FC2ブログ

東京電力記者会見「モーニングバード参上!」4/27(内容書き出し)


東電会見 午後 2012年4月27日金曜日


東京電力の会見に最近私がよく見ているモーニングバードの井口さんがいらしていました。
・家庭用電気料金の値上げについて
・東電の資産、不動産などの売却状況について
・東京電力の今年度のボーナス支給に関して
等の質問をされました。

内容を聞いていて、多分、東京電力に電話で質問してもなにも答えてくれないので
仕方がないから会見に乗りこんできたという感じがしました。

書き出していて一時停止した瞬間の
東電の松本さんと栗田さんの表情が面白かったので、ちょっと、遊んじゃいました゚+。:.゚(oゝ艸・)・;'.、



内容書き出しは続きを読む







40:00
井口:あのーー、7月から家庭用電気料金10%値上げっていうのは、これは、決定なんですか?

20120427テレ朝東電会見11


松本:まだ決定した事実ではありません


井口:
決定ではないんですね。
あの、企業用の時には契約時までは断れるという話が後から出てきましたけれども、
家庭用の電気の場合も断れるんですかね?

栗田:あのー、家庭用の電気料金
その電気料金、規制部門のですね、電気料金の申請に関しましては、
電気料金の変更につきましてはまだこれからという状況でございますので、
現状としてはまだ申し上げる段階ではないとおもいます。

井口:まえね、

栗田:はい!

20120427テレ朝東電会見12

井口;事業者側の電気料金の時に、正式な発表をしないで、

栗田:あのぉ・・

井口:ちゃんと聞いてよ!

栗田:はい。

井口:
正式な発表をしないで、文言を小さく書いて、で、本当は断れるのに、
後で恥かくような事があったじゃないですか、ね!?

栗田:ハイッ!

20120427テレ朝東電会見13

井口:ああいうような事はあるのかないのか?家庭用の電気だよね、値上げは。


栗田:
はいっ!そういう意味で申し上げますと、あのー、ご家庭の規制分野のご料金につきましては
私どもは申請をいたしまして、認可を頂くという形になります。

20120427テレ朝東電会見14


栗田:
ですから、各ご家庭との契約というよりは、全体料金のご認可という話になりますので、
それは決まった時点でその形の料金をですね、請求させていただくという形になるとおもいます。

20120427テレ朝東電会見15

井口:じゃ、前回の騙し打ちみたいな事はしないんですね。

20120427テレ朝東電会見16


栗田:
う・・お・・あの。繰り返しになりますけど、
料金を変更する際にはですね、

井口:うん

栗田:届け出をさせていただいて認可を得るというということになります。

井口:俺が聞いているのは

栗田:ハイッ!

井口:
契約時のつきまでは、ね、たとえば7月から値上げするんだったら、
10月が契約時だったら、
断れるのかどうかという事を聞いているんです。

栗田:
はいっ!あのご家庭はですね、今現在いは・・
今おっしゃっているのは自由化の部分というのは、相手方と個々の契約になりますので、
あの、お客様とわたくしども、契約日が始まってその1年間ごとの更新になるんですが、
あの、各ご家庭に関しましてはそういう契約というのは、あの、個々そういう日付が変わったという・・・・
あの、・・・別の日付で、あの~、契約日が定められているわけじゃありませんので、
料金改定がこの日からという一定の日にちが・・・あのー、届けさせていただきます。
それが認可いただければ一律皆様同じ日にちからですね、料金の改定という事になります。

井口:要するに7月からという事になるの、もし7月だとしたら。

栗田:あの・・まだ、現状としてはまだ日程に関ましてはまだ、何とも分からないんですが

井口:わからないんですね

栗田:はい、もうしわけありません。

20120427テレ朝東電会見17

井口:あのー、あとですね、

20120427テレ朝東電会見18

井口:
ま、いろいろと資産不動産などの売却をしますと言いだしてから一年以上も経っているんですけれども、
それは進んでいるんですかね?

