スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪市がれき広域処理説明会8/30モジモジ先生質疑(動画・内容書き出し)

昨日、大阪市でがれき広域処理の説明会が行われました。
会場の中と外2カ所のLive映像をUstで放送していました。
大阪市民の気持ちがものすごく伝わってきて、
そして、東京にはない大阪のパワーの力強さに感激しました。

中はもちろんですが、
会場の外の声のリレーもとても内容が濃く、全て残しておきたい気持ちでいっぱいです。
その中で、最後の質問者の部分を書き出します。



大阪市民を対象に開催した東日本大震災廃棄物広域処理に関する説明会
(8月30日)大阪市中央公会堂




先程の発言について一つ質問します。
あなたは先程「100ベクレル以下ならリサイクルしてもよい基準」だと言いました。
それは不燃ごみだけですよね。
可燃ごみについては基準値は無い筈です。
現在でも1kgあたり100ベクレルを切っていても、
原子力発電所の中ではちゃんとドラム缶に詰めて管理しているはずです。

可燃ごみの基準と不燃ごみの基準を意図的に混同して、ごまかしの説明をあなたは今したんだよ!

大阪がれき11

それがまず一つ!

大阪がれき12

そして、そして、不燃ごみの基準についても数々の批判があると同時に、
そもそも環境省が不燃ごみに「1kgあたり100ベクレル以下ならリサイクルしてよい」
と言った時に念頭に置いていたのは、原子炉を廃炉にする時に出る数万トンレベルの不燃ごみです。


今回のように、その何十倍もの量の可燃ごみを含む、そのゴミのリサイクルの基準。
それらのごみを燃やす基準としてつくったのではありません。

そしてトレンチ処分の10万ベクレル云々という話も、
今回の原発事故で発生したような大量の規模の放射性廃棄物を、
日本中どこでも埋めてよいという基準ではなかったんです。
トレンチ処分は、現在まだ日本では1カ所か2カ所しか実施例もない!
まず処分の問題を環境省が一言も言わないんですよ。
この問題で!

この広域処理の問題が始まって以来、ただの一度もそういう規制のコメントをあなたは言わない。
環境省は言わない。
これで環境規制ができるわけがないでしょ!

ーーそうだー!

だから全く説明になっていない。
今日説明するという事なのでこれを説明しろ!
でたらめだらけだったのを全部逐一言いますよ。
言いきれない位あるけど、

ーー 拍手

まず1番目・被災地の廃棄物の安全性について
「1kgあたり100ベクレル、国の基準で8000ベクレルまで埋めていい」って言っている。
これは今も、さっき言ったように、
現在でも1kgあたり100ベクレルは厳重に、
100ベクレルを切っていても、可燃ごみは管理されている。
そして不燃ごみだって、こんなにボンボン、ボンボン、
「何十万トンもリサイクルしていい」っていう話じゃなかった筈なんです。
で、これを80倍にゆるめて、それを4分の1して大阪は安全だと言っている。
根本的におかしいです。
まず、80倍にゆるめたことの説明をここではしなければならない!

大阪がれき13

ーー 拍手 そうだー!

そしてこの、「8000ベクレルで大丈夫」だと言った時の基準は、
作業員の被ばくが1ミリ以下になるという話でしたが、
大阪市にこの前申し入れに行った時には、

大阪がれき14

そういう1ミリシーベルトの実行線量の定義式を環境局の担当者は知りませんでしたよ。
つまり、実行線量の定義式を知らないという事は、
その中のどの係数について批判があるか、
つまり内部被ばくを軽視しているという批判の意味を理解していないという事です。

これは大阪府の資源循環課も同じです。
良いですか、違うというのならば説明して下さい。

そして隣の1ミリシーベルト以下ならという話、
まず食品基準の100ミリ云々がデタラメだというのも、今までの説明でもう繰り返す必要はありません。

そして1ミリシーベルトが被曝限度だというのには、
たとえばドイツでは
呼吸からの内部被ばく、食事からの内部被ばく、そして外部被ばくの合計で1ミリになるというように、
その内訳で計算しています。


あなた方は、がれきの処理で作業員が被曝する量を1ミリ以下に抑えるという時に、
他のファクターは全部無視でしょ!?

厚生労働省の食品の基準値では、新基準ですら、食品からの1ミリシーベルト被ばくとして計算している。
がれきと足したら1ミリ超えるじゃないか!!!

お前ら足し算ができないのか!

