fc2ブログ
04.16
Sat
東京電力記者会見4月15日のまとめです

2分経過後位から話しが始まります。


以下続きを読むに声を起こしてみました

東電記者会見今日はどうだったのか・・・

ロボットが来たことと、
質問が多かったのは仮設タンク
2号機の地下に溜まっている水はどうしたの?
(地下水から来た?)
仮設タンクをいつから使うのかが全然わからなかった
2号機の水を復水器に入れてみたらもともと3000だったのに660入れたらいっぱいになっちゃった
と、ずさんなのが結構あった
もともと2号機の水を集中環境施設に入れたかったけどめどは立っていないが
明後日ぐらいまでには保安員に確認を取って水を入れたいが実際はいつになるのか分からない

仮設タンクは15日に1000トン分が来ていて
何を勘違いしたのか集中環境施設の方に設置したらしいが
明日明後日で5号機6号機に動かして5号機6号機のサブドレンに入っている水を入れると思う

とりあえず仮置きしたと言うが17個もあってちゃん置き場所決めてから置くはず

松本さん(東電)もわかっていないのかなぁ?
情報がどこまで入ってきているのかが分からないところがある

無人ヘリは製造メーカーの人がアメリカから来て飛ばしているけど
ロボットは訓練中。いつ動かすのか分からない
なぜロボットの方もメーカーが来て動かさないのか・・
東電の人間が動かさなければならないならその理由を言うべきだと思うな

清水社長の仮払いの件。
昼の会見。
昼の会見は30分ぐらいしかやってない

金額は1世帯当たり100万単身75万
あくまでも個人に対して
農業漁業などの営業損害に関してはあくまでも原子力損害賠償にのっとってやります
それの第1回審査会を今日やっている

入れなかったんですよ・・・満員だから駄目だと断られた。
田中隆作さんは入れているようだ
そかそか・・・

少しでもそうやって入れるようにしていかないと
審査会のメンバーも国で決めているので
日弁連が推薦した弁護士も入っていないかな・・・
何を基準にメンバーを取っているかが分からないので
あまり開かれた状態で人選しているかどうか分からないので確認が必要

そのまま金額は決まらないけど
これから大枠が決まっていくと決まったものはそう簡単に動かせなくなるので
メディアがその辺ちゃんとチェックしていて何をやっているかを表に出すのが重要なんじゃないかな?

清水社長も言っていたけど
基本的には会社を存続させるためには賠償金額は押さえたいだろうし
進んでお金を出す訳はないし
国の仕組みとしても東電を今のまま存続させてあわよくば原子力もそのまま存続させていく形にするならば
原子力損害法の審査会も賠償金額を抑える方向に行くのが当然のシナリオで考えられるので
ここはきちんと見ていかなければと思う

JA福島の申し入れが朝一であった
文書の受け取りは清水社長
その後の部屋での対応は広瀬常務
対応の部屋がとてもせまい部屋で椅子が20もないところに数10人押し込んで無理やりやるので
さすがに今日JA福島の人が
「こんなに狭い部屋で立ったままこんなことされるのは非常に残念だ」と言っていたが
本当にそうだ
誠意云々って言葉で言うけど態度で感じた事が無い
こんなに広い会社なのに・・・

今日はこんなところかな
お疲れ様です
関連記事
comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://kiikochan.blog136.fc2.com/tb.php/135-0f26bf9e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top