瓦礫焼却・バグフィルターで「放射性セシウムが99.9%除去できる」→本当?

東京新聞のこちら特報部に瓦礫焼却に関するバグフィルターに関しての記事がありました。
バグフィルターを付けていれば99.9%の放射性物質を除去できるという政府の言葉を迂闊にも信じ、
受け入れ瓦礫についてゴミ焼却場にちゃんとバグフィルターを取り付けてくれるのならば、
受け入れも仕方がないのではないかとも考えはじめていた私にはショックな内容でした。

小出:ですから、排気系統を「現場でテストをしない限りはやってはいけない」と私は言っています。
小出先生もおっしゃっていましたが、検査をしないまま燃やしているのが現状のようです。
そして、バグフィルター自身の効果も信頼できないとしたら・・・

東京新聞の取材に応じておられた環境ジャーナリストの青木泰氏がご自身のブログに書かれていました。
以下、ブログより一部転記させていただきます。

ーーーーー

青木泰氏のブログ(2011年9月16日)より
バグフィルターで放射性物質が除去できるか? 
   ~放射能汚染廃棄物の焼却処理~


6月23日、環境省は、放射能汚染されたがれきの処理方法として、
可燃ごみは市町村の清掃工場の焼却炉で焼却し、
不燃ごみは除洗せず、埋立て処分する方針
を発表した。
焼却炉は、バグフィルターが付設されていれば良いとした。
環境省の肝いりで作られた「災害廃棄物安全評価検討委員会」(=有識者検討会)でも了解されたと
マスメディアに流された。<ここでは焼却問題について検証する。>

●放射性物質は、燃やすことで無くなるわけではない。
清掃工場の焼却炉では、通常木や紙、生ごみなどの有機物が焼却される。
有機物は、焼却によって、炭酸ガスや水蒸気などのガスと微細な粒子,煤塵となって煙突から排出される。
有機物は、1割ぐらいの燃え殻,灰を残して、分解して無くなってしまう。
燃焼状態によって、煤塵が増えれば、煙突から黒々とした煙が出、ダイオキシン等の有害物も排出されることになる。

バグフィルターなどの集塵装置は、この煤塵や有害物の除去装置としてつけられたものである。
しかし無機物である放射性物質は、焼却したからといって無くなる訳ではない。
焼却すれば、ガスや微細な粒子に形を変えて、清掃工場の煙突から放出される。
微細な粒子も総て取りきれるわけではなく、気化したガスはバグフィルターで除去できない。

ガスや微粒子になった放射性物質は、毒性がなくなるわけではなく、拡散放出される。
放射性物質の排出源が、福島第1原発に加え、多発化されることになる。
(その上焼却灰に濃縮された形で残し、保管一つを取っても後処理を困難にする。)

●放射性物質は、バグフィルターで除去できると裏付けなしに語る。
 
有識者検討会の委員で環境省の方針を積極的に後押ししたのは、
国立環境研究所の大迫政浩資源循環・廃棄物研究センター長である。
大迫氏は、バグフィルターが付加されていれば、放射性物質を除去できるため、
煙突から煙となって拡散されることはないと朝日新聞の週刊誌「アエラ」で語っている。

 
しかし大迫氏らの発言は、実証的な実験の裏付けがあって語っているわけでない
有識者会議に大迫氏が資料として提出した論文は、放射性物質がバグフィルターで除去できるというものでなかった。

その論文は、論題は、「都市ごみ焼却施設から排出されるPM2.5等微小粒子の挙動」であった。
微小粒子が喘息等に影響を与えると言う米国や環境省の報告を受けて、
既存の焼却炉で除去できているかの実験をしたものである。
微小粒子が、バグフィルターで99.9%除去できたとする実験結果でしかなかった。

実際廃棄物関係の専門誌である「月刊廃棄物」では、大迫氏は、
「元来放射性物質は廃棄物処理法に含まれていなかったので、
われわれ国立環境研究所は、知見もノウハウもほとんどありませんでした。」
「自治体からの要請に基づいて、
排ガス中の挙動や放射能レベルが高くなる原因究明などについての調査なども行ってゆきます。
と語っている。
アエラで語った「放射性物質は除去できる」というのは裏付けなく話していたにすぎない。

