スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしはメディアが一斉に叩く出来事に関しては一瞬離れて考えてみる習慣を付けたいと思う

ここ数日の間で日本のメディアが一斉に批判した二つの出来事がある。


4本腕の川島

フランス国営テレビ「フランス2」が13日夜に放送した情報バラエティー番組で、
サッカーのフランス代表と対戦した日本代表のGK 川島永嗣(かわしま・えいじ)選手に
腕が4本ある合成写真を映し、司会者が「福島(第1原発の事故)の影響ではないか」とやゆする発言をしていた

在フランス日本大使館は16日未明、同テレビに対し
「(東日本大震災や原発事故の)被災者の心情を傷つけるもので遺憾。強く抗議する」
藤村修官房長官は同日午前の記者会見で「不適切な表現があった」と不快感を示す。
日本の大手テレビ・新聞各紙は一斉にその事を大きく取り上げてこの番組を批判する。

海外の番組に対する異常な反応。
この番組はバラエティーなのだから、このような放送は何時もしているのではないか?
そこに過敏に反応して抗議するという事は
つまりジョークにならないジョークであるからではないのか?と疑う。
全くの作り話ではなく、現実性があるから
国と報道機関が過激に反応するのでは?と私は疑ってしまう。



ハシシタ

佐野眞一さんが書いたという、
「週刊朝日」(10/26)で今週から始まった〈緊急連載〉「ハシシタ 奴の本性」。
同和地区差別問題、
父がヤクザで背中から膝あたりまで刺青。
その父は、目が泳いでいてシャブをやっているようだった。その後すぐ自殺した。
いとこが金属バットで人を殺している等が書かれている。
親族にこのような人々がいたからといって橋下氏の人格に問題があるとは言えないが、
今や彼は、もしかしたら日本国民の将来を委ねる人物になるかもしれない一人の政治家だ。


ハシシタ7

案の定、連載は第一回目にして打ち切りになった。
こちらも一斉にメディアが批判した。

とても違和感を感じた。

大手メディアが右へ習いで、一つの問題に対して同じ方向で叩き、
コメンテーターも誰もその事に関して異を唱える人が出てこない。

このような報道に関してはわたしは自分の中で「疑問」をもって
その方向に流されない事に原発事故以来決めています。

こちらで記事全文を読む事が出来ます


全てのメディアが報じる一つの方向に安易に流されて、
そのまま同じ方向に走っていくのではなく、
一度、自分の中で立ち止まって、
逆の考え方もあるのではないか?
事実はどこにあるのか?
このような報道を全てのメディアがする事には何か意味があるのではないか?
そんな事を自問自答しながら、メディアに洗脳されないようにささやかな抵抗をしていくつもりでいます。


簡単には流されないぞლ (。◕ˇε ˇ◕。ლ)


尼崎連続変死事件の角田美代子についても
各局はものすごく長い時間をかけて連日報道中だけど、
この事件よりも数え切れない人々をこれから先犠牲にするかもしれない
政府や福島県、山下俊一、東電の事に関しては
まるで報道しない。
どちらの方が凶悪な事件なんだろうか?
テレビを付けるたびにそう思う。



続きを読むに追記あり



追記ーーー

この橋下氏の反応を見て、私はハッキリと分かった。
今までは、橋下氏を応援したい気持ちが、
かなりある→ちょっとある→どうかな?
だんだん、だんだん変化してきていたけれど、
これで完璧橋下サンとはサヨナラです(✿◕ ‿◕ฺ)ノ))。₀: *゚✲ฺβyё βyё✲゚ฺ*:₀



橋下市長:週刊朝日は「謝り方も知らない鬼畜集団」

毎日新聞 2012年10月22日 20時05分(最終更新 10月22日 20時24分)

橋下徹大阪市長の出自に関する週刊朝日の連載を巡り、
橋下氏は22日、おわびが掲載された同誌が市役所に郵送されたことを明かし、
謝り方も知らない鬼畜集団」などと批判、
市役所での記者会見で直接謝罪するよう求めた。

記事を執筆したノンフィクション作家の佐野眞一氏に対しても、
佐野を(社会的に)抹殺しにいかないといけない」などと激しい言葉を並べており、
波紋を呼びそうだ。

橋下氏は大阪市内で記者団に、
「僕は子供に、謝る時は週刊誌を送りつけて終わりという育て方はしていない」
「人間じゃない。鬼畜、犬猫以下。矯正不可能だ」などと激怒。
佐野氏についても、
「向こうはペンで僕を殺しにきた。佐野を抹殺しにいかないといけない」
「僕と同じくらい異常人格者だ。佐野のルーツを暴いてほしい」などと述べた。

