FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本に油田がある事が10年前から分かっていたという記事

新潟県沖に大規模油田か、来春にも試掘
(2012年6月18日15時45分 読売新聞)
油田

経済産業省は18日、新潟県沖で油田・天然ガス田の商業開発に向けて試掘に入ると発表した。

来年4月にも掘削を開始し、埋蔵量を3年かけて調査する。
地質調査の結果では国内最大の油田・ガス田となる可能性もある。

試掘地点は、新潟県の佐渡島から南西約30キロの水深約1000メートルの海底。
2003年に周辺海域で試掘した際、少量の石油やガスの産出が確認されていた。

経産省資源エネルギー庁は、08年に導入した3次元物理探査船を使用して地層構造を精密に分析した結果、
海底から2700メートル下にある地層のうち、
約135平方キロに及ぶ範囲で石油や天然ガスの埋蔵の可能性があるとのデータを得た。
面積はJR山手線内の約2倍に相当し、同庁は「面積では海外の大規模油田に匹敵する」としている。

政府は09年、
「海洋エネルギー・鉱物資源開発計画」を策定し、日本の排他的経済水域(EEZ)内の資源開発に本腰を入れた。
日本近海の11か所で3次元調査を進めたところ、新潟県沖が最も有望と判断した。
試掘の結果が良好なら、同計画の第1号として17年の商業化を目指す。



ーーーー

2003年に確認されているのに
今は2012年…10年近くも放置した意味って何?

関連記事

コメント

非公開コメント

原油の値段

いくら原油が眠っていても、採掘するにはコストというものがかかります。
原油が1バレル10ドルでは、採掘に50ドルかかる原油がいくら眠っていても、採掘しても儲かりません。原油の価格が100ドルになったからこそ、採掘してもペイするという判断になったのでしょう。
また、採掘して、石油が周辺の海にぼろぼろあることを知らせる前に、日本の排他的経済水域をしっかり確保してから、試掘するというのは、賢いやり方だと思います。

http://ecodb.net/pcp/imf_usd_poilwti.html#index02

No title

先日報道された「新潟で油田を発見」という記事は、同海域のメタンハイドレート開発を妨害するために流された情報であり、妨害のための措置だということで確定したようです。

1)この「新潟で油田と天然ガスが発見された」というのは、実は2003年の調査で、すでに発表済み。
  内容もまったく同じ。
  だから、今頃になって、しかもすでに一回発表した情報を出してくるのはおかしい。

2)しかも、2003年の調査ではメタンハイドレートの天然結晶が発見されている。なぜメタンハイドレートのことだけ隠して報道しているのか?

その上、今回はもっと驚くべき情報が公開されました。
詳しくは以下の動画をご覧ください。

アンカー 2012.06.20
ttp://www.youtube.com/watch?v=26Sj85tKGnU&feature=plcp
ttp://www.youtube.com/watch?v=oHmGgD_D3xM&feature=plcp
ttp://www.youtube.com/watch?v=Ef_0MsIyVp4&feature=plcp
ttp://www.youtube.com/watch?v=BU9-npfn0_Q&feature=plcp
ttp://www.youtube.com/watch?v=9H1x07FNAIs&feature=plcp

この場所は、つい最近青山繁晴さんが新資源メタンハイドレートの調査をされた場所で、実際かなりのメタンハイドレートがあるらしいです。今回の政府の急な発表は、新資源の存在を隠すためと思われます。詳しくは20日水曜日、関西テレビで放送されたニュースアンカーをご参照ください。

メタンハイドレート埋蔵に関係しているようです。

スーパーニュースアンカー「青山DEズバリ」でこの記事に関して、解説しています。
同地点で良質なメタンハイドレートが埋蔵されている事が確認された事が民間から公表された直後の政府発表だったようです。

http://www.dailymotion.com/video/xrn7mg_20120620-yyyyyyyyyyyy-yyyyy_news#from=embediframe

中国が開発している、thorium原発

石油もいいけど、こんな、原発はどうですか?中国はこれに投資しているようですよ。この原発は安全だし、きれいだし、いいんだけど、ひとつ大きな欠点があるんです。
プルトニュウムを作れないんです。ほとんど全部燃えてしまうんです。
こんなの、アメリカは許しませんよね。

http://www.telegraph.co.uk/finance/comment/ambroseevans_pritchard/8393984/Safe-nuclear-does-exist-and-China-is-leading-the-way-with-thorium.html

海底油田+メタンハイドレートは原子力の最大ライバル

新潟県は天然ガスの産出も豊富ですが、従来低く見積もられてきたのは、原子力産業の圧力も大きいでしょう。
wikiより。
>日本の領土面積は約38万km²で世界第60位に位置するが、領海およびEEZの総面積は世界6位となる。水域面積は広大で、領海(含:内水)とEEZを合わせて約447万km²で世界で第9位である[3]。

日本が排他的経済水域の開発に成功すれば、中東の石油や原子力への依存をやめて、資源国として自立できる可能性があります。
もちろん、原子力からの脱却も可能です。
なので、

>同海域のメタンハイドレート開発を妨害するために流された情報
青山繁晴のこの言い分はおかしい。
排他的経済水域問題が絡むのであればなおさら、政府の公認がなければ、資源開発の本格化は不可能です。
政府が民間の事業を妨害した云々は、問題を矮小化し過ぎています。

ちなみに青山は、2011年まで原子力委員会専門委員を務めています。原子力のライバルとなるエネルギー源の開発を阻止する側にいた、ということです。

No title

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

No title

青山氏のプロジェクトが相当煙たい連中なんでしょうね。
5年前頃、青山氏の指摘してる場所辺りを石油派がメタハイ試掘してますが、失敗という結論を出してます(当時、試掘の様子をNHKTV等が取材に来てますが、ニュースを見ても何の事やら分からないような報道。多分,故意!)
今後の進展は安倍氏が、既得権益派を如何にぶっ潰すかに掛かってるでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。