FC2ブログ

たねまきJ「中間貯蔵施設30年以内・神奈川県秦野市の汚泥からヨウ素・千葉県柏市65万Bq/kg」小出裕章氏(内容書き出し・参考あり)12/29


・福島県双葉郡の中間貯蔵施設は30年以内、政権交代しても30年以内について。
・神奈川県秦野市で汚泥の中から放射性ヨウ素が検出されたことについて
・千葉県柏市の土の中から放射性セシウムが65万ベクレルのマイクロホットスポットについて


12月29日木曜日 
京都大学原子炉実験所助教 小出裕章先生に伺いました
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]





<参考>
中間貯蔵施設:「期間は30年以内」環境省が地元に約束
毎日新聞 2011年12月29日 0時42分

東京電力福島第1原発事故後の除染で発生した汚染土壌などを保管する中間貯蔵施設について、
28日、福島県双葉郡内での建設を要請するため同県を訪れた
環境省の高山智司政務官は地元8町村長らとの会談で、
国が示す「貯蔵期間は30年以内」について、政権交代しても必ず守ることを約束した。
中間貯蔵施設をめぐっては、なし崩しで最終処分場になることを懸念する声があり、配慮したとみられる。
【藤野基文、山本太一】

会談は福島市内で非公開で行われ、細野豪志環境相、高山政務官と地元8町村長らが出席。
複数の町村長によると、高山政務官は
政権交代があっても「貯蔵期間30年以内」を絶対に担保できるような方法を検討すると約束したという。
 
記者会見した細野環境相は
「(線量の高い)郡内にとって除染は非常に重要。
そのために中間貯蔵施設建設は避けて通れないということは分かってもらえたと思う」と述べた。

中間貯蔵施設の数については
「長期間安定的に貯蔵するためには1カ所がよい」との考えを示した。
国は警戒区域(楢葉町は警戒区域外も含む)と計画的避難区域を「除染特別地域」に指定し、
国直轄で除染することを決めているが、来年の早い時期に工程表を示すことも明らかにした。

双葉郡内に中間貯蔵施設を建設する理由について細野環境相は
(1)汚染土壌の大量発生地に近い
(2)年間放射線量が100ミリシーベルトを超える地域の土地を国が買い取、または借り上げて用地を確保する
(3)原発立地時に地盤などの調査が済んでいる
--の3点を挙げている。



下水汚泥に含まれる放射能濃度について秦野市ホームページより
12301.jpg

表には載せませんでしたが、今このページで見られる結果のうち
8月2日から9月20日までは放射性ヨウ素は全て不検出になっています。(検出限界I-131:8Bq/kg、)



柏の高線量、堆積の土から最高65万ベクレル
(2011年12月28日22時23分 読売新聞)

千葉県柏市の市有地で10月、高い放射線量が測定された問題で、環境省は28日、
現地調査の最終報告書をまとめ、雨水桝に堆積していた土から、
最高で1キロ・グラムあたり65万ベクレルの放射性セシウムが検出されていたことを明らかにした。

11月下旬に公表された結果では、
破損していた側溝近くの土中から検出された放射性セシウムは最高で同45万ベクレルだった。
浄水場の汚泥の場合、同10万ベクレル超は厳重管理が必要なレベル。

報告書によると、側溝には、周辺の工場や民家の屋根、アスファルト舗装の地面など
約2600平方メートルの範囲から雨水が集まっていた。
放射性セシウム134と137の比率は福島第一原発事故の汚染地域と同程度で、
原発事故による放射性物質を含んだ雨水が大量に流れ込み、
側溝の破損部分から土中に入って蓄積したのが原因としている。




続きを読むに番組の内容書き出しました







千葉:
まずはこの質問なんですが、
福島第一発の除染で出た土などをを保管しておく中間貯蔵施設についてなんですが、
福島県の双葉郡内に作るために最終処分場になるのではという不安の声に対して、
環境省の政務官が
「貯蔵期間、30年以内である。政権が交代しても必ず30年以内にどこか別の最終処分場に持っていく」
と話していまして、
何故、政権交代した後の事について断言できるのか非常に疑問なんですけれども、
いま、きちっとしたプランもないまま最終処分場というのはスムーズにつくれるんでしょうか?


