fc2ブログ
09.19
Wed
なんだこいつ最悪!

可愛くって上品で節操のある私も…我慢が出来ずに汚い言葉でごめんなさいww


日本の将来を担う大事な役職の委員長なのに、
ぼそぼそぼそぼそ・・・・歯切れが悪いし、自分で書いた文章読んでいるくせに
もぞもぞもぞもぞ・・・滑舌悪くってゴニョゴニョ、ゴニョゴニョ・・・噛みまくりだし、
委員長の席を頂いても相変わらず、自信なさそうな、話し方で話している。
聞いていて反吐が出そうだった。

悪党ならばもっと堂々と悪党らしくしろ!
人の上に立って日本の未来を決めていくことにしたんなら、もっとハッキリ人をひきつける話し方をせぃ!!


こんなヤツに日本を任せることは絶対に出来ない
声を聞きながら文字起こしていて、
情けなくって日本人本気で止めたくなりました。・゚・(ノД`)・゚・。



原子力規制委員会発足式
2012年9月19日



田中俊一 訓示:

規制委員長の田中でございます。
きせい、原子力規制庁の発足にあたり一言ご挨拶申し上げます。
本日、2019年9月19日は
我が国の原子力安全行政の歴史をきざむ非常に意味深い日になったと承知しております。
福島第一原発事故を踏まえて発足した規制庁ですけれども、
ここに至るまで、の、道筋は、決して平たんなものではなかったと思っております。
その中で昨年以来、この、規制委員会規制庁の発足に向けて、大変な努力をされた皆さんに
あらためて、エイケイとお礼を申し上げたいと思っております。
ありがとうございます。
えー、
規制行政の、原子力規制行政の信頼が完全に失墜している中で発足する
原子力規制委員会と規制庁でございます。
今後の道筋は並々ならぬ厳しさがあるというふうに承知しております。
その一方で、厳しさの中にも、私自身は大きな期待もあるんではないかと思っているところであります。
ここにお集まりの規制庁のみなさんは、
こういった厳しさと期待とを相互に理解しながら、
その自覚を持ってこの規制庁の職員として身をささげようという覚悟を持っておいでと、
おいでであろうというふうに私は信じております。
その意気込みは大変、あの、貴重で、・・とうといもの、お、、尊いものであるというふうに思います。
その一方、今現在も多くの福島県民は避難を余儀なくされ、
また、あーー、放射線被ばくの不安におびえて暮らしているという事も
心に刻んでおいていただきたいと思います。
規制庁、規制委員会の役割は有害な放射線から国民の生命と健康を環境の安全を守ると、
環境を汚染しないという事であります。
で、こ、このために、このために必要な安全行政は断固たる覚悟を持って、
取り組んでいく、という自覚を持っていただきたいとおもいます。
わたくしたちが取り組むべき課題は非常に沢山あります。
一刻の猶予を、も、許されないようなものもあるかともおもいます。
しかし、信頼を、その中で大事なことは、
この失墜してしまった原子力行政に対する信頼をどうやって、ま、回復するかという事であります。

しかし言葉で信頼を回復するという事はおおいですが、
本当の信頼を回復することは、
やはりこれからわたくしどもが取り組む一つ一つの課題を、国民のみなさんから判断していただき、
その中から信頼を…価値得ていくという事になるかと思います。
そういう意味で、大変な、あのぉ~、仕事になるかと思います。
しつれ、しかし、あの、私たちがやることは大変価値のある事だという自信を持って
堂々と仕事にまい進していただきたいと、心から願う次第であります。
規制委員会もそのためも、の、先頭に立って、働く、所存であります。
是非、規制委員、会と、規制、庁とが一体となって、
その目的達成のために努力をしていただくよう、改めてお願いいたすしだいであります。
え…発足にあたりまして簡単でありますが、私の方からのお願いとさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

田中20120919
(気分がすぐれなくなったので、文字起こしはとりあえずここまで。その他の人は後でね)



悪党のくせに
悪党にもなりきれない情けない奴だ!!!Σ(♛益♛)

これじゃあ官僚の言いなり間違いなく、
保安院以下になることはあっても保安院以上はまず無理とみました。
おわった・・・・・・・・・・・


(今、怒りの頂点なので罵声吐くけど許して下さいd(◕‿-。) ネ❤ww)




今後、日本に、未来の子供たちに取り返しのつかない事象が起こった場合の責任は
全部田中俊一、オマエが取る覚悟はできているんだろうな(╬◣д◢)!!!!





関連記事

comment 5
コメント
嫌な文章も起こさなきゃならないから大変ですよね(*_*;
でも、お陰様でヤツの人間性は伝わって来ましたよヽ(`Д´)ノプンプン
小出さんの言うとおり、今の法律のもとでは、何をやってもダメなんですかね~…。私も、日本人でいるのが情けなくて情けなくて、がっかりする毎日です。でも、きーこさんの元気にはいつも励まされていますよ~!
けん | 2012.09.19 21:26 | 編集
何故コイツなのだろう・・・・?
おっとりとボソボソ喋るロボットのような佇まいに、悪魔に魂を売ってしまった人間を見た気がして薄気味が悪くなりました。
まあ、だから選ばれたのでしょうが。
あ~、気持ち悪い。
まつ | 2012.09.19 21:31 | 編集
責任を取りたくない人たちは、最初からポジションを辞退してもらいたいです。
ゆい | 2012.09.19 23:01 | 編集
のっけがこれ?!
発足式とはいえ国民を意識した挨拶にしないほどなめとんのか


『昨年以来、この、規制委員会規制庁の発足に向けて、大変な努力をされた皆さんにあらためて、エイケイとお礼を申し上げたい』

他の部分を読んでも国民不在、福島県民にのみチョロッと触れただけで東日本全体に迷惑をかけてる意識はまるで見られず、
まあ~仕事大変だけど~なるべく、面倒くさいけどがんばりましょおねぇ~、
くらいにしか聞こえないわ。
女が本気で怒って口汚くなったらどんだけ怖いか見せてやりたい。今のうち首洗ってろや。

ですわね。
Necoco | 2012.09.20 17:27 | 編集
こんにちは。

そうだぁ!!と言いたい。

原子力規制庁と名称は変えたのですがこれは彼らの通常のやり口で問題の発生した行政の役所はどこもみんなそうしているだけの話しですよ。保安院『ほあんいんぜんいんあほ』の職員のほとんどはそのまま
規制庁に横滑りです。

保安院の幕引きに最後の院長の深野弘行というのは責任感のかけらも無い挨拶文を棒読みしたらしいのですが、直ぐに別の役所の特許庁長官に横滑りして行くのでした。こいつが保安庁設立の中核的人物であったそうです。

だれも責任の一つもとらないで・・だから「規制(嘘つき)」の中身は事前に今まで通り規制する対象の電力会社にお伺いを立ててからやる格好だけにする筈です。役所文化だから先行事例を踏襲するのが決まりなんですから。これは大変なことになりますよ。

では。
単純な者 | 2012.09.20 19:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top