摘してきましたが、いまだに改善されておらず、
今回の津波が警鐘となっています。(中村秀生)

「3メートルくらいの津波がくると予想されているが、リアス式海岸なので津波は増幅するかもしれない。
原発で何が起こるかわからず、無事に過ごせればいいとハラハラしている」

女川原発(東北電力)がある宮城県女川町。
日本共産党の高野博町議は、避難所を回って住民の要望を聞いて自宅に戻った午後2時すぎ、
本紙の電話取材に答えました。

引き波の脅威

女川原発1号機は、津波(引き波)によって水位が4メートル低下すると、
原子炉の冷却に必要な水を海から直接取水できない構造です。

貯水槽に一定量が貯水されているとはいえ、原子炉の冷却ができなければ、
炉心溶融のような重大事故につながる恐れがあります。

「1960年のチリ地震津波では6メートルほど海面が下がり、町史には海底が見えたと記録されている。
津波の押し引きが繰り返されて、海底の砂や漂流物が取水口に入ったら、
冷却水を取るポンプが本当に動くかどうか…」と高野町議。

「原発の安全性を求める福島県連絡会」の代表で
福島第二原発(東京電力)から5キロの距離に住む早川篤雄(とくお)さんは、津波が到来する前の正午すぎ、
「福島第一、第二原発に、連絡会のメンバーが心配して電話をしたけれども応答がない。
防災無線でも原発については何も言っていない。どうなっているのか…」と不安をもらしました。

経済産業省原子力安全・保安院では今回、原発での津波への備えとして、
各原発で野外作業を停止することなど確認したとしていますが、原子炉停止などは必要ないという見解です。

改善ないまま

原発の津波対策をめぐっては、2006年に日本共産党の吉井英勝衆院議員が国会質問で不備を指摘しています。
5メートルの津波(引き波)によって、日本の原発の約8割にあたる43基の原発で、
冷却水が海から取水できなくなることを明らかにしました。
また、原発ごとに想定されている引き波でも、12原発が、取水不能になるうえ貯水槽もないことがわかっています。
(図)
2014040212.jpg

二階俊博経産相(当時)は吉井議員に対策を約束しましたが、
保安院によると、4年たった現時点でも改善はされていません。

原発問題住民運動全国連絡センターの伊東達也筆頭代表委員は
1960年の津波のときにはまだ原発はなく、それ以来、本格的な大きな津波に襲われたことはない。
今回の経験にたって、電力会社は、防災対策の現状を住民に説明し、対策をきちんとするべきだ」と指摘します。

高野町議は訴えます。
津波対策は、原発の盲点になっているように思う。
国の安全審査で漂流物や砂の影響を試験するなど、真剣にやってほしい。
大丈夫、大丈夫ということですまされない」
冷却水喪失なら炉心溶融の危険

吉井議員の話 
2007年の新潟県中越沖地震では、地震の揺れそのものによって柏崎刈羽原発が被害を受けた。
津波でも、海面が上がると冷却ポンプが水没する危険があり、海面が下がると冷却水喪失の恐れがある。
これらは、原子炉の崩壊熱による炉心溶融を懸念させる事態だ。

今後も、地震の揺れや津波への対策を前進させるために、国会でも取り組みたい。




もしもチリに原発があったら怖いと思っていた私だけど、
なんと、チリの地震で日本の原発が危険になるという!!

そして、赤旗の記事を読めば、
津波による原発の危険性を東日本大震災の1年前にも、このように警鐘を鳴らして指摘していたのに・・
この時点で、もっと謙虚に、危機感を持っていろいろな対策を原発が取っていたとしたら、
2011年3月11日の東日本大震災で、
福島第一原子力発電所はこれほどめちゃめちゃに壊れないですんだかもしれない。
そうすれば、3年経ち、福島は本当の意味での復興が出来ていたかもしれないのに。

今現在も、同じように何も聞こうとしない原子力ムラ。
いい加減な対策だけで再稼働する事ばかりを考えている原子力ムラ。


いい加減目を覚ませ!ボケ!アホ!!