●放射能汚染物焼却の背景
 
市町村の焼却炉は、有害物の除去装置として造られたものでない。
 
市町村の街中から排出される生活ごみの量を減らす減容化のための手段に過ぎない。
バグフィルターなどの除去装置は、
焼却の過程で産み出される有害物や吐き出される有害物を除去するための装置に過ぎず、
放射性物質に限らず、有害物を除去分解するための装置ではない。


今回の環境省の方針や大迫氏などの判断には、
放射性廃棄物を市町村の焼却炉で燃やした時の周辺への影響を真剣に検討した後は見られない。

東北大震災で発生した大量のがれきを町中からなくしたいということがあり、
従来の災害廃棄物と同様に市町村の焼却炉で燃やすということになったと考えられる。
当初は、放射能の影響を考えていたが、放射能汚染されたがれきを燃やさなくとも、
すでに市町村の焼却炉から排出される焼却灰は、放射能汚染度が高く、
がれきを投入しても影響はないと今回の措置に踏み込んだものと考えられる。

しかし災害地だけでなく、東日本各地の市町村の焼却炉で放射能汚染されたごみが燃やされている。
焼却灰が高濃度汚染されているのは、街路樹や公園、庭木などの樹木が放射能汚染され、
それらの剪定ごみを燃やしている自治体が多く、その影響
と考えられる。

バグフィルターで捕捉された煤塵(飛灰ともいう)や燃え殻等を焼却灰というが、
焼却灰が高濃度汚染されているというのは、相応の放射性物質が煙突から環境中に排出されているということである。

この事実を前にして、国民のために環境を守り、科学的な対処を考える環境省や専門家ならば、
今すぐ市町村での剪定ごみの焼却をやめさせなければならない。


ところが、どうせ現状の市町村の焼却炉でも放射能汚染物を燃やしているのだから
そこに放射能汚染がれきが追加されても、大したことはないだろうというのが、
環境省が取った、放射能汚染がれきの焼却方針化といえる。

●バグフィルターを付設した焼却炉の影響
バグフィルターは、布や不織布で作られた袋状のフィルターで、掃除機のフィルターと基本的には同じである。
ごみ焼却炉で燃やされ大量に排出される排ガス中には、微細な粒子状の煤塵が含まれているため、
これをバグフィルターを通して除去することが目的である。その際ダイオキシンなどの有害化学物質も除去される。

布で作ったフィルターで、微細な粒子が取れるのは、
布の表面に微細な塵が蓄積し、層をなしそこを通るより微細な粒子も取ることができるようにしているからである。
これは掃除機のフィルターにごみがたまると急に吸い込みが悪くなるが、
その分より細かなチリも取ることができるのに似ている。

層を成し厚みを増すと、排ガスも流れなくなるため、
焼却炉のバグフィルターには、振動させて、たまったチリを落としたり、
逆からガスを流し布にたまったチリを落とすように工夫している。

チリの層がふるい落とされた時には、排ガスの流れがよくなるために、その分微細なチリは除去できなくなる。

またふるい落としのタイミングが悪い時には、焼却炉から排出される秒速数メータの排ガスの圧力で、
バグフィルターが破れ破損することがある。

また焼却炉から排出される排ガスの温度は850℃前後であるが、
バグフィルターの前で、200℃前後に冷却するようにしている。

しかし温度が下がりきらないことがあり、その時熱風がバグフィルターを破損するため、
排ガスの流れを切り替えて、直接煙突に排ガスを流すバイパスを設けている焼却炉もある。
(「プラスチックごみは燃やしてよいのか」青木泰著、リサイクル文化社P170~)

このときにはもちろん放射性物質を始め有害物質は煙突からそのまま大気中に放出される。
いずれにせよ、このようなバグフィルターの技術の状況で、バグフィルターで放射性物質は除去できるというのは、
ざるで水をすくうことが出来るというに等しい暴論である。

●大学の論文の結論を覆す実証例。

バグフィルターについて少し付け加えておくと、
大学の研究発表で発表された事例と実際には大きく違うことがいくつかある。

今回の有識者検討会で出された微小粒子除去の実験報告の
京都大学の高岡准教授の論文では、99.9%除去できるとなっていた。

この論文の結論から言うと焼却炉でごみを燃やしたときに発生する
SPMやPM2.(*SPMは、10ミクロン前後、PM2.5は、2.5ミクロン以下の微粒子。)の微粒子はほぼ除去できる。
そのためバグフィルターを付設した焼却炉の周辺では喘息は起こらないとなる。

