FC2ブログ

郡山市の豚肉から107・2ベクレル

福島県内ニュース
汚染稲わらが原因 郡山の豚肉セシウム
KFB福島放送 2012年07月11日 14時08分配信

5月21日に郡山市の農家が出荷した豚肉76・5キロから
食品衛生法の新基準値を超える放射性セシウム107・2ベクレルが検出された問題で、
国や県と原因を調査してきた市は10日、
豚舎に敷いていた汚染された稲わらを豚が食べたことが原因とみられると発表した。

市によると、
農家は東日本大震災後に外から屋内に入れた平成22年産の稲わらを昨年8月まで豚舎に敷いていた。

9月以降は震災前や23年産のわらを使用しているという。
残っていた23年産の敷きわらの検査で、
7検体から1キロ当たり102~265ベクレルの放射性セシウムが検出された。
農林水産省が定める基準の400ベクレルは下回っていた。

震災時に外にあった22年産は残っておらず検査できなかった。
配合飼料や水からは放射性セシウムは検出されなかった。
市は、市内の各農家に汚染わらを使用しないよう徹底させるほか、
豚のスクリーニングや血液検査を行い安全を確認する。



福島・郡山産の豚肉からセシウム…出荷自粛
(2012年5月22日21時39分 読売新聞)

福島県郡山市は22日、市内の養豚農家が出荷した豚1頭の肉から、
国の規制値(1キロ・グラム当たり100ベクレル)を超える107・2ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。

農水省によると、4月に導入された新規制値を超えるセシウムが豚から検出されるのは初めて。

同市によると、21日に出荷された6頭を簡易検査したところ、そのうち1頭から50ベクレル超を検出。
再検査した結果、新規制値超の放射性セシウムを検出した。
市は簡易検査で問題のなかった5頭の出荷自粛を農家に求め、すべて市場に出回っていない。

市は22日に職員を派遣して農家にヒアリングを行ったが、原因究明には至っていない。
今後、豚の餌である配合飼料などを検査して解明を急ぐ。



関連記事

コメント

非公開コメント