ーー 拍手

次のページ、大阪府資料。
大阪府資料では、積み出しのところで一回だけベクレルについての検査をします。
あとは線量検査です。
放射線量の検査では、がれきの汚染の度合いなんか分かりません。
それは一番最初の質問者が指摘した通りです。

そしてベクレルについての検査、
資源循環課長、あなた先程「サンプル検査をする」と言ったけれども、
そのサンプルとは100トンに対して何トン検査するの?

サンプルなら当然誤差があります。
誤差の上限が100ベクレル以下になるというふうになっていれば、
少なくてもあなた方が言っている基準にすら合致しない。

いいか、
100トン搬出する時に、僕が聞いている話じゃ1トンも計測しないぞ。
サンプルされるのは100kg程度だぞ。

ーー えーーっ!?

160トンのがれきから100トンサンプル取ったら誤差はどれ位出るのか推定したのか!?
してないだろう?
サンプルで、サンプルの値のそのままの汚染度だって、そのまま横滑りさせるんだろ?
それは統計学の使い方として誤用です。

誤差はちゃんと考慮して下さい!

ーー 拍手

次のページの環境省の説明。
「岩手ががれき処理の広域処理が必要だって言っている」って言ったな!
僕は7月の頭に、ちょうど忘れもしない
その後で、そこのリサイクル第三課長馬場さんのところへ僕は面会に行きました。
その日は6月27日、覚えています。
岩手県に電話して確認した時に、「そもそもどこのがれきが広域処理の必要があるのか?」と。
岩手県の担当者は「それは決まっていない」と言っていた。
つまり、普通こんな問題がたちあがったら、市町村でどれだけ必要か、何トン必要か、
市町村ごとに話があって、それを足し算したら「何万トン必要です」という話になるのが普通です。

大阪がれき15

だけど、岩手県はそうじゃないんだよ。
6月27日の時点で、岩手県は
どこの市町村のがれきを外に出すか決まっていません、もともとの総量から概算しているんです」
って言ったんだぞ!

いま宮古から来る見たいな話になっているけれども、
それは後付けです。
一事が万事こんな状態です。

そして、僕が今言ったような事、
大阪府では大阪府の検討会での、あなた方の自慢の
山本孝夫座長の検討会議で一つも検討していない。
検討会の事も言っておきます。
彼らは僕が今言ったように、被ばくを足し算で考えると言った時に、その足し算すらしない。
そして環境省から出てきたデータを何一つ批判しない。


一つだけ言いましょう。
あなた方がバグフィルターでほとんど捕れると言っているデータは、
昨年の秋の時点ではありませんでした。
発表したのは今年になってからですよね。
バグフィルター前後の濃度を測って、99.9%捕れますというデータが出たのは
今年になってからですよね。

昨年の段階では、東北、関東各地の焼却炉の排気のデータしか出していないはずです。

で、大阪府の検討会議は、その排気のデータだけで、
環境省が、当時は99.99%って言っていましたよ。

それだけ捕れるという話をうのみにしておりました。

で、時系列がおかしいでしょ?
大阪府の検討会議は去年の12月の暮れに指針を出しているのに、
バグフィルターについて、今年になって東京新聞が
「バグフィルターについての実証データが無いと環境省が認めた」
という記事が1月21日だか22日だかに出ている。
 ※瓦礫焼却・バグフィルターで「放射性セシウムが99.9%除去できる」→本当?
  (上記ブログの後半部分「見切り発車」の災害がれき処理東京新聞 こちら特報部2012/1/21)

その直前ぐらいにね、やっと出だしたしたぐらいだよ。  
だから大阪市の検討会議はバグフィルターの性能についてまともに検討していません。

で、先程の海底埋め立ての話。
国交処分地の評価書が発行されたのは6月5日です。
その検討会議を大阪府が開いたのが6月10日です。
6月10日行きました。

相変わらず環境省が出すものの批判はしておりません!
シュミレーションの正当性、そこに放り込むパラメーターの正当性、
僕はそこに座っている資源科学循環部長と隣の室長に質問しました、直接。

資源循環課長は「ちゃんと読めていません」とまで言ってたよな、あの時!
何で環境省の評価書を読めていない人間が、指針を作る!?
その指針の責任者が。

そして1週間、わずか1週間でだな、わずか1週間で指針の改定をし、
2日後には橋下市長が再度受け入れを表明すると、
6月5日に始まって、10日でどれだけ進んだんだ!