元々最初っから、危険に関してはなんにも考えていない事が↓からもよーく解ります。


チリ巨大津波発生の年、福島県では原子力発電所誘致の表明がなされた。
以来40年間使いづめされた原子炉。
より一部転記

チリ地震津波が発生した昭和35年、福島県から原子力発電所の誘致表明がなされた。

1960年(昭和35年)
5月24日未明
三陸海岸を中心に北海道、宮城、岩手一体を6mの大津波が襲った。
チリの巨大地震で発生した18mの巨大津波が22時間後地球の裏側の日本を襲った。

11月29日
福島県から東京電力に対し、同県内双葉郡への原子力発電所誘致の土地提供の表明がされた。


翌昭和36年
9月19日大熊町議会にて原子力発電所誘致促進を議決する。

10月22日:双葉町議会にて原子力発電所誘致を議決する。



私も、福島第一原子力発電所が爆発しなかったら目が覚めないままだったと思います。
こんな私だって気が付いたんだから、原子力マフィアの人達もいい加減知らないふりはよそうよ。
まっすぐに危険と向き合う勇気を持とうよ。
どんなに危ないかってことにちゃんと向き合う勇気を出そうよ。




気象庁「津波の到達は早くて3日午前6時ごろか」

TBS 2014年4月2日 

南米チリ北部で起きた巨大地震について、2日午前、日本の気象庁が記者会見し、日本への影響については調査中で、もし津波が来るとすれば、最も早くて北海道や三陸の沿岸にあすの午前6時頃に到達する可能性があるとしています。

「この地震による津波の日本への影響は現在、いろいろなデータ集めて解析中。北海道東部や三陸の早いところあたりでは明日の朝6時くらいに、もし津波が来た場合には、明日朝6時くらいに来るだろう」(気象庁の会見)

チリではすでに最大2メートルを超える高さの津波が観測されていますが、日本への影響については調査中で、津波が到達するかなどについて気象庁はまだ判断できないとしています。しかしながら、2010年2月に南米沖で発生したM8.8の地震では、岩手県の久慈港や高知県の須崎港などで最大1.2メートルの津波が観測されるなど、日本では、南米付近を震源とする大地震に伴う津波でこれまでにたびたび津波による被害を受けているため注意が必要です。

気象庁では、日本にもし津波が来るとすれば、最も早くて、北海道や三陸の沿岸に3日の午前6時頃に到達する可能性があるとしています。気象庁は今後、各国の地震津波観測機関と連携しながら、津波に関するデータを集めて分析し、日本に津波が来るかどうか、来るとしたらどのくらいの高さの津波が来るのか、津波警報や津波注意報を発表するかどうか、夕方頃までには、日本への津波の影響について判断し、新たに発表したいとしています。

 Q.もし津波が来るとすれば、どんな点に注意が必要か?

南米と日本は距離にして1万7000キロも離れています。しかし、これまでの津波が来た実績をみてみると、津波はものすごく早く、時速700キロを超えるような猛スピード、ジェット機並みのスピードでやって来ることが考えられます。ただ、日本へ来るまでには24時間以上かかることが想像されるので、早くても3日午前6時、もし津波が来るとしても、安全を守るためにかけられる時間は十分あり、この時間を有効に使って、もし津波警報や注意報が出る場合には、それに備えた行動をとることが必要となります。(02日11:27)



2014040213.jpg



もう津波はこりごりだと思っている地域にまた津波が押し寄せるかもしれません。
しかも早朝に。
被害がないように祈ります。




comment 3
04.02
Wed
「臨床医が見たチェルノブイリ、福島の現状」
牛山元美医師(さがみ生協病院)
2014年3月18日

文字起こし部分のYoutube→http://youtu.be/k1Pv7KyuK9c?t=1h46m1s
20140318119.jpg

井戸川元双葉町長:
実例を申し上げたいと思います。
私は12日の爆発の時頭から放射能を浴びました。
で、浴びて、その夜医大に行って、証拠を残そうと思ってホールボディチェックをやったんですけど、
最近そのデータを見ましたけれども、まだ本心としては納得できないということで、
当初から鼻血は出ましたね。
あと喉は全く変わりました。
甲状腺にのう胞があるというのは2年前に発見して、
ま、何回か調べていますけれども、のう胞の時に細胞診で採って、癌ではないと言われたんですけれども、
ただ最近は、ここのチクチクがですね、感じられるようになって、この辺のところに、喉。
20140318120.jpg

牛山:外ですか?

