文部科学省が推進してるんですね・・・原子力発電・・・東芝と三菱と日立から献金?

へぇ~~~~w(゜o゜*)wマジ!?
このサイトは恐ろしいです
わたしは・・・絶句しました


文部科学省 原子力教育支援事業

平成22年度「原子力・エネルギー教育支援事業」の実施者が決まりました

文部科学省では、学校教育段階から原子力やエネルギーに対する理解を促進するため、
原子力やエネルギーに関する教育の取組への支援事業を行っています。

平成22年度においては、前年度に制作しました原子力に関する副読本の活用方法などの
教員向けセミナーや副読本に係わる副教材の作成、
優れた作品に文部科学大臣賞が交付される課題研究コンクールや原子力ポスターコンクールなどをはじめとする
各種支援事業の実施者と内容が決まりましたので、是非、ご活用ください。
(以下の【平成22年度「原子力・エネルギー教育支援事業」の実施者一覧】をご参照下さい。)

また、副読本の印刷、副読本を用いた授業の実施のための実験器具の購入や施設見学等の費用については
「原子力・エネルギーに関する教育支援事業交付金」を活用していただくことが可能です。

なお、この交付金では、電力消費地域における原子力の正しい知識の普及を推進するため、
原子力発電施設等が立地していない都道府県の交付限度額を増額することとしています。

これらもご活用いただき、指導の一助としていただければ幸いです。

平成22年度「原子力・エネルギー教育支援事業」の実施者一覧続きを読むに記載します

原子力・放射線に関する教育職員セミナー(基礎コース)
概 要 : 小・中・高等学校・高等専門学校・特別支援学校の教員等を対象に
                     専門家の講義や実習等により、副読本の活用方法を中心とした
                     原子力や放射線に関する知識を学ぶ機会を提供します。
実施者 : 公益財団法人 日本生産性本部
連絡先 : エネルギー環境部(TEL:03-3593-0936)
URL : 原子力・放射線に関する教育職員セミナー(基礎コース)

原子力・放射線に関する教育職員セミナー(応用コース)
概 要 : 小・中・高等学校・高等専門学校・特別支援学校の教員等を対象に
                     専門家の講義や研究機関での実習等により、
                     体験することを中心として原子力や放射線に関する知識を学ぶ機会を提供します。
実施者 : 財団法人 原子力安全研究協会
連絡先 : 放射線災害医療研究所(TEL:03-5470-1982)
URL : 原子力・放射線に関する教育職員セミナー(応用コース)

原子力・エネルギーに関する学習用機器(簡易放射線測定器)の貸出
概 要 : 児童生徒・教員・学校等に簡易放射線測定器「はかるくん」、
                     実習用キット及び教材セットを無償で貸出し、
                     放射線測定等の実習・実験を行う機会を提供します。
実施者 : 財団法人 日本科学技術振興財団
連絡先 : 情報システム開発部(TEL:03-3212-8472)
URL : はかるくんWeb

原子力・エネルギーに関する教育情報の提供
概 要 : 児童生徒や教員等に向けて、
                     原子力やエネルギーに関する教育情報や学校教育の場や家庭学習などで
                     活用できる実践事例、映像、写真、イラストなどのコンテンツを提供します。
実施者 : 財団法人 日本原子力文化振興財団
連絡先 : 科学文化部(TEL:03-6891-1573)
URL : あとみん-原子力・エネルギー教育支援情報提供サイト-

原子力に関する副教材等の作成・普及
概 要 : 小学校・中学校に向けて、平成21年度に製作した原子力に関する副読本と合わせて
                     学校教育の場などで活用できる副読本に係わる副教材(カリキュラム、ワークシート)を
                     提供します。
実施者 : 財団法人 日本原子力文化振興財団
連絡先 : 科学文化部(TEL:03-6891-1573)
原子力・エネルギーに関する出前授業等の開催
概 要 : 小・中・高等学校・高等専門学校・特別支援学校の児童生徒を対象に
                     理科、社会科、総合的な学習の時間などの学校授業を利用した
                     出前授業等を開催します。
実施者 : 財団法人 大阪科学技術センター
連絡先 : 普及事業部(TEL:06-6443-5318)
URL : 実感!エネルギー教室

課題研究コンクールの開催(旧調査活動の支援)
概 要 : 高等学校・高等専門学校の生徒を対象に
                     原子力を含めたエネルギーに関する課題研究、生徒間及び教諭間の交流、
                     成果の発表等を実施する場を提供します。
最優秀校には、文部科学大臣賞が交付されます。
実施者 : 財団法人 日本原子力文化振興財団
連絡先 : 科学文化部(TEL:03-6891-1573)
URL : 課題研究コンクールの開催(旧調査活動の支援)

原子力ポスターコンクールの開催
概 要 : 次世代層を中心に広く、
                     原子力や放射線をテーマとしたポスターのコンクールを行って
                     ポスター制作の場を提供します。
子ども部門(小学生以下)の最優秀者には、文部科学大臣賞が交付されます。
実施者 : 財団法人 日本原子力文化振興財団
連絡先 : エネルギー文化部(TEL:03-6891-1574)、
科学文化部(TEL:03-6891-1573)
URL : 第17回 原子力ポスターコンクール

原子力・エネルギーに関する施設の見学等
概 要 : 原子力やエネルギーに関する施設見学
                     モデルコースや学校現場のニーズに応じたコースの提案、
                     全国の博物館や科学館等に参加体験型の展示物を巡回します。
実施者 : 財団法人 つくば科学万博記念財団
連絡先 : 普及事業部(TEL:029-858-1100)
URL : 原子力・エネルギーに関する施設の見学等


「原子力・エネルギーに関する教育支援事業交付金」について

全国の各都道府県が学習指導要領の趣旨に沿って
主体的に実施する原子力やエネルギーに関する
教育にかかわる取組を支援しております。
http://www.atomin.go.jp/atomin/kyoiku_shien/h22/1_genshiryoku/index.html
「原子力・エネルギー教育支援事業」の成果

これまでの原子力・エネルギー教育の実践事例や授業等に活用できる映像、写真、イラスト、各種支援事業を、
「あとみん-原子力・エネルギー教育支援情報提供サイト-(http://www.atomin.go.jp/)」で紹介しています。

詳細は、以下アドレスをご参照下さい。
http://www.atomin.go.jp/support/index.html

とりあえず・・・私は・・・・言葉を失いました


関連記事

コメント

非公開コメント