FC2ブログ

福島第一原発〜今年1月までの一年間の放出量は9億3千300万ベクレル〜!!!

NHKのニュース原稿とWEBに書かれていた文章とでは受けるイメージが違っているように感じたので
アナウンサーの言葉を文字起こししました。

ーニュース動画文字起こしー
世界最悪
世界最悪レベルの原発事故の発生からまもなく8年、

NHKでは、東京電力福島第一原子力発電所1号機から4号機の原子炉建屋から放射性物質がどのくらい放出されているのか、東京電力の公表資料をもとに計算しました。
福島0

その結果、いずれも推計で、去年1月までの一年間の放出量は4億7千100万ベクレルほどだったのに対し、
今年1月までの一年間の放出量は9億3千300万ベクレルほどに上り2倍近くになっていることがわかりました。
福島1

これについて東京電力は「1号機の瓦礫の撤去作業や2号機の原子炉建屋の放射線量を測る調査に伴う作業の際に放射性物質を含む塵が舞ったからではないか」としています。
福島2

ただ、1時間あたりの放出量は国の基準をもとに東京電力が厳しく定めたレベルを大きく下回っているということで、
東京電力は8年間の大きなトレンドでは減少傾向だが、廃炉作業によって一時的に増えたのが原因とみられる。
放射性物質が広がらないよう対策を講じたいとしています。

ーーー


ちなみに、NHK WEBではこう書かれていました↓




福島第一原発 放射性物質の放出量が前年比2倍に
2019年3月8日 4時08分

福島第一原子力発電所から放出されている放射性物質の量についてNHKがまとめたところ、ことし1月までの1年間の放出量が推計で、前の年と比べて2倍近くになっていることがわかりました。放出量は基準値を大きく下回っているものの、東京電力は廃炉作業によって一時的に増えたのが原因ではないかとしています。

東京電力は8年前の原発事故のあと、1号機から4号機の原子炉建屋から放出されている放射性物質の量について、現在は「対策を講じているので大幅に減ってきている」と説明しています。

NHKでは、東京電力の公表資料を基に計算したところ、いずれも推計で、去年1月までの1年間の放出量は4億7100万ベクレルほどだったのに対し、ことし1月までの1年間の放出量は9億3300万ベクレルほどに上り、2倍近くになっていることがわかりました。

これについて東京電力は、1号機のがれきの撤去作業や、2号機の原子炉建屋の放射線量を測る調査にともなう作業での際、放射性物質を含むちりが舞ったからではないかとしています。

ただ、1時間当たりの放出量は国の基準を基に東京電力が厳しく定めたレベルを大きく下回っているということで、東京電力は「8年間の大きなトレンドでは減少傾向だが、廃炉作業によって一時的に増えたのが原因とみられる。放射性物質が広がらないよう対策を講じたい」としています。




ニュースではさらっと4億だとか9億だとか言っていますが・・・
4億7千100万ベクレルでもすごいんじゃないか!?と思いますが、
9億3千300万ベクレル!!
こんなに放射性物質(この中には様々な核種が)を放出し続けているにも関わらず、住民を帰還させていいのでしょうか?
そもそも、放射性物質を出し続けていることって、本来許される事だっけ??


そして、まだまだ近県に住み続けている私たちも見えない放射性物質に対して危機感を持って生活していかなければならないと、改めて自分に言い聞かせました。

9億3300万ベクレル÷365日≒256万ベクレル
1日に平均256万ベクレル出ていることになる


原発事故後に作られた下記資料(日本原子力研究開発機構制作)を見て「ベクレルってどんなものだっけ?」の復習をしてみました。

放射線と健康への影響について 平成24年2月28日
独立行政法人 日本原子力研究開発機構 核燃料サイクル工学研究所
放射線管理部長 古田 定昭

福島第一から放出されている放射性物質はどこへ?
福島から放出される放射能



そして、福島県外へはどんなルートで流れていくの?
福島からの流れ方
来る来る、流れて来る、飛んで来る、首都圏まで、東京も超えて・・・


多量に長期間摂取しなければ、健康には影響ありません」って書いてあるけれど、
結構な量をすでに8年間(長期間)食べたり吸ったり体に付着させたりし続けています><;
食べたら

500ベクレル/kgのセシウム137が含まれる野菜を1kg食べたら
= 6.5 マイクロシーベルト
それを1ヶ月(30日)続けたら = 195 マイクロシーベルト

ー1日256万ベクレル・・・500ベクレルの何倍??
500ベクレルの5120倍!



