スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汚染されていない魚はどこにあるのかが知りたい

恐れていたことが現実に 魚介類のセシウム汚染 日に日に上昇

2011年11月10日10時00分 ゲンダイネット

東北地方の漁業関係者らに衝撃が走っている。
10月中下旬以降、福島沖などで取れた魚介類の放射性セシウムの数値がハンパじゃなく高いためだ。

福島原発事故後、魚介類のセシウム汚染は予想されていたとはいえ、値は月日を追うごとにどんどん上昇している。
このまま汚染が進めば、食卓から魚が消える日がいよいよ現実味を帯びてくる。

水産庁は原発事故後、福島や茨城などの各都道府県、業界団体と連携し、
週1回程度、水産物のサンプリング調査を行っている。
2日までで、計3475の検体を調べた。

それによると、10月初旬ころまでに公表されたセシウムの値は、
国の規制値(1キロ当たり500ベクレル)に達しない魚介類がほとんどだったが、
中旬ごろから、規制値をオーバーする検体が徐々に出始めた。

例えば、19日公表の福島沖の「コモンカスベ」は、国の規制値の2倍を超える1280ベクレルを検出。
26日公表の福島沖の「シロメバル」は、ナント、2400ベクレルだった。

11月に入ると、福島沖の
「クロソイ」で1420ベクレル、
「コモンカスベ」で1260ベクレル、
「イシガレイ」で1180ベクレル、
「アイナメ」で1050ベクレルなどと、4ケタ台の汚染魚が続出。

さらに前橋市の「ワカサギ」でも589ベクレル、「ウグイ」は685ベクレルが検出され、
汚染地域がジワジワ拡大している実態がうかがえるのである。

国の規制値は国際的に見ても高く、「非常識」との批判が噴出しているが、
それをはるかに上回る値が検出されているのだから驚愕だ。


「放射能を防ぐ知恵」の著者でNPO法人「食品と暮らしの安全基金」代表の小若順一氏がこう言う。

「事故前の魚の放射性セシウムの平均値は0.086ベクレルだから、
今は事故前の約2万7000~1万6000倍ということになります。
米国がビキニ環礁で行った水爆実験では、魚介類に影響が出始めたのが半年後。
福島原発で汚染水が流出、投棄されたのは3月下旬~4月上旬だったから、だいたい当てはまります。
高濃度汚染の魚介類はさらに増えるだろうし、汚染域は太平洋沖にさらに拡大していく。
影響は5年ほど続くとみています」

イタズラに危機をあおるつもりはないが、公表データのウオッチングは必要だ。
(日刊ゲンダイ2011年11月7日掲載)



ということで、水産省のホームページを見に行ってみました。
続きを読む







水産物の放射性物質調査の結果について~11月18日更新~

福島原子力発電所からの放射性物質の放出による水産物の汚染状況を調べるため、
水産物の放射性物質検査に関する基本方針、食品中の放射性物質に関する
「検査計画、出荷制限等の品目区域の設定解除の考え方」に基づき、
関係都道県、関係業界団体と連携し、福島県及び近隣県の主要港において、
水産物を週1回程度サンプリングして調査しています。

これまで(11月16日現在)、3981の水産物について放射性物質調査が行われ、
東京電力福島原発の周辺で試験採取された

沿岸の表層性魚種(コウナゴ、シラス)、
沿岸の中層性魚種(スズキ)、
沿岸の底層性魚種(アイナメ、エゾイソアイナメ、イシガレイ、シロメバル、コモンカスベ、ババガレイ、ヒラメ、
             ウスメバル、マコガレイ、クロソイ)、
無脊椎動物(ムラサキイガイ、ホッキガイ、キタムラサキウニ、モクズガニ)、
海藻類(ワカメ、ヒジキ、アラメ)、
淡水魚(アユ、ヤマメ、ウグイ、ワカサギ、イワナ、ホンモロコ(養殖))から、

暫定規制値を超える放射性物質が検出されています。



水産物についてのご質問と回答(放射性物質調査)~11月18日更新~


Q. 海に放出された放射性物質の水産物への影響はどうでしょうか?

A 海に放出された放射性物質は、大量の海水により希釈されながら、海流により海の中を移動し、
   長期的には海底に運ばれていきます。
   海水や海底土に含まれる放射性物質の濃度については、文部科学省や東京電力により、
   原発周辺から沖合域にかけてモニタリングが行われています。
   このモニタリング結果によると、海水中の放射性物質の濃度は減少傾向にありますが、
   引き続き動向を注視しながら、水産物への影響を見極めていきます。

文部科学省による海域モニタリング結果はこちら
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/monitoring_around_FukushimaNPP_sea/

東京電力による福島第一原子力発電所周辺の海水中の放射能濃度分布はこちら →http://radioactivity.mext.go.jp/ja/around_TEPCO_FukushimaNPP_seawater/

文部科学省による海域における放射能濃度のシミュレーションはこちら
→http://radioactivity.mext.go.jp/ja/distribution_map_sea_area_simulation/


Q. 湖や河川等の淡水の水産物への影響はどうでしょうか?

A 湖や河川等の淡水についても、放射性物質が大気中から水面に降下することや
   周辺の山や土地等に降下した放射性物質が雨水や地下水から流れ込むことが考えられます。
   これまで(11月16日現在)の水産物の放射性物質調査において、
   アユ、ヤマメ、ウグイ、ワカサギ、イワナ、ホンモロコ(養殖)で暫定規制値を超える値が検出されており、
   引き続き、淡水域の水産物についても広く調査を行います。


Q. 水産物への放射性物質の影響はどのように調査しているのでしょうか?

A 水産庁が策定した「水産物の放射性物質検査に関する基本方針」に基づき、
   福島県及び近隣県の主要港において、表層、中層、底層の漁獲物を週1回程度サンプリングして調査しています。
   
   水産物の放射性物質調査結果について
   
   水産生物における放射性物質について平成23年3月29日に開催した勉強会の資料についてはこちら→
      水産生物における放射性物質のモニタリング(PDF:1,229KB)
      水産生物における放射性物質について(5月11日修正)(PDF:2,260KB)


Q.海水や食物連鎖によって魚の体内で放射性物質が濃縮、蓄積しませんか?

