スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐渡島沖にあるメタンハイドレートに関する経産省の文書


新潟県佐渡島南西沖にある、メタンハイドレートに関して、
経産省が文書を出しました。



メタンハイドレート開発実施検討会(第22回)‐配付資料
経済産業省のホームページ より
平成24年6月29日 第22回の第22回開発検討会の資料の中にありました。

メタンハイドレート等に関連する当省の考え方について
平成24年6月29日
資源エネルギー庁  石油・天然ガス課

経済産業省は、6月18日に新潟県佐渡南西沖における石油・天然ガスの試掘調査の実施を公表しました。
これにつきまして、一部報道での発言や一般の方からのお問い合わせがありましたので、
当省の考え方を以下の通りお知らせします。

1.国による石油・天然ガスの試掘調査
(1)経済産業省は、平成20年2月に導入した探査船「資源」による探査結果を踏まえ、
  平成23年4月に、国内石油天然ガス基礎調査実施検討委員会での審議を経て、
  国の事業による試掘海域として佐渡南西沖を選定しました。
(2)その後、地元漁業関係者との調整を進め、
  試掘の実施の公表について地元漁業関係者との合意が得られたことから、
  国による試掘調査の実施を本年6月18日に公表しております。
(3)なお、国による佐渡南西沖での石油・天然ガスの試掘調査は、
  平成25年4月から6月までの3ヶ月間で行います。
  その後、調査により取得したデータの解析・評価を実施し、
  平成25年度末に国の事業としては終了する予定です。

2.メタンハイドレート関連の調査

(1)基本的な方向性
①海底の地層中にあるメタンハイドレートからメタンガスを効率的に分離して回収する方法については、
 過去の陸上産出試験の結果等から、いわゆる減圧法が有効であると考えています。

②この減圧法が、海洋においても有効かどうかを確認するため、
 本年度に、いわゆる東部南海トラフ海域において減圧法による産出試験を行うこととしております。

(2)表層型のメタンハイドレートについて
①表層型のメタンハイドレートの採取については、
 一部で小規模な実験が実施されていると承知しておりますが、
 環境面等も含め様々な課題があると考えられ、現段階では実用化されている技術はないと認識しています。

このため、表層型のメタンハイドレートについては、
 当面は、国による生産技術の開発の対象とはしていません
が、
 我が国周辺海域のメタンハイドレートの賦存状況の調査の一環として、
 平成22年度に新潟県沖等において表層型のメタンハイドレートの試料の採取を行い、
 メタンハイドレートの形成メカニズムの分析等の科学的調査を行うなど、
 表層型のメタンハイドレートの研究も進めていきます。
 
以上




ーーーー関連ブログ


日本に油田がある事が10年前から分かっていたという記事

経産省・メタンハイドレートの公的な妨害工作と官僚の保身のために「新潟沖に油田」と発表!?
青山繁晴インサイドSHOCK6/20(内容書き出し)


「経産省はなぜメタンハイドレートも発表しないのか」
青山繁晴6/20アンカー(動画・内容書き出し)



ーーーー

 平成22年度に新潟県沖等において表層型のメタンハイドレートの試料の採取を行い、
 メタンハイドレートの形成メカニズムの分析等の科学的調査を行うなど、
 表層型のメタンハイドレートの研究も進めていきます。

「平成22年度に」というところがちょっと意味が分かりません。

経産省111


理解しにくい文章なので画像で残しておきました。

関連記事

コメント

非公開コメント

経済産業省は青山繁晴氏の言う通りの表層面のにメタンハイドレートは認めてるんですね。
技術的な問題とは何なのでしょうか?掬い上げるだけなんだから土と混ざりあってる大平洋側より簡単でしょうに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。