スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小出裕章氏講演「何としても止めたい浜岡原発」04.16 (内容書き出しました)

小出裕章氏原発学習会(主催:生活クラブ生活協同組合・静岡)2011.04.16  12:09AM

生活クラブ生活協同組合の食品はとても安心できるので
私はいつも購入しています
小出先生の講演を聞く事が出来た静岡の皆さまは本当に幸せだなって思っています。

6分頃から小出先生の講演が始まります


内容を書き出してみました




今日はこれだけ大勢の方々に来ていただいてありがたく思いますただ大変複雑な思い出もあります
と言っても福島に大きな地震が起きたからというか
福島原発の事故がいまだ進行中という事で
40年前から原子力発電は五日事故を起こすと言ってきました
何とか事故が起きる前に止めたいと思っていたが力が及ばすこんなことになってしまいました
夢なら覚めて欲しいと思います2度とこのような夢は見たくないと思います
タイトルは「何としても止めたい浜岡原子力発電所」にしました
今1枚の写真をここに見ていただいていますがこれは福島ではありません
1986年のチェルノブイリの写真です福島とよく似ている姿と思われるとおもいます
黒海ドニエプル川という巨大な大河が流れています
キエフの北側に巨大な人造湖があります
これがチェルノブイリ原発の姿です1~4号機
今はすっかりと綺麗になっていますが事故の時はこんなありさまでした
壊れたのは4号機というソ連きっての最新鋭の原発で
運転を始めてまだ2年しかたっていない
モスクワの赤の広場に建てても安全だと言われていた物です
それが、ある日突然爆発してこの様な姿になった
チェルノブイリの事故は核暴走で核分裂が急激に起こって原子炉が破壊されてしまう事故でした
大量の墨が燃えました
巨大な火災になって原子炉の中の放射能物質を
ほぼ1週間まき散らすと言う事が続いた
当日いた人たちが何とか手をつそうとしたが、31人が亡くなった
その後でも何とか始末をしなければいけないと言って格闘しました。長い長い戦いが始まった
鉛のスーツを着ているところですがこのような姿になって事故を何とかしようと作業してきた
屋上に降りてばらまかれている核燃料物質の
壊れた炉心の一部を手でスコップで拾っていた
たくさんの被ばくが起きていました

そしてこれは今現在福島で起きている事です。
福島1~3号機は運転中に地震と津波で襲われて
今この瞬間も大量の被ばくをしながら現場で働いている状態です
なんとかこれ以上の破壊を食い止めて欲しいと願っています

私は40年前から原子力を止めようと言ってきたので
東京電力は敵ですが今は東電に何とか頑張って欲しいと東電の作業員の方にエールを送りたいです

チェルノブイリでどう言う事が起きたか一つだけ話したいと思います
この広場の写真ですが分かりますか?
花が咲いているように見えていろんなものが並んでいますが
広い原野にヘリコプターと軍用車両が並んでいる写真です
何とか放射能を閉じ込めようと活動したヘリコプターと車両自体が放射能に汚染されて
この場にそのまま残されています

大地も汚れました
チェルノブイリがあったところはウクライナ共和国でしたがソ連国内の4割の穀物を生産すると言う豊かな大地でした
強制避難指示が出て今は無人地帯になっていますが
これも福島で今起きている事です

そこに住んでいた人たちは?
ソ連政府はまずは事故を隠そうと思ったがそれが出来ない事に気が付き
原発周辺30キロ以内の住民に
「チョットした異常が起きたから3日分の手荷物を持ってバスに乗れ」と言った
これがその写真です
広川さんの写真です
チェルノブイリの現地で収めた「消えた458の村」という写真集ですが
もっと沢山の村が消えてしまっていると思う
大きな町のアパートも無人になり農村はそのまま立てておけないのでブルドーザーで潰して埋めた
もともとは生身の人間が日々の生活を営んでいたところがこのように朽ち果てた

どのくらい汚れたのかをソ連は3年ほどして地図を公開しました
キエフの人造湖、このさきにチェルノブイリ原発があります
共和国が集まってできていました
現在はべラルーシュと言う名前に変わっている白ロシア共和国があります
国境線のすぐ南にチェルノブイリ原発がある
東風だったのでヨーロッパを汚染
北風、西風になり
日本にも沢山の放射能が降ってきました

