「今がチャンス!泊原発を動かせ!!」北海道の経済4団体代表が枝野大臣に圧力(悪いおじいさん全員の顔あり)

枝野に命令!
「寒い冬がチャンスだ!泊原発を稼働せよ!!」



北海道経済連合会 近藤龍夫会長 
北海道電力(株)相談役 (元北海道電力取締役会長
北海道経団連i16



泊原発の運転再開 経済団体が要請
NHK 2012年10月9日 15時20分

北海道の経済団体の代表が9日、枝野経済産業大臣と会談し、
冬場の北海道は夏以上に電力需給が厳しくなり、電力が不足するおそれがあるとして、
冬までに北海道電力の泊原子力発電所の運転を再開するよう求めました。

経済産業省を訪れたのは、北海道経済連合会の近藤龍夫会長など、
北海道の3つの経済団体の代表です。
枝野経済産業大臣との会談で近藤会長は、
「北海道では冬に電力需要のピークを迎えるが、火力発電所がトラブルで停止するおそれもあり
需給は厳しく、安定供給の水準には達していない」と述べました。
そのうえで近藤会長は、
「仮に停電した場合は、暖房が使えなかったり、農業設備が動かせなかったりするなど、
さまざまな影響が懸念され、電力不足への不安が広がっている」として、
冬までに北海道電力の泊原発の運転を再開するよう要請しました。

これに対して枝野大臣は、
「原発の運転再開は原子力規制委員会が判断することになっているが、
運転再開がない場合に備えて取り組んでいきたい」と述べました。
一方、政府は、この冬の節電対策について、
今月12日に専門の委員会の初会合を開いて、冬場の電力需給を詳しく検証したうえで、
数値目標を掲げた節電要請が必要かどうか検討することにしています。




■近藤 龍夫【こんどう・たつお】更新日: 2007-09-17 
北海道経団連i18
【肩書き】北海道電力社長
【生年月日】昭和20年3月21日
【年齢】62歳(2012年現在74歳)
【出身地】北海道【学歴】昭和44年北海道大学工学部卒業【経歴】
昭和20年3月21日生
昭和44年北海道大学工学部卒業
昭和44年4月北海道電力㈱入社
平成5年同泊発電所長
平成9年7月同理事苫小牧支店長
平成11年6月同取締役事業開発室長
平成12年4月同取締役事業推進部長
平成13年6月同常務取締役
平成13年6月㈱アイ・エス・ティ北海道(現ほくでん情報テクノロジー㈱)取締役社長(平成16年6月退任)
平成15年6月北海道電力㈱代表取締役副社長
平成16年3月同代表取締役社長


北海道経済連合会
北海道における今冬の
電力安定供給確保に関する緊急要望を実施いたしました。


北海道内経済4団体(当会・北海道商工会議所連合会・北海道経営者協会・北海道経済同友会)は、
今冬の厳しい電力需給見通しを踏まえ、
北海道における今冬の電力安定供給確保に関する緊急要望を下記のとおり実施いたしました。

            記
日   時  平成24年9月25日(火)
要 望 先  北海道知事
要 望 者  北海道経済連合会 近藤会長
        北海道商工会議所連合会 高向会頭
        北海道経営者協会 前泉会長
        北海道経済同友会 坂本代表幹事

北海道経団連11



泊を動かしたい北海道の「高橋はるみ知事」ってどんな人?
高橋はるみは、子ども達の未来のために
泊原発3号機、プルサーマルを稼働します!!

top-main.jpg


北海道電力の泊発電所長を務めた経験がある元社長と元経産省局長で建設会社とも談合をしている知事。
内輪だけで書類のやりとりしているみたいに見えますが・・・

★要注意
火力発電所トラブル停止!
電気が足りない!
人の命に関わる!
凍死するかも!?キャンペーンが始まりました。



ーーー枝野大臣に圧力をかけた近藤龍夫会長以外の3人ーーー

高向 巖氏
北海道商工会議所連合会・札幌商工会議所 会頭
北洋銀行 会長
北海道商工会議所連合会 高向l1
(たかむき・いわお)1938年東京生まれ。
東京外国語大学卒業後、日銀に入行。
93年に北洋銀行に迎えられて頭取、会長となり、04年から札幌商工会議所会頭。
新幹線札幌延伸に全身全霊で打ち込む。

