fc2ブログ
10.18
Thu
「あれはヤバいよ」っていう種類をそのは避けよう!



10月13日 市民測定所サミット
OPK Presents ~1bq/kgは食べられる?~



動画は<前半><後半>に貼りつけてあります。
こちらは<後半>部分の内容です。



ー発言者の名前下記のように省略しています<(_ _*)>ー

横川圭希さん ( @keiki22 )→よ
DELI さん( @DONDELI )→D
ちだいさん ( @chidaisan ) →ち


質問タイムー11:33


東村山市:
チェルノブイリの研究論文の中で
10ベクレルの食べ物を食べ続けると、心電図に異常があるというのを読んで、
10ベクレルは怖い数字だと思った。

ち:
基本的に普通に食生活をしていて10ベクレル食べるということは、
いろいろと検査していると無さそうです。
だから、そこまで深刻な心配はいらないですが、

たとえば1ベクレルをずっと食べ続けるとか、
間違えて99ベクレル位な物を一発食らうみたいなことをして、
そのあとどうなるか?って言う事は全然分からないし、研究も結構曖昧なので、

よ:
要は認められていないんですよね。
有名なバンダジェフスキーなんかのものも認められていないし、
向こうが旧ソ連の態勢の中でやっているし、
かといって、僕らが知らない所でやられているという、確実な情報はあります。。
知っている人も日本人に少なからずも20名以上いる筈です。
その事をあるジャーナリストが追いかけていることは確かです。
それが誰とは言えないけど。
それを追いかけている人たちから見ると、
結論としては50年100年単位で見ていかないと、今はやっぱりわからないんです。
5年後にすぐ分かるというんじゃなくて、50年100年単位で他の動物と一緒に診ていくしかないんです。

で、今、言っていいんだと思うんだけど、
サイエンスっていう雑誌のウエブ版のところに
ヤマトシジミっていう蝶々の論文が載っている筈です。
これ、ネットの中では有名なので知っている人は知っていると思うんですけれど、
日本語に訳せないでいます。
いろんな事が、お金の問題であったりとか、圧力がかかっていたりして。
これは沖縄の大学がやっていることなんです。
そこのところは、気が向いたらそれを調べてもらって、彼らを応援していただくと、

ヤマトシジミ蝶々というのは1カ月に1回代変わりするので、
ある程度未来が見えるんですけど、
それと同じ事が人間に起こるとしたら…恐ろしいです。
だから、何とも言えないというか、

D:
ただ、単純な話で、一応事故前に武田先生じゃないですけど、
いろんな事を考えて、健康被害が起こらないのは1ベクレルが基準だった訳じゃないですか。
いきなり事故が起きて500ベクレルになりましたよね。
それは日本人がそれだけ耐えられるからじゃなくて、
500にしないと、要は…こう・・・回んなかったからですよね。
俺たち500倍体が丈夫にはなっていないですから。

ち:基本的に基準は、健康とは

D:
一切関係ないですから、大丈夫だから100になっただけ、大丈夫だから500になったとかは一切ない
大体100ベクレル以上なんて世界では放射性廃棄物でしょ?

ち:そうですね

D:食べ物なんて、日本だけですよ、

ち:
基準はアメリカは幾つだとかドイツだってあるんですけれど、
あんまり気にしなくってよかったとおもうんですよ。

よ:今までね。

ち:
ウクライナとかベラルーシは別なんですけれど、事故が起こったんで。
他のところはそんなに気にしなくても、めったに食わないという事で、
別に基準値が1000でも1500でも全然良かったんですけれど、
いま、うちらはこういうふうになっちゃったんで、
これはやっぱ基準を、国の基準はもう諦めるしかないとおもうんで、
自分基準」というのをみなさんには是非作ってほしいというのが、一番の願いなんですね。

