FC2ブログ

「福島原発が爆発した原因と対策」武田邦彦氏1/27(音声&内容書き出し) 

武田邦彦先生が、下記のようなブログをお書きになりました。
内容を聞いてみたら、意表を突く提案でした。

書き出しながら、おもわず、

「そんなのぜったいにいやだー!」

と、叫んでいました(ノ∀≦。)ノぷぷ-ッ笑

(1) 福島原発が爆発した原因と対策 の武田先生の音声を書き出しました。


ーーーーーーーーーー 


原発・エネルギー・環境の重要テーマ(前半、すべて、音声です)
武田邦彦 平成24年1月27日(金) 


音声はお聞きになりにくい方と、
音声の方がわかりやすいとか車の中でお聞きになれるなどの方もおられますので、
現在の重要なテーマを音声でいれました。
今回はジックリお話をするために長さは長くなっています。

(1) 福島原発が爆発した原因と対策  
(2) 被曝で病気にならないために   
(3) 電気は足ります   
(4) 石油は無くなるか?

ーーーーーーーーーー


(1) 福島原発が爆発した原因と対策 



えーっと、
原発の再開問題はですね、
私たちの子どもの安全と言いますか、
国土、日本の国土を失わないとかいろんな意味があってですね、
本当に大切なわけですね。


今度福島の原発の事故があったという事は、
結果的には私達がですね、原発の安全性について、真剣に考えていなかったと、
ま、言ってもいいわけですね。
これは、原子力の人に責任はあるんですが、

国民もですね、ま、これほどの事が起こるわけですから、
やっぱり、もっと真剣に考えなければいけなかったと言えるでしょうね。

で、今、再開問題が起こっているわけですね。
まずは、電気が必要かという事と、原子力発電が安全かというものを
分けて考えなければいけないと、こう私は思いますね。


「安全第一」というのは私も昔、化学工場で叩き込まれました。
最初のうちはですね、「お客さんもいるし」とか、いろいろと思っていましたが、

結局、危険なものはやってはいけないという事がですね、
体験、経験によってですね、分かってきました。




続きを読むに続く







今、福島の原発が、なんで爆発したかっていうのを、冷静に考えてみますと。
やっぱり、第一には地震なんですね。
で、地震で壊れたか津波で壊れたか、
という、こういう問題をですね、補償とか政治問題に絡めて議論するのではなくてですね、

まぁ、やっぱり純粋に技術的に考えてみるべきだと、
私はこう思うんですよね。

そうしてみますとね、
震度6の地震で壊れた原子力発電所は
石川県の志賀原発、柏崎の刈羽、それから今度の地震では青森県の東通、仙台の女川
それから福島の第一第二。それから茨城の東海第二と


えー、7つの発電所が、いずれも壊れたというふうに私は言っているのですね。

これについては異論もあります。「違う」と言う意見もありますが、
私はですね、こういう安全問題というのはきちんと、厳密に考えなければいけないんですね。

例えば原発がそんなに壊れたと言うのは、
「原発の危険をあおるため」だとかですね、
「ため」というのはやめてですね、
本当に真剣に考えなくてはいけないですね。

それで、地震で壊れるっていうのはですね、
これは、私が言ってる「壊れる」っていうのはですね
たとえば、緊急停止をしてですね、
震度6っていうのは一応、耐えられる様になっている訳ですよ。

なんでかって言いますと、日本では震度6の地震が毎年一回ずつ来ますからね。

それに対して原子力発電の安全性っていうのは、
一応ですね、1万年に一度か10万年に一度位は仕方がないという
ま、見通しがあるわけですね。

これは可能性が、事故の可能性がゼロという事になりますと、もうなにも出来ませんので、
一応見通しとして1万年に一度、10万年に一度と。
このくらいを目安にするんですよ。

ですから、毎年起こる震度6の地震。なんていうのはですね、
これはもう、絶対に壊れてははいけないんですね。


壊れてはいけないというのはどういうことかと言いますと、
地震が起こったら制御棒がひゅーって入って、原子力発電所が止まりますね。
そして、よーく点検をして、そして制御棒を抜けばまた運転が再開できるっていうのが、
これが、震度6の耐震性っていうんですね。


で、もちろん、見まわっていて壊れたらいけないんですよ。

例えば、棚の上の物が落ちるとか、本当はこういうのも良くないんですけどね、
一応そういう事があっても、これはしょうがないと。
だけども、そういうのを全部片付けるとしますね。
1カ月かけて片付けて、そして運転が再開できるというのが
実は、震度6の耐震性ですね。