汚染の濃淡を色で塗り分けました
白いところにも汚染はあります
太平洋を越えて汚染が広がり何重にも汚染されました

離れたところにある汚染地帯があります
放射能が風に乗って流れた時にここに雨が降ったためです
200K300キロに達するところまでが猛烈な汚染地帯になった
3か月たってからソ連はそれに気が付きそれからこの地域の人々を避難させました
合わせて40万人避難させ
ソ連という巨大な国家が崩壊してしまった

黄色や青のところはいまだに避難せずに住んでいる
日本の法律に照らし合わせると放射線管理区域になります
水も飲めません寝る事も食べる事ももちろん子どもを連れ込む事はとんでもない事なのです
何と700キロまでそう言う汚染が広がる事をチェルノブイリの事故は教えてくれました

日本の地図をチェルノブイリに重ねてみると
本州の約6割の場所が人間が住んではいけない
私のように特殊な人間が入ったとしてももすぐに出てこなければならないという地域になります

先程の迎えのバスに3日分の手荷物を持って乗ろうとしている写真です
ふたりの女性は泣きながらバスに向かっています
前の女性は鍋かヤカンをもっているようだ
「この女性は猫を抱いている」と教えてくれた人がいます
多分長い間猫と一緒に住んできて避難しろと言われた時に猫が捨てられなくて一緒に連れていった
このまま二度と自分の家に戻れなくなった

もし、3日分の手荷物を持ってバスに乗れと言われたらみなさんどうしますか?

どうしても置いていけないと思うものがみんなある
福島の強制避難の人達は着の身着のままで避難している
汚染地域に住んで欲しくないから避難させたいけれども
避難したら最後その生活が崩壊してしまうのです

東京だって浜岡から見たら180キロしか離れていない
それほど悲惨な事が起きるのが事実としてもう分かっているのです

私の職場は京都にはない何故なら原子炉があるから
おもちゃのように小さい原子炉だが人の住んでいるところに建てられないので
大阪のはじっこの当時は人が住んでいないようなところに建っています

チェルノブイリの事故の時に沢山の取材を受けました
私はまさか日本には来ないだろう
8800キロも離れていて地球の裏側のような場所だから飛んで来ないだろうとマスコミに言った

4月26日に事故が起きて29日に公表されて
自分の職場でその空気の中の放射能の測定を始めました
その結果がこれです(表)表の説明

最初の3日間は0でした
4日目5日目6日目もないやっぱりな。物質が地球の裏側に来るわけないと安心していた
5月3日になってセシウム137がいきなり出てきて
10倍100倍100倍と跳ね上がった
仰天しました

だんだん減ってきがまた増えだした・・・
それは、地球一周して戻って来た放射能だった

被曝について考えましょう
人は誰ひとりとして同じ人間はいない
遺伝情報がみんな違うからだ
どうやって遺伝情報が広がって維持しているのか
元をたどれば父と母からの一つの細胞
それが細胞分裂で全く同じ遺伝情報を持った細胞にどんどん別れていく
大人は60兆個の細胞でできているがそれはすべて同じです
皮膚は皮膚、目は目、それが不思議です
ある時から機能が分化していくのです
命という神秘を支えている一番大切な情報なのです

細胞があるとその中に核がありそこに染色体が23個づつ対になっていて、合わせて46個ある
ここに全ての遺伝情報が書き込まれている
それはDNAで
2本の帯がよじれながら繋がってエンキがはしご状につながっている
エンキの並び方が一人ひとりちがっている

細胞分裂する時は切れた帯に対して新しい帯を複製すると言う事をやる
ものすごく精密な事です

DNA幅2ナノメートル、長さが1,8メートル
60兆個の中の1個の細胞で1,8メートルもあるのです

太さ0,2ミリの糸だとすると長さが180㎞になる
細い糸が180㎞。それをほどきながら同じ糸をまた作っていく。とてつもない神秘的な事です

写真
これは手です
誰の手かと言いますと
1999年9月の30日に茨城の東海村の工場で臨界事故が起きた
大内さんと篠原さんが大量の被ばくをして命を落とした
大内さんの手です
茨城県きっての国立水戸病院に行ったが拒否されました
被曝して放射能で汚れているからと。
放射線医学総合研究所病院に行ったが
被ばく量を計った結果この二人は助けられないと断った
そこで東大医学病院へ行く
日焼けしたように見えるが放射線で被曝してこの状態になっている
中性子線は付き抜ける放射線で、後ろの皮膚も肉も骨も全部被ばくしている状態
大内さんは皮膚の下の組織も再生できないので結局こうなった 写真

