日本触媒姫路製造所爆発「アクリル酸と製造所内に保存している核燃料物質」

姫路工場爆発:1人が死亡 30人以上が負傷 火災続く
毎日新聞 2012年09月29日 17時51分(最終更新 09月29日 17時55分)

日本触媒001
炎上する工場=2012年9月29日午後2時30分ごろ撮影(読者提供)

29日午後2時ごろ、兵庫県姫路市網干区興浜の日本触媒姫路製造所から
危険物が化学反応を起こし煙が出た」との通報があった。
姫路市消防局の消防車12台が出動し、消火活動中に煙が出ていた付近で爆発が起きた。
市消防局などによると、1人が死亡、
消防署員と警察官、製造所従業員の計30人以上が負傷した恐れがあるという。
現場は火災が続いており、消火活動に手間取っている。
現場は姫路市南部で工場などが集まるコンビナート地区。



工場爆発 1人死亡30人以上けが
NHK 9月29日 17時26分

29日午後、兵庫県姫路市の化学製品メーカーの工場で起きた火災で、
消火活動中に爆発が起きて工場の従業員や消防隊員や警察官が巻き込まれ、
消防や警察によりますと、30人以上がけがをし、このうち消防隊員1人が死亡したということです。

29日午後2時すぎ、兵庫県姫路市網干区にある化学製品メーカーの工場
「日本触媒姫路製造所」で爆発が起き、火災が発生しました。

消防によりますと、この直前に工場から煙が出ているという通報を受けて消火活動を始め、
放水をしている最中に突然爆発が起きたということです。
消防によりますと、けが人は30人以上に上り、これまでに15人を病院に搬送したということです。
警察によりますと、消防隊員1人が死亡し、従業員1人が意識不明の重体だということです。
また、これまでに分かっているけが人の内訳は、
重体の1人を含め7人が工場の従業員、7人が消防隊員、2人が警察官だということです。
工場の近くの会社の役員によりますと、
工場では午後2時半から3時ごろにかけて少なくとも2回の爆発があり、
最初の爆発では衝撃で会社の建物が揺れ、
工場から大きな炎が数十メートルの高さに上がったということです。

日本触媒のホームページによりますと、姫路製造所は敷地の広さがおよそ90万平方メートルで、
アクリル酸や高吸水性樹脂などを製造しているということです。
日本触媒は、「タンクが爆発したようだが、詳細は確認中だ」と話しています。

日本触媒12 日本触媒13

日本触媒14 日本触媒15



さきほどのNHKニュースでは、「タンクが爆発したようだが詳細は確認中」になっていました。
他の報道では、「アクリル酸のタンクが爆発した」とも言われています。
アクリル酸
有機酸(カルボン酸)の一つで、不飽和結合が1ヶ所(1価)の不飽和脂肪酸。
ビニル基を持つのでビニールの一つでもある。
毒性  重度の暴露では肺水腫を起こし呼吸困難に陥ることもある。


そして「文部科学省 放射線対策」のページには「核物質を保存している」と書かれています。
使用の許可を要する数量の核燃料物質の発見について 
原子炉等規制法
2006年08月02日 第1報

日本触媒

(2) 発見された核燃料物質
硝酸ウラニル水溶液(ガラスビン)ウラン量 約0.7g※
アンモニアウラニル水溶液(ガラスビン)ウラン量 約7.5g※
重ウラン酸アンモン(プラスチック容器)ウラン量 約400g※
硝酸トリウム(ガラスビン)トリウム量 約11g※×2
硝酸ウラニル(ガラスビン)ウラン量 約15g※


核燃料物質を使用する事業所一覧
(原子炉等規制法施行令第41条非該当施設)
平成21年3月31日現在

200番に「日本触媒姫路製造所」の名前がありますので、
現在も核燃料物質が保存されているようです。
日本触媒16



株式会社日本触媒 ホームページ
2006年
放射性物質の保有について 

2006年12月14日

今年5月に当社姫路製造所内のグループ会社において試薬点検を行ない、
少量の放射性物質の保有が確認され、自主的に文部科学省に報告致しました。
同省の指導を受け、当社全事業所並びにグループ会社において保有実態調査を実施し、
結果を報告致しました。
保有物質は、安全上問題無いレベルで管理されていることを確認しておりますが、
今後も引続き適切な管理体制の維持・徹底を図ってまいります。
以上
[本件に関するお問い合わせ先]
株式会社日本触媒 レスポンシブル・ケア室環境安全総括部 06-6223-9165


ーーー


福島第一原発事故直後はこんなことも!