栗田:
あの、現状としましては私ども
えーえ、え、え、ま、これから、その申請をさせていただきます、
その、特別事業計画という中で、こういうコストダウンの取り組みですとか、効率化そういったものを
公表させていただくことになってくると思います。

井口:今現在は何カ所中何カ所売却が決定しているんですか?

20120427テレ朝東電会見19

栗田:
げッ!んじょうとしてそういった数字はしって・・・把握してございません。
すみませんこの場では、改めて、その計画に関しましては、
えーー、計画を出して認定を頂いた段階でですね、

井口:
今答えられなかったら、後で電話できちっと答えてもらえます?
数字をしらべて、だって簡単なことですよ
今までずーっと話していた難しい話よりずっと簡単なことですから。

20120427テレ朝東電会見20

栗田:えーーっと・・・

井口:後で僕が電話したら答えていただけますか?

栗田:あの、改めてその計画のですね、計画に関してはご説明させていただきます

井口:
えっとね、何時まで経っているんですよ、
売却するって言って一年経っている訳ですから

栗田:はぁ~~ぃ

井口:
1年間の間にどれくらい売れたんですか?っていう事を聞いているんですよ。
それがいまそこに資料がなかったら、後で僕が電話をした時に、
テレビ朝日のモーニングバードですけれども、したときに、きちっと答えてもらえるんですか?って聞いているんです。

栗田:あのっ

井口:事業計画が決まってからどうこうという事を聞いているんじゃないんです。


栗田:
はいっ!あの繰り返しになってしまうんですけれども、契約、計画については改めて取りまとめた段階でですね、
また、契約に関しては認定も頂いたなかでご説明いたしたいと思います。

井口:
何戸売れたかが、取りまとめなければ分からないんですか?一年経ってて。
おととい発表になって、今いくら売れたんですか?って言って、じゃ調べなきゃ分かりませんって、なら
あるかもわからないけれど、一年経っているんですよ。
一年経ってて今何戸売れたか分からないんですか?

栗田:え・・・・

井口:何カ所売れたか!

栗田:ちょっと・・その現状の中でお話しできるのか、どこまで集計できているのかっていうのが、
すみません、わたくし手元に今ありませんので、

井口:
だから今ないんでしょ?
それはそんな難しい調べごとじゃないじゃないですか。ね、だから後日ぼくがね、明日にでも電話しますから、

栗田:はい!

井口:あるいはディレクターが電話しますから、お答えが頂けるんですか?って聞いているんです。

20120427テレ朝東電会見21

栗田:あの、ま、ちょっと、どこまでお答えできるのか、あの、はっきり答えられませんけれども

井口:なんでなんですか?

栗田:そこは確認いたしまして、ご連絡いたします、あの

井口:ずっとここで情報開示をきちっとやるって言ってるじゃないですか!

栗田:はい・・・

井口:隠すような話じゃないじゃないですか!

栗田:
あの・・・繰り返しになりますがこの場で私がその数字を把握していないので、
どういった形でお渡しできるのかが、

井口:
いま、今、答えてくれって言ってないの。
あとでね、とりまとめて数字が出たら答えてくれますか?っていう事。

栗田:はいっ

井口:決まっているでしょ?今売れている数字なんか。

栗田:はい、確認いたしましあのー、お答えできるところはお答えさせていただきます。

井口:答えていただけるんですね。

栗田:あのご質問いただいたところで確認をしてお答えを出来るところをお答えさせていただきたいと思います。

井口:いくつ中いくつ売れたかは答えてくれるんですね?

栗田:あのそこは、確認させていただきます

井口:確認させていただくっていうのはどういう意味?

栗田:
ちょっとこの場でどこまでお答えできるかっていうのがお答えできないものですから、
そこは確認をさせていただきたいと思います。

井口:情報開示をしますなんて嘘じゃない!それ!

栗田:
あのー、それはわたくしどもお話しできる範囲の事は、あのー、
これまでもご説明させていた、頂いていますし、お問い合わせに対して答えさせていただいています

井口:あのー、本社ビルと東新ビルは売却する予定に入っているんですか?