井戸川:
中側ですね。
で、チクチクするのと、去年の暮れあたりからだんだんと、この辺(首のあたり)だったんですけど、
だんだんとここら辺(喉の付け根あたり)まで広がってきた。

牛山:チクチクした感じが

井戸川:
重いというか、なんとなくおかしな。
で、今は収まりましたけれども、1ヶ月、2ヶ月ぐらい前は胃袋までひどくてですね、
朝起きてみないと、自分の状態というのが分からない位になっていて、
一時期は声を出すのもつらかったですね。
だから、いどんな状況が進んでいる。
今はどういう状況かというと、肩から手にかけて痺れるんですね。
ま、いろいろな。
白内障は当然なっています。
そういう状況に今なっているんで、
私はもうモルモットとしてね、検体として皆さんの研究になるしかないなと、
そんなふうに思っているんですね。
あまりに有名なもんだから、どこに行ってもお医者さんにかかれない状態で、

井戸川の検体を一番欲しがっているのは日本政府で、福島県立医大なんですよ。
いかに彼に渡さないかという事で今戦っているんですね。

そんなことで、どうなんでしょうね。
どの位今進行しているんでしょうか?


牛山:
放射能を沢山浴びられたとはもちろん思います。
ただそれ以外にいろんな埃を沢山吸っただとか、いろんな化学物質も吸われていると思います。
すごいストレスもかかっていると思いますし、
そんな事で、これ、喉というのは一度気になりだすと、放射能と関係なく聞いていただいて。

喉はわりと一度気になるとずっと気になるんです。
昔からよく「ヒステリーのボールが詰まる」というんですけど、
一度「のどがなんかいがらっぽいな」と思うとずっといがらっぽくなっちゃう。
で、耳鼻科に行って気管支鏡というちょっと簡単なファイバーで見てもらうと、
「ちょっと赤くなっているかな」と思う位なんです。
それで少し炎症を下げるお薬とかを飲んでもらうと少し楽になるけどまたいがらっぽくなっちゃう。

そういう方に実は漢方薬で半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)というのがありますけど、
紫蘇とかが入っていて、なんか気分がちょっと良くなる様なお薬なんです。
それを飲むと結構、もう江戸時代からなんですけど、
それで喉の塊が落ちると言われていて、
どちらかというと精神的な何か不安感というのは喉に来やすいと言われています。

だから、放射能の影響ももちろんあるかもしれない。
金属製のいろんなものを吸われた可能性ももちろんあります。
特にお疲れもあるしストレスもあります。
そのストレスの中でもしかしたらそういうことも起きてきている可能性はあります、
ちゃんと耳鼻科には行かれているんですよね?

井戸川:
あの、ま、ヒリヒリ痛くなった時にですね、内視鏡みたいなので見てもらったら、
「血が出てる」と言われて、そしてもらった薬が止血剤だったんです。
で、別のドクターに聞いたら「それは飲むのを止めなさい」と言われて、止めたままなんですね。
だから、ヒリヒリ痛い時はもう出血してたんです。

私はやっぱり相当なものを吸っているんですね。
医大で測ったデーターを見ても何10万ベクレルのヨウ素被ばくをしていますから、
だからうそじゃないんですね。

牛山:鼻血も出たんですか?

井戸川:もちろん出てます。

牛山:目はどうでした?

井戸川:目は白内障です。

牛山:結膜炎は出ましたか?

井戸川:それは出てないです。

牛山:
実は福島にいらっしゃる原爆症とかの一番得意な先生がいらっしゃって、
その方に私がお話を聞いた時に、
鼻血が、ホットパーティクルがもし鼻の粘膜に入ってついて、それによって出血したのであれば、
「目の方から絶対に出血する」って言われたんですよ。
目の結膜の方がホットパーティクルを浴びるだろうと。
だから、「目から血が出ないんだから、鼻から出ているのは関係ない」とかといわれて、
「そうですか・・・」といって私は

井戸川:それは決められないと思いますよ。

牛山:
決められないと思います。
ただ、すごく経験のある原爆症をずっと診てこられた方なので、
そういう意見が今の医学的なあれなのかなと思っています。
ただ、そういう目じゃなく慎重に、謙虚にお話を聞いていかないといけないと思うので、
せひデータをきちんと早く残していきたいので教えて下さい。

田島:井戸川さんに質問しちゃっていいですか?