全部政治日程じゃないか!


そんなのを信用する奴がどこにいるよ!
信用してほしいのなら、信用してほしい行政の進め方をして下さい。

最後に一個だけ言っておきます。
環境省!
広域処理の宣伝に40億円かけたくせに、
あなた方は3月、安全評価検討会の議事録は金がかかったから撮影しなかったって公言したよね。

ーー 悲鳴のような叫び声

今は作成されている筈ですけれども、
今は発表されている、公開されている筈ですけれども、
公開すればいいってもんじゃないんだよ!
去年法律を作った時点では、国会議員の先生方はそれを知らない状態で議論をしていたという事です。

それは隣に座っている馬場さんも4月19日、
貝塚の説明会であなた認めたでしょう?

風評被害の基準も決まってない。
実害が出た時の基準も決まってない。
その時にどんな補償をするのか根拠の法律もない。


大阪がれき22

全部そこに座っている馬場さんは認めたでしょ!?

以上!
いい加減に止めて下さい!!

ーー 大拍手

大阪がれき23 大阪がれき24



大阪がれき25

環境省 廃棄物・リサイクル対策部長:
ありがとうございます。ご説明いたします。
まず、先程、確かに不燃物の基準が原子炉特性法で
トレンチに置いていいのは不燃物の基準となっております。
それから、先程のクリアランスレベルについても不燃物。
それは確かにその通りであります。
ただ一方で100ベクレル/kgについて、
えー、ええ、まあ、財政利用もしてもよいという、あの、基準でありますとか、
それから今回つくりました8000ベクレル/kg。
えー、これにつきましては、
まず8000ベクレル/kgというのは、
再生利用していくという100ベクレルの基準とはそもそも、えー、中身が全く違います。
えー、あくまでも最終処分場に、えー、入れて管理をして、その結果、周りの方々に、えー、
放射線の被曝が、えー、充分少なく、少なく、あいや、えー、
管理できるというそういったレベルで定めていまして、
これについては、あの、じゅうぜん、従前からの原子力規制をやっております、
ま、原子力安全委員会等々に当たって、えー定めた数字で、全然この、特に問題は伺っておりません。
そこについてはご説明しておきます。

それから、えーー、内部被ばくの件で軽視しているのではみたいなお話ですけれども、
まずこれ、シーベルトというラインになっている以上、
これは内部被ばくの、え、実行線量で比較しますと、
内部被ばくでも外部被ばくでも、実行線量で1ミリシーベルトというのは影響は同じです。
あの、人の影響を見るのがシーベルトでございますので、

ーー 抗議の声多数

司会:お静かにお願いします

環境省:
その点についてご理解を頂ければと思います。

えー、それから、えぇーー、
被曝線量1ミリシーベルト/年以下。
えー、これに付いては、確かに、えー、
作業員の方が1ミリシーベルトというのを、あの、事前には定めておりますけれども、
えー、さらに、その周辺に、あのおられます住民の方々にはですね、
えー、あんまり、ウッ、特に埋め立て場、埋め立て処理場内に駆動してしまえば、え、
え、そこから先、0.01ミリシーベルト/年におさえられることになっております。

作業員についても1ミリシーベルト以下におさ、押さえられるというふうに思います。
それから、えー、えー、

司会:静かにお願いします。

環境省:
えー、いよてけんの、岩手県の災害廃棄物、
ま、どこが必要か決まっていないという事を言われた県でございますけれども、
あの岩手県は、各市町村で個別に処理をしている分、これはもう、収集のところはそうしていますけれども、
そこから先の処理処分については、え、かなりのところ、え、
県が、代行といいますか、委託しております。
その中で県の中で、どこがどのように処理するのかという、ま、調整をかなり綿密にやっておりまして、
えー、その関係上、あの、市町村別というのはすぐに??と思います。

あと、バグフィルターの件ですけれども、
バグフィルターで、これはですね、昨年の、えー、12月の段階で、えーー、
実証のデータ、これは福島県の、えー、焼却施設に於きまして、
バグフィルターの前と後とのデータを取りまして、そこで公表をしております。
えー、1月末に東京新聞の方で、
えーー、あの、そういったご指摘があったということは、あの、理解しておりますけれども、
実際に、あの、実証データはそ、その時点ではあったということでございます。

