FC2ブログ

福島第一原発1~3号機から大気中に現在放出されているセシウムの量

ついつい忘れがちというか、考えたくないというか…
福島第一原子力発電所から現在もちゃんと放射性セシウムが大気中に放出されているという事を
しんぶん赤旗が記事にして下さいました。


福島第一原発
放射性セシウム 毎時1000万ベクレル

しんぶん赤旗 2012年9月25日

307736_288013114638211_2064276531_n.jpg

東京電力は24日、福島第一原発(福島県大熊町、双葉町)から大気中へ放出されている放射性セシウムの量が
9月も1時間当たり1000万ベクレルと推定されると発表しました。

東電は1~3号機の原子炉建屋上部で空気中に含まれる放射性セシウム濃度を測定。
その結果を基に、その月の放出量を推定しています。
この値は、2月以来同じで同日開かれた政府・東京電力の中長期対策会議の運営会議で報告されました。


ーーーー


ということで、
政府・東京電力の中長期対策会議の資料を探してみました。

東京電力(株)
福島第一原子力発電所1~4号機の廃止措置等に向けた中長期ロードマップ進捗状況(概要版)
2 0 1 2 年9 月2 4 日  原子力災害対策本部  政府・東京電力 中長期対策会議 運営会議



下記の表だと、いかにももう大気中への放出はゼロみたいに見えますが、
単位は億ベクレル!!毎時です。
大きな単位にして、放出されていないかのような錯覚を与えるグラフです。



1~3号機原子炉建屋からの放射性物質(セシウム)の一時間当たりの放出量(3ページ)
20120925.jpg
1~3号機原子炉建屋からの現時点の放出量(セシウム)を,
原子炉建屋上部等の空気中放射性物質濃度(ダスト濃度)を基に,
1号機約0.003 億ベクレル/時,
2号機約0.005 億ベクレル/時,
3号機約0.02 億ベクレル/時と評価。
1~3号機合計の放出量は設備状況が変わらないこと等から
先月と同様に最大で約0.1 億ベクレル/時と評価。
これによる敷地境界における被ばく線量は0.03mSv/年と評価。
(これまでに放出された放射性物質の影響を除く)
以上

ーーーー

単位が大きいとイメージが湧かないので、”0”を並べて視覚的に見てみることにしました。


1億=100,000,000  
0.003億=300,000=30万(1号機)
0.005億=500,000=50万(2号機)
0.02億=2,000,000=200万(3号機)

あれ(。◔‸◔。)??
280万になっちゃう・・・

1億=100,000,000
0.1億=10,000,000
0.01億=1,000,000
0.001億=100,000

ヾ(´゚Д゚`;)ゝ エーット・・・
頭がこんがらかってきたけれど、私の計算あっていますか?
赤旗の情報源がもしも同じ資料からだとしたら(出どころが違うかもしれませんので)
赤旗の計算間違いでいいのかな??自信がありませんが・・・


1000万ベクレルじゃなくて280万ベクレルだとしても、
1~3号機で1時間当たり放出し続けているということだし、
この中には、4号機は含まれていません。


少ない方の数字をとって、1時間280万ベクレルだとして
24時間だと6720万ベクレル。
毎日毎日6億720万ベクレル(※コメントありがとうございます。訂正します(*ノω<*) アチャーw)
6720万ベクレル(67,200,000)が出ているという事です。

ここに4号機も足されたら、もっと多いという事になります。
3号機は1桁多い量が出ています。
3号機から出ている放射性核種はセシウムだけじゃなくってもっと別なものも出ていると思われます。

上からも大気中に出ているし、下へもジャブジャブ漏れていて、地中へどんどん浸みこみ、
どうなってしまうのか…

風向きに注意して、雨には当たらない方がいい日常には、
相変わらず変わりがないという事ですね・・






関連記事

コメント

非公開コメント

No title

英語版の朝日新聞で同じ記事をみつけました。
記事は7月のもので6月に東電から発表された数字から計算されてます。
1号機から3号機合わせて毎時1000万ベクレルと書かれてます。

http://ajw.asahi.com/article/0311disaster/fukushima/AJ201207240087

ま、まいじ

いっせんまんベクレル!!

凄い数字です!

いくら大気中で拡散・希釈されるとはいえ、
つねに何パーセントかは吸い込んでいることになるし、
農作物にも降りかかっている……。


現在も進行しつつある、恐ろしい現実を
あらためて思い知らされる数字です。

No title

こんにちは。

仰るように今のままではジャジャ漏れなんです。

確かに出すのは悪い、しかし出たというのは現実ですしリアルに言うとここにあるものしか出ない。しかも出たものをどうにかしたいと思っても特に炉心の放射能はどうすることも出来ない。これは常識ではないのでしょうか。近づけないし触れないし。

何を考えているのでしょう、東電も専門家と称する原子力ムラは?第2を何とか助けたいのかしら?地上は無論地下も大きく広大な範囲を仕切って精錬所を造って鉛を流し込んで可能な限りの遮断をして石棺にして福島の一帯を立ち入り禁止にして・・チェルノブイリみたいにするしかないと思うのが普通でしょうに。

基本的に役にも立たない資源と労働を無駄に投入して原発事故ビジネスをしているように見えています。メモリアルにされてしまうのを嫌がっているのかも。頭隠して尻隠さず出ここさえ過ぎてしまえば自分はもう配転とか退職とか死んでいるとかも計算しているのでしょうが。

では。

麻痺

記事を読んで、危険厨のはずの私もつい慣れて麻痺しちゃってたなと思いました。
まだ放射性物質が出続けてるとは頭でわかっていても、それにも慣れてしまう。
でも改めて記事を起こしていただいて数字を見ると、日本は近代国家がいまだどこもなし得ない、初の壮大な自滅政策を突き進める悪魔のチャレンジャーのように思えます。
昔昔、ニッポンと言う栄えた国が極東にありました…と歴史にだけ残るのか?

このまま駄々漏れではどこに避難しても食べ物に気を使ってもいつか放射能に追い付かれて全て呑まれてしまうのでは…。

まだ日本人にはこれでも不安が足りないんですね。私も不安を打ち消すように前向きにあれこれ放射能からの自衛を考えて実行してきましたが、実はまだまだ不安が足りなくて、つまり危機感が足りないのかも。
一回、全員が病んでしまうくらい不安になってからでないと、日本を立ち上がらせられないのかも…などと思ったりしました。
それにはきっと、多大な犠牲が出るんだろうな…。たくさん犠牲が出てからやっと、さすがにヤバイヤバイヤバイって思うんだろう。
バカだな。私もバカだ。
東大出てるやつもみなバカだ。

いつも感服しています

どこから飛んでたどりついたのか、
いつから読みはじめたのか定かではありませんが、
いつも感心しながら読ませていただいています。
その視点の確かさ、鋭さ、
情報量、更新の頻度にびっくりです。
ありがとうございます。

一度お礼を言いたいと思っていました。
今後ともよろしくお願いします。

さて、細かいことですが、
280万ベクレルの計算はあっていると思いますが、

>24時間だと6720万ベクレル。
>毎日毎日6億720万ベクレル(67,200,000)が出ているという事です。

ここで6720万ベクレルをなぜか10倍しているようです……