fc2ブログ
01.05
Thu

緊張感が全く無い九州電力。
この会社もどうかなっちゃっていますね。
もしかして東京電力よりっもひどかったりして><:

とにかく信じられません。
こんな凡ミス、続けてやるなんて・・・ʅ(◔౪◔)ʃどうなってんのぉ~??信じらんなーい


九州電力:原子炉3基の1次評価データ転記ミス

毎日新聞 2012年1月4日 21時15分(最終更新 1月4日 22時50分)

九州電力は4日、原子力発電所の再稼働の基準となる安全評価(ストレステスト)の1次評価に関し、
昨年12月14日に国へ提出した原子炉3基分すべてでデータの転記ミスがあったと発表した。
1次評価の報告でミスが発覚したのは全国でも初めて。
九電は4日中に国や佐賀、鹿児島両県など立地自治体に報告した。

ミスは
川内原発(鹿児島県薩摩川内市)1、2号機分でそれぞれ2カ所と
玄海原発(佐賀県玄海町)2号機分で8カ所の計12カ所に上る。

メーカーに作成を委託した報告書を基に九電が国へ提出する報告書をまとめる際に転記ミスが生じた。
「先に作成した川内1号機の報告書の一部を複写して玄海2号機の報告書に転用した際、
川内原発のデータが残っていた」(九電)などの単純ミスが大半を占める。

九電が意見聴取会用の説明資料を作成中の昨年12月26日午前、川内1号機の報告書にミスがあることに気付いたが、
提出済みの報告書をすべて調査した後の今月4日まで公表を見送っていた。
原発再稼働の時期への影響については「まだ見えない」(九電)という。

今回のミスについて九電は
「評価結果に影響を及ぼすものではない」としつつ「(報告の)信頼性を失う結果となり申し訳ない」と陳謝した。

報告を受けた経済産業省原子力安全・保安院も4日の定例記者会見で
「ストレステストでは品質保証をチェックポイントとした。数字などをしっかり入力するのが大事」として九電を批判。
九電の説明を確認した上で対応を検討する考えを示した。

九電を巡っては昨年も、
原子炉建屋の耐震安全性再評価(耐震バックチェック)に関する玄海、川内両原発の報告書で、
計26カ所のデータの転記ミスが発覚した
が、再発を防げなかった。【太田圭介】





ーーー九電関係
私が書いたブログの中で、ざっくり簡単に見ただけで九州電力関係はこんなにあった(◕Д◕✫)オォゥ!!
(まだまだあります)

九電玄海原発今にも割れてバラバラになりそうな1号機の次は4号機「検査した」って嘘をつく

不純物が6倍も入っていた玄海原発1号機・パリンッ!

日本の原発事故・九州電力玄海原発冷却水漏れ隠す


「九電玄海4号 ドタバタ再稼働」 東京新聞 こちら特報部11/4(記事書き出し)

九州電力川内原子力発電所で火事9月10日

「何とかして原発を動かしたい」と九電会長。顔と名前を覚えておこう!!

九電社長の記者会見(内容書き出し・例文あり)7/14




関連記事

comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top