fc2ブログ
10.17
Sat
第5回 市民科学者国際会議
~東京電力福島第一原子力発電所事故の放射線被ばくによる
健康影響を科学的に究明し、防護と対策を実現するために~
2日目 日時:2015年9月21日(月・祝)




<福島とチェルノブイリの野生生物・1>ティモシー・ムソー教授「低用量曝露によって遺伝的損傷が起こるということが示されているのです」9/22第5回 市民科学者国際会議(文字起こし)の続き

26:49
ムソ−15

特別変異が集団によって高まるということですが、その結果確率として何が起こるのか?
動植物でこのような地域に住むものにとってどのような帰結が起こるのか?ということを見ていきました。
これが二つ目の質問です。
15年前です。
協力者ディモーリスト先生と1991年以降研究しています。
従って非常に長い研究ということになりますが、一つ始めに気がついたのは、もう目ですぐわかるんです。
鳥が飛び回っていますよね。
あんまり人を怖がらない、鳥というのは近寄ってきます。
特にツバメはそうです。
巣がドアの上に作られたりとかでたくさんの方が鳥を目にすると思います。
常時子どもはどうなっているのかな、ツバメの家族はどうなっているのかな?なんて見てらっしゃる方もいると思います。

ムソー16

これはツバメですけれども、このように白い羽が斑点紋状に出てきたということがわかりました。
どのレベルでも、どの頻度でも、どこを見ても、チェルノブイリ以外ではこのような斑紋のある白い羽を持つツバメは一切認められません。
おそらく有意な変化といえましょう。

これを手掛かりに他のチェルノブイリで手に入るものは全て研究しました。

ムソー17

多くの鳥類、こちらの方もやはり白い、白化(はっか)という異常が起こっています。
鳥だけではなく、難しいかもしれませんが、
メスの鳥を見て、難しいから割愛させていただきますけれども、
統計的有意を持って白化が起こっているということが認められました。

ムソー18

これはマーカーです。
つまり「遺伝的影響がある」ということ、そして「放射線の影響がある」ということがマーカーなのです。


福島は7月から関わり始めました。
そこで対象としたのはツバメです。

ムソー19

2012年7月に白化したツバメが認められました。
福島のツバメです。
私どもは継続して協力しながら、地元の市民団体、日本の野鳥団体という活発な団体と協力しながら、こう言ったツバメを福島中で検証してきました。

ムソ−20

毎年毎年私どもの方で見つけられる、こういった白化があるツバメの数は増えてきています。
繰り返しになりますけれども、こちらは放射線被ばくのマーカーとなっています。

おそらくそれ以外のことも示唆しているのではないか?
それ以外の重要なことも示唆しているのではないかということが推察されます。

そして浪江町の牛ですけれども、牛でも白斑が認められました。

ムソ−21

これが同じ机上で起こっているのかどうかはわかりません。
これと机上との関係はわかりません。
偶然かもしれませんが、このような形で動物の中には白斑を示すものが出てきています。
通常よりもずっと明るい色を示す動物が増えてきてしまっているのです。


つづく


ーーー関係ブログーーー

ツバメの巣から放射性物質〜21 都道府県中、1 都 12 県の巣から放射性セシウムが検出

<謎の眠り病>動画を見て気になったこと

「身体の一部が白くなるアルビノと呼ばれる突然変異」ネズミや鳥になにが?高放射線量地域生物に異変TBS(内容書き出し)

<黒毛和牛の白い斑点>「被ばく調査の生きた標本。 生きた証拠です」希望の牧場・ふくしま9/13スーパーJチャンネル(内容書き出し)

<被ばく症状>アルビニズム白色症 ・アルビノそして白斑

内部被曝に迫る ~チェルノブイリからの報告~(内容全部書き出し)

<被ばく症状>アルビニズム白色症 ・アルビノそして白斑

<三重県鳥羽市で次々見つかる奇形生物>お腹が横に紅白色分けの伊勢エビ・白いナマコ・雌雄の特徴が混在する伊勢エビ 

白いマグロ

ピンク色のバッタ

<縁起がいい?>「幸運を呼ぶ金のヒラメ」と「ラベンダー色のタラバガニ」

<福島のお母さんに記者の質問>「鼻血以外の症状って?」「どんな発疹ですか?」5/21(文字起こし)
あと息子の肌が、白斑って言うんですか、白く抜けた感じが何カ所かに見られました。
傷みも痒みもないみたいです。

鮭もアルビノ





続きを読む
comment 2
back-to-top