前泉洋三氏
北海道経営者協会 北海道ガス㈱ 相談役
前泉 洋三 4
2002-05-23現在
まえいずみ・ようぞう
73年北大法卒、北海道ガス入社。
00年6月から常務。兵庫県出身、53歳。6月27日社長就任。

坂本眞一氏
北海道経済同友会  北海道観光振興機構会長 北海道旅客鉄道株式会社 相談役
坂本眞一iv1
平成20年6月15日
1940年、九州生まれ。1964年、北海道大学工学部卒業後、日本国有鉄道に入社。
国鉄の分割民営化後は北海道旅客鉄道株式会社=JR北海道に移り、常務取締役、専務取締役を歴任し、
1996年に代表取締役社長、2003年には代表取締役会長に就任。
在任中は札幌南口開発や線路と道路の両方を走ることができる
デュアル・モード・ビークルの誕生などに力を尽くしたほか、
北海道新幹線の誘致運動にも深くかかわり、北海道経済・観光の牽引役として活躍。
今年4月、JR北海道の取締役相談役に在職のまま、
民間主導を理念に新たに発足した北海道観光振興機構の会長に就任する。


おじいさん方は子どもたちの未来をめちゃくちゃにしても、
自分だけがお金儲けが出来て
ご馳走を食べられればいいと思っているんですか?
もうやめて!!!



続きを読むに近藤龍夫が会長を務める北海道経済連合会役員等名簿




北海道経済連合会 役員等名簿
■会長・副会長 平成24年 7月12日現在
(敬称略、氏名五十音順)
役員 氏名 会社 役職
会長 近 藤 龍 夫 北海道電力(株) 相談役
副会長 岩 田 圭 剛 岩田地崎建設(株) 代表取締役社長
副会長 坂 本 眞 一 北海道旅客鉄道(株) 相談役
副会長 堰 八 義 博 (株)北海道銀行 代表取締役頭取
副会長 林   光 繁 (株)十勝毎日新聞社 取締役会長・主筆
副会長 前 泉 洋 三 北海道ガス(株) 相談役
副会長 山 本 邦 彦 北海道空港(株) 代表取締役社長
副会長 横 内 龍 三 (株)北洋銀行 代表取締役会長
副会長 横 山   清 (株)ラルズ 代表取締役会長
■常任理事 (敬称略、氏名五十音順)
役員 氏名 会社 役職
常任理事 浅 原 健 藏 (株)北一硝子 代表取締役社長
常任理事 泉 山 利 彦 サッポロビール(株) 執行役員北海道本社代表
常任理事 伊 藤 条 一 (株)北海道観光物産興社 代表取締役社長
常任理事 井 原 慶 児 井原水産(株) 代表取締役社長
常任理事 大 槻   博 北海道ガス(株) 代表取締役社長
常任理事 小笠原 康 正 (株)テーオー小笠原 代表取締役社長
常任理事 小 川 澄 男 雪印メグミルク(株) 取締役常務執行役員 北海道本部長
常任理事 川 合 克 彦 北海道電力(株) 取締役社長
常任理事 北 村 潤一郎 (株)日本政策投資銀行 北海道支店長
常任理事 木 村 輝 美 札幌通運(株) 代表取締役社長
常任理事 黒 澤 友 博 (株)エヌ・ティ・ティ・ドコモ 北海道支社 執行役員支社長
常任理事 小 砂 憲 一 (株)アミノアップ化学 代表取締役会長
常任理事 田 中 義 克 トヨタ自動車北海道(株) 取締役社長
常任理事 田 邉 孝 治 新日本製鐵(株) 執行役員棒線事業部室蘭製鐵所長
常任理事 豊 島 弘 通 旭川電気軌道(株) 代表取締役会長
常任理事 似 鳥 昭 雄 (株)ニトリホールディングス 代表取締役社長
常任理事 萩 原 一 利 萩原建設工業(株) 代表取締役社長
常任理事 橋   金 作 (株)エコニクス 会長
常任理事 早 川   保 (株)日本製鋼所 常務執行役員室蘭製作所長
常任理事 早 野 裕 康 王子製紙(株) 執行役員苫小牧工場長
常任理事 平 尾 一 彌 北海道中央バス(株) 代表取締役会長
常任理事 平 野 良 弘 伊藤組土建(株) 代表取締役会長
常任理事 福 村 景 範 (株)ダイナックス 代表取締役社長
常任理事 藤 田   昭 エア・ウォーター(株) 専務取締役北海道代表
常任理事