放射線の健康への影響 晩発障害として「白内障・癌・白血病」を認めている。
健康影響


ベクレルは1秒間のパンチの数 8年間でどれだけパンチを受けているのか!?
放射能の単位


人体のDNAが福島第一原発から出続ける放射性物質によってどれだけ傷つけられていることか!!
人体を通ると


東海第二原発を再稼働させたくて仕方がない日本原子力研究開発機構の作った資料でもこのように書かれています。
一度壊れたら手の付けようもなく環境に放出され続けてしまう。
これから先、多分私はこれからの人生、死ぬまで福島第一原子力発電所から出され続けていく放射性物質に注意していかなければならないでしょう。

南相馬市総合病院の場合 平成22年〜29年 


南相馬市立総合病院の医事会計情報を拝見して、原発事故後の「増え方が尋常じゃない!」と、感じたので・・・
グラフにしてみました

白血病
白血病
2010年には5人だった白血病が2017年には53人に増えています


甲状腺癌
甲状腺癌
甲状腺癌は原発事故前には一人だけだったのに、2017年には29人に!

心筋梗塞
名称未設定


白血病は平成29年では22年原発事故前年度の10.6倍
甲状腺癌は29倍
心筋梗塞は3.97倍
胃癌も肺癌も大腸癌も肺炎も・・・ひどく増えているように見える


原発事故が起きなかったとしても、患者数はこれほどまでに増えるのだろうか?





南相馬市立総合病院

当院が情報提供した医事会計情報について

投稿日 : 2018年12月12日 最終更新日時 : 2018年12月13日
当院が情報提供した医事会計情報に関して、お問い合わせがあることから、以下のとおりお知らせします。

当院が情報提供した医事会計情報
【H30.9.18情報提供要請疾患】

※主傷病名のみ

南相馬市立総合病院

南相馬市立総合病院 白血病

南相馬市立総合病院甲状腺癌

南相馬市立総合病院 心筋梗塞

医事会計情報は、当院において診療を終了していない方と診療を新たに開始した方を年度毎に集計した概ね累積の数値です

【データの抽出方法について】

①情報提供要請があった病名について、当院の医事会計システムから、主傷病名注1を年度毎に抽出しています。

注1…「主傷病名」とは、患者の主たる病名のことです。患者に複数の傷病が及ぶ場合、抽出数は、実際の患者数を上回ります。

②当院において診療を終了した方注2は集計されません。逆に、当院において診療を終了していない方については集計されます。

注2…「診療を終了した方」とは、傷病の治癒、死亡のほか、当院が把握出来ている転院を含みます。

③診療を新たに開始した方には、他の医療機関から当院へ転院した方も集計しています。

当院の患者数の増減が、市内(地域)の罹患率の増減を表すことにはなりません

患者数の増加について、当院では、

・市内医療機関における医療従事者の不足を原因とした当院への転院
・専門医の当院着任による市外の医療機関から当院への転院

などによるものと捉えています。
当院と市内(地域)の他の医療機関とでは、診療科目、専門医の配置が異なります。よって、市内(地域)での主傷病件数の増減を、当院の医事会計情報だけで把握することは出来ないと考えます。

※当該掲載文は、一般の方向けになっていますので、詳細については事務担当までお問い合わせください。

(事務担当:事務部事務課医事係  電話 : 0244-22-3181)







胃癌
胃癌

肺癌
肺癌

大腸癌
大腸癌

肝臓癌
肝臓癌

肺炎
肺炎