fc2ブログ
09.04
Tue
環境相“処分場 丁寧に説明”
NHK 9月4日 14時9分


放射性物質を含む汚泥や焼却灰などの最終処分場の建設候補地として
環境省が栃木県に対し、矢板市内の国有林を提示したことについて細野環境大臣は会見で、
「処分場の安全性について地元の皆さんに丁寧に説明していきたい」と述べ、
国として説明を尽くし、理解を求めていく考えを示しました。

原発事故で広がった放射性物質を含むごみの焼却灰や汚泥のうち、
放射性セシウムの濃度が1キロ当たり8000ベクレルを超えるものについては
「指定廃棄物」として国が直接、処理することになっていて、
環境省は栃木県内に建設する最終処分場の候補地として、
3日、初めて矢板市内の国有林を県や市に提示しました。

しかし、矢板市の遠藤市長は「事前に相談がなかった」などとして、
これを拒否する姿勢を示し、受け入れには難航が予想されます。

これについて細野環境大臣は会見で、
「原発事故で北関東を含む地域に指定廃棄物が発生しており、
それぞれの都道府県で処理をしていただかなければ前に進まない状況だ」と述べ、
最終処分場の必要性を強調しました。

そのうえで、
「当然、いろいろ心配の声があると思うので、
安全性を地元の皆さんに受け止めていただけるように丁寧な説明を誠意を持ってやっていく」と述べ、
国として説明を尽くし、理解を求めていく考えを示しました。



ーーー
福島第一原発から飛んできた放射能です。
福島第一に返して下さい。

栃木県に最終処分場は必要ないと思います。
関連記事

comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top