スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京都瓦礫受け入れ(宮城県女川市)

megawa

女川の正確な場所が分からなかったので、地図で確かめてみました。

megawa.jpg


↑ この地図の見方は「続きを読むに」




宮城・女川のがれき10万トン受け入れへ 東京都
産経新聞 2011.11.24 12:58

東日本大震災で発生した災害廃棄物(がれき)について、東京都と宮城県などは22日、
同県女川町のがれきを受け入れる協定を締んだ。
都内で受け入れるがれきは木くずなどの可燃性廃棄物で、平成25年3月までに計10万トン。
都ではすでに岩手県宮古市のがれきを受け入れを始めている。

がれきは東京都の特別区(23区)で組織する「東京二十三区清掃一部事務組合」の清掃工場と、
多摩地域の市にある清掃工場で処理される
このため、特別区長会と多摩地域の市長会も女川町などと合意を結んだ。

同組合によると、今年9月、現地で通常のごみにがれきを20%混合して焼却したところ、
放射性物質やダイオキシンについて、がれきを焼却した影響はみられなかったという。
また、現地からがれきを搬出する際に、放射線量の測定を実施する。
実際に都内で焼却する際は混合するがれきを10%とする。

2月上旬から都内で住民説明会を実施し、同月中旬から試験的に大田区と品川区の清掃工場で焼却。
結果を公表し、来年2月以降、改めて住民に説明を行って、受け入れを始める。

女川町の須田善明町長は
「町内6500棟のうち、3分の2以上が津波で全壊した。がれきは一般家庭の115年分以上で、
地域内では処理しきれない」と現状を説明。
「がれきは復興に向けて、物理的、心理的に障害となっており、
今回の合意は被災地の復旧復興に向けた大きな第一歩となる」と話した。

宮城県の小泉保環境生活部長は
「厳しい状況を理解していただき、都の皆さんに心よりお礼を申し上げる」と声を詰まらせながら述べた。

がれきの広域処理が進まない中、
都は25年度までに岩手、宮城両県のがれき計約50万トンを処理する方針を表明している。




ーーーーー



「子どもと未来をつなぐ会・町田」ホームページより転記

多摩では7清掃工場で燃やすことになりそうです。
市長会の北川昭島市長が多摩地域をまとめています。
今からでも何とか止めなければなりません。
住民の力が一番です。
清掃工場近隣のお友達がいらしたら連絡してください。

【7清掃工場】
町田市:町田リサイクル文化センター 042-797-7112
多摩市:多摩ニュータウン環境組合 042-374-6331
八王子市:戸吹清掃工場 042-692-5389
稲城市:多摩川衛生組合 042-377-3601
東村山市:柳泉園組合 0424-70-1555
羽村市:西多摩衛生組合 042-554-2409
日野市:日野市クリーンセンター 042-581-0443


東京3多摩26市 焼却施設MAP
megawa12.jpg








「子どもの未来をつなぐ会・町田」に、東京都とのやり取りが書いてありました。

【東京都に提出した要望書に対する回答】
都庁一般廃棄物対策課長と面談してきました


ーー上記サイトより転記ーー

■日時:2011年11月22日 PM4時半~6時
■場所:都庁
■回答者:一般廃棄物対策課長、他一名
■仲介人:かち都議会議員
■参加者:子どもと未来をつなぐ会 5名
     東海大学名誉教授(専門物理学)
     東京農業大学名誉教授(専門地質学)

10月20日に子どもと未来をつなぐ会が東京都に提出した要望書に対する回答を本日面談にて頂きました。

【要望1】
放射性物質の拡散を誘発する懸念のある災害廃棄物の広域処理の受入を見直すよう、強く要望する

【回答1】
現地で何度も測定を実施しており、安全なものしか運ばないので拡散の懸念はありません。


【要望2】
災害廃棄物の広域処理によってもたらされる放射性物質の拡散に対して、全ての核種、性質、量について有害性を検証する専門家の調査を強く要望する。

【回答2】
環境省(国)が出している安全基準にそって実施している。セシウムは支配的核種なのでセシウムのみを測定たとえ他の核種があっても健康に被害が出る程度のものではないと認識しています。


【要望3】
廃棄物の広域処理に関しては、情報開示などによって広く一般に問題を知らせ、住民、都民の懇談会などで問題の理解と合意を得るよう、強く要望する。

【回答3】
測定値などの情報は都のホームページで公開している。都民の皆さんが面談など要望されたら今回のようにお答えするようにしている。


【要望4】
災害廃棄物の広域処理の問題だけでなく、下水処理の結果生じる汚泥や、空気、土壌、食品汚染に関しては、速やかに現状と今後、予想される問題、被害に対する継続的な調査を行い、人体、生物、環境的に影響を及ぼしかねない結果に対し、どのような措置をとれば良いかということを、民主的方法で選定した専門家集団や、第3者委員会、組織などで協議、検討する事を要望する。

【回答4】
返答なし(部署が多岐に渡る為、管轄外)




回答はごく一辺倒な回答でした。

回答1の質問として、

Q:何故、記者達が自前のガイガーで測るのを禁じたのか?

A:機種により高くでたり、低くでたりで信憑性がないので、都が扱う機種のみで測定しています。数字だけがネットなどで流れて、電話などで質問されても都が測っていないものに対しては答えられませんからね


Q:きちんと測っているという事ですが、廃棄物をどのように測ってますか?

A:5トンくらいのコンテナごとにコンテナの4角の空間線量を測っています


Q:測定値をホームページで公開してるという事ですが、都民のどれだけがホームページを見てますか?もっと積極的に勉強会に誘うとか、説明会を開くとかして欲しい

A:・・・・


Q:東電の子会社が最終処理に関わってますが、どのように選んだのでしょうか?

A:「処理能力が非常に高い施設を持っているので、安全に処理できる業者という事で選びました


などなど、私達の質問に対してお決まりの答えしか聞けませんでした。

名誉教授の先生が何度も「放射性物質は決して拡散してはいけない、除染などできない、それはただの移染です。未だかつて私達はこのような経験をしたことがないのだから、安全に処理できる等という事はないのです。廃棄物は東北3県で処理するべきである。それが日本を守るということです。」と言って下さりました。

そして「都は東電に責任追及をして下さいよ!何故、それをしないのですか?」

答え「現実的にそれはどうかと・・」



最後に噂の宮城県女川町の廃棄物がどうなっているのか質問しました。
歯切れの悪い答えでしたが、何度もしつこく聞いているうちに21日現地視察、24日協定、記者会見という事を漏らしました。
協定がどんな内容かは不明ですが、受入検討段階に入った事は間違いないと思います。
26市に割り振られる事になります。
受入決定後の住民説明ではなく、前段階での住民説明をお願いしましたが、課長は明確には答えませんでした。
焼却炉のバグフィルターの処分についても質問しましたが、
結局高濃度に汚染されたフィルターは同じ炉の中で燃やされ処分されます。


ーーー転記ここまでーーー


女川の線量は東京都と同じ位に見えます。
牡鹿半島は高めです。
一般のゴミ焼却場には、放射性物質を外に出さないフィルターが装備されているのでしょうか。
最近、落ち葉を燃やしているのか、我が家付近の線量が高いです。


ーーーーーーーーーーー


上の地図をクリックするとしたの画面が開きます( ↓ 下の画面をクリックしてもいいですよ。)

megawa11


ずーーっと最後まで降りてきて、「同意する」をクリックすると全国の地図が出てきます。
ズームして地域がとても綺麗に見えます。








関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。