スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たねまきJ「原発の寿命について(どこまでも伸びる寿命と危険な玄海1号)」小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)11/29

原発の寿命について
・金属の延性→脆性(パリッと割れる)
・福島第一原発1号機はちょうど40年目だった
・一番危ないのが玄海1号炉(割れる温度は90度・冷温停止も出来なくなる)
・原子炉には寿命は来ない(寿命を延長し続ける現実)
・福島第一原発は新品でも壊れただろう(40年経っていたから壊れた訳ではない)


11月29日火曜日 
京都大学原子炉実験所助教 小出裕章先生に伺いました
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]






<参考>


玄海原発1号機:専門家「廃炉を」 保安院小会合で検討へ
毎日新聞 2011年11月29日 19時19分(最終更新 11月29日 20時20分)
20111130k0000m040025000p_size5.jpg
玄海原発1号機(右)
=佐賀県玄海町で、本社ヘリから田鍋公也撮影


経済産業省原子力安全・保安院が29日に開いた原発の老朽化(高経年化)対策に関する意見聴取会で、
九州電力の原発で最も古い玄海原発1号機(佐賀県玄海町)の劣化の問題が取り上げられた。
専門家からは、圧力容器の想定以上の劣化が明らかになったとして、廃炉を求める意見も上がり、
劣化に関する現行の安全評価を見直すべきか小会合を設置して検討することを決めた。

75年に運転が開始された玄海1号機は、
炉心から出る中性子を浴びて圧力容器がもろくなる「脆化(ぜいか)」の進行が
従来予測を大幅に上回っていることが判明し、急激に冷却すると圧力容器が壊れやすくなっているとの指摘がある。

同1号機は来月1日から定期検査入りするが、小会合が安全評価の結論を出すのは来年3月末までの予定で、
少なくともそれまでは再稼働が厳しくなる可能性が出てきた。
また結論次第では九電の「安全性に問題はない」との説明を揺るがしかねず、廃炉を求める声が一層強まりそうだ。

この日の意見聴取会では、井野博満・東大名誉教授
「予測をはるかに超えた劣化が進む玄海1号機を廃炉にすべきだと思う」と主張し、
定期検査後の再稼働は「聴取会での議論もクリアすべき必要条件だ」と指摘。
他の委員からは「圧力容器の安全性を評価する従来の手法そのものも見直す必要がある」との意見が出た。
【阿部周一】



Q&A 老朽化原発現状は? 
東京新聞 2011年11月30日 朝刊

PK2011113002100011_size0.jpg

老朽化原発の安全性があらためて問われているが、現状はどうなっているのか。 (木村留美)

Q 国内に老朽化原発はどのぐらいあるの?

A 八月時点で運転から四十年を超えている原子炉は
福島第一1号機を含めて三基、三十年超四十年未満が十六基あり、全体の三分の一以上を占める。
もっとも古い日本原子力発電の敦賀1号機は1970年に運転を開始したものだ。

Q 原発事故と老朽化の因果関係は?

A 事故のあった福島第一原発の1~4号機はいずれも三十年を超えていた。
一方、大事に至らなかった福島第二は三十年未満。
一部の専門家から「老朽化が事故の原因になったのではないか」といった指摘が出て、因果関係を検証することになった。

Q 原発の寿命は?

A 明確な寿命はなく、これまで廃炉になった原子炉は事業者がコスト面などから廃炉時期を判断してきた。
保安院は三十年以降、十年ごとに「節目」として経年劣化に関する評価を行い、
事業者がその後の保守管理方針を策定してきた。
しかし、福島第一の1号機では震災直前の今年二月に四十年の(安全面の)評価を受けたばかりだったため、
評価方法の見直しが必要になった。

Q 原発運転への影響はどうなりそうか?

