fc2ブログ
12.15
Thu

福島第一原発は「津波で壊れた」とどうしても言い張る東電だが・・・
1号機配管には「地震で亀裂が入った」とする保安院の解析結果がでました。

ーーーーーーー


福島1号機配管 地震で亀裂の可能性
東京新聞 2011年12月15日 07時00分

経済産業省原子力安全・保安院が、
東京電力福島第一原発1号機の原子炉系配管に事故時、
地震の揺れによって〇・三平方センチの亀裂が入った可能性のあることを示す
解析結果をまとめていたことが分かった。

東電は地震による重要機器の損傷を否定し、事故原因を「想定外の津波」と主張しているが、
保安院の解析は「津波原因説」に疑問を投げかけるものだ。
政府の事故調査・検証委員会が年内に発表する中間報告にも影響を与えそうだ。

これまでの東電や保安院の説明によれば、三月十一日午後二時四十六分の地震発生後、
1号機では、非常時に原子炉を冷やす「非常用復水器(IC)」が同五十二分に自動起動。
運転員の判断で手動停止するまでの十一分間で、原子炉内の圧力と水位が急降下した。
この後、津波などで午後三時三十七分に全交流電源が喪失し、
緊急炉心冷却装置(ECCS)が使えなくなったため、炉心溶融が起きたとされる。

一方、経産省所管の独立行政法人・原子力安全基盤機構が今月上旬にまとめた
1号機IC作動時の原子炉挙動解析」は、IC作動時の原子炉内の圧力と水位の実測値は、
ICや冷却水が通る再循環系の配管に〇・三平方センチの亀裂が入った場合のシミュレーション結果と
「有意な差はない」と結論付けた。
圧力と水位の急降下は、〇・三平方センチの配管亀裂でも説明できるという。
〇・三平方センチの亀裂からは、一時間当たり七トンもの水が漏えいする

東電は二日に発表した社内事故調査委員会の中間報告で、
津波原因説」を展開、地震による重要機器の損傷を重ねて否定している。


ーーーー

ということで、

原子力安全基盤機構が今月上旬にまとめた「1号機IC作動時の原子炉挙動解析」のニュース


ーーーー


福島第1原発:1号機 復水器再稼働なら炉心溶融に至らず

毎日新聞 2011年12月9日 2時30分(最終更新 12月9日 3時33分)

20111209k0000m040108000p_size5.jpg
事故前の福島第1原発1号機の原子炉のイメージ

東京電力福島第1原発事故で、1号機の原子炉を冷却する非常用復水器(IC)が
津波襲来から1時間以内に再稼働した場合、炉心溶融に至らなかったことが
8日、原子力安全基盤機構(JNES)の解析で分かった。
ICは電源が失われても動く唯一の冷却装置だが、ICにつながる配管の弁が閉じ、機能を果たせなかった。
迅速に弁を開ける方法を準備していれば、炉心溶融は避けられた可能性がある。

解析は経済産業省原子力安全・保安院がJNESに依頼し、9日に発表する。

1号機は3月11日の津波で全電源を喪失、原子炉に水を注入する緊急炉心冷却装置が使用不能になった。
2系統あるICは放射性物質を閉じこめるため、電源喪失に伴い弁がすべて閉まるよう設計されており
地震発生後は断続的に動いたが津波後に閉じた。
2時間40分後の午後6時18分、蓄電池が復旧して弁が開き、7分だけ稼働したものの、
運転員がICの冷却水不足を懸念し手動で停止。再稼働はさらに3時間後だった。

解析によると、IC停止から約1時間後に冷却水につかっていた炉心が露出。
露出後は温度が上昇し、水素が発生し始めてICの効率が低下するため、
炉心溶融を回避するのが難しくなったことが判明した。

保安院は午後6時18分には既に炉心溶融が始まっていたとみている。
ICを再稼働させるには、運転員が現場に行き、弁を手動で開く必要があった。
東電は毎日新聞の取材に対し
「真っ暗で線量の高い現場に行ってすぐにICを復旧させるのは無理だった」としている。

【岡田英】



関連記事

comment 1
コメント
●こうした流れを、保安院と東電の分裂がはじまったと、などと短絡的に思ってしまう人はいないと思いますが、念のために、一言だけ。

●「無主物」の件でも分かったように、東電は世界に笑われても自分達の生活さえ安定すればいいと思っている。

そこでこの配管破断問題も、私はずっと、これは裁判では勝てないと思っていました。特に現在の日本の司法では。

津波が全くなく、地震だけで、配管やケーブルや格納容器の一部が破損することが立証できて、東電がそれを認めたとしても、東電の弁護士は、必ずこういいます。

「津波で全電源喪失さえしなければ、過酷事故が起きても、爆発を食いとめる事は可能だった。津波で電源喪失しなければ、作業員は適切な対応で食い止められた」と。

こういう言い逃れを(それが通用しようがしまいが、)彼らは必ずします。

しかし、問題(私からは反論)がひとつあるんですよね。

日本のどこかの原発で、地震だけで、「津波が全くこなかった」としても、
地下室の壁面に亀裂が入ると、地下水が建屋にあふれるということを、福島第一の「5・6号機」が証明してしまったことです。

★ところでスレ違いですが、櫻井よしこさん、
対・中国、対朝鮮には、めっぽう知的で良かったのに、お歳を召してボケたか、または核防衛にこだわっているのかと思いきや、それは、ちょっと違ったようです。

一言に言うと、彼女は、日本の科学技術を「まだ信じたい」のだと思います。
それ以外の常識的な論点では、脱原発派と、それほど温度差はないと感じました。

昔、「あなたの言うアジアって、どこの国のことですか?」と彼女が言った有名な言葉がありますが、
逆に私は、「あなたの言う原発推進に向かっている”世界”って、どこの身勝手な先進国のことですか?」と言いたいところです。

ただ櫻井よしこ氏の論調の中には、私を含む脱原発派の人たちが、一度は考えてもいいテーマがありました。それは、
「どんな政治の元での、どんな性能の原発と、どんな核廃棄物処理能力が実現されたら、原発を容認できるか?」という視点です。

実現性があるかないか、という問題をどけてしまうと、
確かに、そういう原発を、私達は「夢見ること」だけは出来るのだから。


敬具
鈴木崩残 | 2011.12.15 20:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top