保安院「原発が活断層の真上にあっても規制せずに動かす基準」だって!?刑務所にみんなまとめて入って下さい


原発、断層ずれても運転可能に 保安院が新基準導入へ 

47News 2012/08/28 19:18

原発直下に地盤をずらす「断層」があっても原発の運転を一律に禁止せず、
継続の可能性を残す新たな安全評価基準の導入
を、
経済産業省原子力安全・保安院が検討していることが28日、分かった。

保安院は従来「活断層の真上に原子炉を建ててはならない」との見解を示していた。
新基準では、これまでは活断層と判断される可能性があった一部の断層について原発の直下にあっても、
ずれの量が小さく原子炉建屋などに影響が生じないと評価されれば原発の運転継続も可能になるとみられる。

だが「ずれの量の正確な評価手法はまだ完全ではない」(保安院)など課題も多い。
【共同通信】



ーーー

「これまでは活断層と判断される可能性があった一部の断層について原発の直下にあっても、
ずれの量が小さく原子炉建屋などに影響が生じないと評価されれば原発の運転継続も可能になる」

「ずれの量が小さく原子炉建屋などに影響が生じないと評価」

だれがどうやってずれの量が小さいと判断出来るのでしょうか?
わたしは、今まで活断層が無かった場所にでさえも、新たに亀裂が入って動くことは
充分あり得ると思っています。
つまり、今指摘されている活断層以外にも、
新しく活断層が突然生まれない保証はどこにもないのです。



保安院は福島第一原子力発電所の事故の直接の責任者です。
事故後の対応の悪さの点でも直接の責任者です。
保安院のみなさんは刑務所にいるべき人々です。
何を根拠に、活断層の上でも原発を稼働するというのでしょうか?
「処刑して下さい」と、この記事を読んで改めて強く思いました。
国民の敵だけではなく地球の未来の敵であると思えます。

信じられない・・・
人間ですか?経済産業省原子力安全・保安院の方々は・・・


この人達が新しくできる規制庁にごっそりやってくると思うと
恐ろしくてたまりません。




関連記事

コメント

非公開コメント

54基の固定式自爆型核爆弾防衛の日本

こんにちは。

全く同感です。保安院については前後から読んでも同じ読みの『ほあんいんぜんいんあほ』というのがありますが、今度彼らが企んでいるのは国土や国民の安全よりも自分たち原子力村の安全を考えている顕著な企みです。

官僚はどんなことをやっても罪にも責任にも問われないという制度が、
いろいろな理屈をつけては正当化する論説がありますが、それがまかり通るのは大昔の話しで、ますます特権官僚の支配する行政国家の姿が明らかになっている現代では絶対に間違いです。

制度的にはその間違いを監視し正すのが国会と議員達なんですが官僚達があらゆる手法でダメにしているという現実は三権分立(さんけんぶんりゅう)などは絵空事なんだということを広く知らしめていますよね。

今までの原発安全基準の・・とくに断層に関する事柄は一体全体どうなっているんでしょう。活断層評価を嘘で塗り重ねてごまかして原発をたてる下支をして来たご用学者達の立場・論理(屁理屈)そのものを一挙に消し去ってしまう方向の企みですよ(^_^;)

今評判の小出・渡辺・明石氏達の『最悪』の核施設・六カ所再処理工場を読み終えたばかりですが、その最後半にご用学者の実名とその悪行が出ています。

(この学者っていう語句をつけて呼ばなければならないのは何とかもっと適切な表現語句に代えて欲しい・・軽蔑感がわいてきますが、かといって学者や学問が見過ぎ世すき看板になってから「久しい」のですから別に気にかける必要もないのかなぁとか(^_^;))

諸処の原発で活断層問題の疑念を抱かれる判断を繰り返し続けた経歴のある、東工大の衣笠義博とか首都大の山崎春雄とかはどんな対応をこれから繰り広げようとするのかと興味津々です。こんなくだらない人間達が我欲を沢山積み上げ続けて原発推進の原子力村を構成しているし、今度の規制が泣いて呆れる規制庁では委員長・委員人事の悪巧みが表面立って居ますが、その仕組みの裏の方の各種委員会や事務方にはこういう旧悪を隠したままでの原子力村がこっそりひっそり大量にそのままごっそり紛れ込もうとしているのだということですよ。

タイトルの『54基の固定式自爆型核爆弾で防衛する日本』はぞっとするけどいつも思っていることです、偏西風は影響大ですけど。

では。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

私も今日このニュースを知って驚愕しました。「典型的な活断層」と評せられた志賀原発を存続させる詭弁です。
もしこの規制緩和のせいで事故になっても、規制委は「保安院から引き継いだ基準に従っただけ」保安院は「現在の責任者は規制委」と、どちらも責任逃れが出来ます。ですから、もしかしたら、規制委の田中俊一とも裏で話が通っているのかもしれません。
ちなみに、保安院の現院長は、深野 弘行と言います。
田中俊一と、深野 弘行。
覚えておきましょう。
私達の子孫を殺してしまう人間の名前を。