え、安全評価検討会の議事録を作成していなかったという点については、
あ、あのぉー、ま、これは、あの~、
わたくし、わたくしどもの、あの、ま、怠慢と言いますか、不徳の致すところでございますけれども、
ただ、あの、?ではなく、議事の内容、それから説明資料については全て公開をしておりました。
あのー、この点についてあの理解が得られると思っていたところが、
まァ、わたくしどもの間違えだったと思いますけれども、

司会:えー、皆さんちょっとご静粛に願いいたします

環境省:以上です。


大阪がれき20

橋下市長:
みなさん、大変貴重なお時間を頂戴しましてありがとうございます。
えー、今日は本当に貴重なご質問を頂きまして、
まだ・・・・がありましたら、
大阪市、大阪府のホームページで
此花区で行われました住民説明会全て公開しておりますので、
そちらを参照いただければ
参照していただければと思っております。
今日はみなさんいろいろとご質問をもらいまして、
わたくしの・・・は大阪府、おおさか市民の安全をしっかり守りながら、…と思っています。
もう一度、どうもありがとうございました。

大阪がれき21

大阪がれき16

大阪がれき17

司会:本日はどうもありがとうございました。
大阪がれき18


本日の・・につきましては、後日環境局ホームページに掲載させていただきます。

大阪がれき19



続編書き出し
モジモジ先生の翌日31日関電前でのスピーチと、30日説明会後のVTRです。
  ↓
<がれき広域処理>正確な報道をしないメディアと大阪府警・機動隊「無用の暴力」




質問した方はモジモジ先生という大学の先生ということです。
もじもじ先生のツイッター=  @mojimoji_x

お名前は下地先生、かっこよ~~い(๑♥‿♥๑)ノ

橋下市長の横に出てきた人たち こわ~~いΣ(゚д゚lll)ブルブル





細野環境大臣そもそも総研生出演で語る
「木質がれきはヒ素とクロムが入っているから埋められない」7/5(動画&全て書き出し)


大阪湾フェニックス「震災がれき”検証”海面埋め立て」マル調
6/6(動画・内容書き出し)





関連記事

コメント

非公開コメント

大阪頑張れ!

きーこさん

私の住む北九州市も瓦礫の受入問題があり、
私も反対運動に参加していましたが、
反対運動の主導的メンバーのほとんどが、「えー?」でした。

特にそのような方々は、色々な点で勉強しているのか非常に詳しく、
仕事がさばける(さばけ過ぎ)ので、反対運動に参加していても、つい任せてしまいます。

その結果が、北九州市の状況(9月中旬から受入)です。

テレ朝のモーニングバードのそもそも総研というコーナで、宮城県の瓦礫広域処理問題が取り上げられいました。

その番組の内容で言うと、瓦礫の総量から広域処理の必要はないし、宮城県議会は全会派一致で、「瓦礫は森の防潮堤プロジェクトに使い、広域処理の必要なし」との議案を議決したとの事でしたが、9月11日の宮城県議会で、
瓦礫の鹿島JVと北九州市に対する2重契約を変更・解消し、法律的に問題がない状態にして、
正々堂々と瓦礫を北九州市に送り込みます。
(多くの北九州市民はその番組を観て安心しましたが、まんまと騙されました)

熊本の小野院長もブログで言われていましたが、
原発反対派の多くの方が推進側と裏でつるんでいると。

大阪は、まだ若干時間が残されていますので、各自が周りの人に流されずに反対運動を頑張ってもらいたいと思います。

福島第一原発事故による、放射能汚染地域に今後発生するであろう
健康被害の損害賠償請求を免れるための広域処理(放射能拡散)ですから、
日本の西の端の北九州市、日本の中央の大阪市、あとは日本海側の富山県などを
最低限の広域処理地になんとしてもしようとするでしょう。
だから、今後出てくる(すでに出ている)健康被害者のためにも、大阪は踏ん張ってください。

そうすれば、すでに瓦礫を焼いている東京都や、これから焼き始める北九州市・島田市、
現在調整中の富山県などもとまる可能性があります。
(ただ、すでにこっそり民間の会社は焼いているようですが)

原発の再稼動に対する橋下市長の二転三転の発言や、今回の瓦礫受入に関する言動のいい加減さをみれば、
大阪維新の会のイカサマ具合がわかろうものですが、報道に洗脳され皆さん気がついていません。

