フランス・フラマンビル原子力発電所で爆発


(最初ブログにUPしていた爆発の動画は別のものだったようですので、削除しました。教えてくださってありがとうございました)



フランス原発

フランス
原発で爆発、5人軽いけが

毎日新聞2017年2月10日 東京朝刊

 【パリ賀有勇】フランス北西部にあるフラマンビル原子力発電所の敷地内で9日、爆発があり5人が軽傷を負った。
放射性物質の漏えいはないという。地元メディアが地元当局者の話として伝えた。

 地元紙ウエスト・フランスによると、9日午前9時半ごろ、フラマンビル原発1号機の機械室内の換気系施設で爆発があり、5人が火災による軽い中毒症状を訴えているという。爆発の原因は不明。



フラマンヴィル原子力発電所(フランス語:Centrale nucléaire de Flamanville)は、フランス共和国マンシュ県フラマンヴィルに所在する原子力発電所。施設はコタンタン半島の西岸、高さ70mの花崗岩できた崖の麓にあり、シェルブールから南西に10km、県都サン=ローから北西へ40kmに位置している。同じコタンタン半島にはラ・アーグ再処理工場も所在している。

原子炉名 Flamanville-1
格納容器形式(原子炉形式)P'4 REP 1300(PWR)
運用者 フランス電力
建造者 フラマトム
建設開始 1979年12月
送電網接続運転開始 1985年12月
営業運転開始 1986年12月


ーーー


フランスのリアルタイム放射線量

l’IRSN
↑ここでフランス国内各地の大気中の放射線量をリアルタイムで知ることができるらしい↓
フランスの原発
残念ですが私にはこのページの利用方法がよくわかりません。
だけど、原子力施設がものすごくたくさんあることだけはとてもよくわかりました。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。