fc2ブログ
10.16
Tue


【ペイフォワード環境情報教室】
121013小出裕章先生 第一回目


インターネットラジオ【ペイフォワード環境情報教室】8bitnews
本当に必要な環境情報について、良心ある専門家が解説し、提言します。


ーーー

本日より放送を開始しましたインターネットラジオペイフォワード環境情報教室、
聴講生のSawadaです。
2011年3月11日の東日本大震災では、数多くの尊い命が失われました。
また、福島第一原発事故により、世界でも例を見ないシビアアクシデントとして、
今もなお懸命の復旧作業が続いています。
自分の家族や仲間を守るにはどうしたらいいのか?
かけがえのない地球を次世代に伝えていく役割を私たちはしっかり果たしているだろうか?
まずは知ることから始めたい。
そのために本当の情報を知りたい。
そういう願いからこの番組がスタートしました。

このラジオ番組では、良心のある専門家をお招きし、旬な話題を分かりやすく解説し、
次の具体的ステップに繋がる未来志向の提言を頂きます。
市民発信メディア8bitnewsでの発信を中心とし、
Facebook等、みなさまからのご意見、ご質問を最大限反映して、
今私たちに本当に必要な環境情報をお届けしようと思います。

第一回目の今日は、京都大学原子炉実験所の小出裕章先生をお招きいたします。


一年半前に事故が起きましたけれども、
どうやって学んでいってもらって、どうやって行動につなげていってほしいか?って言うのを
なんかメッセージを頂けたらありがたいと思っています。



小出裕章:
はい。
私は原子力に夢をもって、原子力の場に足を踏み込んだ人間です。
原子力が未来の人間のエネルギーを支えると信じ込んでいたのですが、
専門の場所で原子力を勉強してみると、
私が思っていたような事は「幻」であったという事に気が付きました。
原子力の燃料であるウランは、もともと地球上にはそんなに多い資源ではありませんので、
化石燃料が枯渇するので原子力だと、私などは思わされてしまったのですが、
化石燃料が枯渇する前に、とっくにウランは無くなってしまうというそういう資源だったのです。

だからもう根本的に考え方が、私自身も間違えていましたし、
原子力について描かれていた「夢」そのものが、
始めから間違えたことという事で始まっているのです。

おまけに原子力をやってしまいますと、膨大な放射性物質を生み出しててしまいます。
それが万が一であっても、環境に漏れてくるような事になれば、
大変な被害が出てくるという事は私にも分かりましたし、
原子力を進めてきた人たちも、もちろんその事を知っていた。
だからこそ、原子力発電所だけは都会に建てないで過疎地に建てるという事で原子力を進めてきたのです。

しかし、原子力を進めてきた人たち、国、電力会社、原子力産業、マスコミ、も含めてですけれども、
彼らは「原子力発電所だけは絶対に安全で事故は起こさない」と言い続けてきたのですね。
私は「そんなことはない」と思ったし、
「大きな事故が起きる前にとにかく原子力をやめさせなければいけない」と思いながら生きてきたのですが、
残念ながら私の思いは届かないで、事故が起きてしまいました。

で、ほとんどの日本人。
日本人だけではなくて世界の人々もそうですけれど、
未だに原子力の夢というものを断ち切れないでいるわけですし、
少なくともこれまでは「原子力は安全」という宣伝を一方的に聞かされ続けてきたわけで、
こんな事故が起こるだろうという事はみなさん誰も思っていなかっただろうと思います。

でも、大変残念なことに事故は起きてしまいましたし、
何10万という人たちが今家を追われて、今…………大変な苦労をされているのですね。

そういう苦労…を、多くの人にちゃんと分かってほしいと思うのですけれども、
こういう事故を引き起こした、重たい責任のある政府、あるいは電力会社、原子力産業、
マスコミも含めてですけれども、私から見ると何の反省もしていない。
誰ひとりとして責任をとっていないという、そういう事になっているように見えます。

大変私から見ると無念な事が続いていますし、
このままでいってしまうと、また原子力発電所を再稼働するとか、
新しい原子力発電所をつくってしまうとかという事になってしまうのかな、という危惧を私自身持っています。

それを防ぐことが、もし出来るとすれば、
多くの人達が事実に気がつくという事以外にはありませんので、
私の力はホント知れているのですけれども、
出来る限り原子力の事実、真実というものを皆さんに伝えたい、と願います。


Sawada:
ありがとうございます。
これからはですね、小出先生にご登場いただきまして、難しい原子力の話、
私もね、距離のあったこの話をですね、
先生から直接のお話しを頂くという事をもちまして、
私たち一般人がしっかりと理解して、知って、
私たちも、福島の方、もしくは福島以外の方皆さんが知ることによって、
福島のこれから、もしくは日本全体のこれからをしっかりと考えるきっかけにしたいと思いますので、


小出:ありがとうございます。


Sawada:是非今後ともよろしくお願いいたします。


小出:こちらこそよろしくお願いします。


Sawada:
小出先生には本番組の原子力コース、主任講師として、これからもご登場を予定しております。
その他コースとして、食品安全、次世代エネルギー、被ばく防御など、
今私たちが本当に必要な環境情報を定期的に発信していきます。
未来を作るインターネットラジオ、ペイフォワード環境情報教室。







関連記事

comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top