A 会合では来年四十年の節目を迎える
関西電力美浜2号機、三十年の東京電力福島第二1号機、四国電力伊方2号機の三原発の評価も行う。
新しい審査方法が反映されるため、老朽化により運転できないとの判断に至る可能性もある。
特に美浜2号機の審査結果は注目で、原発の「寿命」を方向づける指標となりそうだ。





続きを読むに番組の内容書き出しました






水野:
まず、原発の寿命ということについて教えて下さい。
よく、原発の寿命は30年、あるいは40年という話しを聞きますけど、
これは、どうして30年40年という数字が出てくるんでしょう?

小出:
原子力発電所というのは機械ですね。
沢山の部品から成り立っている訳で、
ポンプもあれば配管もあるし、様々なものが組み合わされています。
そして機械というものは、大抵みなさんが想像していただく機械もそうですけれど、
「何処かが壊れれば交換する」ということで、
ま、なにがしか寿命を長くできるというような事ですよね。普通の物でも。
ただし、原子力発電所の場合には絶対に交換できない部品があるのです。
それは、原子炉圧力容器と私達が呼んでいる、いわゆる原子炉の本体というかですね、
圧力なべそのものですね。
それはモーレツな放射能の塊ですし、大きいものでは1000トンもあるような超重たいものであって、
えー・・、それだけは交換できないと。
それがじゃぁ、いったい何年もつのだろうということを一番初めに考えました。
で、鋼鉄というのはですね、普通みなさんが考えていただいても分かるけれども、
叩いても割れないし、ちょっとぐらいへこんだりとか、あるいはとんとん叩いたら延びるとか
金属というのは延性という延びる性質を持っている物なのですね。
一方ガラスというのはですね、脆性といいまして、トンカチで叩いたらパリッと割れるという。

水野:あぁ、脆いと書くんですね。脆弱の脆で脆性・・

小出:
おっしゃる通り。
でも、その金属もですね、普通は延性なんですが、温度をどんどん冷たくしていくとですね、
ある温度よりも冷たくなると脆性になるのです。

水野:えーっ!ガラスみたいに、叩いたら割れるような

小出:そうです

水野:脆いものになってしまう

小出:そうです
零下何十度という状態にしないとならないのですが、
金属も冷やしていくと、いつか脆性になってしまうという、そういう性質を持っています。
ただし、マイナス何十度というのは普通はない条件なので、
金属は延性だとみなさんは思っているのですが、
その金属が中性子を浴びているとですね

水野:ほぅ!

小出:
脆性になる温度がどんどん、どんどん、高くなってくるのです。
ですから、運転をすればするだけ、脆くなる温度が常温に近付いてきてしまうのですね。

水野:へぇ~、えぇ。

小出:
で、いったいそれが何時になったら、許すことが出来ない「普通の温度でガラスのようになってしまうか」
という事を当初から考えたのです。
で、「30年から40年中性子に浴びせ続ければ、普通の温度で鋼鉄がガラスのような性質になってしまうだろう」と
予測を立てまして、原子力発電所の寿命は30年から40年だとしたのですね。

水野:
そうなんですか。
しかしながら今回事故を起こした福島第一原発の場合は、
1号機は運転をスタートしたのがまさに、これ、40年経ったとき
1971年3月のスタートですから、もう、ちょうど40年で事故が起きたんですよね。

小出:
はい
ただし、圧力容器がパリッとガラスのように割れたような事故ではありませんでしたね。今回も。
で、どの位の温度でパリッと割れてしまうだろうかということは、
試験片という金属を圧力容器の中に入れておいて、

水野:小さなかけらっていうことですね

小出:
そうです。
運転をするごとに、何年かごとにその試験片を検査して、
何度になればガラスのように割れてしまうかということをテストし続けてきたのです。
それでまぁ、40年はまだ大丈夫だろうということで、いまだに運転をし続けてきたということなのですね。

水野:
ただ、これまでにですね、30年経ったら、いったん、
これからどういうふうに運転していくかという計画書を電力会社が出して、

小出:そうです

水野:
で、それを国がですね、10年延長を認めるというシステムだったそうで、

小出:
それを認めて、40年までは許してきたのですね。
それでも、敦賀もそうですし美浜もそうですが、「40年経ってもまだ余裕がありそうだ」って言って
また運転を国が認めるということをしてきたわけです。

水野:
で、福島第一原発の場合はですね
その、40年ちょうど経ったのが、この3月だった訳ですが、
そのひと月前2月7日に、「あと10年運転してもいいよ」という意味の認可がおりていたんですって?

