fc2ブログ
01.10
Tue
「東電、10議員を「厚遇」 パーティー券を多額購入」で検索してみて下さい。
私のブログなんかその中で上位に見当たりません。
上位どころかグーグルで10ページググってみたって出てきません。
とても大勢の方がこの記事をコピペしていらっしゃいます。
なぜ、私のところにだけ(じゃないんですか?全員にですか?)
このようなメールがくるのでしょうか。↓

asahi2012.jpg


指定されたブログの記事1364はこれです ↓


asahi201201011.jpg


申立人が有する著作及び著作元のURL等はコレです ↓


asahi_20120110180759.jpg


この記事に関しては多数の方がコピペで使用している事。
しかも、朝日デジタルの有料の記事ではなく、無料の部分です。


とても悔しいのですが、最近朝日関係で興味のあるいい記事が目立っています。
以前の事があったので、なるべく使わないようにしていたのですが、
私は朝日新聞大阪にターゲットにされているようです。
検索からではなく直接私のブログに見に来ている事が分かりました。

asahi2013.jpg

1月16日までに削除するようにとメールには書かれていますが、
著作権が問題であるならば、私以外の他の方全てにこのような同じ措置を取っていただきたく思います。
それが出来ない場合はこの申し出を取り下げてください。大阪の朝日新聞さま




実際、私のブログには広告は一切載せていませんし、
これは自分の覚書のような、現実にある事を忘れないようにするために書いているブログです。
個人使用のものです。                  以上。

関連記事

comment 25
コメント
規約に転載・複写禁止とありますね。

非公開ブログで記録の為なら問題ないですが、公開してる以上は言い逃れはできません。

ひとがやってるから自分もは通用しません。

一部引用のうえURLリンクで、リンク切れに備えて非公開ページに転載すればどうでしょう。

交通違反のようなものです。多くのドライバーが違反をしてますが、検挙されるのはごく一部ですよね。
すべての違反者を検挙するのは現実的に無理ですから。

狙い撃ちとのことですが、こればかりは何とも…


ショー | 2012.01.10 19:18 | 編集
★今回のケースは、とにかくアウトなんですよね。もっと厳密に言えば、数十行の引用でも、創作性を主張できない文だと、法にひっかかります。

「他のどこの社も、容認している」のに、朝日系列だけが、何度もそちらに言ってくるのは、
「あの会社の方針」なので諦めるしかないです。

著作権法は確かに重要であり、守るべきという大前提は、私も物書きなので、充分に認識していますが、
ようは、その法律を行使するかどうかは、著作権者側に権利と判断があります。

今回、そして前回の事案の場合には、

「他の会社は容認した、
 しかし朝日は徹底して削除した」

という「事実がそこに歴然と示されただけ」です。

それをどう受け取るかは、あとは、私達読者のそれぞれの主観ですね。

私個人の主観では、テレビ報道や、雑誌や、新聞で、脱原発っぽい報道ポーズだけしてても、
あー、やっぱり、柔軟性のないポチで、やらせ局の
「あのアサだよねー」、で終わりです。

むろん、これは私個人の主観です。

ちなみにYou-Tubeの動画だと、ほとんどどの系列の「大手のテレビ局」も、ほぼ必ず削除しますね。
まー、それは当然かと。
音楽の場合には、自動的に検索ロボットが「信号」を探し出し済ます。
でも、ある時代以前のものすごく古いCDや、自主制作CDだと、セーフになったりします。
鈴木崩残 | 2012.01.10 19:59 | 編集
朝日新聞とゴミ売新聞は不買するから気にしなくてもいいよ。
ならのおっさん | 2012.01.10 20:24 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2012.01.10 22:39 | 編集
「みんなやってるからいいでしょ」な気持ちこそが、あなたが本来は忌むべき「それでいいのか日本国民」の精神ではないですか。
その気持ちを抱いた時点で、もう今後、何も批判できる立場にはありません。
| 2012.01.10 22:43 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2012.01.10 23:05 | 編集
本当に朝日からそまようなメールが来たのか、よく分かりませんが、そのこととは全く別にして、貴方のやり方では、「無断転載」と見なされ、著作権侵害の疑いが強いと言わざるを得ません。しかし、「引用」の形式をとれば、許諾なく誰でも自由に著作物の一部を利用できます。「転載」と「引用」の違いについては、  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%95%E7%94%A8 などを参考にしてください。「引用」のルールさえ守れば、何も怖いことはありません。
UKE | 2012.01.10 23:33 | 編集
法に則っていれば正義だと思っているのですかね。こんなことに労力を費やす暇があったら、原発の闇の真実をとことん暴くことに力を注いで欲しいです。きーこさんの感性と視点のほうが、よっぽどジャーナリズムです。大阪の朝日新聞の方は、会社に守られた立場で、リスクを犯すことなしに、おまんま食べるために目の前の仕事をこなしているだけなのでしょう。電力業界にどっぷりなんですかね。本当にくだらない。国民のために働いてください!
この経緯は残しておいたほうがいいと思います。どれだけマスゴミが腐っているかいい見本です。記事はきーこさんの言葉で書き換えて、UKEさんのおっしゃるように、引用アドレスを添付するにとどめれば、法的になんの問題もないかと思います。私は、きーこさんの人柄を信じています。それは、今までのブログの内容から伝わってくるものです。部分にとらわれ揚げ足をとって批判する方もいるかも知れませんが、人を見る力のない人だと思います。
けん | 2012.01.11 00:04 | 編集
まあ、形式的には違反なんでしょうけど。
狙い撃ちされてるなんてすごいですよ。(そういう問題か)。

