fc2ブログ
03.19
Mon


「 瓦礫の広域処理 」 via 文化放送ゴールデンラジオ(120316)

大竹まこと
室井佑月
太田英明  

太田:
がれきの処理の問題ですね。
国は一生懸命広域処理という事で、宮城や岩手のがれきを
いろんな所の自治体で引き受けて欲しい、処分して欲しいと言っていますが、
なかなか、地元の住民の理解が得られずにそれが進んでいないという状況があるんですけれども、
それについて今日は朝日新聞が特集を組んでいて、
3人の方が3者それぞれの立場でがれきに対する意見を言っています。
一人は黒岩祐治さんという神奈川県の知事の方です。

大竹:元フジテレビのキャスターですね

太田:
そうですね。
岩手県宮古市を視察した時に、宮古市の担当者が、
「岩手県は瓦礫を3年で処理する計画なんだけれども、私たちだけでは5年かかるんです。
2年分お手伝いいただけないでしょうか?復興のために必要なんです」と頼まれたので、
「地域の住民の反対があっても、新しい手立てを考えて、私は、それでも受け入れる方向で一生懸命やりますよ」
というふうに言っています。



二人目
山内知也さんという神戸大学大学院の教授の方なんですけれども、
「そもそも、西日本って、放射性物質でほとんど汚染されていないのに、
岩手、宮城多少は放射性物質があるものをわざわざ西日本に持ってきて、それを広げる必要はない」
とおっしゃっているんですね。

大竹:福島はね、外に持ち出さないって・・

太田:福島はまた別ですけれどね。

大竹:別枠だけどね

太田:

「がれき処理が遅れているのは、広域処理、日本中の自治体が受け入れないからじゃ、実は無いんだ」と。
広域処理で処分しようとしているのは岩手、宮城のがれきのうち、およそ2割しかない。
で、本当に解決させるんなら、被災地で高性能のフィルターが付いた大型の焼却施設を作って、
そうすれば、大きなお金も落ちて雇用も期待できると。
復興につなげるための処理を進めるべきだと、この方はおっしゃっているんですね。

大竹:
そうなんだよ。それなんでやんないの?
何で1年もたっているのに何でやんないの?

室井:
最近すごい、えっとね、
徳島県の知事が、瓦礫受け入れは今のままだったらダメですよっていうのを発表したんだけど、
きちんと、放射性物質が付いていない、安全だって言われているんだったら、それは助けたい気持ちがあるから、
受け入れるみたいな文章を書いていて、
徳島県知事って、すごい立派だなって思っちゃった。

大竹:ああ、そう

室井:理路整然としていてさぁ、その文章が。

大竹:ああ
でも、あれ、細かい事を言えば、サンプル調査とかああいうのだって、大変だよ。
サンプルでやるわけだからね、全部ができるわけじゃないからね。
ま、それはいいや、
それは、受け入れる側の態度としては立派だっていうのは分かるよ。

室井:知事によって、違うんだとね、考え方がね。

大竹:ハイはいはい、ま、そこまでは良いよね。もう一つありますよね、考え方がね。



太田:
もう1人は、加藤典洋さんっていう文芸評論家の方なんですけれど、
「やっぱり地域が、日本全国の自治体ががれきを受け入れないのは、そもそも政治不信があって、
政府が決めた基準なんて嘘っぱちなんじゃねぇかっていう、そういう不審があるからそれに抵抗しているだけだ」
ということで、
たとえば何故、環境大臣が原子力行政の特命担当大臣と同一人物なのか、
これは細野さんの事を言っているんですけれど、

事故処理を早く進めようという立場と、
それから、国民の健康、環境を守ろうという立場を一人二役でやるのがそもそもおかしいと。

大竹:そうだね。

太田:そのおかしさにみんな気づいていないと。

大竹:なるほど。


太田:
そういうところからしっかりするところから、政治が信頼を取り戻して、で、
受け入れるか受け入れないかを決める。
順番としてはそうだというふにおっしゃっているんですね。


室井:事故後に焼却灰の基準値とかもすごくいかわったでしょ~?

太田:変わりましたね

室井:
それがさ、だからさ、事故後にすごく変わったことで、
今まではその濃度で汚染された焼却灰とか、がれきとかだったら、
それ、勝手に廃棄したら捕まるようなものだった訳じゃない。
そこを急に変えて「大丈夫だ」って言われても、信用できないっていうのはしょうがないと思っちゃうんだよね。

太田:だから、国の都合で基準って変えていましたからね、福島第一原発事故が起きてからね

大竹:
ま、いろんな・・
黒岩さんは受け入れるね、
山内さんは西日本に運ぶのは間違い
加藤さんは政治不信が受け入れを拒否しているんじゃないかと、政府を信用していないからだと。
いろんな意見がありますけど、

この問題はね、この前の番組の野村邦丸さんで二木啓孝さんが言っていたんだけど
俺はこの方の意見がかなりいいんじゃないかなと思うんだけど、
ま、この方が言っていたけど、俺が思うのに、
じゃあね、神戸の時の瓦礫は2000万と、今度の瓦礫は2300万と、
大差ないわけだ。
じゃ、伺うけど、神戸の時の瓦礫はどこかに持って行って処理したか?と。
どっかが受け入れましたか?と。

