スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

72億円が原発施工業者に?除染は施工業者と東電が責任を持って無料でするべきです

原子力機構の除染事業「信頼得られぬ」 東大・児玉教授
朝日新聞 2011年11月15日21時32分


東京大学の児玉龍彦教授は15日記者会見し、
日本原子力研究開発機構が公募している除染モデル事業について
「原子力発電を推進してきた機構と原発施工業者で独占する除染では、国民の信頼を得られない」と批判した。

原子力機構は7日、
それぞれ大成建設、鹿島、大林組を代表社とする3グループに委託先を決定した。

いずれも原発の建設に携わってきたという。

原子力機構は約110億円の予算のうち計72億円分を3グループに委託する。
各グループの参加企業名は明らかになっていない。

児玉教授は、原子力機構の除染予算について、
幼稚園の除染などに使えるよう自治体に配分するべきだと主張している。
福島県南相馬市の幼稚園では、放射線量を下げるための屋根のふき替えに2千万円かかるという。





ーーーーーーー

なぜ(╬◣д◢)

なぜ・・・

なぜ・・・・・これ、間違っているでしょ!!

原発を作った企業に72億円(7,200,000,000円)も払って、
一般の人にボランティアで除染させるのか!!!

ボランティアは保険も自腹、交通費も自腹、
作業用の服から長靴マスクまで全部自腹

なのに72億円を原発を作った企業に支払うですって(╬◣д◢)

税金でしょっ!
勝手に原発推進している原発施工業者に支払わないでください(╬◣д◢)


大成建設鹿島大林組
ボランティアで、プロの除染活動をするのが当たり前だと思います。

造った企業にも責任があると思います。
今までそれだけの十分な収入があったのだろうから、無料で除染するのは義務だと思います(╬◣д◢)

一般市民が簡単にボランティアで行ってできる程、除染というものは簡単じゃないと思うし、
助けたい一心で除染をお手伝いする、温かい心を持った一般市民の方々が、被曝するかもしれません。



続きを読むに環境省の除染ボランティア募集のお知らせ、他を転記します。









環境省>東日本大震災への対応>除染ボランティアの募集状況等
除染ボランティアの募集状況等について

放射性物質に汚染された身近な生活空間等における除染に関しては、
各市町村委託の業者による除染に加え、ボランティアの皆さんの力も借りて実施することにより、
除染を加速度的に進めることが可能となります。
また、ボランティアの方々による除染の実施に当たっては、除染作業がより円滑に進むよう、
除染に関する参考資料を整理・公表し、除染の作業方法を説明すること等が必要です。
 
そこで、環境省及び福島県は連携して、
各市町村等による除染に関するボランティアの募集状況を下記のとおり紹介するほか、
ご希望される方に、ボランティアの募集状況の更新情報をメールで配信します。
また、除染に関する参考資料や除染ボランティアに参加する際の一般的な留意事項の収集、整理及び公表を行います。
 
除染ボランティアへのご参加をご検討される際の参考としてください。

各市町村等における除染ボランティアの募集のお知らせ

伊達市

日時等
現在検討中

詳細についてはコープふくしまのホームページ(リンク)をご覧ください。
福島市

日時
平成23年11月12日~平成23年12月11日までの毎週土曜日・日曜日(ただし11月20(日)を除く)
募集人数
各日60名程度 (現地へ自ら行くことができる方)
※年内の活動は、現在募集停止。今後の活動日については、準備が整い次第、ご案内予定。
作業内容
個人宅の庭等の表土剥ぎ、土のう詰め、埋め戻し等
連絡先
社会福祉法人 福島市社会福祉協議会
TEL: 024-533-8881
Mail: f-fukkou@f-shishakyo.or.jp 
件名:福島市除染ボランティア活動
本文:住所、氏名、生年月日、電話番号、活動日、活動時間、現地までの移動手段、
           ボランティア保険の加入の有・無

詳細については福島市社会福祉協議会のホームページ(リンク)をご覧ください。
                       ↑
(申し訳ありません...リクエストされた内容がサーバ上に存在しないか、又は提供ができない状態です)


除染ボランティアに参加する際の一般的な留意事項

除染ボランティアに参加する際には、一般的に下記の事項にご留意ください。
実際の留意事項は個別の除染ボランティアの作業内容等によって異なりますので、
詳しくはボランティアの主催者にご確認ください。