古 田 和 吉
(株)JTB北海道 代表取締役社長
常任理事 三 野 耕 一 東日本電信電話(株)北海道支店 理事支店長
常任理事 向 井   隆 北海道電気技術サービス(株) 取締役会長
常任理事 村 田 正 敏 (株)北海道新聞社 代表取締役社長
常任理事 山 本 壽 福 釧路信用金庫 顧問
常任理事 吉 田 勝 彦 日糧製パン(株) 代表取締役社長


■理事・監事 (敬称略、氏名五十音順)
役員 氏名 会社 役職
理事 赤 松 伸 一 北海道曹達(株) 代表取締役社長
理事 池 田   薫 池田煖房工業(株) 代表取締役社長
理事 石 森   亮 苫小牧港開発(株) 代表取締役社長
理事 井 上 一 郎 (株)光合金製作所 代表取締役会長
理事 井 上 光 男 (株)トーモク 執行役員札幌工場長
理事 大 鐘 稔 陽 三菱地所(株) 札幌支店長
理事 大 西 雅 之 ㈱阿寒グランドホテル 代表取締役社長
理事 小笠原 昌 平 日本高圧コンクリート(株) 代表取締役社長
理事 角 野 中 原 北海道コカ・コーラボトリング(株) 代表取締役会長
理事 掛 村 博 之 雪印種苗(株) 代表取締役社長
理事 金 本 寛 中 (株)カナモト 代表取締役社長
理事 栗 林 延 次 (株)三ッ輪商会 代表取締役会長
理事 小 池 明 夫 北海道旅客鉄道(株) 代表取締役会長
理事 後 藤 英 夫 (株)イワクラ 代表取締役社長
理事 小 林 英 一 北日本精機(株) 代表取締役会長
理事 西海谷 誠 心 ナラサキ産業(株) 取締役兼執行役員北海道支社長
理事 斎 藤 光 一 三菱商事(株) 理事北海道支社長
理事 坂 口 栄之助 (株)新宮商行 代表取締役会長
理事 佐 藤 和 博 札幌駅総合開発(株) 代表取締役社長
理事 汐 川 哲 夫 北海道パワーエンジニアリング(株) 取締役社長
理事 柴 田 隆 行 (株)伊藤組 取締役副社長
理事 柴 田   龍 (株)北洋銀行 取締役副頭取
理事 嶌 村 彰 禧 北海道ワイン(株) 代表取締役社長
理事 鈴 木 信 一 ナラサキスタックス(株) 代表取締役社長
理事 須 田 貞 則 (株)グランビスタホテル&リゾート 代表取締役社長
理事 髙 田 育 生 (株)北海道銀行 取締役常務執行役員
理事 髙 堂   理 (株)電通北海道 代表取締役社長
理事 滝 沢 靖 六 (株)札幌オーバーシーズコンサルタント 代表取締役社長
理事 橘   滋 夫 (株)日立製作所 北海道支社長
理事 種 畑   徹 (株)北海道熱供給公社 代表取締役社長
理事 田 原 米 起 (株)つうけん 代表取締役社長
理事 綱 島   裕 北海道酒類販売(株) 代表取締役社長
理事 角 田 道 彦 三井物産(株) 理事北海道支社長
理事 内 藤   勉 日本製紙(株) 取締役釧路工場長
理事 中 野   章 (株)北弘電社 代表取締役社長
理事 中 村 憲 治 日本甜菜製糖(株) 常務取締役札幌支社長
理事 中 山   茂 (株)中山組 代表取締役社長
理事 中 山 秀 明 日鐵セメント(株) 代表取締役社長
理事 新 山   惇 北海道建設業信用保証(株) 取締役社長
理事 西 村 孝 治 玉造(株) 代表取締役社長
理事 野 村 卓 也 合同酒精(株) 取締役北海道営業部長
理事 濱 沖   賢 日本製紙(株) 取締役北海道工場長
理事 坂 東   稔 北海鋼機(株) 常務取締役
理事 樋 口 真 純 札幌国際エアカーゴターミナル(株) 常務取締役
理事 平 野 道 夫 (株)ドーコン 代表取締役社長
理事 福 井 雅 紫 (株)マルハニチロ食品 北海道支社長
理事 福 井   稔 シュレン国分(株) 代表取締役社長
理事 藤 井 信 行 (株)みずほコーポレート銀行 常務執行役員
理事 藤 田 克 己 日本航空 北海道地区支配人
理事 藤 村 哲 司 王子製紙(株) 参与釧路工場長
理事 本 間 丈 士 共和コンクリ-ト工業(株) 代表取締役社長
理事 本 間 秀 行 函館山ロープウェイ(株) 代表取締役社長
理事 松 本 榮 一 ホンダカーズ南北海道(株) 代表取締役社長
理事 宮 坂 寿 文 宮坂建設工業(株) 代表取締役社長
理事 山 本 秀 明 協和総合管理(株) 代表取締役
理事 渡 辺 俊 隆 全日本空輸(株) 執行役員札幌支店長北海道地区担当
監事 松 浦 良 一 上光証券(株) 代表取締役社長
監事 吉 田 守 利 北電興業(株) 取締役社長