小出:
もちろん作れません。
その、答えたというその方は30年後生きてるんですかね?
民主党は無いかもしれない、自民党も無いかもしれない。
訳のわからない事を、何か政治的な約束にするような事を、もうやめなければいけないと私は思います。
多分、どこも引き取り手の無いものをただ後に残すことになるだろうと私は思います。

小池:
あのー、中間貯蔵施設っていうのを双葉郡内に作るというのはこれはもうやむを得ないことですか?

小出:
そうではないと思います。
私はですね、国が今言っている除染という事は基本的にはできないと主張している人間でして、
放射能はなくすことができませんし、
仮に何処かを綺麗にしたというなら、その汚れを何処かに写す事しかできない訳で、
基本的にはできないと私は言っています。
ただし、子どもたちが遊ぶ場所、学校の校庭とか幼稚園の園庭とかは必ず除染をしなければいけない。
つまり、そこの汚染を何処かに移さなければいけないと言ってきまして、
その汚染を移す場所を何処かに作らなければいけないと私は主張してきた人間なのです。

じゃぁそれが「どこなのか」という事なのですけれども、
残念ながら福島第一原子力発電所の事故が起きてしまいまして、
猛烈に汚染してしまって人々が2度と帰れない地域というのは、実はあるのです。
それを日本の国は言わないまま今日まできているわけですけれども、
大変申し訳ないけれども、あるのです。

池田:そうですね、そこの問題ですよね

小出:
ですから、そこの何処かに核のゴミ捨て場を作らなければいけないという事はあるのです。
ただし、私自身は、この汚染というものはもともと
東京電力福島第一原子力発電所にあった物だし、あるべき物だったし、東京電力のれっきとした所有物なのであるから、
東京電力に返すのが原則だと私は思っていて、
その汚染はまずは東京電力福島第一原子力発電所に返せばいいのだと思います。
かなり広大な敷地があるのだから、そこに持って帰ればいいと思います。

ただし今現在、福島第一原子力発電所は事故収束のための、もう大変な戦場になっていますので、
ゴミを今受け入れる余裕がないという事は、あり得ると思います。
そうであれば私は福島第二原子力発電所に移せばいいと思います。

東京電力は何か、福島第二原子力発電所の再稼働を計画しているというような事を耳にしましたけれども、
・・・(溜息)・・今現在これほどの悲劇を起こしながら、
東京電力がまた、原子力発電所の稼働をもくろんでいるというような事を、私はもう想像も出来ないような事ですし、
少なくても東京電力は原子力発電をやめる事を決断すべきだと思うし、
第二原子力発電所の敷地もまた広大ですので、そこを核のゴミ捨て場にするという事がいいと思います。

ですからまずは、福島第二原子力発電所を核のゴミ捨て場にするという事をやるべきです。

小池:
あのー、いわゆる政府がですね、第一原発事故について、
あたかもこう、冷温停止状態?っていうような詭弁の言葉を使ってですね、
あたかもなんか、収束宣言まがいのですね、事を言いつつ、
もう一方で、避難区域について3つに分けて、あたかも帰れるかのように、政府が言っていますよね、最近。
そのあたりの話、
さきほども、リスナーの方が「信用できない」というのが重々分かりますよね、その、その話を聞いていると。

小出:
今、池田さんは冷温停止状態を」政府の詭弁」とおっしゃって下さったけれども、
本当に詭弁なんですね。
科学的に言えば「こんなことはあり得ない」ような事を政府がいけしゃぁしゃぁと言っている訳ですし、
なにかあたかもまた、除染をすれば人々が帰れるかのような夢を振りまきながら、
自分たちの罪を軽くしようとしているように私には見えます。