服装
通常、長袖の作業服又は運動着となります。作業後の着替えもご用意ください。
長靴を用意できる方は持参してください。
夏場は日除けの帽子、タオル等の準備を、冬場は寒さ対策をお願いします。
持ち物
軍手又はゴム手袋
使い捨ての防塵マスク(数組)
作業後の汚れ物を収納するビニール袋
絆創膏、塗り薬、消毒液、虫除けの予防薬
雨合羽
タオル、ウェットティッシュ
健康保険証のコピー
ゴーグル又は保護メガネをお持ちの方は持参してください
線量計をお持ちの方は持参してください
食事、飲料水
近くにコンビニがない場合、食事や飲料水をご用意いただくことがあります。
飲食は休憩時間の際にお願いします(作業中はご遠慮いただきます)。

ボランティア保険及び放射線被ばくに関する留意事項
 
ボランティア活動中の様々な事故による怪我や損害賠償責任を保障する保険がありますので、
保険の補償の範囲(通常、放射線被ばくは保険の対象外)や保険費用を踏まえて、
ご加入・ご更新をお願いします(原則、自己負担です)。

放射線被ばくについては、ボランティアの主催者にご確認のうえ、
代表者が被ばく線量計を持つこと等により、
各ボランティア作業に伴う被ばく量を把握し、記録するようにしてください。

また、作業時における被ばく量を低減するための対応方法等については、
上記の「除染作業に関するマニュアル等」をご参照ください。
ご参考までに、除染作業における労働者の放射線障害防止措置については、
厚生労働省の通知(リンク)をご覧ください。

 ※記録すべき事項の例
ボランティア参加日時
参加場所
ボランティアの主催者名
(割り当てられた場合)グループ・作業班の名称
被ばく量

交通手段

ボランティア車両は一部の有料道路の通行料金が免除されます。このためには、
①「受入承諾書」又は「確認書」(FAX送信記録又はメール本文)、
②申請書及び
③車検証の写しを添えて、
福島県庁、各地方振興局又は各都道府県・市町村に
「災害派遣等従事車両証明書」の発行を申請してください
(この証明書を提示又は提出することで、通行料金が免除されます)。
 
なお、市町村災害ボランティアセンターでは、
「受入承諾書」又は「確認書」についてのFAX又はメールでの対応が可能です。
詳しくは福島県災害ボランティアセンター(リンク)及び福島県ホームページ(リンク)をご覧ください。


コープふくしま
放射能除染ボランティア参加者募集
更新日:11/08
コープふくしまでは東京電力福島第一原子力発電所の事故による放射能汚染に関して、
自治体等が行う居住地域の除染活動のお手伝いをすることにいたしました。

具体的にはNPO放射線安全フォーラムに協力して、除染活動ボランティアを募集し、
ボランティア登録された方に対して除染活動日程等の情報提供をさせていただきます。

ふくしま県民に元通りの生活を取り戻すとりくみですので、ぜひとも一人でも多くの方のご協力をお願いいたします。

なお、具体的作業の安全確保に関しては、
NPO放射線安全フォーラムが全体管理を行いますので安心してご参加いただけます。
NPO 放射線安全フォーラムの田中俊一さんから皆様に宛てた要請文もご一読ください。
生活協同組合 コープふくしま




田中俊一さんから皆様に宛てた要請文

放射能除染ボランテイア協力のお願い
NPO 「放射線安全フォーラム」 田中俊一

2011年3月11日に発生した東京電力福島第一原子力発電所の事故により、福島県全域に広がった放射能汚染によって、多くの住民が避難を余儀なくされ、また多くの住民が日々の生活の中で放射能、放射線の不安に晒されています。
 
生活環境に広く沈着している放射能(放射性セシウム)は、住民の健康ばかりでなく農業や牧畜等の生活基盤を脅かす存在であると同時に、これらの放射能を除去し、放射線量を低減することができなければ、住民が安心して生活することはもちろん、避難されている住民が復帰することもできません。
 
放射線量率を低減するためには、屋根、雨樋(ピット)、土手(草地)、花壇、コンクリートやレンガ舗装、プール、樹木、田畑、山林、排水路や道路などに付着した放射能をできるだけ除去することが必要で、NPO「放射線安全フォーラム」は、地域をはじめ、多くの方の支援を得てこれまでに飯舘村の民家や伊達市の学校等で試験的な放射能除染を行い、放射能除染が可能であることを実証してきました。
 
私達は、こうした経験を通して、広大な地域の除染作業には専門的な知見と合わせて多くの人員による根気強い作業が必要であり、地域の皆様の協力と併せて、多くのボランテイアの協力が不可欠であることを学びました。
放射能除去という、これまでには経験のないボランテイア作業ですが、志のある多くの皆様のご協力をお願いする次第です。

ボランテイアの皆様には、地域の皆様と協力して除染作業を行なっていただくことにしており、ボランテイア作業を通して高い放射線環境の中で生活を余儀なくされている住民の実態を体感し、様々な風評被害に苦しんでいる状況を理解することで、大きな支援になっていただけることも期待しております。
 
