スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あなた達を殺そうなんて思っていやしません! 殺したって、何にも問題解決にはならないんです!」福島市





福島市に住むShiinaと申します。
13年間、この間まで宮城県で自給的生活をやっておりました。
そこでかすかなお金と、自分で食べ物を作って、薪で食事を作って風呂に入って、
ま、低コストというか、そういった生活をしてきました。
民宿もしていましたので、少しだけのお金、

でも幸せでした。
それが3・11、根こそぎやられました。

孫たちも来なくなりました。
外国の研修生も来なくなりました。
自分の思いも回せなくなりました。
食事さえ作れなくなりました。
無念でなりませんでした。

ですから怒りを持って、
そしてまた、3・11のその問題に肉迫できず、
社会的、政治的なエネルギー問題に迫られなかった自分を、もう一度見直してみようと思って、
福島市に、あえて線量の高い福島市に来て、
いろんな思いで生活をしております。

で、今日の駅前の
コムコムという子どもたちの施設があるんですが、
1m位の高さなんですが、その線量は先ほど見てきたら0.58マイクロシーベルトでした。
充分な高さです。

人は居てはならない福島市なんです!

そこで今このようにして、次世代のエネルギー問題を、環境を語らなければならないこの事態。
もうここで、私は胸がはちきれそうです。

人が居てはならない所に、
先程も子どもたちはマスクもかけずに嬉々として歩いていました。
何時もそういう姿を見て「逃げて」と思うんですが、
その言葉は出せません。
そこで問題は済まないからです。

そういう中で今このエネルギー問題です。
どういうことなんでしょう、今更ながらと思います。
こうした、こうした討論を、原発やエネルギー問題を
どうしてもっと早くやれなかったんでしょうか。
何時も後出しですね。
いつもこんなです。

もっともっと前に、原発は何故造るのかという事を、
こっと国民的総意のもとに、国民的議論のもとにすべきでした。
・・いや、しない方がもちろんいいんですよ。
してはならない事なんですけれども、順序が逆です。

こうして、もうのっぴきならない事態に於いて、
まるで放射能の戦争の中に子どもを生け贄にしておいて、
多くの犠牲を払わざるを得ないこの過酷な中に、そうして初めて、やっと、議論ですか?


いっぱい場を重ねていくんですか?
どれだけ時間を重ねるんですか?

そして今日来てみれば、何でしょう!
まるで空港のように、ああして「危険物はないか」

まるで私たち一人ひとりがテロの、そうした人間のように扱いを受けて、
私は屈辱を受けました。


本当にこれが国民的合意の上に
「これから考えるぞ」「真剣にやるぞ」とそういうことであれば、
胸を張って…何もあんなこと必要ないじゃないですか!

どうしてあんなことが必要なんですか!
あり得ません!
ああいう事自体が、何かこの会場の会の裏側を物語っているように思えてなりません、私は。
もっと堂々とやって下さいよ!

私たちは共に何とかしようと思ってやっている訳なんです。
あなた達を殺そうなんて思っていやしません!
殺したって、何にも問題解決にはならないんです!

同じ命を持つ者の立場として、何とかしようじゃありませんか。
原発はそういう問題でしょうが!


まずそういう事をお伝えします。

そして私はいろいろ学びました。
この原発が何故ここの福島に用意されたかという事は、
単なるエネルギー問題じゃないという事を学びました。
政治的、経済的、分かりやすいから言いますが、1%の利権の上に立って、
それも日本だけではなく、アメリカという国の1%の方々の、
方々というか、その人たちの意思によって、
そうして刻々と密かにもう準備されていた。
その構造に立って戦争へ向かう核が入った、そうした原発だっていうじゃありませんか。

私の勉強が間違っているかどうかは分かりません。
たとえばこういう問題にも、この次の議論では話題にあげて下さい。
「何故原発を作ったか」という事を、もっともっと国民に知らせて下さい。

全て隠されて進むのではなくて、いろんな事実をあげて下さい。
何故原発が用意されたのか?
そして、また尚、この事態に於いても再稼働を進めるのか?
もっともっと国民的に、ちゃんと本当のことを教えて下さい。

そしてもうひとつ言います。
背広を脱いできて下さい。
子どもたちを連れてきて下さい。
肩書を脱いできて下さい。
生身の人間として話合いましょうよ!

命とはそういう問題です。


原発も、環境もエネルギー問題も、総合的な問題です。
もっと裸になって、もっと切羽詰まった気持ちで議論しましょうよ!
何回も何回もしましょうよ!

それでも刻々と被ばくしている中でです。

そうした深刻な問題であることを、私はもっと感じてほしいと思います。
お願いします。






福島での意見聴取会の動画全編はこちら↓
「脱原発民意明確に」エネルギー環境意見聴取会福島会場
関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。