彼は包帯でぐるぐる巻きにされ包帯がジュクジュクになり
胃壁も腸も焼けただれ
天文学的な鎮痛剤を与えて(鎮痛剤と麻薬)治療した

大内さんはこの姿で88日間生き延びさせられた(本来なら2週間生きられない)
「朽ちていった命」新潮文庫

人間が死ぬのはどのくらいの被ばくか・・表
2グレイ死ぬ人が出る
4グレイ二人に一人が死ぬ
8グレイ8割が死ぬ
クレイという単位は放射線から受けるエネルギー量で計る
4グレイのエネルギーは体温が1000分の1度だけ上がるエネルギーです
風邪で熱がもっと高くなっても病気が治れば熱も下がるけど
放射線からエネルギーを受けるときには
体温が1000分の1度しか上がらなくても死んでしまうかもしれないと言うのが人間なんです
DNAの分子の結合エネルギーはエレクトロンボルトという
ものすごく微小なエネルギーで精密に組み立てているのが生き物なのです
X線写真は背中から突き抜けて骨が見える
大変便利だが10万エレクトロンボルトのエネルギーのかたまりが身体を貫いて写真に印画する
医者は便利なので使います。それはリスクを伴っての行為です
セシウムはガンマー線を出すが660Kエレクトロンボルトです
青森県六ケ所村のプルトニウムはα―線を出して100万倍ものエネルギーが飛び出す

大量の被ばくをしなかったら安全なのか?
枝野願望長官は「直ちに影響が出る量ではない」といったが
被ばくしたら遺伝情報がズタズタになっていると言う事は避けようがない事なのです
どんなに低くても危険だと言う事です

利用できる生物物理学的データ
被ばくのリスクは直線的に増え続け低せん値はない
これが今の時代の研究の結果です

長い年月立って癌になったり白血病になるという覚悟が必要だ


原子力発電とはなにか?
単にお湯を沸かすと言う事だけです
火力発電所と同じ原理
沸騰した蒸気でタービンという風車を回す
家でヤカンでお湯を沸かす時に蒸気で笛が鳴る事と同じです

ウランの燃料が圧力なべの中で核分裂を起こして蒸気を出す

200年前にジェームスワットが蒸気機関を発明してそれ以降今日まで機械を使う基本的な技術

何故危険なのか
ここで燃やしているのがウランだから
核分裂生成物(死の灰)を生むから

原発ではどれだけのウランが使われているのか
大内さんは1ミリのウランで殺された
500メートルの人は許容限度を超えて被ばくした
灯油に換算すると2リットルです
1ミリのウランで20時間燃え続けた

広島は800gのウラン
広島の街は無くなってしまった

原発は100万キロワットの原子炉で1年間1トン
大内さんを殺したウランの10億倍のウランです

原子力推進派ももちろん初めから知っていた
彼らは何をしたか
はじめに電力会社を破局的事故から免責した
破壊的事故が起こっても責任は取らなくていい

どんな事故が起きてもある一定の免責で許される
アメリカ1兆円
日本は原子力損害賠償法
改定されても1200億円

日本は資本主義
金もうけしていいが不始末を犯したらその企業が弁償しろというのが資本主義
けれど保障が出来ないのが分かっていたからこの法律を作った

他にも
以上に巨大な天災地変社会的動乱の時には一切の責任を問わないとも書いてある

この法律がなければ電力会社は原発を作れなかった

次に何をやったか
それでも怖かったから
原発を都会には作らない
原子炉立地指針
原子炉の周りは非居住地帯
非居住地域の外側は低人口地帯(過疎地)
人口密集地帯からある程度離れていること

初めから都会にはできないと分かっていた
電気を使うのは都会なのに
電気は欲しいけど危険は嫌だから過疎地に押し付ける
そう書いてあるのです

原発の日本地図

世界地図   地球上の地震赤丸  原発の場所黒丸

地球の中でも地震があるのは限られている場所です
アメリカは地震地帯を避けて建てている
ヨーロッパには地震がない
だからこそ原子力発電所が出来た

日本は地図すら見えない程真っ赤と真っ黒
こんなことやってもいいのでしょうか?