ま、日本の場合は震度7が、
やっぱりこれ、50年とか100年のうちに一回来ますから、
そういう意味では震度7の一応耐久性を持っていて、
震度6だったらですね、やっぱり1ヶ月後には、
「普通どおり何もありませんでしたから再開します」という事でなければいけないわけですよね。

ところが、私が言いましたこの発電所は全部1か月で回復したんじゃないんですよ。

やっぱり、設計上壊れたんですね。

ですから、これはやはりですね、はっきりと我々は認識していたい。
電力会社がどう言おうとですね、これは国民の問題ですからね。
そういうふうに認識したほうがいいと思います。

それからもうひとつは
もちろん津波も大きな影響がありました
しかし、津波でやられたかどうかっていうのはちょっと違うんですね。
これも、「政治的にそれは津波というんだよ」なんていうのがありますが、
やっぱりそうじゃなくて、
これも真正面からしっかりと考える必要がありますね。

そういう点ではですね、
15メートルの津波がきました。
それで、5.7メートルといわれる防潮堤を超えて原子力発電所に流れてきたんですが、
実は海岸線の建物はそれでやられたんですね。
あの弱い建物は。
ところが、その後に原子炉に到達するまで、
原子炉建屋っていうのは4つありますね。1号機から4号機まで
5号機6号機は少し離れていますけど、

その1号機から4号機の手前にですね、タービン建屋という、
タービンを回すところがあるんですね。
そこは原則としては原子炉建屋ではないんですよ
そこに津波がどーっときました。
ところがこの原子炉建屋は建物が大体37メートル、
それにそこは標高が6m位ありますから、
合計43メートルですね。

そこに津波、15メートルの津波がバーンと来たんです。

建物は無傷です。全然壊れていません。
壊れていないというか建物自体は倒れおります。
という事は津波がそこで止まったという事なんですよね

もちろん建物は1号機から4号機の前に全部カバーしていますけれども、
ま、北の方から回ったり南の方から回ったり、
中央部にもちょっと隙間がありますから、その隙間をくぐってチョロチョロは原子力建屋の中に入ってきました。
しかし、一般的に言われているように、津波が原子炉建屋を襲ったんではなくて、

チョロチョロ漏れてきた浸水によって、爆発したんですね。


で、この浸水の原因は、主には、おそらくは、
建物の両側から漏れてきた物もあるし、
防潮堤というのはそう長くはななくて、その建物
壊れなかったタービン建屋のちょっと南ではもう、切れておりまして。

普通の海岸にテトラポットが置いているぐらいですね。

そこはもう、悠々と津波は乗り越えて、
後ろから原子炉建屋を襲ったという事もあるわけですね。

つまり、「原子炉建屋は津波に襲われた」というのはですね、広く言えばそうなんですが、
きちっといえば、
津波は直接的には来なかったんだが、海水面が上がった事による浸水
ということになります。

原子炉建屋は標高10メートルのところにありましたから、
15メートルの津波がきましたから、、ま、5メートル分だけ浸水したんですね。

じゃ、5m分浸水して、なんで爆発したかっていうと、
原子炉建屋の一階に電気系統が置いて、あっ!地下にですよ。地下。一階じゃないんですよ。
地下に電気系統が置いてあった。

それから、
タービン建屋の下にもヂーゼル発電が置いてあった。ということでですね、
なにしろ地下にですからね。
全部やられたわけです。

そこでですね、変な話が出てきましてね、
防潮堤を高くするっていうんですよ。


それじゃぁ福島第一原発の防潮堤が30mだったらどうなったのか?

津波は15メートルですから、全然、30mの防潮堤を超えません。
しかし、原子炉の南側が開いていますからね、原子力発電所の。

そこから津波が回ってきます、
ですから、津波対策をするならですね、
原子力発電所の建物全部を防潮堤で取り囲まなければいけないですね。


それでもやっぱりね、日常的にいろいろ使って、車なんかが通過したりしますから、
それにいつ津波が来るか分かりませんからね。

だからそれは何が間違っているかっていうと
浸水したら爆発するっていうのが間違っているわけですね。

あたしまえですが。

っていう事はどういうことかっていうと、電源とか非常用電源を3階位に上げておくと、いうことですね。

さらにいえば、海岸線に原子力発電所造らないという事ですね。

これはたとえばフランスでもアメリカでもそうですが、
殆ど内陸で、しかも川の上流に割合造る
わけですね。
川の上流に造ればわりあいと、氾濫するという事もないですね。
川っていうのは大体氾濫するのは下流ですから。上流が氾濫するという事はあまりありませんのでね、
穏やかな大きな川の上流に造る。