連載は同誌が10月26日号で始めた「ハシシタ 奴の本性」。
同誌は2回目以降の連載休止を決めている。
23日発売の11月2日号では2ページにわたる「おわび」を掲載。
河畠大四(かわばた・だいし)編集長名で
「同和地区を特定するなど極めて不適切な記述を複数掲載してしまいました。
タイトルも適切ではありませんでした」などと謝罪している。
【原田啓之】



関連記事

コメント

非公開コメント

No title

こんにちは。

>>簡単には流されないぞლ (。◕ˇε ˇ◕。ლ)

全くその通りです。その言や良し。説明は省きますが、日本人は公衆トイレで手を洗わないのが多いし、直ぐマスゴミの白装束のネタのスクラム報道に乗せられるのが多い。男性用トイレしかみられませんがね。

戦争中に爆撃や配給などのや戦後占領下でのや公報を読んで命を長らえてきた経験がいまだに尾を引いているらしい・・。

ところで他のブログでとくに動画で小出さんの発言を紹介して「書き下ろし」とかを押すとほとんでこの貴ブログに飛んできますよ。いや・・とくにワッショイする意図はありませんがね(^_^)

では。

No title

きーこさんへ お久しぶりです。

差別意識の強い人間に限って人間性批判されると人格崩壊を起こしてしまうみたいですね。被差別部落出身者、父親がヤクザで弁護士・大阪府知事・大阪市長まで上り詰めたハシモト氏は、どのようにしてアイデンティティを確立したのか?
当然、国政に打って出ようというのですから有権者の関心は、ハシモト氏個人の人間性や人格に向くのは当たり前のことなので、的を得た立派な記事だったように思うのですが、さすが、解同の強い地域だけに戦い方が独特ですね。敵を威圧してモノを言わせない独裁者的批判がでるのも無理が無い。

過剰反応せずに笑ってやり過ごせない橋下徹さん。
残念な人です。劣等感コンプレックスの塊り、出世欲の塊り、差別された差別されたと大騒ぎして、糾弾集会で徹底的に抹殺するまで追い詰める。自己防衛のスタンスが石原都知事や安倍自民党総裁とピッタリ来るのでしょうね。
違いは、優越感コンプレックスからくる差別意識と劣等感コンプレックスからくる差別意識の自己防衛のあり方です。

ところで尖閣諸島の国際問題の放火した火事場泥棒の石原・安倍批判をマスメディアはまったくやりませんが、計り知れない国益を失った責任問題を取り上げないのは何故でしょうか?
原発再稼動の為に国民の意識を分散する作戦ですかね。

福島県民と沖縄県民への現在進行形で行われている差別政策、本当に同じ民族、日本人としての命の尊厳を国家は憲法にあるように保障しているのでしょうか?アメリカ軍人に辱めを受け続けながら、日米安保が重要であると主張する前原や長島はアメリカCIAからお金を貰っているのではないでしょうか?

原発事故を引起した人々を救うための逆差別、法律でその犯罪性をまったく追及されること無く、のうのうと権力の座に居座っていますが、こうしたお偉い方々は、血統が良いので何をやっても無罪放免なのでしょうか。

士農工商・エタ・ヒニンの過去の日本のカースト制度、神の座、王族に君臨し続ける天皇家一族、日の丸君が代斉唱を推進するハシモトさんは被差別部落の出身者と言うよりもその矛盾した人格に問題があるのではないでしょうか?

簡単にながされてしまう小市民の立場でちょっと言い過ぎましたね。


川島選手合成写真

めぐは毎週水曜、文科省前で福島の子どもを避難させよという抗議集会に参加していて、ミニスカで(笑)スピーチしたりしてます。

http://www.youtube.com/watch?v=xWLOPTCwj1E&feature=youtube_gdata_player

これは20121017の動画で、新橋SL広場と文科省前の両方ですが、1:18:02頃からふくしま集団疎開裁判関係者がスピーチしてます。そこでこの合成写真のことを取り上げていた。
具体的にはご覧頂くとして、きーこさんのご指摘と共通してて、あの写真にはチェルノブイリ事故を経験したヨーロッパでの認識があるのではないか、という内容でした。

奇形児とか人体実験とか言うと「福島を傷つけるな」「寄り添わないのか」などと反応されがちですが、本当に心配している福島県民や避難者は精神論でカタがつく問題とは思ってもいないのが現実です。

(ちなみにめぐスピーチは27:24頃からと1:03:52頃なので、怖いもの見たさの方は(笑)どぞ)

No title

GK川島選手について
フランスメディアがこのような合成写真や、発言をしたことについては
大変腹立たしい限りですが、
このような写真を、私達日本人がブログに張り付けするべきではないと思う。
非常に不快だ。
気分が悪い。

私があなたのブログに来なければいいのかな!

地震や津波に関しては、日本人は大変尊敬されているが、
原発に関しては、世界からバカにされているのですよ。
今回のこの件は、それを露呈しただけの事。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。