FC2ブログ

いま一年を経て、再び4つ目の危機がわたしは訪れるというふうに思います「原発再稼働わたしはこう思う」奈良林直氏(内容書き出し)

動画は見つかりませんでしたが、(無くていいけどね)
一応この方の再稼働に関してのご意見も残しておきます。



北海道大学 奈良林直教授に聞く 2012年4月2日
「原発再稼働 わたしはこう考える」



今日は東芝で原子炉の安全技術を研究し、
現在は北海道大学の教授の奈良林直さんです。


わたしはですね、ある条件を付けての賛成です。
原子力発電所の安全性を高めてしっかりと原子力発電所を使っていくと、
そこへは妥協を許さない安全性への取り組み、これをちゃんと仕組みとして作らなければいけない。

  現在は原子力安全保安院の意見聴取会の委員を務めている奈良林氏。
  事故後原発の安全性に向け、様々な提言をしている。


PAP_0001_20120404135036.jpg

いま一年を経て、再び(地震・津波・放射能に続き)
4つ目の危機がわたしは訪れるというふうに思いますね。

日本の、その、大きな国としての停電が起きるリスク。
病院からは生命維持装置も含めて、電気が無くなってしまいますから、
非常電源もある時間しか持ちません。
それから都市機能が失われますね。

一般の方々は、また津波が来ると、福島と同じ過酷事故、メルトダウンが起きてしまうと、
そういうふうに思われていると思うんですね。
ですから「再稼働なんてとんでもない」と。

電力会社がちゃんと、ドアのシールドだとかを、分厚い鋼鉄製のドアを沢山付けています。
非常に大きなですね、ガスタービン電源、こう言ったものを核電力会社が設置しています。
で、津波がきても大丈夫なように高台に設置(※)しているんですね。
ですから、一番だいじなところの対策は今とられているんで、
それ(対策を)をしっかり取ったという発電所から順番に再稼働していくという事になると思います。

政府が分かりやすく、
「福島の事故が原因がこうでした」と、
「これこれしかじかでこうなりました」と、
それから「この原因に対して対策を講じます」と、
「こういう対策を全部で30項目立てました」と、
原因と対策をしっかりと国民に分かりやすく説明する、その努力をしなければいけないんです。


  奈良林氏は原発がなければ今後日本のエネルギー政策はますます苦しくなっていくと指摘する。


この間、サウジアラビアに行ってきたんですが、
サウジアラビアは間もなく原油の輸入国になります。2030年代に。
で、彼らは今、日本の3倍の、一人当たり3倍の石油を使っているんですね。
このまま行くと2030年にはもう石油が輸出できなくなってしまう。
それで、「原子力を教えて下さい」っていうんで、
この間、原子力をサウジアラビアに行って教えてきました。

PAP_0000_20120404135036.jpg

チェルノブイリ事故後、
ウクライナはモラトリアムと言って原子力発電所を全部止めました。
ま、当然だと思います。
今の日本の状況と非常によく似ています。
ところがですね、経済が非常に停滞してですね、もう、失業する人が多くなって、
そうしてもう人が、食べるか死ぬか生きるか、そういう状況に追い込まれて、
「これは原子力発電所を再稼働するしかない」と、もう、そういうふうな雰囲気にまで行っちゃって、
そして再起動しているんです。

ウクライナからですね、もっといっぱい多くの事を学ばなければいけないと思います。
ええ、日本の26年先が今あるんですね。



ーーー

※崖の前に非常用発電機を設置している大飯原発です。

[再稼働]大飯原発視察その1「視察の現場・電力不足の根拠・二次評価って?」 
古賀茂明氏3/20報道ステーション(動画・内容書き出し)

原子炉から離れた高台に非常用の発電機が設置されている。
その後ろには・・・崖
佐藤:これだけの勾配っていうのはちょっと・・
古賀:これね、何でこんなところに置くんだろうね?