■事務局役員
役員 氏名 会社 役職
専務理事 恩 村 裕 之 北海道経済連合会
常務理事 浜 田 剛 一 北海道経済連合会


■名誉会長 (敬称略、氏名順不同)
        氏名 会社 役職
名誉会長 泉   誠 二 北海道電力(株) 名誉顧問
名誉会長 南 山 英 雄 北海道電力(株) 顧問


■顧問・参与 (敬称略、氏名五十音順)
   氏名 会社 役職
顧問 我孫子 健 一 (社)北海道観光振興機構 顧問
顧問 伊 藤 義 郎 (社)北海道商工会議所連合会 名誉会頭
顧問 大 森 義 弘 北海道旅客鉄道(株) 特別顧問
顧問 栗 林 德 光 (株)栗林商会 代表取締役相談役
顧問 高 向   巖 (社)北海道商工会議所連合会 会頭
顧問 橋 本    徹 (株)日本政策投資銀行 代表取締役社長
顧問 藤 田 恒 郎 (株)北海道銀行 特別顧問
顧問 三 上 顕一郎 北海道空港(株) 元相談役
顧問 宮 本 義 雄 宮本商産(株) 代表取締役会長
参与 伊 藤   誠 札幌国税局 局長
参与 大久保   明 北海道総合通信局 局長
参与 高 田 恭 介 日本銀行 札幌支店長
参与 高 松   泰 北海道開発局 局長
参与 西 川   健 北海道運輸局 局長
参与 増 山 壽 一 北海道経済産業局 局長
参与 吉 田 英 都 北海道財務局 局長


関連記事

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

きーこさん、いつもご苦労様です。
なーんか、国やいろんな団体が卑劣なやり方で、国民や将来のことは考えず、自分達の利益の為になることを通そうとしてますよね。

No title

こんにちは。

国にリードされて企業経営体には本来やるべきではない原子力発電(原発)=核発電に走り資産の喪失になりそうな起業の経営判断ミスです。最近海外進出のつけを払わされようとしている企業・工場のカントリーリスクの国内版で現在過去の経営者の「国へのつけ回し」です。

