FC2ブログ

阿部功志氏「東海第二原発は非常に東京からも身近なんだという事を改めて自覚していただきたい」6/1官邸前・国会前☆大抗議(文字起こし)

阿部功志氏(原発事故からくらしを守るネットワーク/茨城より)

29:50~

2014060317.jpg

みなさんこんにちは。
茨城県の東海村から来た阿部功志といいます。
アベという名前で迷惑しています。

もう大分暑いので、
ザーッと見ているとみなさん年寄りばっかりなので、ちょっとあの、ひっくり返らないように気を付けて下さいね。
もう帰っても良いですよ、気持ちだけおいていって下さい(笑)あとカンパとね(笑)

茨城県に東海第二原発というのがあるのはご存じかと思うんですが、
東海第二原発と言うと、茨城じゃない所にあるんじゃないかって、
東海にあるんじゃないかって、浜岡の近くとかね、
そんなふうに思っているかもしれませんが、そうではありません。

東海第二原発の状況をみなさんに改めてお伝えしておきます。

東海原発というのは日本で最初の原発。
あれとは違います。
あれは廃炉作業に入っています。
ただ、中身が取り出せないんですね、置くところがないから。
また延びてしまいました。
いつまでも取り出せません。

廃炉というのは事故が起こらなくても簡単にできるものではないんですね。

東海第二原発は3.11の時に津波に襲われました。
5.4mの津波がきました。
でも、6.1mの壁があったために、かろうじて70cm差で水をかぶらなかったんですが、
その壁が出来たのは3月9日でした。
つまり、2日前です。


で、まだ穴をふさいでいなかった所があったので、そこから水が入っちゃって、
それで一部の非常用発電機なんかも水没したりしました。
これ、
だから、防護壁がなかったら、全電源喪失になっていたんですね。
僅か70cm差ですよ。


そういう状況にあったことをどの位の方がご存じだったか?」という事ですね。

しかも、圧力逃し弁を170回もパカパカパカパカ3日半に渡って開けたり閉めたりして、
3日半かかってやっと冷温停止状態にできたんです。


ですから、一つ間違えれば福島第一と同じになっていたんですね。

東京からわずか110km、120kmぐらいしかない、その東海第二原発のために、
この辺だってどうなっていたか分かったもんじゃない。
それほど関東地方にある、関東地方にあるんですよ、東海地方じゃないですよ、
その東海第二原発は非常に東京からも身近なんだという事を改めて自覚していただきたいと思うんですね。

で、あの辺は最初に原発をつくっちゃった場所だから、地盤調査もろくにやっていないから、砂の上にできています。
ガタガタになりました、地震で。
もう、東海原発の周辺なんか、道路もなにもグチャグチャでした。


なのに、今また「動かそう」という話があるんですね。

そういう老朽被災原発が東海第二原発です。

で、日本原電はもう敦賀がダメですから、東海第二原発を動かすために必死です。
自分たちの企業を守らなくちゃならない。
住民のこと?
それは知りませんね。

その再稼働の前提になる適合性審査、ま、安全審査って言っていますけれども、
適合性審査をこの間、5月20日に申請しました。
で、その日だったかな、濱田康男社長(日本原子力発電)、
濱田康男社長はちょっとなぎら健壱さんに似ているんですけども、

2014060318.jpg

なぎら健壱をしょぼくした感じ。

その濱田社長が、「再稼働を前提としている」と発言しています。
「再稼働と適合性審査は直結しない」なんて言っておきながらですね。

一方、周辺の市町村長、これは安全協定というのがありますが、
安全協定の見直しのためにずーっと原電に要求をしています。
「見直してくれ」と。
なかなかそれが進まなかったんですけれども、今度また見直しの話はあるとは言うんですけどね、

そういう中でベントの工事をしています。
ベントというのは、放射能を外へ出しちゃうわけですから、
「あんな危ないことはやっちゃいけない」と最初から決まっていたのに簡単に無視して
「ベントが必要だ」とかなんだとか言ってますが、
絶対にやっちゃいけなかった筈のものですよね、ベントっていうのは。