ーーーーー


日本の26年先を見て、わたしもチャルノブイリから学んでほしいです。
子どもたちを、早く避難させてください。


で・・・結局、一番最初に奈良林さんが言っている「ある条件」って何だったんだろう(。◔‸◔。)??
崖の手前に非常用発電機を置くことと、鉄板のドアをつくる事かな(。◔‸◔。)??
あ、あと、政府が「安全だ」っていう事d(◕‿-。) ネ❤




追記ーーーー
コメントを頂いて思い出しました。塩と比べた教授だったんだ!
奈良林教授は過去このようにテレビでコメントしています。

「プルトニウムの毒性は塩と変わらない」(内容書き出し)
北海道大学原子炉工学 奈良林直教授

東芝時代に原子炉の安全性を研究。内閣府原子力安全委員の専門委員を務める。

いま、塩をですね
塩を200グラム採ると成人男性は、これは致死量というんですが半分の方が亡くなる
200グラムの塩。
ところがプルトニウム239の経口致死量、飲み込んだ場合は
これは32グラムです

ですから、毒性というのは、つまり、飲み込んだ場合は塩とそんなに大差ないんです

だから、肺に飲み込んだ場合の致死量は約10ミリグラム
これは大体青酸カリ、ちょっと怖い物質になってしまいますけど(笑)
このくらいの毒性です

むしろ食中毒のボツリヌス菌とかそういった毒その方がはるかに
あの、危険性が高い
それからダイオキシンもありますけれどもそういったものはさらに危険ですね
ですから、プルトニウムを粉末にしてわざわざ飲み込まなければ、肺に入れなければですね
あと、紙一枚で止まる物質ですから
それはそれでちゃんと、プルトニウムを使った燃料を扱うところは
しっかりしたそういう施設で作っていますので、それは大丈夫です
関連記事

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。

「原発危機と東大話法」を読んでいるとこの男の語り口・脅しなんか
ビクリともしないことを請け合います。それに下手すぎですし
動機が有り有りで不純(笑)

では。

もう自然エネルギーにしよう

第4の危機ですか。なんとも粗末な論法ですね。確かにT大話法のよい実例かもしれないですね。
原子力村の人って、ずっとこんな風に生きていくのでしょうか。日本で自分達がしでかしたことの重さが見えていない。事故の責任は村の人全員にあるんだと思います。おかしいと感じて村を離れた人もいるのに。虚しくなることもたまにはあるのでしょうか。
私たちはもっとマシなエネルギーを捜しましょう。電力ごときと引き替えに死にたくはないですから。私は個人版で太陽光発電をやってみようと考えています。住民のためを考えない公共性のない企業とは縁を切りたいです。去年の今頃は、放射性物質・核物質の降下におののき、日々の線量率の上がり下がりを必死にみつめ、真っ暗な闇の中で寒さに耐えていました。積算してみても計画停電が本当に必要だったか疑わしいものだったし、勝手に彼らが決めた停電割当は不公平で、いつも同じ地域が停電になった。あの役立たず。いつまでもあれは忘れない。企業として存在していく資格はないと、私個人としては思います。
そうでした。発売されたばかりの「福島原発の真実 最高幹部の独白」101pでは、「皮肉なことに、いま免震重要棟の前にある街灯の電源は、太陽光パネルで賄っている。その電力で一晩中、街灯に電気がついている。正直なところ、これまで内心では、「しょせん、太陽光なんて......」と思っていた。でも、いざこうして実際に世話になってみると、その性能の良さ、パワフルさに感動しつつ、複雑な気分だ。」と書かれています。原発事故現場で悪戦苦闘されている皆さんを助け、まぶしく思わせたのは、ついに牙を剥いた怪物の電気ではなくて、自立した自然エネルギーでした。
サウジは、砂漠に太陽熱発電を展開すれば、ありあまる電力を生み出せる国ですね。砂漠そのものが太陽熱エネルギーの宝庫なのだから、電力のためだけなら原発なんて要らない。大体、わびしい量しかないウラニウムの燃料棒はどこから買うの。だれがこんなもの売り込んでいるの。日本の人? まさかね。外国から買った欠陥商品で酷い目にあい、その商品をコピペして他人に売りつけようなどと、とんでもない悪徳商法だよね。そんな懲りない日本人はどこにもいないんじゃないかなあと、思わず思います。

