「再開の条件…原発なり発電所を正直囲んでしまえと、ドームの中に入れちゃう」福島在住




福島在住のBabaと申します。
今のお話で、ぜひともですね、中に入れて皆さんの意見を聞いていただきたいと、
その思いを込めて、大臣お願いいたします。
許可してください。
え?駄目なんですか?今手を振ったんですけども、入れてあげていただきたい。
これは福島の民意です。よろしくお願いいたします

司会:事務方、いかがですか?確かに空席は十分にあるように見えますけれども。


その間、話は、こちらの意見は述べさせていただきますので、
どうぞ、中の空席に入れさせてあげてください。
これが意見聴取の本来の筋じゃないでしょうか。

司会:
事務方のほうで、今本当にこの間にちょっと協議してください。よろしくお願いします。
では、よろしくお願いします。


はい。私は、これは15%と書いたんですけれども、実質は15%は認めておりません。

で、なぜ、政府のゼロ%、15、25 というパーセントで表すのか、
正直申しまして、意味が分かりませんでした。
数字で表せるものなんでしょうか?

あと今後の対応の仕方でここに書いてあるものは、
去年震災が起きた4月に、いろんな段階で、
各中央のテレビ局、あと原子力保安院、県庁、市長にメールで意見なり、提言をさせていただいた中身です。

ただ、それに対しては一切テレビの話題にならないのか、
なんか知りませんけれども、相手にされなかったというか、そんな内容です。
きょう、この場を借りて、機会を与えられたので感謝申し上げて述べたいと思います。

福島の場合と、あと福島県外の再稼働についてのものが一緒になっています。
今後の対応について、福島はゼロ%。いや、福島県内の再稼働は100%反対です。

それで、じゃあほかの15%未満はなぜかというと、
この前、大飯原発が再稼働を強引にされました。
でも、それ以外にも、今、各電力会社はなんだかんだいいながら、再稼働に向けて進めています。

それをやる前に、全て動かすのではなく、
動かすときの安全性を保障したうえで、だったならば、何基かはいいのではないかということで、
この意見を出させてもらっています。

ただ、それを再稼働するための条件は、いくつか書いてあるとおりあります。
まるっきりゼロだと、代替エネルギーがまだ確保できていません。
そのために、今後、止めた場合に、各産業、工業それらがおくれてしまうと。

今、努力して皆さん節電しながら、なんとかやりくりしている。
でも、やはり電力量には限りがありますので、
メガソーラーとか、今はいろいろ出ていますが、それだけでは補いきれない、賄いきれないということで、
最低、各電力会社、1 炉1 基、6 基あるんであれば、1 基のみ。
ただ、それも期間限定、条件付きでやるべきではないかということでございます。

再開の条件としましては、
今回、福島で問題になった放射線の拡散。
で、これに対する対応が何もされていない。
かえって拡散しているのに、政府は隠しとおして安全だといいながら、
間違った指示で、その放射線の流れているところについて、いろんなものを起こしております。

そのために、
原発なり発電所を正直囲んでしまえと、ドームの中に入れちゃう。
昔の鉄腕アトムとかですと、
昔のガチャガチャのような丸い中に、街が入っているような、建物が入っている、
そのようなかたちで放射線を外に漏らさない。
ただ、もしなんかあったときのためと、
あと今後の科学技術の進行を妨げるわけにはいかないので、
その出入り口に何カ所かは、放射線の漏れのための技術をつくった
建物なり、システムを設置しなくちゃならないと。
当然、そういうものが出てくる必要があるんではないかと思います。

あと、設備でモニターカメラとか、測定機器、
これは、やはり二重三重に場所を変えて置かなくちゃならないんではないか。
あと、非常用の調査用ロボット、無線、無人の観測用飛行機器、
そういうものを準備しておかなくちゃならないんではないと。
あと、管理センター、オフサイトセンターですか、
そちらには専門家以外の、やはり民間からも監視員を常駐させ、
一つでもなんかおかしい動き、隠しそうなものがあったらば、情報公開に踏み切ると。
そういう必要性も感じています。

あと周辺の高速道路は、
ドームとかのトンネルで、ちょっと距離数が長いんですが、
そこで物流の流れを止めないようにしないと、その区間が通行止めになって、何もできなくなります。
そういうものを考えてほしいと。

あと、住民の健康調査。
これは、内部被ばく、心臓等に障害を持っている人、子どもたち。
この人たちに対しても、やはり毎月なり、健康調査を行う必要があるんではないかと。

あと一番不安になっているのが、今、自然災害はなんとか出るんですが、
まだ想定されていないテロ攻撃が起きた場合、
特に飛行物体での攻撃、ミサイル、北朝鮮テポドン、あるいはあの、9.11 のような飛行機での命中。
昔のゼロ戦のあれじゃないですが、
特攻隊じゃないですけども、そういうのが来た場合に、すぐ対応できるのか、安全なのか。
迎撃態勢なり、そういうものができていないのではないか。
スカッドミサイルを撃つにしても、その手順の上下間の流れを待つ動きをとっていたらば、
あっという間に終わりです。
そのへんを踏まえて、きちんとしたものにしてほしい。

最後にちょっと時間がないので、
大臣早く福島の避難している子ども、老人の方たちを早く地元に返してあげてください。

司会:静かにして下さい

放射線の漏れているような土地、そこは除染しても、もとがなければ、放射線は出たままです。
きちんと処理してください。以上です。






福島での意見聴取会の動画全編はこちら↓
「脱原発民意明確に」エネルギー環境意見聴取会福島会場

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。

前のにも通じるが・・
自分や自分の家族を放射能の汚染の危険から避ける
よりも国や産業の電気を心配しているらしい・・

それにも満足できないと他国をそこに税金も払ってない
無権利者にもかかわらずけちつけてテロ噺・・
核廃棄物のなんたるかの最低限の知識もこの国の
マスゴミから教えて貰ってオランらしい・・
日本が世界に最大のテロ国家のひとつになっている
ことの自覚が足りんし・・

この国は国士が多いんだなぁ(笑)
ネトウに通じる・・。声援送る気にもならん。

とはいえブログ管理者さんの情報提供には感謝です。
まぁ・・国家教育のとくに自尊心植え付け教育の
成果でしょう・・仇花かな・・

まぁ・・いろんな県民もいるんですよ。

では。