スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三井化学岩国大竹工場の爆発写真はキノコ雲とそっくりΣ(♛♛)

どうしても、キノコ雲に見える気がする・・・

422三井爆発11
22日午前8時5分ごろの2回目の爆発


今朝のモーニングバードで、三井化学岩国大竹工場の爆発の報道をしていました。
422三井爆発14

工場はまるで福島第一原発の4号機のように跡かたもなく鉄骨だけが残っています。
422三井爆発15


被害の範囲は6キロ先にまで及ぶほど広範囲で
家の中のドアが爆風で外れたという方もいました。
422三井爆発13

「劣化ウランが200リットルドラム缶で3379本貯蔵」しているというし、
爆発の映像が、原爆と酷似しているので、
・・・・・と思いましたが。
422三井爆発12
劣化ウランには影響がないと記者会見では話していました。

「劣化ウランをドラム缶に3379本貯蔵している」という事にも驚きました。



爆発で1人死亡、住民含む22人負傷 三井化学岩国大竹工場
中国新聞12/4/23
Sp20120423009201.jpg

22日午前2時15分ごろ、山口県和木町の三井化学岩国大竹工場で、
タイヤの接着剤の原料などを製造するレゾルシンプラントが爆発し、火災が起きた。
現場付近で同社社員の砂川翔太さん(22)=和木町=が遺体で発見され、
コンビナート内で作業員ら計11人が重軽傷を負った。
和木町、岩国市、大竹市の住民11人も爆風で割れた窓ガラスで切り傷を負うなどした。

岩国地区消防組合などがプラントへの放水を続け、火災は発生から15時間後の同日午後5時15分にようやく鎮圧した。
同消防組合などによると、有毒ガスは確認されなかった。

山口県警捜査1課と岩国署は23日、業務上過失致死傷の疑いで工場の家宅捜索に乗り出す方針。

三井化学などによると、爆発したプラントで蒸気設備のトラブルがあり、
21日午後11時半ごろから停止に向けて作業をしていた。
亡くなった砂川さんも爆発現場付近で作業をしていたとみられる。

同社はプラントの酸化反応タンクが激しく損傷していることを確認。
酸化工程で生成される過酸化物が何らかの過剰反応を起こして爆発につながった可能性もあるとしている。

火災はプラントに隣接する設備や配管などにも延焼。
22日午前8時5分ごろにも、同じプラントのタンクが再び爆発した
同社は近く社内に事故調査委員会を設置する。

同社によると、工場の敷地内には
触媒に使う放射性物質の劣化ウランが200リットルドラム缶で3379本貯蔵されていた。
貯蔵する倉庫の窓ガラスが一部割れたが、
同社は「ドラム缶に影響はなく、測定した放射線量も爆発前と変わらない」としている。

山口県内では昨年11月に東ソー南陽事業所(周南市)で社員1人が亡くなる爆発、炎上事故が起きたばかりだった。


ーーー追記4/28ーーー


劣化ウラン保管、地元は初耳
中国新聞 '12/4/27


山口県和木町の三井化学岩国大竹工場の爆発事故で、
工場内に放射性物質の劣化ウランが保管されていたことをめぐり、住民から不安の声が上がっている。
工場から自治体への報告義務がないため、同町と岩国、大竹両市は保管事実を知らなかった。
和木町は岩国、大竹市とともにコンビナート事故対策に向けた協議会を設置し、情報共有などの検討を始める。

文部科学省は原子炉等規制法に基づき、全国の企業や研究施設から保管状況の報告を毎年受けている。
同省のホームページに保管状況を掲載。しかし、企業などが自治体に連絡する法律上の義務はない。

事故発生の22日、同社は午前8時50分からの記者会見で劣化ウランの保管を公表。
3市町は「事故後の会社の発表で知った」としている。
岩国市の共産党市議団は26日、「会社から住民側への報告がなく、不安を与えている」とし、
市に実態調査や対策を申し入れた。

同社によると、劣化ウランはステンレスで二重になっている200リットル入りドラム缶で3379本分。
事故現場から北西約500メートルの倉庫に保管している。
繊維原料の製造過程で1968年から73年までウラン酸化物を含む触媒に使用していた。
同社はその触媒をドラム缶に保管している。

22日の事故で倉庫の窓ガラスが割れたが、ドラム缶に損傷はなかった。
同社によると、事故から約7時間後の
午前9時から9時半にかけて調べた倉庫と周辺の放射線量は、
毎時0・44~9・31マイクロシーベルト。
3月28日の毎時0・22~9・31マイクロシーベルトとほとんど変わっていないという。



ーーー

倉庫周辺の放射線量は事故前の線量とほとんど変わっていないという。
ただ、その放射線量の数字が・・・(◕Д◕✫)オォゥ!!

毎時0・44~9・31マイクロシーベルト(4月23日事故後)
毎時0・22~9・31マイクロシーベルト(3月28日事故前)

この0.44~9.31という数字の振れ幅もものすごいのだけど、
最低でも0.22マイクロシーベルト。
これだって、東北北関東でもないのに異常に高いと思います。

東京新宿で現在大体0.07マイクロシーベルト位で
2011年3月15日の一番高い時で0.8マイクロシーベルト位でした。

9.31マイクロシーベルトっていうのは、あり得なくないですか?
この倉庫周辺は爆発前から、どんな事になっていたんでしょうか??



関連記事

コメント

非公開コメント

放射能を測った人いるのかしら気になる
思わぬ所で思わぬ物が出てくる昨今測ってしかるべきだと思う

炎の上がり方からすると、

キノコ雲ではないと思います。
ドラム缶入り劣化ウランといえば、千葉県市川市のコンビナート火災現場の近くにもあったと記憶します。
延焼していたらどうなっていたんでしょうか。

きのこの形してるならキノコ雲でしょう

石油コンビナート爆発させたって
きのこの形してりゃキノコ雲でしょう

キノコ雲を一体なんだと思ってらっしゃるのか分かりませんが。

No title

初めまして。大竹工場は、放射性廃棄物の再処理工場という記事を見て( ゚Д゚)検索してお邪魔しました。米国が使用している劣化ウラン弾は、米国本土には無く、グアム米軍基地内と岩国大竹工場の二か所だけと知りました。大変貴重な記事を拝読させて頂き有難うございました。2007年5月に日米豪印戦略対話という非公式軍事同盟が設立されました。同年2月20日にロッキード社経営のチェイニー副大統領が日本を訪問した目的は、日米豪印VS露中北という新たな冷戦構造を作る事でした。2月17日は、米軍嘉手納基地にロッキード社製の最新ステルス戦闘機F22Aラプターが配備されました。福島原発4号機は、ウラン濃縮をしていた事も知りました。安倍の戦争への13本の矢は、血に飢えた化け物を復活させる為のものです。安倍政権は本当に怖いです。長文失礼しました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。