小出:そうです。はい。

水野:私これ知りませんでした。

小出:
福島のですね、私達が脆性延性遷移温度(ぜんせいえんせいせんいおんど)というんですけれど、
延性の状態から脆性に変わってしまう温度の記録をずっと見てきたうえで
「あと、まぁ何年かはやっていいだろう」という、そういう判断をしたということなのですね。
ただし、この延性脆性遷移温度というのは、原子力発電所ごとにかなり違っているのです。
で・・・低い温度にしなければなかなか割れないという原子炉もありますし、
普通の温度でも、もうガラスのような性質になってしまっているという原子炉も、実はあるのです。
一番危ないのが玄海1号炉という原子炉ですけれども、

水野:九州電力の玄海原発の1号炉ですね。はい、

小出:はい。それは、脆性延性遷移温度が90何度、

水野:90何度なんて・・・えっ!?私らがお鍋でお湯沸かして100度になる・・あの90何度?

小出:
そうです。
100度を超えていれば延性なんですけれども、
それよりも冷たくしてしまうと、
鋼鉄がガラスのような性質にもうすでになってしまっているというような状態に玄海はなっています。

平野:
これは先生、他の先生も含めて危険性は指摘しているんですけれども
原子力安全保安員とか、九電なんかが、そのまま延長というものを押し切ろうとしている
訳ですよね。

小出:そうなんです。

平野:
だからまぁ、はたから見れば、客観的に言えば第三機関ですよね
推進する機関や団体じゃなくて、
公平に「危ない」ということを指摘する組織というものが日本には無いわけですよね。

小出:ありません。

水野:
結局、電力会社が自分で「まだまだいけますよ」という説明を国に上げて、
で、国の経済産業省の原子力安全保安員が「いいですよ」と認可するという、
そういうシステムなんですね。

小出:そうです。

水野:は・・はぁ、それ、続けたい人ばっかりがOK出しているようなものですね。

平野:そうですよねー。コストを考えると電力会社側は絶対に続けたいですよね。

小出:
もちろんです。
もうすでに造ってしまった原子炉があるわけですから、「少しでも長く使いたい」と思う訳ですね。
そして、電力会社の言い分でいえば、
「運転中の圧力容器の温度は330何度になっているので、充分延性の状態なので大丈夫だ」というのですね。
しかし、何かトラブルがあって、非常用炉心冷却系の水を入れるとかですね、
原子炉を停止させて冷温停止にしようとすればですね、
どんどん、どんどん、冷やしていかなければならないし、冷たくしなければいけないのですね。
そうすると今度は割れてしまうという危険を抱えてしまう訳で、
これは「どっちに行くにも恐ろしい」という、そういう状態になっているのですね。
だから、それをどこまで受け入れるのかという判断の問題だと思います。

水野:
でも、今回その原発の寿命について考える会合を開いているのが、
いままでこのお墨付きを与えてきた原子力安全保安員なんですよね

平野:そうですよねぇ

小出:そうですね。

水野:どうやって見直すつもりですかね、そりゃー

平野:
なんか政府は来年春にそういう公正な公平な第三機関を設置を目指すというような事を言っていますけど、
なんか、いまの見ていると、あまりそういうことについて熱心にやっている気配は内容に思うんですけれども、
どうですかね。

小出:
はい。
残念ながら私にもそう見えます。
日本の国は相変わらず原子力を推進したいと言っているわけですし、
海外にも輸出をしたいというようなことを言っているわけですので、
なるべくなら安全を装いたいということで進んでいるのかなと私には見えます。

