スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月22日のふくいち現場の声(1号機ガス管理システム作業終盤・これからの作業と作業員削減)



(@´・∀・)ノノ;。☆おかえりなさ~い♪*


ーーーーーーーーーーーーーー
11月22日 Pm9時4分

ただいまっ(^O^)今日もコツコツでした。
1号機のガス管理システム作業も終盤になってきました。
これが終わると今後の抱えてる作業はあと2~3件でその後は今のところ無いでし。
やらなきゃいけない事はいっぱいあるけど…。

ん~昨日の国会でもあったけど作業員削減、
どこの企業がどの位なのかはわかんないけど、全体的に作業員減るんじゃないかなぁ。
作業員が減る理由は予算の事もあるけど単純にそれだけじゃないと思うよ。

政府が言ってる第2ステップまで終わったら、
その後の作業はまだ具体的に決まってない計画段階のものが多くて
具体的作業が決まってないのも理由の一つなんだと思う。

なぜ決まらないのかって云うと、
次ステップは格納容器とか圧力容器内の状況把握、
炉内注水の汚染水が漏れてる場所の把握及び止水対策等々がメインで
それらの工事をどうやってやるかが具体化してないんだと思う。

原子炉建屋は高線量だしまして3号機は建屋でさえ未だに入れないし…。
ガス管理システムで格納容器内のデータ分析して一つ一つ決めなきゃならないんだ。
原子炉建屋の中や地下に行けなきゃ作業も出来ない。
ということは作業員も必要ないに結びつく
んだと思うんだ。

今現在やる事が決まって作業があるのは
3号機オペフロの瓦礫撤去、4号機のオペフロ解体撤去・機材撤去・SFP内燃料取出、
汚染水処理システムの維持・メンテナンス・タンク設置、
1~4号機の炉内注水システムの維持・メンテナンス、遮水壁設置くらいかなぁ。

あとは固化設備とか洗濯設備とかの付帯設備設置だね。
廻りの作業はあるけど肝心な中身の作業が出来ないのが頭のイタいとこなんだ…。

あとひとつ理由をあげると、
協力企業の作業員が減るのは
今までメーカーがやってた作業を東電社員や東電系列企業がやり始めた事かな。

メーカーに発注するとやっぱ経費かかるから社員が作業やり始めて予算削減してるんだ。
でも作業慣れしてない人が多いから大変なんだけどね。怪我とかしなきゃいいけど…。



ーーーーーーーーーー


これからやる作業が決まっていない。
というか・・・やりたくてもできない状況だと思っていいのでしょうか。
まだまだ収束には遠いっていう事ですね。

上記のお話しの中にある昨日の国会は ↓ これです。

[予算がないからと福島第一原発の作業員を3分の1削減]
田村智子議員.(参議院質疑文字起こし)





関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。