経済大国のドイツが、2022年までに脱原発を決めた理由

「世界中に埋蔵されているオイルサンド、オイルシェールから得られる重質原油は約4兆バレルで通常原油の2倍以上と推定されており、石油燃料代替資源として注目を浴びている。」以上、ウィキペデイアより引用。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%89

オイルサンドの埋蔵量は、カナダだけでサウジアラビアの埋蔵量に匹敵するといわれている。

経済大国のドイツが、2022年までに脱原発をして、
再生可能エネルギーを強力に推し進める要因の一つが、
これからの成長産業の柱になることを確信しているからだ。
2004年には2兆円だった投資額が2010年には20兆円と、たったの6年で10倍まで拡大した。
いかに再生可能エネルギーが成長産業であるかがよくわかる。

そして、ドイツ政府は、2030年までに再生可能エネルギーの比率を50%まで高めようとしている。

日本も見習うべきだ。



また、新聞各紙が、全国の原発の地震・津波対策の遅れを指摘している。

大飯原発には、福島原発事故から1年も経っているのに、
いまだに水密扉への取り替えや海水ポンプエリアの防護壁の設置が終わっていない。防潮堤もない。
さらに、免震重要棟もない。
水密扉への取り替えは、そんなに時間と費用がかかるとは思えないのだが、
島根(中国電力)と東海第2(日本原電)だけしか完了していない。
水素爆発の対策、いわゆるベント対策もどこの原発も終えていないそうだ。

電源を喪失した場合のベントの対策は、はしごで原子炉建屋の屋上に上って、
電気ドリルで穴をあけて水素を逃がすそうだ。
ベントを実行しなければならないほど緊迫した状況の中で、
そのようなことが本当にできるのか。
電気ドリルで穴をあける時に発生する火花で、爆発を誘引する可能性はないのか。

福島第一原発では、免震重要棟が2010年7月に完成したばかりだったそうだ。
もし、免震構造の免震重要棟がなかったら、
福島原発事故は、最悪の事態になる可能性もあった。
大飯原発には、免震重要棟が無いので、緊急時の対策拠点が無いに等しい。

原発は、今後も再稼動しようが、そのまま廃炉にしようが、
安全対策だけは、万全にしなければならない。

原発がテロ攻撃、大事故、地震や津波などの自然災害によって、
破局的事故を起こせば、甚大な被害が発生する。

奈良林直批判!

キーコちゃん、いつもありがとう!
誤字訂正 けん引→原因

報道ステーションは奈良林直に好き勝手なことを言わせる前に
この男が、過去5年間に原発関連企業や原発行政官庁から1億4900円もの献金を受けていたことを
テロップで流し
「この人の発言は上記の事実から《原発推進》バイアスが働いている可能性があります。その点、十分にご注意下さい!」とまず視聴者に注意を喚起すべきだった。
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/sapio-20110822-01/1.htm

さすがに「プルトニウムは飲んでも大丈夫」と言った
東大御用学者=大橋は以後マスコミに顔を出せなくなったが、
「プルトニウムの毒性は食塩と変わらない」!!!
などと暴言を吐いた奈良林直は
いまだに厚顔無恥にもマスコミに出続けている!
 
奈良林直は、過去、原子力安全委員会の専門委員を務め、
原発の安全性を審査し、
原発の安全性にお墨付きを与え続けてきた人間だ!

いわば福島原発事故を引き起こした当事者の一人ではないか!!!
その責任を奈良林直はどう考えているのか!

すくなくとも、
奈良林直は原子力安全委員会の専門委員を引責辞任し
過去懐に入れたその報酬を全額返済し、
福島の避難民救済に充当させるのが人の道じゃないのか?!