【話題株】
日本触媒が高吸水性樹脂を大増産!株価は「放射能水」関連で高値

株式投資情報 2011年03月31日

■インドネシアでの生産量を3倍に拡大

話題株 高吸水性樹脂の大手・日本触媒<4114>(東1)は
31日の夕方、インドネシアで進める高吸水性樹脂の事業計画を拡大すると発表した。
これまでの計画の年産3万トン規模を同9万トンに拡大する。

31日の株価は2日続けて昨年来の高値を更新し、
一時1047円(39円高)まで上げ、終値は1042円(34円高)。
福島第1原発で高濃度の放射性物質を含む「水」が問題になるにつれ、
高吸水性樹脂が役立つのではとの期待が広がり、人気化している。


発表では、インドネシアでの事業計画は、
2010年7月に年産3万トン規模で2013年3月の稼働予定と決議したが、
紙オムツの原料などに需要が堅調で、すぐにも供給能力が不足する見込みとなったため、
大規模な増設に踏み切った。
13年2月末に完工し、同年8月に商業運転を開始の予定。
投資総額は3億ドル(約249億円)を見込む。
増設後の年間生産量は、内外合計で高吸水性樹脂が56万トンとなり、
トップサプライヤーになるとした。



ーーー


上空からの映像だと、すぐ近くの場所よりも離れたところの方へ煙が流れていっています。
爆発場所がアクリル酸タンクにせよ、放射性物質にせよ、または他の場所だったにしても、
有毒物質が大気中に流されている事は事実です。

風向きなどよく観察して、要注意だと思います。



ーーー

つい最近、山口県の三井化学岩国大竹工場で爆発があったばかり。
最近多いような気がします。


三井化学岩国大竹工場の爆発写真はキノコ雲とそっくりΣ(♛♛)

2012年4月22日


続きを読むに白煙を発見してから40分以上も通報が遅れた記事を追記







ーー追記2012年10月1日ーー
姫路工場爆発、40分通報せず…
初動遅れ「自分たちで冷却できると思った」

(2012年10月1日06時02分 スポーツ報知)

兵庫県姫路市の日本触媒姫路製造所で、消防隊員1人が死亡し、多数の負傷者が出た29日の工場爆発で、
同社の幹部は30日、初動対応に遅れがあったことを認め、謝罪した。
白煙発見から消防などへの通報が40分以上遅れたことについて
「自分たちで冷却できると思っていた」と説明。
見通しの甘さが浮き彫りになった。
また、製造所の停止により、紙おむつ原料の供給に支障が出る可能性もあり、利用者への影響も懸念される。

「ここまでになるとは思えなかった」―。
大阪市の日本触媒本社で行われた会見。
爆発した姫路製造所で、今春まで所長だった尾方洋介専務執行役員(63)が出席。
苦渋の表情で振り返った。

尾方氏は、会見の冒頭で頭を下げ陳謝。その後の質問は通報までの経緯に集中した。

説明によると、アクリル酸を貯蔵する製造タンクの近くにいた従業員が、
上部に白煙を確認したのは29日午後1時ごろ。
だが、防災管理課が網干消防署へ通報したのは同1時40~45分ごろと、40分以上遅れた。
その間、自主的に放水をしていたという。

石油コンビナート等災害防止法に基づく規定は、
温度が異常で制御不能な場合には、通報を義務付けている。
尾方氏は
「自分たちで冷却できると思っていた。結果的にはすぐ通報すべきだった」と初動対応のミスを認めた。
ただ
「規則からの逸脱があったかどうか、判断は難しい」など、細かい点は歯切れの悪い答えに終始した。

火災は30日午後3時半ごろ鎮火
爆発で網干消防署の山本永浩消防副士長(28)が焼死。
この日、新たに消防隊員5人が軽いけがをしていたことも判明し、
消防隊員の負傷者は23人、全体の負傷者は35人となった。1人が重体。

兵庫県警は同日、業務上過失致死傷容疑で、製造所を家宅捜索した。
また、姫路市は消防法に基づき、29日付で製造所全体に異例の緊急使用停止命令を出した。

一方、製造所の生産停止で、紙おむつ業界への影響が懸念されている。
尾方氏は生産再開について
「まず社会に安全対策を示す。いつとは言えない」と生産停止が長期化する恐れを示唆した。
同社によると、紙おむつの原料となる高吸水性樹脂は、同社の生産能力が年間47万トンで世界トップ。
うち、爆発のあった姫路製造所が32万トンを占める。
「姫路製」は、世界で2割程度という大きなシェアを持っている。

国内で高吸水性樹脂を生産するのは姫路だけだが、事故で全プラントが停止。
海外工場は「9割以上」の稼働率のため、急激な増産は難しいという。
尾方氏によると、樹脂の在庫は1か月分弱。
原因究明や安全対策が進まず生産停止が長期化すれば、原料供給もストップし
紙おむつメーカーに影響が出る可能性があり、消費者へ波及する恐れも出てきている。


ーーー

兵庫県警は同日、業務上過失致死傷容疑で、製造所を家宅捜索した。

東京電力福島第一原子力発電所の捜査は1年半以上経っているのに、まだされていない・・・

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

初めまして。
先程、Twitterの方で貴女のこの記事のリンクと
一部文章を抜粋・転載させて頂きました。

感謝します。

何しろ、私はココの結構近くの在住・在勤者なものですから・・。

一応、私のTwitterはコチラです。
https://twitter.com/haruchi_mhh

何かあれば遠慮なくご意見お願いいたします。

No title

物と量からいって、触媒研究用の試薬ですね。
昔はウランが触媒物質として割と使われてました。

研究所に少量あるだけで大した物ではないですね、