よ:
あと、いろんな説が出る時に、物理の人とか科学でも、リスク評価をする時に、
必ず何も浴びていないうちからのゼロからの考え方しか言わないけれども、
ぼくらは、3月15日から22~23日の間に、どんだけ浴びているのか分からないですよ。
しかも吸い込んでいたりもするわけじゃないですか。
だったら、「普通以上に気を付けた方がいいよ」っていうのが普通だと思うんですよ。

D:
しかもそういうところに限って地産地消で食べているから、
高線量のところほど、ますますそこで作ったものを食べちゃうわけだから、
ますますリスクが高くなるわけですよ。

よ:
だから、自分が無茶したりするのはもうしょうがないとして、
俺も無茶をやっちゃったし、さんざん僕も被ばくしていると思うけれど、
せめて、女子と子どもに関しては「気を付け過ぎるぐらいに気を付けてもいいんじゃないかな」って
僕はずっと思い続けているし、
でも、実を言うと0.01ベクレルでも取らせたくないなというのは思います、子どもとかには。

ち:
あんまり・・・あの・・・
実は選択肢は多いんで、わざわざベクれているものを選ばなくても生きていけるんですよ。
気を付ければ。
だから、ムリクリ、そのベクれている物を食べなくてもいいという事が僕の考え方なんで、
そんなメチャメチャ気を付けて神経質になる必要はないけれど、
可能な限り気を付けるというのがいいんじゃないかなと思います。

D:
とんでもないやつは、大体言われていた種類じゃないですか。
「あれはヤバいよ」っていうのは大体とんでもない数字が出るから、
その種類は避けるべきですよね。

よ:キノコとかタケノコとかレンコンとかね。

D:ベリー系とか。あと底物、カレイとかヒラメとか。

よ:
アナゴとかね。
アナゴフェアーとかやめてほしいよね。

D:
とんでもないのは、1000以上とか、何百単位とかっていうのは、
間違っても食べたくないじゃないですか。
まだ何十ベクレル位だと、
さっきの話じゃないけど1kg食べるわけじゃないし、っていう話になってくるけど、
何千とかって言うと、
それを食べた量だけでも何百、何十ベクレルって、一食で食らっちゃう訳じゃないですか。
そんな事が起こっている種類のものは食べない方がいいですよね、できれば。

ち:はい。

D:測って出ていたとかそういうことよりも、ある程度ヤバいなっていうものはいわれているやつがやっぱ、

ち:まァ出ていますね。

D:出てますよね。

よ:
だから、その「食べない」っていう事に対して文句が来るのは、
たいていさっき言った復興に対しての、何かこうね、
結局三陸の海産物なんかもそうだし、福島の農産物もそうだしっていうところで、
「その農民の事を考えていないのか」とか、そういう議論に行く訳じゃないですか。
それはもう「止めませんか」っていうふうには思うね。

D:それは飛躍していると思っている、最初から。



オペレーション・コドモタチ ( @opkodomotachi )
http://ameblo.jp/opchild/
横川圭希さん( @keiki22 )

DELI OFFICIAL WEBSITE
http://www.avexnet.or.jp/deli/index.html
DELIさん ( @DONDELI )

チダイズム ~毎日セシウムを検査するブログ~
http://ameblo.jp/c-dai/
ちだいさん ( @chidaisan ) のブログ


ーーー



横川さんがおっしゃっているヤマトシジミについて調べました。


ヤマトシジミ被曝影響研究論文とドイツ報道(字幕書き出し)





<前半>市民測定所サミット1bq/kgは食べられる?
「ベクれている大図鑑」ちだいさん10/13(内容テキトーに書き出し)


<後半>市民測定所サミット1bq/kgは食べられる?
「奥様の力で地域汚染度調査けだまプロジェクト」ちだいさん10/13(内容チョットだけ真面目に書き出し)


続きはこちら↓
<質問タイム2>「養殖だからといって安心できない」
市民測定所サミット1bq/kgは食べられる? 10/13(内容だいたい書き出し)



関連記事

comment 0
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top