池田:そこなんですよね、うんうん。

千葉:
わかりました。次はですね神奈川県にお住まいの方のメールなんですけれども、
神奈川県秦野市浄水管理センターから発生する下水の汚泥から
10月25日に205.5ベクレル/kgもの放射性ヨウ素が検出されました。
放射性ヨウ素の半減期は短いのに、なぜ、この時期にこれほどの高レベルが検出されるんでしょうか?
いまだに首都圏に放射性物質が降り注いでいると考えていいんでしょうか?
というご質問です。
ちなみにそれまでは低かったのに10月25日にピョンと数字が上がって、また徐々に下がっているという状況ですね。

小出:
これはなかなか難しい事なのですが、
福島第一原子力発電所の事故がまだ、今現在収束しているわけではないのですね、
で、何が起きても不思議ではないという状況で、
ひょっとすると、核分裂の連鎖反応がまた起こっているのかもしれない。という疑いはあるのです。
私は実はそれは可能性としては低いと思っている人間なのですけれども、
疑いがゼロだとは私は思いませんし、
そうすると、ヨウ素という放射性物質が出てきている可能性はあり得るとは思います。

ただし、今の状況で、そうではないと、実は私は思っていて、
そうすると、では、ヨウ素131がどこから出てくるのかという事が問題になる訳で、
これは随分昔からそうなのですが、
病院でヨウ素131を放射線の治療に使ってきているのです。昔から現在に至るまで。
で、かなりの量を使っていますので、
そういうものが、ま、患者さんに投与されているのですけれども、
患者さんは投与されたまま自宅に帰っていて、排泄をするわけで、
結局下水に集まってしまうという事はあり得るだろうと思います。

ですからそういう原因が一つに考えられますので、
どうだというふうに私自身が断定はできないのです。

ただし、医療機関でどれだけのヨウ素131を使ったかという事は、調査すれば分かる筈ですので、
その下水処理場に集まってきた、医療上のヨウ素であるかどうかという事は
きっちりと行政が調査をするのであれば、わかると思いますので、是非やって欲しいと思います。


千葉:
それからもう一つこちらですね、
千葉県柏市で土の中から高い濃度の放射性セシウムが検出された問題で、
道路の側溝が壊れた部分から雨水が漏れて
セシウムが溜まった可能性が高いとする最終報告がまとまったとするニュースが入ってきております。
で、壊れた部分に近い深さ5センチから10センチの土の中からは
1kg当たり65万ベクレルのセシウムが検出されたという事なんですが、
こういった、局所的に高い線量を示す場所、
ま、マイクロスポットっていうんでしょうか、
こういった場所はここだけじゃなくて各地にあると考えていいんでしょうか。

小出:
はい、そうです。
この原因は私自身も「本当にそうかな?」と、ずーっと思ってきましたし、
今でも高すぎるように思いますけれども、
セシウムという放射性物質、
今現在福島第一原子力発電所から放出された放射性物質の一番注意をしなければならない放射性物質ですが、
水に溶けやすいし、土に吸着しやすい、つまりくっつきやすいという性質を持っていて、
雨水などに含まれたものが、たとえば側溝などを流れていって、
何処か土に触れてしまうと、そこに一気にドドッ!っと付いてしまうという、
そういう性質を持った放射性物質なのです。
ですから条件によっては猛烈な濃度でそれが蓄積してしまうという場所は、
多分、あちこちにある筈ですので、注意をしなければいけないし、
特に子どもたちが遊ぶというようなところは注意をして、
ま、本当であれば東京電力がきちっとそれを調べるべきなのですが、
東京電力は全然知らん顔をしていますので、
普通の人々がそれを注意して測らなければいけないような、本末転倒した状況になっているわけですけれども、
とにかく何としても子どもたちを守らなければいけませんので、
できる限りそういうマイクロスポットがどこにあるか、ということを
みなさんで注意をして欲しいと私は思います。




関連記事

コメント

非公開コメント