fc2ブログ
04.17
Sun
原子力災害専門家グループからのコメント「チェルノブイリ事故との比較」にあまりにも驚いたので
政府についている専門家グループの名前を保存しておきたくなりました


原子力災害専門家グループ

原子力災害専門家グループについて
グループの構成員は以下の8名(五十音順)です。
  ・遠藤 啓吾  京都医療科学大学 学長
  ・神谷 研二  広島大学原爆放射線医科学研究所 所長
  ・児玉 和紀  (財)放射線影響研究所 主席研究員
  ・酒井 一夫  (独)放射線医学総合研究所 放射線防護研究センター長
  ・佐々木 康人 (社)日本アイソトープ協会 常務理事(前 放射線医学総合研究所 理事長)
  ・長瀧 重信  長崎大学名誉教授(元(財)放射線影響研究所理事長、国際被ばく医療協会名誉会長)
  ・前川 和彦  東京大学名誉教授
          (独)放射線医学総合研究所緊急被ばくネットワーク会議委員長、放射線事故医療研究会代表幹事)
  ・山下 俊一  長崎大学大学院医歯薬学総合研究科長

「原子力災害専門家グループ」は、今般の原子力災害に関し、
  ・被災者の避難、受け入れの際の安全確保に関すること
  ・被災者の被ばくに係る長期的な医療、健康管理に関すること
  ・その他、放射性物質に関する人体への影響一般に関すること

  等について、外部の専門家として、随時、官邸に対する助言を行って頂いています。

原子力災害専門家グループからのコメント

●第一回 「放射線の規制値と実際の健康への影響」 (平成23年4月7日)
     (酒井 一夫・(独)放射線医学総合研究所 放射線防護研究センター長)
 
●第二回 「どうして同心円?」 (平成23年4月13日)
     (酒井 一夫・(独)放射線医学総合研究所 放射線防護研究センター長)
 
●第三回 「チェルノブイリ事故との比較」 (平成23年4月15日)
     (長瀧重信・長崎大学名誉教授(元(財)放射線影響研究所理事長、国際被ばく医療協会名誉会長))
     (佐々木康人・(社)日本アイソトープ協会 常務理事(前 放射線医学総合研究所 理事長))


関連記事

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://kiikochan.blog136.fc2.com/tb.php/144-51832a15
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top