FC2ブログ

日本の日立がリトアニアに原発を売るという事実。



今の日本の状況を見て、海外に原発を売り付けることだけは日本として自粛して欲しい。




日立、リトアニアの原発建設で仮契約
(2011年12月23日20時15分 読売新聞)

日立製作所は23日、
リトアニア北東部で計画されているビサギナス原子力発電所の建設について、
リトアニアのエネルギー省と仮契約を結び、暫定合意したと発表した。

来年2月中旬に最終的な契約を結ぶ予定だ。

ビサギナス原発は、2020年の運転開始を目指している。
日立は21日に、リトアニアのエネルギー省に対して原発建設で導入する技術について詳細を報告し、
承認を得たことで仮契約に至った。

日立は今後、ラトビアなど周辺国を交え原発建設への出資額などを協議する。
日立は今年7月中旬、最新型で出力も大きい改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)の建設で、優先交渉権を獲得していた。



リトアニア ヴィサギナス原子力発電所ってどこだろう(。◔‸◔。)??

122612.jpg


イグナリナ原子力発電所

正式名称 Ignalinos atominė elektrinė
国 リトアニア
所在地 ヴィサギナス
着工 1978年
運転開始 1983年12月31日
運転終了 2009年12月31日22時54分

イグナリナ原子力発電所(リトアニア語: Ignalinos atominė elektrinė、略称: Ignalinos AE、IAE)は、
リトアニア・ヴィサギナスにあった、RBMK-1500型の原子力発電所である。
原子炉を2つ備えており、同国唯一の原子力発電所であったが、
1号機は2004年末、2号機は2009年末に稼動を停止した
「イグナリナ」とはヴィサギナスから最も近い街の名前。

2つの原子炉はともにソビエト連邦時代に建設され1986年に原発事故を起こしたチェルノブイリ原発と同型であり、
危険性が指摘されていた。
リトアニアは欧州連合 (EU) との加盟交渉において
イグナリナ原発の2つの原子炉を2009年までに停止することで合意し、
1号機を2004年末に、残る2号機を2009年12月31日に停止した。
付近の敷地においてイグナリナ原発に代わる原子力発電所の建設が計画されており、
2011年12月に日立がリトアニアのエネルギー省と仮契約に調印した



122613.jpg


新たな原発 「ヴィサギナス原子力発電所」

操業停止により起こりうる電力不足に対応するため、
イグナリナ原発と同じ場所に新たな原発を建設するべきだという議論が
1990年代から2000年代にかけて起こった。
2006年2月27日にトラカイでおこなわれたバルト三国首相会合で、3カ国はそれぞれの国営電力会社に対して
リトアニアの新原発建設計画に投資するよう働きかける旨の公式声明を発表した。
2007年6月28日、リトアニア議会は新原発建設のための新法を成立させ、建設は実行に移されることとなった。
2008年7月30日、リトアニア・ラトビア・エストニア・ポーランドの電力会社は、
3,000~3,200ワットの電力を供給する新原子力発電所の建設に向けて、
ヴィサギナス原子力発電所会社の開業に同意した。

新原発の操業開始は2015年~2018年になるものとみられている。
なお、エストニアのアンシップ首相とエストニア電力のリーヴェC.E.O.は
2008年10月31日、「エストニアが原子力発電の道を選択するのであれば、独自建設の路線が優先される」と述べ、
リトアニアの新原発建設計画参加よりも自国の原発建設を優先することを示唆している。
2012年12月にリトアニアのエネルギー省と日立は改良型沸騰水型軽水炉を建設する契約に仮調印した
2020年の稼働を予定し、他のバルト三国にも出資を呼びかけるとしている




関連記事

コメント

非公開コメント

No title

たしか米国スリーマイルでもやってるというニュースを見掛けたな。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2011122402000047.html