A カリウム等の他のミネラルと同様に、海水中や餌中に含まれる放射性セシウムは魚の体内に取り込まれ、
   その後徐々に排出されていきます。
   これまでの研究によると、海産魚の放射性セシウムの濃度は、
   周囲の海水中の放射性物質の濃度の5~100倍に濃縮(食物連鎖による影響を含む)することが報告されており、
   海水中の放射性物質の濃度が上がれば高くなり、逆に、下がれば徐々に排出されて
   50日程度で半分程度に減少することが分かっています。
   このため、水産物中に含まれる放射性物質の調査に加えて、
   海水中の放射性物質の濃度のモニタリングが重要です。

   なお、淡水魚については、海産魚に比べて放射性物質の排出に要する時間が長いことが知られています。
   淡水魚についても、広く放射性物質の調査を行います。


Q.海底に堆積した放射性物質が、ヒラメやカレイ等の海底近くに棲息する魚の体内に取り込まれませんか?

A 海底近くに棲息するヒラメ、カレイ類、タラ類、貝類、ナマコ、エビ類等を含め、
   引き続き、広く放射性物質の調査を行うとともに、
   底層の海水や海底土に含まれる放射性物質濃度のモニタリング結果を注視していきます。


Q.水産物に暫定規制値を超える濃度の放射性物質が検出されていますが規制しないのでしょうか?

A 北海道から神奈川県に至る9都道県を中心に、水産物の放射性物質調査が幅広く実施されています。

   これまで(11月16日現在)、3981件の調査が行われ、
   東京電力福島原発の周辺で試験採取された沿岸の表層性魚種(コウナゴ、シラス)、
   沿岸の中層性魚種(スズキ)、沿岸の底層性魚種(アイナメ、エゾイソアイナメ、イシガレイ、シロメバル、
   コモンカスベ、ババガレイ、ヒラメ、ウスメバル、マコガレイ、クロソイ)、
   無脊椎動物(ムラサキイガイ、ホッキガイ、キタムラサキウニ、モクズガニ)、
   海藻類(ワカメ、ヒジキ、アラメ)、淡水魚(アユ、ヤマメ、ウグイ、ワカサギ、イワナ、ホンモロコ(養殖))から、
   暫定規制値を超える放射性物質が検出されています。

   これら調査により、暫定規制値を超える濃度の放射性物質が検出されたものは、
   福島県のコウナゴ、ヤマメ(県内の一部地域において採捕されたもの(養殖を除く))
   及びウグイ(県内の一部地域において採捕されたもの)のように出荷制限が指示されたり、
   県の要請により操業や採捕が行われていません。

   なお、福島県の海域では、東京電力福島第一原発周辺20Kmは、「警戒区域」となっており、操業はできません。
   また、原発事故を受け、現在のところ全域で沿岸漁業の操業は行われていません。
   (カツオ漁業については、6月22日より福島県東方海域で操業可能となっています。
   例年、漁場は、概ね240Km~320Km程度沖合に形成されます。)


Q.カツオ、サバ、サンマ等の広く回遊する魚の安全はどのように確保するのですか?

A 福島県の沖合海域を含めて広く回遊するカツオ、サバ、サンマ等についても、
   週1回程度主要水揚港においてサンプリング調査を実施し、速やかに分析結果をお知らせします。

   特に福島県の沖合海域にこれらの魚が回遊することが予測される場合には、
   事前に試験的な漁獲を行って放射性物質の調査を実施し、
   その結果が暫定規制値を超えていないことを確認した後に漁業を開始することとしており、
   その後も主要水揚港で週1回程度の定期的な調査を行います。


Q.販売されている水産物は食べても大丈夫ですか?

A 東京電力福島第一原子力発電所の近くの海域では、現在、漁業が行われていませんので、
   東京電力福島第一原発周辺の水産物は市場に出回っていません。
   福島県に隣接する県の海域においても、各県が漁業を再開する前に、
   試験的に漁獲した水産物に含まれる放射性物質の調査を行い、
   その結果が暫定規制値を超えないことを確認した後に漁業を再開することとしています。
   また、漁業再開後も漁獲された水産物の安全確認のため、
   主要水揚港で週1回程度の定期的な調査を行います。



ーーーーーー

最後の質問「販売されている水産物は食べても大丈夫ですか?」
その答えの中で「大丈夫だ」と言っていないですね。

水産物の放射性物質の調査結果(一覧表)
【10月以降公表分】(11月16日現在)


↑ここに、10月1日以降の調査結果が時系列で並んでいます。
とても数が多いので書き出せませんが、
日数が進んでいくに従って、暫定規制値を超えた魚の数が増えていくのがわかります。


福島県沖や茨城、千葉、神奈川、この辺の海からはもう、汚染された魚が出てきている事は充分に分かったので、
もっと南の方、四国や九州とか、日本海側、福井や新潟などの魚も調べて欲しいと感じました。

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

水産関係者の間にも、結構安全神話がはびこってるからなあ、、、

輸入物の魚は、国内の加工過程で汚染されたりしないのだろうか?

昨日久しぶりに魚(チリ産鮭)を買ったけど、なんか心配になってきた、、、
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。