FC2ブログ

日本はやっぱりアメリカの植民地だったのね。原発再稼働もアメリカの言いなり?

東京新聞のスクープ記事

原発ゼロ「変更余地残せ」 閣議決定回避 米が要求
東京新聞 2012年9月22日 朝刊


野田内閣が「2030年代に原発稼働ゼロ」を目指す戦略の閣議決定の是非を判断する直前、
米政府側が閣議決定を見送るよう要求していたことが21日、政府内部への取材で分かった
米高官は日本側による事前説明の場で
「法律にしたり、閣議決定して政策をしばり、見直せなくなることを懸念する」と述べ、
将来の内閣を含めて日本が原発稼働ゼロの戦略を変える余地を残すよう求めていた。

政府は「革新的エネルギー・環境(エネ環)戦略」の決定が大詰めを迎えた九月初め以降、
在米日本大使館や、訪米した大串博志内閣府政務官、長島昭久首相補佐官らが
戦略の内容説明を米側に繰り返した。

14日の会談で、米高官の国家安全保障会議(NSC)のフロマン補佐官は
エネ環戦略を閣議決定することを「懸念する」と表明。
この時点では、大串氏は「エネ戦略は閣議決定したい」と説明したという。

さらに米側は「2030年代」という期限を設けた目標も問題視した。
米民主党政権に強い影響力があるシンクタンク、
新米国安全保障センター(CNAS)のクローニン上級顧問は13日、
「具体的な行程もなく、目標時期を示す政策は危うい」と指摘した。
これに対して、長島氏は
「目標の時期なしで原発を再稼働した場合、国民は政府が原発推進に突き進むと受け止めてしまう」
との趣旨で、ゼロ目標を入れた内閣の立場を伝えていた。
また交渉で米側は、核技術の衰退による安全保障上の懸念なども表明したという。

エネ環戦略は14日に決めたが、野田内閣は米側の意向をくみ取り
「エネ環政策は、柔軟性を持って不断の検証と見直しを行いながら遂行する」
という短い一文だけを閣議決定。
「原発稼働ゼロ」を明記した戦略そのものの閣議決定は見送った。

大串、長島両氏は帰国後、官邸で野田佳彦首相に訪米内容を報告している。

政府関係者は
「事前に米側に報告して『原発稼働ゼロ』決定への理解を求めようとしたが、
米側は日本が原発や核燃サイクルから撤退し、安全保障上の協力関係が薄れることを恐れ、
閣議決定の回避を要請したのではないか」と指摘している。

◆「判断変えてない」大串政務官


原発ゼロをめぐる米国との協議について、大串博志内閣府政務官は21日、本紙の取材に対し
「個別のやりとりの内容は申し上げられないが、
米側からはさまざまな論点、課題の指摘があった。
米側からの指摘で日本政府が判断を変えたということはない」と話した。

◆骨抜き背景に米圧力

<解説> 
「原発ゼロ」を求める多数の国民の声を無視し、
日本政府が米国側の「原発ゼロ政策の固定化につながる閣議決定は回避せよ」との要求を受け、
結果的に圧力に屈していた実態が明らかになった。
「原発ゼロ」を掲げた新戦略を事実上、骨抜きにした野田内閣の判断は、
国民を巻き込んだこれまでの議論を踏みにじる行為で到底、許されるものではない。


意見交換の中で米側は、日本の主権を尊重すると説明しながらも、
米側の要求の根拠として
「日本の核技術の衰退は、米国の原子力産業にも悪影響を与える」
「再処理施設を稼働し続けたまま原発ゼロになるなら、
プルトニウムが日本国内に蓄積され、軍事転用が可能な状況を生んでしまう」などと指摘。
再三、米側の「国益」に反すると強調したという。

当初は、「原発稼働ゼロ」を求める国内世論を米側に説明していた野田内閣。
しかし、米側は
「政策をしばることなく、選挙で選ばれた人がいつでも政策を変えられる可能性を残すように
と揺さぶりを続けた。

放射能汚染の影響により現在でも16万人の避難民が故郷に戻れず、風評被害は農業や漁業を衰退させた。
多くの国民の切実な思いを置き去りに、閣議での決定という極めて重い判断を見送った理由について、
政府は説明責任を果たす義務がある。 (望月衣塑子)