太田:そんな話はなかったですね。

大竹:
そんな話は何処でも聞いていない訳。
ね、これ、受け入れるためには、ね、
ま、全部じゃないけど、400万だって言われているけど、
全部受け入れるとしたら2200万と、ね。
トラック220万台分。
10トントラックで220万台分。ね、いるわけだ。
10台運んだとしても22万台いるわけだ。間違っているかもしれない、ね、それだけいるわけだ。
ね、二木さんは、「どこかの誰かが儲けようとしているんじゃないか」って、いうふうに
番組の中でおっしゃっていたけれども、
おれも、どう考えてもね、
どう考えても、「神戸の時にはこれ、みんなで受け入れるのやったかな?」って思って、

室井:そうだ!先週大竹さんにその話聞いて、私も、「あ、そういえばそうだ!」って思ったんだ。

大竹:
それがあるからね、
で、西日本に来るのはこれは間違いって、山内さんが言ってるんだけど、
何でこの1年の間に現場でね、ここ危険です、住んではいけませんって言っているところがあるわけだよ。
ね、もう住めませんよここ。住まないようにしてくれ、そこに建てればいいじゃないじゃないかと。
こんなもの。

太田:うんうん、うんうん。

大竹:ね、で、現地に雇用も生まれるし、

室井:お金も入るし

大竹:
お金も入るし、
だから、なぜしないんだ?と。
ね、受け入れる受け入れないで、地方と、あの県は受け入れない、受け入れるとか、
絆を分断するような事をさ、
こう、なんか、誰かがやっているとしか俺は考えられないんだけどね。
も~うちょっと、これみんな、
二木さんの意見はそんな事大竹さん、それ、トラックのね、台数っていうのは二木さんの意見です。
ね、だからもうちょっと考えなくっちゃいけないんじゃないかね。

こういう事がね、やっぱりその政治不信を生むって言う加藤さんの、
原発担当大臣と環境大臣が一緒っていうのもね、
同じ人間が、こっちでは整理しましょう、
こっちではさ、この問題をなんか環境的に考えましょうなんて、言えないと思うんだよね。
やっぱ、その辺から、もう、元からやらなくちゃ、
「それでも私は受け入れる」は、実質的にはちょっといい意見に聞こえるけれども、
そんな簡単な問題じゃないんじゃないの?




番組中、大竹まことさんが話していらっしゃる二木さんの放送はこちら↓
「がれき広域処理に疑義 」二木啓孝さん3/14文化放送くにまるジャパン(内容書き出し)



関連記事

comment 4
コメント
次のファイルで、住宅・建築物系1450万トン、道路・鉄道等公共公益系550万トン(4ページ)。145万トンが兵庫県外で焼却処理、埋立処理(12ページ、ク 域外処理)とあります。
http://web.pref.hyogo.jp/wd33/documents/000044725.pdf
めぐ | 2012.03.20 07:48 | 編集
危険な震災瓦礫の広域処理を無理やり進めるのに多額の補助金(税金)を使うので利権が発生するのであって利権のために広域処理を行うのではないと思います。私の見解は以下の通りです。
*********************************
震災瓦礫の広域処理により日本全国が放射能により汚染されます。国はこのことは十分わかっているはずです。細野環境大臣が理解していなかったとしても優秀な環境省の官僚が必ず大臣が理解するまで説明しています。にもかかわらず、瓦礫の広域処理が細野環境大臣と環境省主導で推し進められているのは何故でしょうか?
放射能汚染が日本全国に広がれば日本で作られた農業生産物(食糧)は輸出ができなくなるだけでなく、日本人自身が食べることができなくなります。そのため、日本は食糧を全面的に輸入に頼らざるを得なくなります。そして、日本人が生きていくためには工業製品の輸出に頼らざるを得なくなります。
つまり、日本の農業はつぶれてしまうのです。これ(農業の息の根を止めること)こそが、瓦礫広域処理の真の狙いなのです。

(補足)経済的な豊かさのためには人々の生命、健康など考慮するに値しないと考える人達(自分だけは大丈夫と思う愚かな人達でもある)によって瓦礫の広域処理が進められています。
関西人 | 2012.03.20 08:32 | 編集
いつも貴重な情報の発信をありがとう!

国は電通と組み「税金」を無駄に使って、情報操作を始めましたね。
地上波を使い感情論で押し切ろうとする、こういう強引なやり方は支持できません。
というか情報源が地上波だけの人達は、こうやって流されていくんだろうな・・・

瓦礫広域処理キャンペーンや食べて応援の広告費用は、約40億とも言われているけど
その40億を被災地に使えと言いたくなります・・・

食べて応援を制作した「FOOD ACTION NIPPON」
住所:〒105-7001 東京都港区東新橋1-8-1
「電通 」
住所:〒105-7001 東京都港区東新橋1-8-1

ちなみに宮城県女川町の町長、須田善明さんも元電通でした。

毎年税金60億円、電通・博報堂・産経新聞社など事業請け負い
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-07-16/2011071603_02_1.html

やらせ投稿とかで有名なピットクルーの企業情報とかにも
電通の名前があったと思ったんだけど、今日見たらなかった。消したか?(笑)

「海外市民団体の見る日本の汚染瓦礫受入問題」制作:EON
http://www.youtube.com/watch?v=WFSFDMiWVzU
n | 2012.03.20 09:31 | 編集
貴重な情報ありがとうございます。
瓦礫処理の問題は、わかっている人には利権にしか見えませんが、
知らない人には感情論にしかならないのですよね。
拡散させて下さい。
WinterDaphne | 2012.03.22 11:43 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top