スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありえない!環境省職員が空き地に汚染土投棄



自覚が足りなすぎます!



【原発】環境省に汚染土送付 職員が空き地に投棄(11/17 14:55)



環境省に福島市からとみられる放射性物質に汚染された土が届き、
環境省の職員がその土を埼玉県内の空き地に捨てていたことが明らかになりました。

細野環境大臣:「環境省としても、あってはならないことでございます。まず、国民の皆様に心よりおわびしたい」

この土は8日、環境省に宅配便で届いたもので、
「福島市の自宅で採取した」などという内容の紙がついていました。総務課で放射線量を測定したところ、1キロあたり約4000ベクレルだったということです。総務課長は放射線量が低いと判断し、課の職員が埼玉県内の自宅近くの空き地に捨てたということです。環境省は17日朝、空き地からこの土を回収しました。近く課長らを厳しく処分する方針です。



汚染土壌、環境省職員が空き地に投棄 処理指示の総務課長更迭
産経ニュース 2011.11.17 14:26 [放射能漏れ]

環境省は17日、放射能に汚染された土壌が同省に送付され、
処理に困った同省の総務課職員が埼玉県内の自宅近くの空き地に投棄したことを明らかにした。
会見した細野豪志環境相は「対応が極めて不適切だ」と述べ、
同日付で処理を指示した総務課長を更迭することを発表した。

環境省によると、今月8日、福島市に住む一般の人から段ボール箱に入った土壌と手紙を受け取った。
手紙には「環境省で保管・処分されたい」と書かれてあった。

線量計で接触測定したところ、毎時0・6マイクロシーベルトだった。
倉庫にそのまま保管していたが、同省は顧問弁護士と対応を検討。
いったん開封されたものを返送するのは難しいため「不要物として適切に処分する」ことに決めた。

職員が11日、総務課長に相談したところ、
課長は「線量が低いレベルなので自分の庭で処分しようか」と話し、
これを受けて職員が埼玉県内の自宅に持ち帰り、13日、近くの空き地に投棄したという。

細野環境相らは16日、こうした事実を知り、17日朝、土壌を回収した。
空き地の所有者は分かっておらず、今後、詳細に調査するという。

また、環境省には16日にも同様の放射能に汚染された土壌(毎時0・6マイクロシーベルト)が
段ボールに入って送られてきており、同じ送り主とみている。

細野環境相は「気持ちは分かるが、除染に全力を尽くすので、土壌を送付する行為は慎んでほしい」と述べた。



東日本大震災:環境省に送られた汚染土、職員が空き地に投棄-
-埼玉の自宅近く

毎日新聞 2011年11月17日 東京夕刊

細野豪志環境相は17日会見し、
福島市内で採取されたとみられる放射性物質を含む土壌が今月、環境省に2度送りつけられ、
そのうち1回分の土壌を同省職員が埼玉県内の空き地に投棄していたことを明らかにした。
細野氏は
「除染の役割を担っている環境省として決してあってはならないこと。国民に深くおわび申し上げる」と謝罪した。

同省によると8日午前9時ごろ、A4コピー用紙入りの箱よりも一回り小さい段ボール箱が送られてきた。
中にはビニール袋入りの土と
「福島市の自宅で採取した土で、環境省で保管、処分してほしい」という趣旨の手紙が添えられ、
送り主の記載もあった。手紙には自宅周辺の放射線量のデータも記載されていたという。

放射線量は、0・8メートル離れた時点で1時間当たり0・18マイクロシーベルト、
ビニール袋の外側で0・6マイクロシーベルト。
放射性物質濃度は推定で1キロ当たり約4000ベクレルだった。

この土壌の処分法を検討する過程で、官房総務課長が
「送ってくる住民の気持ちは分かる。線量は低いので、千葉県柏市の自宅の庭で処分しようか」と話したため、
同課職員が12日に埼玉県内の自宅に持ち帰り、翌日、近くの空き地にすてたという。

16日にも、同一人物と思われる送り主から前回より小さい箱が送られてきたため細野氏ら同省幹部に報告、
不適切な処分が発覚した。
この箱は品名欄に「灰」と書かれており、開封せずに線量を測定した結果、前回と同程度だった。

細野環境相は、「何人も汚染土壌をみだりに投棄してはならない」と定めた
福島第1原発事故による放射性物質汚染の対処に係わる特別措置法(来年1月施行)に違反する可能性があり、
極めて不適切として、官房総務課長を異動させるなど、関係職員の処分を検討、
自身の監督責任も検討中としている。
【江口一、藤野基文】





関連記事

コメント

非公開コメント

そのまま捨てること自体激しく問題ですが、事もあろうに[自宅の庭]に捨てず他人の土地に捨てるとは(怒)
まさに行政の神経と、放射能処理への意識が如実に表れてますね。
きちんと処理する気もないし、他人がどうなろうと構わない。
大臣の[きちんと対応する]
前政権時での説明すら対応不十分ですが?
この課長には、免職になっても退職金・天下り先がきっちり対応されるんでしょうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。