方丈記の中の5つの役災が書いていある
人災、火、風、水、地震
地が割れる地震が京都の街を襲ったと書いてある

誰も地震なんか望まない
けれど日本という国には地震が来るのです

あれくらいでは日本の構造物は壊れません地震災害に対する知識レベルの高さだと1994年の暮れに
建築家は書いていたが
年が明けてすぐ、1995年に阪神淡路大震災で全て壊れ「想定外」だと言った

浜岡原発はプレートの境界にあたっていて巨大な地震が来ると言われている場所です
100年ぐらい周期で大地震がきている
浜岡原発の東海地震は150年間も起きていない
地震が起きるのは地球という星の宿命なんです
浜岡は岩盤が150年持ちこたえている
ひょっとしたら今日起きてもおかしくないのです
明日かもしれない明後日かもしれないと言う事を歴史が示している

浜岡原発は東海地震が起きると言われている予想震源範囲のど真ん中にある
マグニチュードは
広島の原爆が爆発したのを1とすると
マグニチュード6は地下で広島原爆が1つ爆発したと思って下さい
神戸の地震はマグニチュード7,3は82発分
スマトラ沖と東北地方太平洋地震マグニチュード9は3万発分
それだけの原爆が地下で次々と爆発したのと同じ事になるのです
6~8まで2つマグニチュードが上がると地震のエネルギーは1000倍になる
東海地震もマグニチュード9かもしれないと世界中の学者が言っている

3日前に中部電力の表示を見た時1号機と2号機は停止している
古くて耐震強度がないから
その古い1号機と2号機には
動かさないと言っても使用済み燃料がまだ入ったまま
止めたからと言って安全でも何でもない

動いているのは3,4,5
3号機は点検中
4号機150万キロワット
5号機140万キロワット

福島原発の事故を目の当たりに見ている人は原子力はやめようと言うものだと思っていました
電気が足り用が足りまいが関係ない
みんながこういう装置は動かしてはいけないと思うはずだと思っていた
ところが日本は違うんですね
停電になったら困るからという人ばかりだった
現に浜岡は今動いている
私には想像もできない事が今この日本では続いています

福島原発の事故で汚染がどのように広がったかの計算ですが
北西と南に広がっている
半径30キロの自主避難・・自主避難っていったい何なんだ
非常な政府です
30キロをとっくに超えている飯館村だって濃密な汚染を受けている
この範囲は土地を放棄しなければならないと思う
けれど、避難する事は生活の崩壊です
その土地は命そのものです
でも逃がさなければならない
どうしたらいいのか私は途方に暮れている

悲劇を避ける道は簡単です
原子力を止めるのです
何の事はないと思います
今即刻原発を全部撤廃したところで電気は十分に足ります
即刻全廃してもいいと私は思っています

すでに汚染を受けた
原子力を推進している人が作った表に
容認できるレベルと下の方に書いてある
容認できるとは?
一切の被ばくは容認できないと私は思っています

癌が被ばくのために襲ってくるが年齢の依存性があります 表
細胞分裂は子供が起こしやすい
その時に傷を受けると病気になる
細胞分裂をしなくなった大人はもう平気なのです

人間で平均的感受性を持っているのが30歳ぐらい
おとなになるとどんどん鈍感になる
50歳過ぎたら100分の1になる
そのかわり、子どもたちは若くなるほどどんどん危険が増えてくる
赤ん坊は大変な危険度です

政府はある基準を決めて野菜の出荷制限をしているが
レベルは関係なく危険があるのです
もし日本人が福島の野菜を食べないと福島の農業は崩壊してしまう
私は食べたくないけどもう汚れちゃったのです
どんな汚染もしてしまったら拒否してはいけない
ちゃんと流通させて汚染の強いものは年寄りが食べよう!
私は40年間原子力を止めようとしてきたけど止められなかった責任があります
そして、今日まで原子力を許してきた責任は皆さんにある
もうみんな大人なんだから・・・だから食べる

しかし、子どもには絶対に食べさせない
綺麗なものだけ食べさせると言う事です

最後です
容認できると言う事はどう言う事か
自分自身で決める事です
政府や原子力推進派が容認できるからいいと言っている言葉に絶対に惑わされないで
皆さんで判断して欲しいと思います