水野:
しかしですね、野田総理が就任会見の時こうおっしゃったんですよ。
寿命が来た原発は廃炉にしていく」と。いうことをおっしゃったんですよ。

小出:そうでしたね

水野:
だから私は、寿命が来たということは、ま、30年40年経っている原子炉は廃炉になっていくのかと、
素直な私は受け取ったんですね。

小出:
はい。
あの、残念ながらそれは素直すぎるのではって・・・

平野:笑

水野:そうですね

小出:
例えば米国でも、もともとは40年って言っていたものがですね、
次々と寿命が、ま、当初の寿命がきてしまいまして、
それを米国の原子力規制委員会というところが
20年間延長するという許可を次々と出しているという、そういう状態です。

水野:
60年大丈夫なんていう許可を次々アメリカが出している。
ということはですよ、今、原子力安全保安員のもとでね、
こういう寿命に関して考えましょうという会合が始まりましたけれど、
あの・・もしかしたら、同じように60年大丈夫ですというような

平野:延長前提の議論をするための会合かもしれない

水野:かもしれないんですか??

小出:
もちろん、もちろんそうな訳だし、野田さんは寿命が来た原発は廃炉にすると言ったけれども、
実は、寿命が来ないのですね。まだまだ

水野:その寿命の定義が、私なんかが素直に思っているのとは違うんですね。

小出:そうなんです。

水野:寿命は来ないということになるかもしれない。

小出:そうです。そうさせようとしているのですね。

水野:
はあーーーぁッ・・・・・!!
もう、ニュースを一方的に聞いているだけではですね、
全く私が予想している物とは内実は違っているようでございます。

小出:はい

水野:いやぁ・・・・素直ってあかんな・・罪やな

平野:
先生、それとあの・・あの、玄海原発は関西にも、もし、万が一のことがあると
ものすごい影響があるんですよね。

小出:そうですね。
やはり玄海は西風が卓越風ですので、
もし事故が起きれば、中国地方を通って関西、近畿圏にまで放射能が飛んでくるということになるだろうと思います。

水野:
いわゆる圧力釜が吹っ飛んでしまう恐れを一番高く抱えているのが玄海原発

小出:おっしゃるとおりです

平野:
九州のね、原発という・・なんか、関西から見て、他人事という感じじゃないですもんね
本当に。

水野:
はぁ~~・・・
それと、ね、この2月7日にね、あと10年運転していいと福島第一原発に許可が下りていたというのも、
もしもその時に寿命の話しがもっと厳密な形で進んでいたら、
もしかしたら事故を防げたんじゃないだろうかなんてことも私は思うんですけれども、
小出さん、それも甘いですか?

小出:(笑)
まぁ、もともと寿命を延長させるということだけに審査がされてきたわけですから、
延長を認めないということは私には考えられませんし、
今回の事故はいずれにしても、その、圧力容器が割れるということとは関係なく、
発電所のブラックアウトですので、
まぁ、新品ピカピカの原子炉でもいずれにしても壊れたと思います。

水野:
アッ!そこですね。
老朽化していなくても、新品でも壊れたというところが、また、大変大きな事実な訳ですね。

平野:そうですね

小出:はい




えんせい 【延性】
物体が、その弾性限界を超えた張力を受けても破壊されずに、引き延ばされる性質。
白金・金・銀・銅・アルミニウムなどに顕著。

ぜいせい【脆性】
物体が外力による変形を起こさないうちに、またはわずかに変形しただけで破壊されてしまう性質。もろさ。




ーーーーーーー


これ、わたしはふっと思った。
あちこちの原子炉がパリパリ割れてくるまで、寿命を延ばし続ける気なのかと・・・
常温以上に脆性延性遷移温度を上げてしまってはいけないんじゃないかな・・・
いずれ、冷温停止も出来なくなって・・・どうするつもりなんだろう・・・
世界中の原子炉がバリバリ割れていく様を想像したら恐ろしくなりました。

関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。