しかし神奈川県横浜市の栄区のごみの焼却炉が、稼働を停止したところ
周辺の小学校の喘息の被患率が、桂台小学校では、19.7%から9.4%に半減し、
本郷小学校では15.6%から5%に3分の1になった。
(「プラスチックごみは燃やしてよいのか」青木泰著、リサイクル文化社P184~)

また日の出の最終処分場内に作られたエコセメント工場の近くにある青梅市の第2小学校では
喘息の被患率が、エコセメント工場が稼働した2006年の翌年の2007年から大きく変化した。
それまで0%~0.8%の間で推移してきた被患率が、
2007年度に一気に14%に増加し、2010年まで13~14%の間となっている。

また同じ高岡氏は、東京23区清掃一部事務組合の焼却炉で
水銀が自主規制値を超えて排出され、清掃工場が止まった後の講演会で、
焼却炉で排出される水銀は97.5%除去できると話していたが、
その後の調査の中で、金属水銀は原理的にも除去できないこと。
焼却炉メーカ自身が除去できないと発表していたことが分かった。


このように学者の研究論文で発表した少数の事例を基に、
行政官庁は、バグフィルターで何もかも除去できるとしがちだが、それをそのまま前提にすることはできない。


ーーーーーーー


続きを読むに東京新聞記事




「見切り発車」の災害がれき処理
東京新聞 こちら特報部 2012年1月21日

東京電力福島第一原発事故の放射能に汚染された東日本各地の焼却施設で連日、ごみが燃やされている。
岩手、宮城両県の災害がれきは地元では処理しきれず、全国で受け入れる計画が進む。
焼却施設から放射性物質がまき散らされ、住民が2次被ばくする恐れはないのかー。
環境省は「安全」と言い張るが、その根拠は薄弱だ。
同省は昨年6月、実際のデータがないまま、災害がれきの焼却処理方針を決めていた。
(佐藤圭)


焼却ありき 密室で決定

昨年6月19日、東京・霞が関の環境省第一会議室。非公開で開かれた有識者会議「災害廃棄物安全評価検討会」は、
福島原発周辺の警戒区域・計画的避難区域を除く福島県内の災害がれきの処理方針を了承した。
非公開の理由は「表に出せないデータがある」(同省廃棄物・リサイクル対策部)だった。
 
密室で決まったのは、大きく言って
(1)木くずなどの可燃物は、新たに放射能対策を講じなくても、既存の焼却炉で焼却可能
(2)放射性セシウム濃度が1キログラム当たり8000ベクレル以下の不燃物や焼却灰は
  最終処分場に埋め立てが可能で、8000ベクレル超については一時保管ーの2つだ。

可燃物については「十分な能力を有する排ガス処理施設」との条件を付けた。
「十分な能力」とは、ダイオキシン対策で整備された「ろ布式集じん機(バグフィルター)」と呼ばれる
高性能の排ガス処理装置のこと。
ダイオキシン対策が放射能汚染に通用するとは、にわかに信じ難い。

この時点で、放射能汚染がれきを実際に焼却炉で燃やしたデータはなかった。
環境省によれば、その主な根拠は、検討会委員の大迫政浩・国立環境研究所資源循環・廃棄物研究センター長が
同会に提出した資料だった。

環境省 実証データなし 批判黙殺

その一つが、同センター作成の「放射能を帯びた災害廃棄物の処理に関する検討」
ぜんそくや肺がんを引き起こす可能性のある「PM2・5」という粒子状物質は、
バグフィルターで「99・9%以上(除去できる)」
だから「(放射性セシウムなどの)元素も捕集される」と報告している。
ただ、わずか4ページの資料だけでは、その理由はよく分からない。

もう一つが「一般廃棄物焼却施設の排ガス処理装置におけるセシウム、ストロンチウムの除去挙動」と題した論文だ。
2009年秋、バグフィルターを備えた「A自治体」の焼却炉で測定したところ、
セシウムの除去率は「99・99%」という。
だが、ここに登場するのは放射能を持たない「安定セシウム」と「安定ストロンチウム」。
そもそも放射性物質をテーマにした実験ではないのだ。

有識者のお墨付きを得た環境省は6月23日、この方針を正式決定した。
後日公表された会議の議事録によれば、これらのデータについて
「机上の仮定の数字が多い」(酒井伸一・京都大学環境科学センター長)と
批判的な意見もあったが、環境省は黙殺した。

同省廃棄物・リサイクル対策部は
「十分なデータはなかったが、方針はすぐ出さなければならなかった。
ごみを燃やすことができなければ都市生活は成り立たなくなる」
と説明する。
まさに「焼却ありき」だった。

ダイオキシン対策で整備
フィルター本当に安全?