そして今日の日本経済新聞

安全な原発は再稼働 政府、米に方針伝達 規制委発足前に

日本経済新聞 電子版 2012/9/30 2:00

日本政府が米政府に対して
「安全が確認された原子力発電所は引き続き重要な電源として再稼働させていく」
方針を伝えていたことがわかった。
日本側が9月中旬に「2030年代に原発稼働ゼロをめざす」新戦略をまとめたことに
米側から懸念が強まり、原発ゼロに直結する政策ではないことを明確にした。

政府はこうした見解を新戦略の決定に前後して
米ホワイトハウス、エネルギー省、国務省の高官のほか知日派の有識者らに説明。再…


[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



ーーー

有料記事なので途中までしか読めませんが、
オスプレイに関してもそうだけど、情けない。
日本人の命と国土を全部さし出してアメリカに従うんですね。






やっぱ、日本はアメリカの植民地だったんだ。
独立したいな―。





関連記事

コメント

非公開コメント

No title

この記事、アメリカ側に裏を取ったのでしょうかね。
長島氏は、菅前首相が在職中、脱原発宣言をした時に
批判ツイートをしてた人物です。
「アメリカの意向」を言いつのって利用してる可能性
があるかも。

No title

そうですね。調べてみるとご明察のとおりのようです。
ほっとしました。

No title

以前、日本はプルトニウムの大部分をアメリカから購入してるって聞いたんですが。
日本が原発0にした場合、プロトニウムの売り上げだけでも、アメリカの経済に影響がありますよね。
それにしても、アメリカのいいなりの日本政府、情けないです。

No title

こんにちは。

とりあえず、ひとつひとつの事実確認とは別にして。

民主党にこびりついて米国軍産複合体系の監視役を務めている東京12区から衆議院に選出されている長島昭久のことですね。

米国政界は政権が変わると上級官僚までガラッと代わって、外されたのはシンクタンクとか何とか研究機関とかに移って次の政権交代に期待を込めて待機しています。

いろいろ影響力をこじつけようとしての発言を、とくに日本では欧米コンプレックスが強いので私欲的に利用して話しを盛り上げようとします。

この長島というのは、少し前ならお前売国奴だろうと言われるのが恥ずかしいからしなかったことでも現在の特有な政治風土ですから得意になって風を吹かせて次回の選挙の当選を願って吹聴し間を取り持ったりしている特徴がある人物です。いい加減なしてくれよ、東京の選挙権者はという気分です。

ナニガナンデモ国の独立こそが全ての始まりですから。管が勘違いして明治維新のことを言い出したりした際には、お前判って言ってるのかって思わずそのいい加減さに椅子からずっこけてしまいましたが(^_^;)

あと・・核発電は米国ですよ、端緒からその後の経過も現在も。ただ54基も、偏西風と海流なので、これ使えば狂気の強気を手に入れつつあるのではないでしょうか、米国に(^_^;)。

だから朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)などは大金費やして核爆弾入手する必要なんかありませんからね。

では。

No title

裏をとるもなにも
過去の歴史と今の流れを見ていれば
分かることだろ…
何をいまさら

大体いくらなんでも今の政府連中がそんな空気の読めんことを自発的にやれるような度胸のある人間がいるとも思えないし、やったらやったでどんな風当たりを受けるかもわかりきってるだろし
誰か背後にいるとしか考えられんだろ

実際原子力の撤廃なんてアメリカからしたら金ずるがなくなるからたまったもんじゃないだろ

ほんと
根っからの戦争屋国家な…腐ってるよ…


さぞアメリカは気分いいだろうな…

日本もyoutubeみたいにアメリカに反抗してくれ

無理だと思うけど

No title

原子力発電は自給できない。
ウランにも限りがある。
原子力発電は温暖化を助ける。
エネルギーの無駄遣い。
敷地は広くとる必要がある、場所をとる。
(海外の原子力発電は冷却塔と言うコンクリートのフジツボ)
原子力発電の発電コストは物凄く高い。
今や原子力発電は百害あって一利なし。