FC2ブログ

♪バイバイ原発♪ってジュリーが歌った~♫♪♬

ジュリーが原発の歌を作って歌ってくれました。
こうして、有名人の大物がどんどん声をあげてくださることって
とっても大切だと思います。
Youtubeに歌詞も載っていましたので、ちょっと訂正して転記します。

とてもいい歌です。
沢田研二さん、ありがとう。





F.A.P.P(フクシマ・アトミック・パワー・プラント)  
作詞:沢田研二  作曲:柴山和彦

太陽と放射線 冷たいね
子供はみんな 校舎の中 育つ
死の街は死なない かけがえのない大事なふるさと
我が家へ 帰れない 希望はあるけど
こんなにしたのは誰だ

BYE BYE A.P.P  BYE BYE 原発
苦しみは いつも複雑すぎるよ 当然
BYE BYE A.P.P  BYE BYE 原発
HAPPINESS LAND 終息していない福島

地球が怒る 何度でも
大人はいつも 子らを 思い悩む
死の街が 愛しい あらゆる不安に苛まれても
偽善や裏切りも これ以上許すの
何を守るのだ国は

BYE BYE A.P.P  BYE BYE 原発
哀しみはは ひとりひとりで違うよ 当然
BYE BYE A.P.P  BYE BYE 原発
HAPPINESS LAND へこたれないで福島

NO 長崎  MORE 広島
人は何故 繰り返すのか あやまち 当然
BYE BYE A.P.P  BYE BYE 原発
HAPPINESS LAND 世界が見てる福島
世界が見てる福島



沢田研二が「バイバイ原発」と熱唱 経産省前テント訪問へ
東スポ エンタメ2012年04月11日 16:58

20120411-さわだ

人気歌手の沢田研二が脱原発ソングを高らかに歌っている。

これまで「脱原発」を表明したメジャーどころは、坂本龍一率いるYMO、スチャダラパーの2グループ。
2011年6月の野外フェス「ワールドハピネス」で脱原発を訴えた。
YMOは「NO NUKES」Tシャツを着て脱原発の旗を振った。

斉藤和義は福島の原発事故後、自身のヒット曲「ずっと好きだった」の歌詞をかえて
「ずっとウソだった」を「YOU TUBE」にゲリラ的にアップ。
東電を「クソ」とぶった切った。

そしてジュリーは新曲「F.A.P.P」で「バイバイ原発~」と艶やかな声で歌い
「収束していない福島」などとやり「国は何を守るの」と政府を糾弾
http://www.youtube.com/watch?v=SLvGSkYQGso


メジャー歌手が正面きって脱原発を訴えるのは、日本ではかなり勇気がいる。
俳優の山本太郎のようにキー局の仕事を干されてしまうこともある。

というのも「テレビのスポンサーである
東電、東芝、日立、三菱重工、ゼネコンの鹿島などの大手企業が原発にたずさわり〝にらみ〟をきかせているから、
局としても番組に下手なキャスティングができない」(情報番組スタッフ)らしい。

そうしたなか、ジュリーは近々、脱原発を訴え経産省前で
テントを張る人たちを応援するため同所を訪れる予定だというから、その「本気度」がわかる。

音楽関係者から聞いたことがある。
ジュリーは納得のいくまで徹底的に曲作りをし、ストイックなまでにリハーサルを繰り返す完璧主義者。
きっと東電や国のあまりのいい加減な対応、政策に憤慨し「運動」に参加するのだろう。

斉藤和義がかつて次のようなことを語っていた。
~他の歌手たちが脱原発を訴え、後に続くかと思ったが、それがなくて悲しかった~と。

今回、大物の沢田が続いたことでさらに「脱原発」の輪は広がりそうだ。



続きを読むにも関係記事追記






沢田研二さんが脱原発ソング ツイッターで「まさか」の声
Jcastニュース 2012/4/13 18:54

「ジュリー!」「うぉぉぉぉぉぉ、ジュリーっ!」とネットのツイッターで、
ジュリーの愛称で知られる歌手、沢田研二さん(63)が話題になっている。

沢田さんが発表した脱原発ソングに、次第に注目が集まり、
従来のファン層を超えて「脱原発」に共感する人たちの支持を受けているようだ。
「あのジュリーが脱原発ソング?」と驚きの声も上がっている。

「バイバイ原発」「へこたれないで福島」

沢田さんと言えば、グループサウンズ「ザ・タイガース」のボーカルとして活躍し、
ソロになってからも「勝手にしやがれ」(1977年)などヒット曲を連発した。
「TOKIO」(80年)では、開いたパラシュートを背負う派手なパフォーマンスでも人気を集めた。