そのベント工事まで含めて、「再稼働に直結しない」なんて言ってますからね。
そういうふうな状況です。

で、日本原電は1ワットの発電もしていないけれども、
1258億円の利益を上げていますね。
来年も1100億円儲けていますよ。
みんな我々の電気代です。


というふうな状況で、圏内ではいろいろと首長さんが動いたり、
あるいは、自治体の議員連盟でそういう反対の議連を発足させたりして活動したりもしています。

どうかそういう中で、東海村には非常に危険があるんだという事をみなさんご理解いただいて、
またお力をお貸しいただきたいと思います。
どうもありがとうございました。





続きを読む

スポンサーサイト



<除染しても線量下がらず>除染目標値 毎時0.23から0.4~0.6マイクロシーベルトに引き上げ 環境省と福島4市

除染の目標値“倍に引き上げ”を協議
日本テレビ系(NNN) 6月6日(金)21時46分配信
 
2014060611.jpg
原発事故からの復興の前提となる除染で、達成すべき空間放射線量の目標値について、
環境省と地元の自治体がこれまでのほぼ倍に引き上げる新たな方針を協議していることが分かった。

2014060612.jpg
環境省は、除染の後の空間放射線量を毎時0.23マイクロシーベルト以下とする目標値を定めている。

2014060613.jpg
ただ、一部の自治体からは、「達成は難しい」と、より現実的に見直すよう要望も出ていた。

2014060614.jpg
このため環境省は、
目標値をこれまでのほぼ倍の毎時0.4~0.6マイクロシーベルト前後に引き上げる方向で、
自治体と協議を進めていることが分かった。


2014060615.jpg

環境省などは、毎時0.23マイクロシーベルトを上回っても
年間の追加被ばく線量である1ミリシーベルト以下に抑えられるとして、
今月15日にも、自治体を集め、目標の引き上げについて話し合うことにしている。




除染の勉強会設立へ 環境省と福島、郡山、相馬、伊達市
福島民報 2014/04/15 09:28

2014060616.jpg

環境省と福島、郡山、相馬、伊達の4市
除染を加速するため、放射線量低減の目標や、効果的な手法を検討する勉強会を設ける。
14日、井上信治環境副大臣が各市の市長に提案し、了承された。
 
井上副大臣は福島市の福島ビューホテルで、

福島市の小林香市長、
郡山市の品川萬里(まさと)市長、
相馬市の立谷秀清市長、
伊達市の仁志田昇司市長


と意見交換した。
席上、井上副大臣は
「4市には先進的に除染を進めてもらっている。国と自治体が知恵を出し合うために勉強会を設けたい」と語った。
 
各市長は、除染に関する要望書を、井上副大臣に対しそれぞれ提出。
その上で、各市の除染の現状や要望事項について説明した。
 
小林市長
追加被ばく線量の年間1ミリシーベルトと、1時間当たり0.23マイクロシーベルトとの関係性が(住民に)正しく理解されるため、除染作業の目標を、国が明確に示すことが必要」と述べた。

立谷市長
東京電力福島第一原発事故後、これまでの相馬市内などでの実際の放射線測定値が国の推計値の半分程度であったことを挙げ、「(推計)被ばく線量の計算方法をもう一度考え直してもいいのではないか」と訴えた。
 
意見交換終了後、井上副大臣は勉強会について
「要望事項を(議論の)俎上(そじょう)に上げ、2、3カ月中に政策を打ち出していきたい」との見通しを示した。
( 2014/04/15 09:28 カテゴリー:主要 )





ヒトの命を軽視する悪魔のような人々

井上信治環境副大臣
2014060617.jpg

福島市小林香市長
2014060618.jpg

郡山市品川萬里(まさと)市長
2014060619.jpg

相馬市立谷秀清市長
2014060620.jpg

伊達市仁志田昇司市長
2014060621.jpg