北海道は旅行に行くだけですが、目に付くのは札幌経済圏の一人勝ち、函館でさえも年々衰退の一方行。北海道電力は他に一人林立するマンモスで企業団体のトップはここ以外から出ていなかった筈です。今回の「国へのつけ回し」行列はその見本図だという見方で理解すると全ては簡単に理解できると思います。

北海道は単一の地域独占の電力会社ですから、うっかりすると北電が止めるというと電気は止まります、冗談ではなく電力テロで、テロが悪いとか嫌いだとかという理屈は通じません。テロ国家であるから米国は嫌いだとというのと同様ですね。

去年一例があります、東北電力は3.11後東北全体を四日間の停電をやりました。過負荷で事故だったとか言い訳を流してその後も東北電力の会長社長は何の非難を浴びることなく会議とかイベントに堂々と恥ずかしげもなく真っ正面の席順で顔を出しています。東京電力への追従以外にはないだろうと見立てをしています。

仕事一般で言うと確かに日本の高度文明を支える高度な高機能なシステム機械は造った世代からその後の若年層では原子力発電(原発)=核発電みたいな問題でも判ったようにきちんと扱うのは無理なんですよ。あっちこっちで昨晩はゲームで遊び付かれて朝寝坊した若い世代が極めて単純なミスでトラブルを引き起こしているでしょう・・もう少し低レベルに企業も社会もダウンサイジングした方が、結局はダメなんだろうが、ぬるいシステムの方がその本人も含めて、一時の幸せは長続きできます。

東京では電力は超高速の電路の切り替えをむやみやたらな箇所に設けて、管内のある方面での停電が発生した超瞬間に別の電路に切り替えてしまい、あたかも停電なんか起こらなかったかのようなシステムを構築しています。普段都民や近隣県都民は気にも止めない。都市論的にはビルも住民も人工的に造られた東京はコスト大変なんですよ。が、北海道も東北と同様にそうなっていない筈で、一方的無制限的超暴力的に一切合切強行停電になります。

先にも書きましたが住んでいないので、民家の床暖房や道路の凍結防止や病院のや民間企業の営業等の維持や諸々の雪や寒極地対策の熱源が電気なのか灯油なのか、それが制御電源なのか、具体的には統計的に把握されているのか居ないのか、肝心の知事がその選挙支援団体のトップに北電が座っている筈なので極めて不便ですね。

原子力発電(原発)=核発電を動かさなくても火力水力その他の通常?発電で十二分にまかないきれる筈では全国トップの北海道電力がそんな脅しを通告してきているのですから、本来の度胸がある政治家が国に居れば、テロ報復攻撃の予告だと判断して、即刻北電に近頃猛烈な評判悪化に開き直っている法務行政の検察警察裁判所を・間に合わなかったら自衛隊を派遣して北電本社のみならず各施設全体を制圧して、反国家的高位者は家族も含めて容赦なく取り締まらなければいけないという、北海道民の生活と経済を守る覚悟があるのならばですが、そういう局面に近いのではないでしょうか。

今紅葉見物と温泉行のお終いの頃なので乱文にしかなりません。会社に入れた業者の会社の関係で北海道の人員が「北海道の営業で回るには車は二台必需」「大雪原の真ん中で車のトラブル時に一台では救援が来るまでに凍死です」と。それでも人々は生きていきます。原子力発電(原発)=核発電は事故でなくても停止していても管理にルーズになるのは世の常、企業コストの圧縮が職場倫理ですし、周囲に放射能を巻き散らかし人間や動物への癌などの死や機能障害を前提にしています。存在自体が生物社会の敵ですね。

では。

No title

このタイトル違うのでは?

「悪いおじさん3人と悪いおばさん一人の写真」じゃないでしょうか。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます