4/28 ラジオたねまきジャーナル 小出裕章助教授(内容書き出し)

福島原発事故の現状について京都大学原子炉実験所小出裕章助教授に聞く
Radio News「たねまきジャーナル」
MBSラジオ [MBS1179.com]

【福島原発】4/28/木★1.一刻も早く汚染水の処理を 2.汚染物の墓場 1/2


【福島原発】4/28/木★1.一刻も早く汚染水の処理を 2.汚染物の墓場 2/2


<参考>
2/1内の郡山学校の校庭の土に関しての話しは「4/27ラジオ たねまきジャーナル

キュリウム (Curium):原子番号 96 の元素。元素記号はCm。

アクチノイド元素の一つ。超ウラン元素でもある。安定同位体は存在しない。銀白色の金属で、常温、常圧で安定な結晶構造は面心立方構造 (FCC)。比重は理論値で 13.51、融点は 1340℃(1350℃)、沸点は 3520℃。原子価は 3価、4価。

アメリシウム (Americium):原子番号 95 の元素。元素記号は Am。アクチノイド元素の一つ。第3の超ウラン元素でもある。安定同位体は存在しない。銀白色の金属で、常温、常圧で安定な結晶構造は、六方最密充填構造 (HCP)。比重は、13.67 で、融点は 995℃(850℃~1200℃ の間)、沸点は 2600℃。
展性、延性があり、希酸に溶ける。原子価は、2価~6価(3価が安定)。化学的性質はユウロピウムに類似する。



【福島原発】4/28/木★1.一刻も早く汚染水の処理を 2.汚染物の墓場 2/1

1号機の格納容器の水棺のことですが
今原子炉に入れているミスの量を2,5倍にする予定だったのがそこまで行かないうちに温度や圧力が下がってしまって
東京電力は格納容器の圧力が下がっている事をとても気にしていると言うのですがこれは?
多分何処かで漏れていると言う事です
格納容器は一定の空間なのでどんどん水を入れれば本来は圧力が上がらなければいけないのですが
それが逆に下がっているというのは漏れていると言う事です

それが続いてしまっているということが懸念されているわけですね
そうですね
私は初めからそれを懸念して 水を入れるような事をしたら破損が広がると思っていたのですが
多分そうなっているのだと思います

原子炉圧力容器の温度も下がり続けているという事が伝わってきているが
下がり続けるとどういうことになるのですか?
それはいいことです
要するに原子炉圧力容器の中に炉心という本体があるのですが
そこをとにかく冷やさなければいけないと言うのが一番大切な事なので
そのために水を入れてきたのですが
1号機だけはなかなか温度が下がらなかったのです
それが水の量を増やしたと言う事で下がったのですが
あたりまえのことですが、それは良かったと思います

高い濃度の汚染水が地下水などに混じって海に流れ出すのを防ぐために
政府と東京電力の事故対策本部が地下に壁を作る事を考えていると伝えられています
地下の地盤の割れ目にセメントを流し込んで埋めて
その周りに地下40メートルまでの大きなコンクリートの壁を埋め込む
お酒を飲む時の四角いマスの底を抜いたような形の物をコンクリートで作って
原発の周りに埋め込むような感じだと言うのですが
これで高い濃度の汚染水の流出を防げるのでしょうか?
すみません。私はそういう事の専門家ではないので分かりません
なんか・・難しそうだなとは思いますけれども
専門的な知識を持った方が一応計画されているんだろうと思いますので
上手くいって欲しいと思います
素人的には難しいだろうなと思いますが
やってみると言うならやってみて欲しいです

もうひとつ、福島第一原発敷地内の地下を掘って大きなプールを作って
高い放射性濃度に汚染された水をためる構想があるというふうに伝えられている
菅総理は敷地内の地下46メートルに岩盤(岩の層)があって
下には水がしみこまない事が調査で分かったと説明したと言う事なんですが・・
笑。随分ばかげた説明ですね
そんなところで水が止まる訳はないと私は思います
今回の地震だって岩盤がバリバリ割れてめちゃめちゃになって起きているわけですよね
割れたらそれでおしまいになってしまうじゃないですか

この構想にはかなり無理があると言う事ですね
そう思います
私は一番初めから巨大タンカーを連れてくるのが一番早いと提案していたのですが
そんな巨大なプールを作るとか40メートルもの壁を作るとか
そんなための工事に一体どれだけの時間がかかるんだろうかなと思います。
タンカーを連れてくれば済むことですし
いくつか乗り越えなければならない事はあるけれど
今、この緊急事態ですから1秒でも早く実現出来るという方策を選ばなければいけないと思います

実現性が低いということですね
あらゆる可能性をやってみるのはいいことだけど
今この追い込まれている時にいいのかなって思います

福島県郡山市の小学校で校庭の土を削り取る作業が始まっているのですが
掘り起こしたけれど最終処分場に持って行けずに当面校庭に置きっぱなしになってしまいました
最終処分地の近くにお住まいの方の反対だそうですが・・どうしたらいいのでしょう
確か前回も私は話したと思いますが
大変言いにくいのですが 福島原発の周辺の地域は無人地帯にしなければならないと私は思います
放射能のとても高い地域ですね・・もう、覚悟を決めて
そこに汚染されたものを集めて持って行って
最終的には放射能の墓場にしなければいけないと思っています

そうしなければ安全ではないのですね
普通の産業廃棄物処分場の様な所に運んでしまうと
処分場が廃止になった時に宅地や畑になってしまう恐れがあるので
もっとちゃんと放射能として管理できるところに持って行かなければいけないとおもいます

土に限らず瓦礫も出てくるが
これも今の形を考えるしか方法はないのですね
ありません
放射能は人間の手で消す事が出来ませんので
何処かに隔離するしかありません
そのためには
何処かあきらめて一か所に管理できる形で集める事が出来るようにするのが
できる最善の事だと思います

地下にプールを作るなんてかなり無理な事まで検討するのは汚染水の処理に本当に困っている?
おっしゃるとおり
今でもいき場がないし原子炉を冷やすためにこれからも水を入れなければならないので
汚染水がどんどん増えてくる
そのために年とかしなければならない切羽詰まったところに追い込まれているので
1秒を争いながらいい方策を速く決めなければいけないと思います

漏れた水はどこに?
タービン建屋、トレンチ、ピットあるいは地下に染み込んでいると思うけど
敷地中に溢れていると思う

地下に染みている可能性も高いと思うのですね
もちろんです
一時期ピットが割れていて目に見える部分で
滝のように水が流れ落ちていた事を見つけてそこをふさいだという事ですが
ピットもトレンチも建鉱も全てコンクリート構造ですから
もともと水が漏れないようになっていません
おまけに地震でもうやられているのですから多分そこらじゅうで漏れているのだと思います
ただ目に見えないと言う事だけだと思います



【福島原発】4/28/木★1.一刻も早く汚染水の処理を 2.汚染物の墓場 2/2

これから台風のシーズンが来る
アメリカの原発が暴風雨で送電線に障害があって自動停止したと言うのだが
台風が直撃したら福島原子力発電所はどうなるのか
台風で送電線に障害が出るような事はありうると思います
非常電源が使えると東電は言うかもしれないが
そう言いながら今回の事態になったのだから
何があるかよく分からないと思っていた方がいい

深刻な状況になる事が起きる
多分そう思うし
まだ余震がこれから何カ月も続くと思うので
そう言う事で何か深刻なトラブルが起きる事もあると思う

作業員の被ばくに関して年間50ミリシーベルトの上限を外して
5年間100ミリシーベルトの上限だけ残す
5年間100ですね・・・
そうすると・・・1年間100浴びてもいいという事になってしまうのですか・・・

50ミリシーベルトの上限を無くさないと他の原発から派遣されている作業員の方が
許された線量を使い果たしてその後他の原発の点検などが出来なくなる心配だという事ですが・・
被ばくの規制を緩和することになる
一歩一歩追い詰められていると言う事ですね
そんな事を国の方が一方的に決めていいのかなと思います

上限規定を無くしてしまうと年間50ミリシーベルトという規定は一体何だったのかと思う
勝手にそんな事を行政の方で変えてしまっていいのかなと今私は思いました

昨日東電が原発の敷地内からキュリウムという物質が新たに検出されたと発表した
キュリウムとは?
プルトニウムはお聞きになったと思いますが
もともと原子炉の燃料がウランなのですが
ウランを核分裂させてエネルギーを取り出すのが原子炉ですね
そこにウランがある限り
ウランは核分裂すると同時に中性子を食べてしまう性質も一方で持っていて
中性子を食べると初めはプルトニウムになり
プルトニウムが中性子を食べるとアメリシウムという元素になって
アメリシウムが中性子を食べるとキュリウム
次々に新しい原子核が出来てくるという性質を持っている
すでに原発の敷地内ではプルトニウムが検出されています
つまり、原子炉の中にあったウランがプルトニウムに変わっていた物が放出されているという事は分かっていたのです
ですからそうなってしまえばアメリシウムもキュリウムも当然出てきているという事になるので
今回の検出は当たり前のことが当たり前に分かったと言う事です

このキュリウムというものは私達の体に悪影響がありますか?
とてつもなく悪影響があります
プルトニウムよりむしろあるくらいです

え・・・そうなんですか
量が少ないので通常はあまり問題にされないけれど
毒性というのはプルトニウムよりもっと強いです

今回そういった物が検出された事が伝えられている・・
ようするに量が少ないのでその危険度自信を取り建てて問題にするべきではないと思いますが
プルトニウムやキュリウムが出てくると言う事は
ウランの瀬戸物のペレットが融けてしまっている事を示す証拠になります

その状況が改善されなければこの危険なキュウリウムが今の量よりさらに多く出てくる危険性は出てくる?
この事故が続いている限りは・・・
今の状態ですとチョロチョロ漏れ続けている事になりますし
冷却に失敗してもっと大きな損傷が生じるようになれば大量に出てくる可能性があります

ますます事態の収拾が難しい
そうです
作業の環境がとても悪いので
なんとか作業環境を改善させなければならないし
そのためには汚染水を一刻も早く出さなければいけない事を
真剣に考えなければならないのに
なんか夢のような話をさっき聞いて私は驚きました

関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

避難されていらっしゃるのですね
そのお心お察しいたします
このような状態でいつまた家に帰る事が出来るようになるのか・・・
だけど、生きていれば未来はあると思います
出来るだけ被ばくの量を減らせるようにしていただけたらと思います
目に見えないから私もとても怖いです
明日に向かって私も出来る事を一つづつやっていけるように頑張ります
ありがとうございます