放射能除染作業の安全管理には当NPOが責任をもつこととしますので、安心して放射能除染ボランテイアにご参加いただくことを心からお願いいたします。




11月14日までのボランティア活動者数について


11月15日現在、本会で把握している11月14日までの
福島県内のボランティア活動者数(のべ)の集計表を掲載いたします。
掲載後把握した活動者数は、次回の集計表に追加させていただきます。

なお、東日本大震災における浜通りのボランティア活動者数につきまして
詳細を掲載しましたので、併せてご覧ください。
         

東日本大震災におけるボランティア活動者数集計



環境省1




関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

現実起こっている事の重さに耐え切れず、頭がおかしくなってしまったのでしょうか?
国民を馬鹿にするのも度がすぎます。
被曝が原因での健康障害は、自己負担して入った保険でもカバーされない???
ふざけるのもいい加減にして欲しいです。
国が率先してこのような事をよびかけるとは・・・
食事もださないんですか???
国が自分の責任でやる、と宣言したことですよね??たしか。
それだって、国民の税金からです。
このようなまやかしに、助けてあげよう、と思ってしまう心の温かい、素朴な市民を、どうしたら守ってあげられるのでしょう・・・
こっちの頭がおかしくなりそうです。

まさしくその通り!

「除染は施工業者と東電が責任を持って無料でするべきです」

きーこさん、いいこと言ってくれました!

まったくそのとおりです!

もうほんと、あり得ないことばっかり起きていて、
どうすればいいのかと思ってしまうけれど、

「除染は施工業者と東電が責任を持って無料でするべきです」
という、この言葉を広めて、みんなで声をあげていきましょう!

国民は、「人のいい弱者」になり下がってはいけません。


ヒバク・ボランティアになる前に、
「除染は原子力ムラの住人が無料でやるべき!」と
声を挙げるべきなのです。

枝野の声が・・・

ほんと、原子力○○の付く機関が何の責任も取らず、面の皮の厚いこの国の政治家と役人はドブに捨てたいほど。

国会答弁の、口から先に生まれて来た枝野の声を聞くと、震災対応の時の憂鬱さが蘇って来て気分が悪い・・、きっと震災に直接遭われた人達はそれ以上の憂鬱さだと思います、その軽い受け流しに信用が出来ず、まるでデジャブのようにあの日が蘇るからでしょうね。

”てにおは”の口先答弁の野田総理もしかりで、言葉と行動に責任感のあリーダーを日本国民は欲している、悲鳴が聞こえる今日この頃です。

No title

ちょっと言わせて下さい。作った側も責任がある!・・・って。こんな事態になるなんて誰も想定していない時代に原発を作り、ジャンジャン作られる電力で好き勝手に快適な暮らしをしてきたのに、誰も予想できなかった事態が起きたとたん、原発終息へ一生懸命放射能を浴びて頑張っている建設関係の人達にまで「責任があるだろ!」って酷い言い分ですよね。確かに政府や東電の幹部には言いたいことはたくさんあるけど、怒りの矛先を無差別に向けるのはどうかと思います。文句言ったって仕方ないですよ。とにかく前にすすまなくちゃ・・・。

Re: No titleの名前の無い方へ

> ちょっと言わせて下さい。作った側も責任がある!・・・って。こんな事態になるなんて誰も想定していない時代に原発を作り、ジャンジャン作られる電力で好き勝手に快適な暮らしをしてきたのに、誰も予想できなかった事態が起きたとたん、原発終息へ一生懸命放射能を浴びて頑張っている建設関係の人達にまで「責任があるだろ!」って酷い言い分ですよね。確かに政府や東電の幹部には言いたいことはたくさんあるけど、怒りの矛先を無差別に向けるのはどうかと思います。文句言ったって仕方ないですよ。とにかく前にすすまなくちゃ・・・。

ーーー

私のブログへの書き方が悪かったのかもしれませんが、
各企業の一般社員の方に対しての意見ではありません。
社員に無給で働けと言っているのではありません。
その会社と国の体質について、言っているのです。
無差別に怒っているのではありません。

No title

きーこちゃんこんにちは。
いつもこのブログ参考にしています。
私が今一番気になっているのは、法律の事。武田先生が、法律で「1平方メートルあたり4万ベクレルを超えるところは事業者(東電)が除染しなくてはいけない」と言う法律があるといました。調べてみるとちゃんとあります。だから今違法状態だと思うんです。分からなくてネットで適当に見つけた弁護士さんにメールで聞いてみたのですが、お二人回答いただき一人は「分からない」もう一人は「スピード違反と同じで、検挙していないだけでは」と言う事でした。え~?と言う感じ。この法律あまり知られてない、弁護士でさえ知らない、警察も知らないの??もうちょっと調べてみま~す。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。