「4つ目の危機」だなどと大げさなことを言って
停電が起きるリスクを声高に言い
またぞろ国民の恐怖心を煽って
原発再稼働へ引き摺り込もうって魂胆が透けて見える

第二の原発事故に比べたら
停電のリスクなんてタカがしれている!

あの悪名高い「ニューヨーク大停電」だって
すぐに収まったし、死者など出していない
デマもいい加減にしろ!と言うべきだろう

去年三月の東電による「計画停電」だって
東電は去年八月に
あれは東電のコンピューターの計算ミスであり、
あの「計画停電」は全く必要なかったと
事後報告している

その東電の《やらせ停電》について
奈良林直はどう考えているのか言うべきだろう

原発が再稼働しなきゃ電力が足りないなどと
奈良林直は相変わらずのデマを飛ばしてるが、
1基を残して他の53基の原発が全て止まっている現在
日本の電力は十分に足りている現実を
奈良林直はどう考えているのか?!

大体電力が足りない!足りない!と大袈裟に言うけど
本当に足りないのは真夏のピーク時の三日間
それもたった3時間だけだってことがわかってるのに
その3時間だけやりくりすれば電力は足りるって
明白になってるのに
4つ目の危機=停電リスクだなんて
いい加減なことを言って国民の恐怖心を煽るべきじゃない!!!

ウクライナが原発を止めたせいで
経済が非常に停滞しただって???
よく言うよ!!!
実際はチェルノ事故のせいで
ソ連経済が崩壊し
小国ウクライナがそのあおりを受けているに過ぎない
更に言うなら、大穀倉地帯ウクライナの農業が
原発事故のせいで大打撃を受けたせいじゃないか!!!
デマを飛ばすのもいい加減にしろ!!!

サウジの石油が無くなるだって?
石油が枯渇する数十年前に
ウランの方がよっぽど早く枯渇するって事実を
奈良林直はどう考えてるの???
更に言うなら、
天然ガスや石炭は豊富にあり
あと数百年は原発なんかに頼らなくたって
電力不足になることなんか無い!
てのが事実なのだ
嘘八百を言うのもいい加減にしろ!!!

奈良林直は
デマを言うヒマがあったら
福島原発事故を引き起こした責任を取り
原子力安全保安院の委員を
一刻も早く辞任し
身命を投げ打って
フクイチの事故収束に当るべきだ!

それだけが御用学者として
安全神話で国民を騙し続け
私服を肥やしてきた奈良林直の
生きる道なのだ!!!
お前に良心はないのか?!







いつも書き起こし、お疲れ様でございます。
しかし、この方、怪しいですねえ~。もう、原発は人間の手に負えない、のが分からないのかなあ。分かってるけど、そんなこと言うと一発で現在の地位を失うから言わないんでしょうね。それから、あまり関係はないですが、話の中に、しっかりと、という言葉が出て来たらわたしは、理由が説明できないのだな、と思っていつも聞いています。

Re: himadarake さん

そうだ!「塩とプルトニウムの毒性は変わらない」って言ったのがこの奈良林だったんだって、
コメント読んで思い出しました!
((ヾ(。・ω・)ノ☆゚+.ありがとぉー♡
誤字訂正&奈良林コメント書き足しましたლ(◉`ൠ′◉ლ)

その通りですね

>カッシーさん
しっかりと、という言葉が出てきたら理由が説明できないのだな、と思う。
この点、全く同感です。最近の政治家はよく、「しっかりと」「きっちりと」を連発しますが、具体的な対応策の集合の評価が「しっかり」「きっちり」ですから。

この人は自分で「これまでは妥協を許さない安全への取り組みが仕組みとして作られてなかった」と認めてます。
であるなら、そのことを分かった上で原発推進してきたのか、「妥協を許さない安全への取り組みが仕組みとして作られていると誤解していたのか」を先ず明確にしてもらう必要がありますね。