例えば、日本ですと一番いいのは木曽川でしょうね。
木曽川の犬山よりか上流。
それから、滋賀県の琵琶湖
これなんかもいいですね。
淡水ですし、穏やかですね。

琵琶湖がですね、ものすごい勢いで津波が起こるなんていう事はありませんのでね。
湖のほとり。
もしくは大きな川のほとりという事になりますね。

こういうところに原子力発電を建てているのが、
実はアメリカでありフランスなんですね。

しかもアメリカとフランスは地震が無いという事です。

フランスなどは地震が無いのに原子力発電所を川の上流に造っています。
海沿いにある物も少しあるんですけれども、
2~3基あるだけでですね、あとは全部川の上流ですね。
で、川の上流に原子力発電所を作って、もちろん川の下流にはですね、
水道を取るところとか農業用水を取るところ、もしくはブドウ園なんていうのは
どんどん、どんどんその大きな川の水を使っていますからね、

「じゃ、そんなの危ないんじゃないか」ってフランス人に言ったら笑われちゃうんですよ。
「えっ!あなた、日本人は原子力発電所を危ないと思っているんですか?」って。
「いや・・・危ないと思っているんじゃないんだけど・・・」と、日本人はこう口を濁しますよね。

「安全なんだからどこに作ったっていいんじゃないの?」と、
「福島とか新潟に作っておられるけれども、福島や新潟には漁民はいないんですか?」と。
「いや、いるんです」
「魚は獲ってるんですか?」
「ええ獲っているんです」
「じゃ何で、琵琶湖とか東京の隅田川とか、それから木曽川に作らないんですか?」
「いや、廃液が汚いし、万が一爆発した時には」
「じゃ、万が一爆発した時には福島とか新潟はよろしいんでしょうか?」と。
ま、若狭湾もそうですね。
「あそこの国民は日本人じゃないんでしょうか?」と、ま、
こういうふうに切り込まれたらですね、困っちゃうんですね。

原子力発電所は「安全だしかない」んですね。
「安全だしかない」というのは、
今いったん原子力発電所を止めまして、
それから、荒川、隅田川でもいいですが、多摩川がいいですかね、
多摩川でも荒川でもいいですが、
そういった東京の近くの川に東京用の発電所をまず一個造ることですね、

ま、これは、政府が東京にありますから、
まずそれをやると。

つまり、淡水で、川で冷やす。

多摩川の水道を取る上流が一番いいですね。
そこに建てるかどうかという議論をする。

それから、名古屋ですと、木曽川の上流に造る
それから、京都大阪ですと琵琶湖に造る。
これをまず最初にやらなければいけませんね。

そうしますと、原子力発電は安全かどうか、
何をやれば安全になるのか、という事がはっきりしてきますから、
これは非常に大切だと思いますね。

まぁ、今度日本の原発が爆発したっていう事は、本当に日本にとっては恥ずかしい事で、
通常運転時で爆発したのは日本の原発だけですからね。

チェルノブイリは、あれは、わざと電源を切って、
自分たちで爆発の対策をやっている時に本当に爆発しちゃった。っていうもんですからね。


そういうものは人間ですから、あってはいけないんですが、起こり得ますが、
日本みたいに通常運転時に爆発すると、
しかも地震で、震度6で耐えられないという事がもう分かっていたという事ですね。

今回もし、防潮堤を高くしたら、これはもう本当にお笑いというかね、
つまり防潮堤をいくら高くしても他から水が回ってきたら、地下一階にある、電源はやられてしまう訳ですね。

ですからやっぱり、まず、日本は海岸淵に作らない
「川の上流に作る」という事をですね、まずやらないと、
私たちの日本はですね、もう一回ダメになってしまうと。
福島原発のように国土を失ってしまうという事になるとおもいます。






関連記事

コメント

非公開コメント

原発論争の本音をあぶり出す問いですね

この問題提起は,原発論争の深層をあぶり出すのに有効ですね。

「原発が本当に安全なら,東京湾に作れば」
という問いかけが昔からあって,それには,
「地価が高いから」とか「広い用地がない」とか「羽田・成田の
離着陸に支障」とかいう現実的な反論で,誤魔化されていました。
(こういう理由付けで,深刻な論争をうまく回避してきたともいえます。)

なら,大量の冷却水を取水できる大きな川の上流で,
「地価がそれほど高くもない」「広い用地がある」ところ,
そう関東平野なら,荒川上流とか利根川上流とかでいいわけです。
現にフランスはそうやっていて,技術的には実証済みと。
今も原発推進な人は,フランスを見習えというわけですから,
この立地条件には反論できなくなります。

こういう問答をやってみると,
「本音は脱原発なのだが,自分に影響が少ないところだから,
目をつぶってきた」という多数派の本心がわかりますね。
その本心に気づかせる,そしてフランスをモデルとする人々にも,
その問題点を考えさせる,なかなか知的な問いだと思います。