井戸川:はい。

田島:外部被ばく、内部被ばくの推定というか、計算をして下さいと頼んでしてもらった事はありますか?

井戸川:
いや、それもですね、まだ始めてないんですよ。
で、一番最近の情報、
少しずつ情報を積み上げしているんですけど、
最近の情報で「あ、これだ」と思ったのは、
16日のNHKの9時からの特集の中で、
双葉町 上羽鳥(ふたばまち かみはとり)の線量が前は1.59ミリ―ベルトだったという事で公表されましたね。
ところがNHKのあの番組では4.6ぐらいあったんですよ。

だから、いかに福島県が我々には間違った情報を出していたんだという事が分かったんですね。
その情報というのは私は直接福島県庁からグラフと数値。
1時間ごとの数値を持っていますので出させました。
それと今度放映したのでは、3倍近い、改造をしていたんだなという事が分かったために、
自分は1.5ミリシーベルト1/hを浴びたのか?
私は持っていたんですよ、線量計を。
でも持っていても線量計が降り切れちゃって測り様がなかったんです。あの現場では。
だから測り様がない程浴びた。
しかし、いくらか分からないけど今度のNHKで4.6ミリシーベルト/hですからね。
すごい線量を浴びているはずなんですけれど、
やっぱり「どうした?」って居た人達に聞くと喉が一番悪いんですね。
みんな喉が痛い。
肺浮腫というのも一人いました。
いままだ●にしていますけれども「肺浮腫になったんだ」というのを今日初めて聞きました。
あとは、毎日聞くんですよ、顔を合わせると。
そうすると「喉がおかしい」とかそういうものが出ています。
あと腎臓が癌になったとか、肺がんもちょっと、「異常な肺癌だ」と。
入口がね、肺の入口が癌になったと。
「考えられないね」って、それはおばあさんなんですけど。

子どもじゃないんですよ。
もう大人と私はしゃべっていて、大人からどんどん出てきているんですね。

田島:
ありがとうございました。
今井戸川さんのお話しの中にあったNHKでやったっていうのは16日ですね、日曜日ですね。
それの再放送が明日(19日)の夜中にある。

20140318116.jpg


http://youtu.be/k1Pv7KyuK9c?t=1h54m24s
岩路(報道ステーション ):
冒頭にみなさんが見て下さった報道ステーションをやっています岩路と申します。
よろしくお願いいたします。
今回は評価が高かったのでちょっと嬉しかったんですけど、ー拍手ー
ありがとうございます。
ちょと先生にお伺いしたいのが、
番組の中でも取材したんですが、共同診療所の松江先生が
「850人ぐらい診断をしていて、その4割ぐらいの人に甲状腺に蜂の巣状ののう胞が沢山出来ている」
という話があったんですけど、
これが僕らは放射能の影響かどうかというのは全く確信が持てなくて、
番組でも使ってなかったんですけれども、
松江先生が言うには
「甲状腺の機能障害というのが子どもたちに起きつつあるのではないか」という事を言われていたんですが、
このへんの甲状腺の機能障害というのは、放射能との関係。
それからいま3年位ですよね、2年、3年といった時期に現れるのかどうか?
この辺ってどういう指針になるのか、ちょっと教えていただければと。

