スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして、被災した女川の魂と命は東京の西多摩組合で一般ごみと混ぜて焼かれました。




女川のがれき 西多摩組合 受け入れ開始
東京新聞 2012年6月12日


20120612115.jpg


羽村、福生、青梅の三市と瑞穂町で構成する西多摩衛生組合は11日、
東日本大震災で被災した宮城県女川町のがれきの受け入れを始めた。
多摩地域で受け入れ予定の三市四組合の清掃工場七カ所では、初めて。
この日の搬入量は8トン。ほぼすべて木くずだった。来年三月末までに計3100トンを受け入れる。

コンテナに入ったがれきは11日朝、羽村市と瑞穂町にまたがる組合の環境センターにトラック二台で運び込まれ、
ごみをためるピットに流し込まれた。
一般家庭の可燃ごみに10%程度の割合で混ぜて燃やす。
灰は日の出町の施設でエコセメント化される。

周辺住民を代表して作業を見守った瑞穂町の男性(71)は
「被災地のがれきを早くなくすための受け入れに、地域で反対はなかった」と話した。
一方で、受け入れに反発する羽村市民ら五人がプラカードを掲げ、清掃工場前でトラックを待ち受けていた。

多摩地域では来年三月までに、近く受け入れを始める日野市が計1400トン、
八王子、町田、多摩市で構成する多摩ニュータウン環境組合も7月から4000トンをそれぞれ受け入れる。
稲城、狛江、府中、国立市でつくる
多摩川衛生組合は10~12月に900トンを見込む。

町田市は焼却炉の整備が終わる十一月以降、受け入れる方針。
東久留米、清瀬、西東京市でつくる柳泉園組合と、八王子市はそれぞれ受け入れに向け、関係者と調整している。



ーーーー

地域で反対がなかったのは、行政からの広く市民に知らせるような告知がなかったせいだと思います。
わたしだって、知らなかった。テレビのニュースで見るまでは。
羽村市西多摩衛生組合11日瓦礫受け入れ開始・焼却灰は日の出町
このNHKニュースを見たのは6月9日土曜日、そしてそれは、
11日の月曜日には受け入れて始めて焼却を開始するという報道だった。
どの位の人がこの事を知っていたのだろうか?

そして、なんで一般ごみに混ぜて燃やすんだろう?
行政が言うように何でもなくて安全ながれきなら、
そのまま燃やせばいいのではないかな?っていつも思う。

女川のがれきにも被災された方々の魂がこもっているという話を聞いた。
その通りだと私も思う。
私のごく身近で焼却されたのは初めてです。
そして改めて思いました。
がれきさん、こんな遠くまで運ばれて、知らない人のゴミとまぜこぜにされて燃やされてしまって
「本当にごめんなさい」って・・・申し訳ない気持ちがいっぱいになって、がれきとその煙に謝りたくなります。

なんか、つらいな・・・とても

そして、東京都ががれきの受け入れの先陣を切って、
他府県にまで広げるように指示したんだと豪語している石原都知事の言葉もどうしても納得がいかないのです。
石原の言葉はこちら↓
「住民投票は国を滅ぼしかねない危険なことにもなりかねない」
石原都知事6/12都議会(音声・内容書き出し)


がれきの広域処理の必要性は無くなった筈なのに
なぜこうやって今でもあちこちに移動する話になっていくのだろうか?
「広域ありき」は不変 震災がれき処理 密室有識者会議6/6こちら特報部より
私にはどうしても理解ができない。


この無意味で無情にみえるがれきの広域処理と
無理やりに原発再稼働する冷酷な野田の姿が、
なぜか重なって見えます。


どっちもやる必要のない余計なことです。
がれきは広域処理をしなくても地元で十分処理ができようだし、
原発は再稼働しなくても電気は足りるんです。
どこからだって融通できるし、節電だって関西は東京よりも熱い心でやる気満々です。

民意からかけ離れ、人々の心からも遠く遠く離れ、
しかも現実の世界のあり様からも完全にかい離している政策。
そして、国民同士でいがみ合うように仕向ける手段。

何とかしてひっくり返さなければならない。
見て見ぬふりの国民や
マジで気が付いていない国民には
早く目を覚まして欲しい。
そしてみんなで繋がって大きくなりたい。ものすごく大きくなりたい。



関連記事

コメント

非公開コメント

No title

先ほどコメ入れたものです。
非公開コメントにしてください。
チェックし忘れです。

Re: ナウさんへ

ナウさんのコメントが見当たりません。
どのコメントでしょうか?

No title

瓦礫に関しても再稼動に関しても、日本の大企業が一致団結して政治家を動かしているのは間違いないです。
こういった巨大な村を相手に私達は戦っている。

村と仕事で絡んでない人は殆ど居ないと言えましょう。
ですが、私達は仕事の為に生きているのでは有りません。
何が一番大事なのかは震災で亡くなった多くの犠牲者から学んだはず。
個人が大きく繋がって戦わないと、大きな力でまた以前の金が一番の国になってしまう。

きーこさんの思いに毎日励まされます。ありがとう。絶対勝ちます。頑張りましょう。

お知らせ

はじめまして。広域瓦礫処理について反対をしている羽村市民です。(11日搬入時プラカード持って行きました!)
広域瓦礫処理について本当のところを多くの人達に知ってもらいたいと思い、講演会を企画しました。
是非、ブログ等で拡散して頂けたらと思います。
7月1日(日)福生市民会館小ホール 14時~17時
参加費 800円
青木泰さん(環境ジャーナリスト)・山本太郎さん(俳優)
のお話と参加者を交えてのトークセッション
当日 保育あり
保育希望者は6月24日までに連絡をください。
連絡先・・・090-4208-3922 (遠畑)

突然ぶしつけなお願いですみません。
同じ気持ちを共有していると思い、この動きを少しでも大きくできたら・・・と連絡させて頂きました。
何かありましたら、メールで連絡頂けたらと思います。
よろしくお願いします。

講演会について

先日お知らせした福生市民会館での講演会について、一部変更がありましたのでお知らせします。

福生市民会館小ホール 14時~17時
「風の学校 特別授業~今、聞きたい!そして話したい!ごみと放射能。」
山本太郎×青木泰 
前売り¥800 当日¥1000
Web申し込み始めました。
http://everevo.com/event/1770
よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。