以前に中国のスポークスマンが、二進法や火薬や羅針盤その他発明して世界がその恩恵に与ってるが、0の概念を生んだインドも著作権だの請求したことないよ、みたいなこと(もうちょっとかっこよく)言うてはりましたけど、私もそうだと思いますわ。

私にはよくわからないんですが、「ブログに利用」という項目なんか提示しなきゃいいのに。
針男 | 2012.01.11 00:25 | 編集
著作権侵害は朝日の主張で、FC2事務局は、こういう申し立てがあった、という連絡ですね。
Web新聞の無料版では元記事も短いために「転載」だと判断されやすい面もあるでしょう。

他の人全てに同じ措置を、というお気持ちは分かりますが、私人たる朝日が私権たる著作権侵害のどれを誰にどの程度主張するかは朝日の選択です。公権力が誰を検挙するかというケースでは検挙の公平性が求められる訳ですが、私人の私権では違います。

「著作権侵害はしていません」との主張であれば別ですが、他の方云々はこの場合理由にはならないと考えます。

きーこさんのブログがマークされているのは、それだけ影響力があるということでもあります。ご自分の覚書という点も、公開のブログである以上、著作権侵害の問題に関する限り説得力はありません。

続けていって頂きたいから、顕在化した問題に向き合って下さい。お願いします。
一条恵 | 2012.01.11 00:34 | 編集
きーこさんの憤り、もっともと思います。出典を明示して紹介しているだけ。著作権をふりまわして消せという。新聞って、何のためにあるのかわからなくなってしまいます。
 朝日新聞は私企業とはいえ、いやしくも老舗新聞たるもの、報道、すなわちいう「道」の公器たらんというタテマエは保持しているつもりでやっていると思っていましたが、そっか!、まるごと全部、権利ビジネスの金儲け商品だったのですね。朝日の記事は天下に知らせたいわけじゃなくて、金払いの良い御贔屓筋だけにのぞかせたいだけなんだ。
 一度売るだけじゃ足りず、古新聞になった後のリサイクル商売まで、どこまでもガッちりつかんで、すばしっこく、みみっちく儲けようという魂胆なんだな。
 朝日の業突く張り根性を如実に示してくださったこの記事、とりあえず1月16日までは読めますね。宣伝します。
morimizue | 2012.01.11 01:04 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2012.01.11 03:05 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2012.01.11 03:29 | 編集
ツイッターの方でも送信させていただきましたが、

★今回の原発記事の著作権侵害の問題を、法律ではなくて
「どうしてそうなったのか?、という事の原点」に振り返ると、それはね

Wed上の重要な記事が、期間が経つと無くなる、というところが問題だったのです。

そうでなければタイトルと私見を記してリンクを張ればいいのですから。

●私も3.11以後、約半年ほど、いろいろな記事へのリンクを張りましたが、そのほとんどが現在では、リンク先の記事が消えてなくなってしまっていますので。

今、そしてこれから何十年も、
日本では、戦時中、または終戦時ぐらいの国難と災害が起きている状況だというのに、

事実の報道記録としての記事が (新聞として図書館には留まるが)、ネット上に留まらない、
というところが、最大の問題だったかもしれません。

●Kiikoさんは、会見の文字起こしなど、
他の方がされない、大変な労作を沢山残された功績がありますから、
今後とも頑張ってください。

●ただ、他の社は何も言わないのに、
朝日だけが執拗にそちらの記事をチェックしているのは間違いないですし、
他にも、同記事を引用しているブログが沢山ある中で、
「そちらが集中的に削除される」のは、あきらかに狙い撃ちですので、

とにかく、朝日からの引用を避けるだけでも充分です。


●国民の生命と財産を守るという憲法の基本の中に、
ジャーナリズムもあるはずであり、
危険性を広く知らせるという、報道の本来の目的のためには、
自社でない媒体でも、拡散を手伝ってくれるのは、ありがたいとして、

「kiikoさんによる引用は、当社は、例外的に認めます」
とでも発表すれば、どれだけ朝日の株が上がったでしょうね。

でも、そこまでの、頭の切れる経営戦略を出来るブレーンを彼らは持っていないようです。

私ならば、自社の世間からの評価をよくする為に逆に利用しますよ。


●個人的なことですが、私も著作権侵害をされたことが何度もありますが、
私が許さず、否定するタイプの著作権侵害行為は、

1-引用ばかりで、引用したものに対する自分の意見が何もないもの。

2-引用先、出典を明確に書いていない。

3-原文の意味をあきらかに歪曲して誤用して、誤解を作り出している。

4-無断で販売して、出版元に損害を与えている。

つまり「悪意」がそこにある場合です。

私が著作権者の側でしたら、純粋に善意から記事をまとめているkiikoさんの記事は、感謝こそすれ、絶対に削除依頼などしません。



敬具
鈴木崩残 | 2012.01.11 06:10 | 編集
みんなスピード違反してるから私もします!と言ってしまうのは駄目でしょう。
交通ルールを守りながら誰よりも早く目的地に着く方法があるはず。
引用の仕方など。