牛山:
私が聞いた、ベラルーシでは、最初の時は腫瘍ができてきただけなんですね。
で、甲状腺の検査とかもあんまり出来ていなかったんですね、当時は。
だけど今の時代、20何年経って今のベラルーシでは、いろんな甲状腺の自己免疫疾患。
さっきバセドウ氏病とか橋本病とか言いましたが、
いろんな機能不全。
機能が行進したり、機能が低下したりという、甲状腺のホルモンの異常がいっぱい出ています。
そのための内分泌腫瘍センター、内分泌センター、内分泌の教授とかが山ほどいて、
そういう方達の病院もある位です。
とても、その、甲状腺の機能障害の様な病気は確かに増えています。
ただ、それは今のベラルーシであって、じゃあ日本ではどうなのか?と言うと、
日本で、私とかいろんな先生方が甲状腺のホルモンのチェックを一緒にしているんですけど、
今のところ子どもの甲状腺のホルモンに異常が出たというのはほとんどないです。
甲状腺にたいする自己免疫疾患は日本でずっともう親子で続いていく、
いわゆる帰属性のものだったり遺伝的なものが多かったので、
お母さんとかお父さんに少しそういう気があるとお子さんにも、抗体と言いますけど、
自己免疫疾患があったりとかしています。
それは今でも同じなんですけれども、特に増えているような感じはないと思います。
本当に小さなお子さんから、血を採るだけでもすごく泣いちゃってかわいそうだし、やりたくないんですけど、
でも、なにかそれこそ「異常が出てくるのかしら」という思いで採血をしていますけれども、
今のところはないですね。

で、その「蜂の巣状の」というのはもしかして、
私もそんなに専門家じゃないんですけど、
胸腺みたいなものなのかしら?
それとも「多発性のう胞」って確かにあることはあります。
んー、ただ、甲状腺には「コロイドのう胞」というものに見えるのう胞があるんですね。
ちょっとこまかい話になりますけれども、
黒い液体の中に白い塊みたいなものが見える、そういうのう胞があって、
それが沢山あることって結構あるんですよ。
でもそれが何なのか?
それこそ解剖して採ってみればわかるかもしれないけれど、
そこまでやらないうちにだんだん消えてきたりとか小さくなってくると、
小さくなってきちゃえば「あ、胸腺だったね」と言うし、
でも胸腺じゃなくて、分からないままみんな無くなっちゃうこともあって。
わかりません。
小さなお子さんの甲状腺に針を刺すのもみんな抵抗もありますし、
あの、そんな感じですね、今のところは。


岩路:
私は鈴木眞一さんの説明を2回聞いたんですけれども、
あの先生はお子さんに数珠状の数珠の様にできるものについては
「これは心配ありません」と特に強調して言っていました。
お母さんが一番心配するからね、余計に
「これはなんともないです」
「透明感のあるものだったら、もう全然、なんにも問題ありません」と強調していました。
たぶんそこのところがね、心配が解けないんじゃないかと思って、

牛山:
そのコロイドのう胞と言うのが多分甲状腺の本来の姿なんだと
本来の、沢山ホルモンを作った塊が見える状態じゃないかと言われているんです。
だから、「病気じゃなくて」という意味だと思うんですけれども、
ただ、わからないんです。
子どものエコーも昔はやっていなかったので。
分かりません。
鈴木先生がそうおっしゃるならそれで…。
分かりません。

岩路:ありがとうございました。




ーーおわりーー




子どもの内部被ばくと学校現場より一部抜粋

「放射能防護プロジェクト」に参加している三田茂さんという医師がいます。
この3月に小平市の病院を閉院して、東京から岡山へ移住することを決断されています。
今年3月11日に、『報道ステーション』で古舘伊知郎さんが甲状腺がんの特集をやりました。
古舘さんは三田先生にも取材に行っています。


三田医師は、東京・関東の子どもたちの血液、特に白血球の数値が低くなっている、と明らかにしました。
それは柏市や三郷市のようなホットスポットだけでなく、
埼玉市や川崎、横浜、相模原の子どもたちの数値も悪くなっている、と指摘しました。

話を聞いた古舘さんたちは驚いて、「先生の名前と顔が出るが、話していいのか」と聞きました。
三田先生は「大事なことだから、きちんとした良い番組を作ってくれるなら出して構わない」と、OKを出しました。
ところが、数日後に連絡が来て、「実は東京が危ないということは報道できない」と、全面カットになったそうです。
福島だけの問題になってしまいました。


三田先生は、他の医師にも
「甲状腺エコー検査機器を共同で買って、治療し直しましょう」と呼びかけているのですが、反応がない。
多くのテレビ局や新聞社からも、「東京の子どもの健康問題はどうなっているんだ」と取材を受けていますが、
一本の記事にも番組にもなっていません。
今のマスメディアは、「東京は安全だ、危険なのは福島だ」という情報操作がなされているのです。







続きを読む
comment 2
back-to-top