2102012311.jpg

環境省自ら「不十分」と認める状況下で、放射能汚染がれきを燃やすのは「人体実験」ではないのか。

大迫氏は「こちら特報部」の取材に
「バグフィルターでのばいじんの除去率や、安定セシウム、安定ストロンチウムでの除去率の高さから、
バグフィルターで十分除去できる、と検討会で判断した。
安定セシウムの挙動は、放射性と同じになると考えていい。
災害廃棄物を燃焼した試験はこの時点では行っていないが、災害廃棄物も通常の可燃物なので、
性状が都市ごみと大きく異なることはない」と主張した。

環境省も「放射性セシウムの除去率は実際に99・99%だった」と反論する。
その根拠を尋ねると、
同省が昨年11月末から12月中旬までの間、福島県内6カ所の焼却施設で測定した結果を示された。
そこには「除去率99・92~99・99%」とある。
しかし、これは、バグフィルター付近の測定結果から算定したにすぎない。
投入したがれきに含まれていた放射性物質の総量は調べておらず、
実際にどれくらい除去できていたのかは疑問が残る。


放射性物質 除去性能に疑問も

福島県での処理方針は、岩手、宮城両県の災害がれきの広域処理にも継承された。
見切り発車した「福島モデル」が今や全国標準になったのだ。

岩手、宮城両県の災害がれきは、通常の年間量の10~20年分に相当する約2千万トン。
東京都と山形県が受け入れているが、そのほかの地域では住民の反発で調整が難航している。

環境省は、広域処理の安全性を必死にアピールしている。そこで振りまいているのが「バグフィルター安全神話」だ。
住民向けのパンフレットには、バグフィルターの図入りで
「放射性セシウムをほぼ100%除去でき、大気中への放射性セシウムの放出を防ぎます」と強調している。
受け入れに反対する住民は「無知」と言わんばかりだ。

ごみ問題に詳しい環境ジャーナリストの青木泰氏は講演会や著書などで、
「バグフィルター安全神話」に疑問を投げかけている。

バグフィルターではダイオキシンもすべて取り切れないのに、原子レベルの放射性物質が除去できるというのは、
サッカーのゴールネットで野球のボールを捕獲できると言うに等しい暴論だ

焼却炉の煙突から放射性物質が放出されれば、その空気を吸った住民は内部被ばくする」

検討会のあり方については
「技術的な検討の場を非公開にする理由は全くない。
本来は2~3年かけて検討を重ねなければいけない問題だが、
環境省は、放射性物質が除去できるという実際のデータがないまま、がれき焼却方針を決めてしまった。
方針を決めた後に実験でつじつまを合わせても、誰にも信用されない」と憤る。

では、どうするか。青木氏は訴える。

「バグフィルターで99・99%除去できるという説明は直ちにやめるべきだ。
現在のように、汚染度にかかわりなく、何でも燃やすのは間違っている。
受け入れの基準を早急に決める必要がある」

デスクメモ
「被災地復興のためには、がれき受け入れに協力することが不可欠」
東京都の担当者は本紙記者の取材にこう答えていた。
都民の不安や懸念に対して、環境省のお墨付きがあるという事実はさぞ心強かったことだろう。
それが“根拠レス”だったとなると・・・。ご都合主義で振り回されてはたまらない。(木)


関連記事

コメント

非公開コメント

論より証拠

仙台にある国内最大のガレキ焼却炉で、瓦礫を燃やしても放射能が出ていないことが仙台市の計測によって確認されてるようです。
国内最大の焼却炉で出ないのだから他の都道府県の焼却炉でも瓦礫を燃やしても大丈夫だと思います。

瓦礫を焼却しても放射能は拡散しないしプルトニウムを吸引して肺癌になることもない。東北コットンプロジェクト調査結果。
http://www.asyura2.com/12/genpatu20/msg/515.html

転載させていただきます。

今、気になってしようが無い、(バグフィルターの除去)
内容です。
青木さんの方へコメントを残していたのですが、お返事がないので
ki-koさんのブログから転載させていただきます。
今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

皆さん、コメント欄を見てください!