栗田:
あの、繰り返しになるんですけれども、その計画に関しましては改めて
その私どもは計画を出させていただく、それを認可を頂いた段階でご説明させていただくような形になると

井口:
私達がちょっと調べたところでは、三田の中学校と、東友熱海荘ですか?
そのあたりが2カ所売却の確認は出来たんですけれども、
それ以外はまだ、あまり売却はされていないという事なんですか?

栗田:
あの、くりかえしです!計画はわたくしどもに言っていただいてもお話しをいたしますし、
個々の案件に関しましては回答を控えさせていただきたいと思います。

井口:
じゃ、のちほど電話しますので、どなた宛にどういう番号で電話すればよろしいですか?
広報に電話すればいいですか?


栗田:
ハイ!代表にかけて広報に回していただければ。
あのモーニングバードさんからはよくお問い合わせをよく頂いておりますので、その方が下さればわかると思います

井口:あ、あなたが答えていただけます?

栗田:あのー私でも結構ですけれど、広報の方の代表に頂ければそれで結構だと思います。

井口:あなたのお名前を教えて下さいぼくは井口と申します

栗田:は、はい!私は栗田と申します。

井口:栗田さん?

栗田:はい、栗田と申します。

井口:
じゃあ、・・・あのー、他の人が出るとね、「私の権限では答えられません」っていうんですよ、何時も。
いろんな事聞いても。

栗田:
あのー、わたくしどもとしてはお答えできる事はその場でお答えできます。
ですから、あのー、その場で、えーー。権限と申しましょうか、確認できている事を、
お答えできる事はしっかりとお答えさせてきていただいているという事で考えております。

井口:
これがね、僕どうしてもわからないんですけれど、
お答えできない話じゃないと思うんですよ。
だって、売却するって言って、情報開示するって言っている訳ですから、
だから何故答えられないっていう事になるんですか?

栗田:
あの繰り返しいなるんですけど、全体の計画に関しては改めてどういう事をコストダウン、
えーー、やっていくかという事はご絶命させていただくという事はですね、
ずっと申し上げてきているところです。

井口:そうですか

栗田:
それから、色々とわたくしどもがお伝えしている事ではないんですけれど、
色々とここの物件が出てきておりますが
そういった形でポツポツお話しをするんじゃなくて
全体の計画についてご報告させていただきたい、
ご説明させていただきたいと言うのをこれまでも申し上げてきたと思います。

井口:ま、納得できませんけれども、言っている意味は分かりました。

栗田:申し訳ございませんが
20120427テレ朝東電会見22

栗田:はい!それではその他ご質問はいかがでしょうか?



ーほか記者から質問略ー


54:22
栗田:
あのーそれから井口様
先程ご質問いただきました件確認が出来ました事をご報告いたします。

まず不動産の売却の関係です
えー、不動産の売却の関係、予定といたしましては、
わたくしども計画としまして2472億円のですね、え、売却を計画として持っております。
そのうち23年度につきましては、売却計画は152億円という数字がございます。
で、えーー、・・・ということですね。
ただし現時点における、売却見通しはですね、386億円という事になっております。
で、えーー、・・・それから・・・あ・・
これまで、23年度の第3四半期決算時のですね、実績でございます。
そちらは約100カ所。
約153億円という事で、え、集計がございます。

井口:何カ所中100カ所なんですか?

栗田:えぇーっと、
すみません、ちょっと23年度の計画、カ所中というのは書いてございません、で。
全体で言いますと900カ所を予定して2472億円でございますが、
えー、23年度の第3四半期決算時の実績としましては100カ所、153億円です。

井口:ありがとうございます。

栗田:それからもう1点、

井口:はい

栗田:すみません、先程お答えできませんでしたのでもう1点、

井口:はい

栗田:本社関連ビルの売却でございます。
えーーっと、まず本店、本館におきましてはですね、売却対象とせずという状況でございます。
それから、東新ビル。
こちらは売却対象といたします。
それから、新幸橋ビル。
こちらに関しましては地上部にですね、あの、電気事業に必要な施設があるという事から、
あーー、可能な限り賃貸すると、いう事でのことを考えてございます。
具体的な賃貸方法等につきましては、速やかにちょっと進めていきたいという状況でございます。

20120427テレ朝東電会見23

井口:あと1点聞きたいんですけれども、

栗田:はい

井口:
あの~、先程猪瀬さんの会見でですね、猪瀬さんが入手した情報だと、
今年は東電さんはボーナスを出す予定があったという話があったんですが、
一時はそうだったんですか?