松井大阪府知事と橋下大阪市長の両名は、今後、国政を狙い辞任するような報道もありますが、
そんなに国民はバカじゃない事を信じたいと思います。

大阪瓦礫処理説明会

いつもありがとうが御座います。スッキリしました。言いたい事を全部言ってもらえたような気持ちです。下地先生、すごく勉強しておられて、橋下も環境省のやつらもグの音も出ないようです。彼のようにまっとうに論破してくれる方が必要です。もっと広まれば選挙でも橋下は勝てないでしょう。府民を犠牲にして選挙に勝って国政に出ようなどとんでもないこと。韓国・中国イルミナティーの流れを早く断ち切らねばひどいことになります。もっとホントのところを全国の国民の皆さんに知って頂きたいと思います。毎日拝読していますのでこれからもよろしくお願いします。

No title

きーこさん、いつも書き起こしありがとう。

いつもは、書き起こしを読むだけですが、きーこさんの「大阪のパワー・・・。」と言う言葉につられて、動画も見ました。

元気が有って、自分の気持ちを声に出している大阪人の感性がとてもいい感じ。
私も元気な気分になりました。
きーこさんの感想がなかったら、動画は見ていないので、書き起こしだけでなく、感想にもありがとうです。

橋下は野豚の金魚の糞

「不退転野豚は日本人にとって不倶戴天の鬼畜である」
http://fujifujinovember.cocolo.....t-72787718
まー選挙で野豚を倒すにはどうしても1ヶ月以上かかるので日本の危機を救うには選挙じゃ無理という結論に容易に達することが出来ます。

野豚が衆院可決した閣議決定悪法は野豚内閣総辞職させれば即座に廃案となります。

野豚は決定的な違憲行為を自ら単独で犯していますから問責譴責ではなく外国通牒罪や自衛隊員に対する殺人罪で刑事告発弾劾罷免でき、即日内閣総辞職(憲法70条)となり野田内閣閣議決定国会提出法案すべてが審議未了で廃案となります。

そこから解散総選挙なり首班指名選挙なり無能な税金泥棒国会議員だけがうちわどうしのあいだで好きなようにやったらよろしい。どうせ野豚と同じあなのむじな地位協定スパイたちなんだからw

凄い対比ですね

下地先生の迫力有る質問は、我々も見習うべきところです。
こういう優秀で心有る方に首長をやってほしい。

橋下氏なんて心は空っぽなのが見え見えですからね。

我が札幌の上田市長は瓦礫拡散に慎重な心ある方で良かったです。
問題は瓦礫拡散容認の経産省出身の高橋知事ですが。

こういう人が全国で反対意見を言ってほしい

福井県敦賀市で、もうすぐガレキ焼却が行われようとしています。
住民は、原発がある弱み(強み)につけこまれて、あっさり。
反対している人も、知識に乏しく危険、心配だからとしか言えないみたいです。

この先生のような知識のある人に反対意見を言って、もらえる住民がうらやましいです。

まもなく福井県は原発、ガレキ焼却で終了です。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

万一に備えて大気中放射能濃度の観測網を

この素晴らしい質問,書き起こしされたのですね.ありがとうございます.
さて,北九州では焼却が始まってしまいました.かくなる上は証拠収集が重要です.最も感度の高い方法を提案しています.
http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2012-09-17
http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2012-09-13

No title

わざわざ薄めて広める必要ない

バグフィルターの事は前から気になってた

せいぜい60%くらいやろうな

使えば使うほど性能も落ちるし

精密な管理も行き届く保証もない

自然放射能ですら全国で多いのにそれにわざわざ加算する必要もない

橋下市長は、騙されてるか、脅されてるかのどちらかやろ

強面は、大成建設か?それとも笹川グループか?w

どっちにしろα・β・γの測定が正確にされるとも信用出来ない

わざわざ岩手から大阪に持ってくる必要もないし

それまでに放射性物質が運搬で拡散されるし

放射能汚染を全国に薄めて広げるアホな公共事業

目的は、金

金で盲目になってる人間が安全性に責任など持てないからな

推測で言うけど

いくら選挙資金を岩手から寄付してもらうとしても

それで教育制度を変えれたとしても

子供が犠牲になれば、なんのこっちゃわからんでぇ。

ただでさえ健康な人間の細胞で、毎日癌細胞約5000個とNK細胞が戦って修復しとるのに、さらに人工放射性物質を増やしたら
どうなるかくらい理解しとけ!

No title

がれきの広域処理反対の署名をはじめました。
もし賛同いただけましたらご協力お願い致します。
Change.org
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。