スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たね蒔きジャーナル最終回後 「ありがとう」を水野さんと千葉さん、スタッフへ~♪(動画紹介)

たね蒔きジャーナルがとうとう最終回を迎えました。
スタジオの外では大勢の人々が水野さんと千葉さんを待っていました。
番組終了後の水野晶子さんと千葉猛さんです。

文字起こしはしないよ~ん。
一緒にもらい泣きして下さい。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。 ウワァーン!!



たね蒔きジャーナル最終回を見送る集い





2012年09月28日【金】
Radio News たね蒔きジャーナル・最終回




関連記事

コメント

非公開コメント

種まきジャーナル水野さん千葉さん近藤さんそして小出さん、ありがとう

 昨年3月以来、今日まで、種まきジャーナルは、多くの人々の助けにより、関東でも欠かさず聞かせていただきました。東日本でこそ、この放送番組は切実な情報源でした。
 多くのテレビ、新聞、雑誌などのマスコミが、国民を欺き被曝をさせる、信じがたい内容の報道、というより洗脳活動を平然と続けている中で、最も私たちが必要としていた原子力発電所事故に関する分析と解説を、それを解説できるほとんど唯一の原子力工学者である小出さんの協力を得て、捨て身で流し続けてくれました。隠蔽され様としている事実が次々に明らかにされました。
 社会は、勇気をもって、光を掲げ続けるごく少数の人々がいるからこそ、なんとか維持されているものです。種まきジャーナルの皆さんは、そうした歴史に残る人々です。本当にありがとうございます。言論弾圧があったかもしれませんが、その灯は消してはなりません。そして、結局は、一変掲げられた真心の灯は、決して消えない、と思います。
 語るに落ちる愚かな政治家と官僚、「経済界」代表らしき人々が、国民の意思を無視して、災害までも利権に仕立て、その分配に血道をあげていますが、国民の惨禍を防止・救済しようとする気はさらさらないようです。それは餓鬼の姿、浅ましい限りです。餓鬼草紙を見ているような錯覚に陥ります。
 国民の意思と完全に乖離した悪行など長続きなどする訳はありません。こんなに分かりやすい悪行というのもこれまで見たことがありません。史上最悪です。
 しかし、なにより、私たちは、原発災害で自分たち自身の被害が大きくならないようにしなければなりません。それが目の前にある課題です。はげましあっていきましょう。
 そして、間接的に、ジャーナルの内容を伝えてくれた皆さんにも、ありがとうと言います。こころから。

ありがとうございました。

いつもブログ拝読させて頂いています。
たねまきジャーナルが終わってしまいとても残念です。

これまでたいへんな量の文字起こしありがとうございました。
心から感謝申し上げます。

Haru

番組続けて欲しかった

様々な分野の方々の意見が聞けていろいろ考えさせられる事か多かった。小出先生は勿論の事、今年最初の1/4の番組で玄侑さんが原発を龍に例えられて人類はこの龍をいかに飼い慣らせるのか、向き合うべきかという主旨の事を仰っておられたのが印象的でした。マスコミの良心とも言える「<span style="background-color:#FFFF00;">種まきジャーナル</span>」が終了して本当に残念です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。