20120427テレ朝東電会見24

松本:未定だ

栗田:
そうです、現状といたしましては、まずわたしどもにつきましては
管理職で25%、一般職で20%というですね、賃金の削減をさせていただいております。
で、それ以上の事に関しましてはまだ未定という事でございまして、
ご質問のボーナスという事に関しましては、え-っと、特段今新たな情報があるというわけではございません。
ですから無くなったとか、まだ、け、継続してやるという事は、なにか判断があってやっている事ではございません。

井口:あるとしたら、いくらか削減にはなるんですか?

栗田:えっと、まだその辺も含めまして未定という事でございます。

井口:まだ未定ですか

栗田:はい

井口:はい、わかりました。

栗田:
あの、繰り返しですけれど、
全体の賃金として、
20%、あるいは25%削減させていただいたという事をこれまでご説明させていただいております。

井口:はい、わかりました

栗田:なにとぞよろしくお願いいたします。



回答する記者団 佐藤:
回答する記者団の佐藤です。
今栗田さんがお読みになった文書がありますよね、井口さんへの答で。
その文書は何時の日付けの文書ですか?

栗田:
えーーっとですね、これは多分、決算・・・の時のものだと思うんですね。
あの、10・・・え・・・
第3四半期としてお答えしておりますので、その当時のものかとは思うんですが・・・・
えーーっとちょっと日付を・・・あっ、失礼しました

松本:2月10日の?

栗田:
いや、
これ、見直しをさせて頂きまして、4月の時点で確認させていただいている時点でのお答えという事になります。

佐藤:文書の作成日は書いてないんでしょうか?

栗田:作成日というものはすみません、ここにはございません。

佐藤:じゃ、その文書コピーしていま配っていただく事は出来ますか?

栗田:あの、それはちょっと、わたくしども内部の資料でございますので、あの・・・できかねます

佐藤:読む事は出来るんですか?

栗田:
あの、お答えとしてわたくしども話しをさせていただきました。
多々書き込み等もございますのでこちらに関しましてはこの場でお答えさせていただく、
口頭でお答えさせていただきたいと思います。

佐藤:
えっと、ちょっと、口頭ですと数字の関係なので正確性を求めるために
今読みあげた部分だけでいいので、

栗田:
わたくしがもう一回読みあげますので、文書としてのお渡しは、あのこの場では控えさせて下さい。

佐藤:
その文書の日付のところをちょっと、確認させていただきたいんですが、
書いてないっていうか、いつ作った文書なんですか?

栗田:4月・・でございますね、はい。

佐藤:4月って、今月作ったものなんですか?

栗田:今月になります。

佐藤:今月のいつぐらいなんでしょうか?

栗田:えーーっと、今月・・・の、おーー、

佐藤:月末近いんですが、

栗田:
う~ん、中旬・・・ん・・・っと、そうですね・・・ちょっと詳しい日付はわたくし持っておりませんが、
ま、初旬ですね、すみません。
初旬の頃になります、はい。

佐藤:
作っていて公表していなかったという事で、内容について。

栗田:
いいえ、これは公表している事実です。
私の手元にありませんでしたので、今、井口さんのご質問にすぐお答えできなかったというもんですから、
これはすでに過去にお答えしているものです。

佐藤:なるほど、わかりました。

栗田:はい、繰り返しにお答えしていくことが、わたくしがお答えできなかったという事で、

佐藤:えっと、公表していたという事でいいんですね?

栗田:
あの、ご質問の内容に関してはお答えしていたという事でございます。
これ、ご質問いただいているお話しだと思いますので。申し訳ございませんでした。






関連記事

コメント

非公開コメント