質疑応答
01:43:21
原発を止めて代替エネルギーをどうするのか?
代替エネルギーは考えなくてもいいと言う事をお見せしましょう
表、実績データを使って具体的に説明
電気は必ず足ります。

01:52:01
福島原発事故のレベルが突然上がった事が分からない。
この話はばかばかし過ぎてコメントもしたくないと思っていますが
当初政府はレベル4と言ったが3月15~17の間にはレベル7だと言う事が政府の中でも分かっていた
最悪がレベル7という尺度で分類して
日本は何とか最悪の事故だと見せたくないだけの政府で小さく見せたいから4だと言って5まで上げてから口をつぐんだ
その意味ですが原子力を進めている世界中の機関が集まって尺度を作ったが
日本の政府はレベル7でもチェルノブイリよりひどくないと言っている
けれど、福島原発の事故は今まだ続いているのです
これから何カ月も続きのです
被ばくをしながら破局に至らないように作業をしているのです
水蒸気爆発が起きたらチェルノブイリ以上の事故になるが
絶対にそうならないとは断言できない状態に居るのです
情報を注意してみていただきたい

01:57:12
国民をだましてまで原子力を進めてきた推進派の利権の構造を教えていただきたい

一番簡単な理由は電力会社が儲かったから
何でかというと電気料金が法律で決まっているから
普通は物を買う時に選ぶ事が出来る
でも、電気だけは選べない
電気の値段は電気事業法という法律で決まっている
必要経費と利潤が見合う金額を決めるようにと書いてある
利潤の決め方は電力会社が持っている資産の何%かきまっている
電力会社は金もうけをしようと思えば資産を持っていればいい
資産を持つためには原子力発電をつくること
一基作るだけで資産がものすごく増える

そこに三菱、日立、東芝の巨大産業が原子力発電所から利益を取ろうとして群がった
群がってやる時にどうしたかというと・・・

戦後米国がやった事は日本に原爆を作らせないために原子力の基礎物理学的な研究所を全て壊した
1952年のサンフランシスコ講和条約で初めて原子力の研究が許されたが、もう、間に合わないので
日本はアメリカから技術を買ってきたWH と GE
自分で作る技術ががないから・・・
加圧水型PWRは三菱
沸騰水型BWR東芝と日立

三菱は毎年1基原子力発電を作る事にした
東芝と日立は一年交代で1基作る
ほぼ20年間続いた
技術者労働者を張り付けて
そういう利潤を作って抜けられなくなった

20年間で20づつで1990年に40基できた
その後17基しか出来ていなくてメーカーは困っている
原子力から金儲けが出来なくなって
中国インド東南アジアの国に原子力を売りつけようとしている

世界では今は圧倒的に加圧水型PWRが多い
考えたのは東芝でウエスティングハウスを丸のみして三菱を蹴落とした8000億円位払った
蹴落とされた三菱はヨーロッパアレバでヨーロッパ型の加圧を作っているので、そこと結託して売り込み始め
ものすごい熾烈な戦いになっている

そういう構造があったために今日まで止まれなくなってしまったと言う事です

他、
浜岡原発が事故になったらお茶はダメになるのか?
九州にも放射能は届いているようだが静岡にはどのくらい来ているのか?
原発を止めるためにはないをしたらいいのか?
福島から子どもと避難してきたが荷物を取ってきてもその荷物は大丈夫なのか?

長すぎてどうしても私のパソコンではエラーになってしまいます
後半終了間際2時間ごろですので
その部分はビデオをご覧ください。



関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして

よくまとめられていていいブログですね!
可愛いし(●^o^●)

普段ミクシをやっているのですが、
こちらのブログを紹介したり、コピペしたりしても
大丈夫でしょうか?

とにかく私も原発を浜岡は即刻、
他もすべてなくしたいのですが、
みなさん情報を知らなさすぎて、
細々と伝えています。

よろしくお願いします。(●^o^●)

Re: はじめまして

ありがとうございます。
本当の原発の姿についてはより多くの方々に知っていただきたいと思っています
私のつたないブログでお役にたてるなら
コピペでも何でもしていただきたいと思います
1日でも早く今稼働している原発を止めて
心配なのは福島原発だけだという状態にしたいです
一人ひとりがふたりづつに言えば
どんどん大きくなっていきますよね
未来の地球と子供たちのために
頑張っていきましょうd(◕‿-。) ネ❤
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。