●阿修羅サイト、
 「論より証拠」のコメント欄も、ぜひご覧ください!
反論の数と質が圧倒的です。


>国内最大の焼却炉で出ないのだから他の都道府県の焼却炉でも瓦礫を燃やしても大丈夫だと思います。

●瓦礫焼却の危険性は、焼却炉の「規模でなく設備」によります。

国内最大でも最新設備というわけではありませんし、瓦礫は均一でなく、地域ごとに汚染度がちがいます。また福一から出続けている放射能は足し算ですから、汚染は日々強まっていると思います。


>放射能は拡散しないしプルトニウムを吸引して肺癌になることもない

●まるで大橋教授、山下教授、池上氏の説明のようですね。

前述したように、そもそも瓦礫の汚染度は均一でないし、
放射性物質だけでなく有害金属による汚染拡大も懸念されています。

●理論に無理があると思います。

●東北コットンプロジェクトについては、去年の発足時からあなたとは違う意味で注目していましたが、
発起人たちは、発足時には今のような深刻な汚染を予測しておられませんでした。
「食べて応援」の感じだったので、私はたいへ懸念していました。

●東北コットンプロジェクトが、放射能問題で指導を仰いでいる

東北大学 大学院理学研究科 原子核物理研究室は、
素粒子論と宇宙物理学を中核とした理論系研究室で、
プロフィールがUPされている研究者の研究論文のタイトルを見ても、
放射線医学の専門家も危険物処理の専門家も一人もおられません。

ちなみに仙台市青葉区でも測定を行っておられ、そこのサイトで、
>「原子核・素粒子の実験研究を行っているものです。放射線、放射線と物質の相互作用、については専門家ですが、放射線が人体に及ぼす医学的影響については専門家ではありません。
放射線の健康への影響は、放射線医学総合研究所の情報を参考にしてください。」

との断り書き(逃げ口上?)があるほどで、つまり限りなく素人の専門家集団であり、
コットンプロジェクト地域の綿密な分析や提言は無理なのではないかと思います。

●内部被曝が一番懸念されますが、
製品の使用者や工場で働く人に被害が有った場合、いったい誰が責任を取るのでしょうか?

東北大学研究室ですか?
東北コットンプロジェクト発起人たちの会社ですか?

通常の製品は、製造者と販売者が責任を負います。
このプロジェクトの問題点は、責任を誰が負うかを明記せず、
「お約束します」とばかり言っている無責任プロジェクトな点です。

●そんな危険を冒してまで、作らなくちゃいけないんでしょうか?

●日本中から嫌がられている「瓦礫」。
でも、当該地域の方にとっては「思い出の集積」だから
いつも「瓦礫」と書くたびに胸が痛みます。
昨年、自衛隊や消防団の方々が、ひとつひとつ丁寧に選り分けておられました。

●そんなにまでして、拡散しなくちゃいけないんでしょうか?




No title

99.9%の根拠は何かと、地元の市役所に行ってきいてみました。
全国の何カ所かの焼却の実績を元にしたものだと言われ、一覧表を見せてもらいました。そこには焼却場の所在地、バグフィルターの有無、排ガス浄化装置の有無とともに、排ガス中の放射能値、飛灰中の放射能数値が並んでおりました。測定値の一覧表だけで、具体的な計算方法までは見せていただかったのですが、たぶん排ガス中の放射性物質÷飛灰中の放射性物質で、求められているのではないかと想像しています。
あくまで、当方の推測ですが、一覧表にはそれ以上の数値はなかったので。
で、そこで数字のトリックが入ってくるのですが、どちらの数値も1立方メートル当たりの数値でした。
飛灰1立方メートルが生成されるに際して排ガスが1立方メートルしか出来無いということはないはず。何百倍か何千倍かの排ガスが出るはずなので、総量で比較しないと無意味だと思います。
せめて焼却前のゴミの放射線量がわかれば別なのですが、私の見た資料にはそれは書いてありませんでした。
環境省のホームページには全ての資料が公開されているというのですが、見つけられませんでした。
あくまでも資料一枚を見せられての当方の勝手な憶測ですが。