まぁここは落ち着いて、朝日さんって懐が小さいのね…くらいに思いましょう。この経緯を見ていると、どちらが真っ当か一目瞭然です。私は管理人さんを応援します。

今後も懲りずに更新続けて下さいね。こちらのブログは貴重な情報が多くて、毎日拝見して勉強させて頂いてます。お忙しいでしょうから、どうぞご自身のお体も大切に。
おばさん | 2012.01.11 07:40 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2012.01.11 08:12 | 編集
あの、朝日の画面をそのまま貼るのがまずいのかもしれません。文章だけのコピペだったらいいのではないかと。紙の本の場合などはそういう判断があるようです。
sobtomk | 2012.01.11 09:12 | 編集
見出しとリンクだけなら大丈夫だろうと思いますが、記事の全面コピーは著作権侵害ってことになるんではないでしょうか。
ただ新聞社の記事はある程度時間がたつと削除されるので、リンクだけだと後から内容を確認しようとすると不便ですね。そういう意味で全面コピーするのも致し方ないかとも思います。
あおやま@岐阜県 | 2012.01.11 10:14 | 編集
いつも拝見して感心しております。
冷静に吟味・分析して、
色んなものと闘いながらパワフルに更新を続けていらっしゃるブログ主さま、尊敬申し上げます。

私も、1/10 19:18コメントのショー様のご意見に賛成です。
正統な記録を残していらっしゃるからこそ、後ろ指さされることがあってはならないと思います。
頑張ってくださいね!
コメント欄を拝見すると、応援してる人がたくさんいて私も嬉しいです。
関西のおばちゃん | 2012.01.11 12:59 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2012.01.11 14:43 | 編集
著作権侵害については、会社に顧問弁護士がついていると思いますので、とりあえず丸写しは削除した方がいいです。
最近、新聞社は著作権侵害に厳しく、市役所のなかで新聞のコピーを配っても違法行為だと警告されます。
新聞社も新聞を売って商売しているので、著作権に厳しくしないとスキャナーやWebコピーで会社が成り立たなくなる面もあるかと思います。
他の方が指摘するように、丸写しと引用は違うので、上手くかいくぐって下さい!
いつも記事、大変参考にしてます、頑張って下さい!
自治体職員 | 2012.01.11 19:10 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2012.01.12 11:24 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2012.01.12 13:35 | 編集
たぶん、この種の話題は狙い打ちでしょう。【プロメテウスの罠】も削除されてるようですし。

朝日新聞も何千人も社員がいる営利企業ですし、一枚岩ではないはずです。

記者は自分の書いた記事を多くの人に読んでもらいたいはずですし、「事実を広めること」が報道ですから、マスコミは著作権の例外として他人の著作物を無断で使用することが許されています。

ただ、新聞は広告媒体でもあるので、スポンサーの影響がないわけないでしょう。

新聞社の経営が厳しくなっているのは事実ですが、だったら配信自体を辞めれば良いだけです。Yahooに見出しだけ載せて、無駄に分割してPV稼いで、使い勝手の悪い有料記事に誘導しても、正直、需要があるとは思えません。

大半の記事は1日経過すればゴミになる内容ですし、2枚に1枚は押し紙で誰にも読まれずに捨てられる可燃性廃棄物なので、図書館以外で読む気はありません。

これがただのフィクションの連載小説やエッセーだったら何とも思いませんが、東電と政治家の癒着が内容なので、ああ、誰か都合の悪い人がいるんだな、と思わざるを得ません。

たまたまある記者がうっかり記事にしてしまったのを、別の部署が火消しに回ってる、そんな感じです。

あまりに削除を連発するようなら、この記事は広めたくない、読まれたくない、と解釈します。

だったら、もう読みません。

というような意見を(もっと穏やかな言葉遣いで)朝日新聞の方にメールで送りました。

最初からマスコミ=広報機関と思えばガッカリしません。

もちろん、この記者個人の意識は良いので、それとは別件で、紙媒体で記者名を確認して、個人を名指しで励ましのメールを送りました。

書いてたら長文になってしまってすみません。

いつも良い情報をあげて頂いて感謝しています。

著作権の関係では、正直、無料ブログでとくに争う価値もないので小利口に振る舞った方が良いと思います。
洛北左京 | 2012.01.13 03:20 | 編集
Amazonや楽天ブックスで見つけたんですが、プロメテウスの罠は2月末日に書籍化して発売されるということ、予約受付も始まっているということ。そのために著作権問題が発生したということでしょうか。
ミケネコ | 2012.01.19 13:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top