そんな沢田さんの印象が強いせいか、沢田さんが脱原発ソングの新曲を出したことについて、
ツイッターでも、俳優の故松田優作さんの妻、松田美由紀さんが、

「まさか、沢田研二さんが脱原発の歌をうたうなんて想像もしてなかった。すばらしいなぁ」

とつぶやくなど、驚きや賛同の声が広がっている。個人ブログに歌詞の書き起こしを載せる人もいる。

今のところ脱原発に反対する人からは、沢田さんの歌への反応は余り多くないようだ。

沢田さんは2012年3月、収録4曲がすべて東日本大震災をテーマにしたCD
「3月8日の雲~カガヤケイノチ」を発売した。
4曲とも、作詞は沢田さん本人だ。

うち、脱原発をテーマにしたのは「F・A・P・P(フクシマ・アトミック・パワー・プラント=福島原発を指す)」で、
「バイバイ原発」「へこたれないで福島」などと歌う。力強いリズムの曲だ。

脱原発を訴える音楽関係者といえば、坂本龍一さんが有名だ。
2011年夏、作家の大江健三郎さんらとともに「さようなら原発1000万人アクション」の呼びかけ人となった。
12年7月に自らも参加する脱原発を訴える音楽イベント「NO NUKES 2012」を開くと発表もしている。

「我が窮状(憲法9条)」という歌も


沢田さんはすでに2011年9月、「さようなら原発1000万人アクション」に賛同コメントを寄せている。

同アクションのサイトによると、沢田さんは
「美しい日本を護るために一人でも多くの覚悟が不可欠です。
個人としては微力ですが、歩を進めましょう。声なき声を集めて。さあ!」
とコメントしている。

2011年12月の沢田さんのコンサートでも、会場ロビーで「さようなら原発1000万人」の署名集めが行われたという。

脱原発を含む東日本大震災をテーマにしたCDを出すことについて、
沢田さんは毎日新聞(12年3月8日付)のインタビューで心境を語っている。

「これで売れたいとか下心があったら『被災者の気持ちじゃない』と言われたら困るけど、
下心がなければ『いや、これは僕の気持ちなんだもの』って。それで十分じゃないですか」

大手プロダクションから1985年に独立した後、不遇時代が続いたときに
「あいつはちゃんと考えている」と思われるような曲を歌おうと考えたのだという。

2008年には、「戦争放棄」などを定めた憲法9条にかけた「我が窮状」を発表し、
「窮状(9条)守(護)れないなら 真の平和ありえない」と歌った。

沢田さんは、2011年秋から「ザ・タイガース」の元メンバーらと共に全国ツアーを始めた。
12年1月24日の最終日には、病気療養中の岸部シローさんも駆けつけ、1
971年の解散公演時のメンバー5人が集まった。

2012年6月からの「沢田研二ツアー」も決まっており、今も精力的な活動を続けている。
ツアーのタイトルは、新CDと同じ「3月8日の雲~カガヤケイノチ」だ。
CDに収録されている脱原発曲「F・A・P・P」も披露されるのだろうか。



関連記事

コメント

非公開コメント

★勝手にしやがれ「保安院 編」

http://www.youtube.com/watch?v=wexD3ZYBWlk

オリジナル「勝手にしやがれ」はこちら↑



「原発・替え歌/ 『勝手にしやがれ』」


1.

ハゲ際に 居直り うって
背中で 聞いている
やっぱり お前は 保安院だな

悪い事 ばかりじゃないと
資料 かき集め
政府に 泣きつく 気配がしている

逝ったきりなら 福島に行くがいい
しゃべる気になりゃ いつでも 殴るよ

せめて 少しは マスクつけさせてくれ
死ぬふり してる間に 出て行ってくれ

アア アアア アアア アア
アア アアア アアア アア


2.

原子炉の ボトムを裂いて
夜更けに 煙立つ
デブリが ふらふら 逝くのが見える

フクシマと言うのも なぜか
しらけた 感じだし
絆と サラリと ウソぶいてみるか

別に手抜きの 点検してた わけじゃない
やれと言うのに 隠しただけだよ

事故と 言うのに ハゲが カツラをつけて
朝まで とぼけよう 想定外で

アア アアア アアア アア
アア アアア アアア アア




替え歌詞・鈴木崩残
___________

記事のリンク張らせていただきました。

こちらの記事をリンクさせていただきました。

還暦を過ぎたジュリーこと沢田研二の原発・311震災・憲法9条を歌った歌。
http://blog.premasai-jyoti.shop-pro.jp/?eid=493554

http://furunosawako.blog59.fc2.com/blog-entry-2264.html

いろんな情報ありがとうございます。
ジュリーの歌、なけた。。。

No title

はじめまして、丁度職場の近くの演説でした。
この歌(沢田氏の歌)の記事をリンクさせて下さい。
よろしくお願い致します。
帰宅途中ですが、先にお伝え致します。

No title

(先のコメントは届きましたか?)
初めまして、この記事のリンクを貼らせて下さい。
宜しくお願い致します。