スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<分かち合い>「オスプレイの飛行訓練を全国で受け入れていただく」11/1NHKニュース9長島防衛副大臣と大越アナ(内容書き出し)

昨夜のニュース9の二人の話を聞いていて、不思議な違和感を感じました。

オスプレイの飛行訓練に対して、
「これは安全保障の代償(アメリカが守ってくれる)なのだからもっと日本で広く負担するべきだ」
「各地で受け入れることを考えることは国民一人一人への警鐘だ」と大越アナは言いました。
NHKが、大越さんが、いかにも沖縄の事を考えているように見せながら、
実は、優しくてまじめな日本人の良心に付け込んで、国民を脅しているように感じました。

防衛副大臣は47都道府県にオスプレイを受け入れるよう今日話すとしています。
野田総理にもそう言わせると。
(総理大臣はいろんな人に「言わされている」んですね。操り人形みたい)

聞いていて、何かが変だな?と思いました。

これは、大事なことの論点がすりかえられているニュースだと思います。
「絆」によるがれきの全国拡散に続いて
「分かち合い」によるオスプレイ全国拡散。

果たして、沖縄の方は、オスプレイが全国で訓練することを望んでいるのでしょうか?
私にはそうは思えません。
オスプレイはすべてアメリカに持ち帰ってもらう。
米軍には日本から出ていっていただく。
沖縄の方々はそういう事を言っているように思えるのですが・・・

なぜ、アメリカ軍のために、日本の国土の上空をオスプレイが飛ぶことを承認するのでしょうか?
わたしは、アメリカ軍には日本から出ていっていただくのが一番いいと思います。

先日の沖縄講演で肥田舜太郎先生はおっしゃっていました。

肥田舜太郎氏10/1沖縄講演(内容全て文字起こし)より抜粋します。

最近アメリカに行って、どんな人に聞いても
「『日本人が危機になったから、アメリカが核兵器を使って核戦争を起こして日本を守る』
そんなバカなことを誰がするか!」
当り前ですよこんなことは。
それは日本の政府が勝手に国民に言っただけのことで、初めから嘘なんです。

アメリカさんには余計な核兵器は持って帰ってもらう。
「安保条約」なんていうものはいりません。

今日本を苦しめている一番の本家本元は「軍事同盟」です。

あれを何度も私は読んでみた。
そしたら最後のところに、
「この条約は加盟しているどちらかの国が『来年から止めましょう』って言ったら
別に両方が討議をして一致しなくても,片方が言っただけでその翌年から効力が無くなる」って書いてある。
だから日本の総理大臣が
「今日までありがとうございました。明日からは結構です」って言えばいいんですよ。
書いてあるもの。

「安保はそろそろやめましょうよ」世論をここで起こしていく。
それが私は非常に大事な時期になっていると思っています。

ーーー抜粋ここまで

つまり、ニュース9で大越アナが言ったコメントには、
根本的に重大な勘違いというか…間違いがあると私は思います。


長島防衛副大臣と大越アナの部分音声を録音しました



沖縄の方:
日本全体でこの基地問題、沖縄の問題を考えて頂く時期だと思っています

長島防衛副大臣:
11月2日に防衛大臣は全国知事会に出席をいたします。
そして47都道府県の知事のみなさんにたいしてですね、
この沖縄の負担を何とか全国で分かち合っていただけないかという提案をさせていただくことにしています。

総理からも、その趣旨の発言をしてもらおうと思っています。
で、そういう事によって、具体的にはオスプレイの訓練。
これは沖縄だけでやるのではなくて、
全国でしかるべき地域で訓練の分散をして、それを、ま、受け入れていただけるように
全国、日本全体で、こう受け止め分かち合い、負担を分かち合う
という、
そういう事をですね、具体的に進展させていきたいと思っています。


大越:
今回ほぼ半年ぶりに沖縄へ取材に来てみて感じたことがあります。
それは、アメリカ軍の駐留が日本の安全保障の代償ということであれば
沖縄だけではなくて、
もっと日本全土で広く負担するべきだ」という不満を明確に口にする人が増えたのではないかという事です。
それは基地の負担を他人事と受け止めがちな多くの国民への警鐘とも言えるかもしれません。

政府は明日の全国知事会議で
オスプレイの訓練を沖縄以外の場所で、分散させて実施することに理解を求めることにしています。
問われているのは、沖縄にとどまらない全国の国民一人一人だとここ沖縄に来て感じました。


ーーーー

沖縄の米軍基地問題、これは日本国民全員で考えなければならない問題です。
そもそも、なぜ米軍基地が各地にあるのか?
私の家の近所にも厚木、立川、福生と小規模ながらあります。

安保条約で果たしてアメリカは日本を守ってくれるのでしょうか?
中国や韓国が攻めてきた時に、米軍がやっつけてくれるのでしょうか?
以前は私は助けてくれるものと信じていました。
でも、事実はどうやら違うようです。

日本はこのままでいいのでしょうか?
アメリカに出ていってもらうためには、総理大臣の一言でいいと肥田先生はおっしゃっていますが、
誰か野田総理に
「今日までありがとうございました。明日からは結構です」って言わせてくれないでしょうか?

でも、そうなると日本は日本人で守らなければならなくなる。
そこでふっと思い出しました。
青山繁晴氏の主張を。
「国民防衛を主眼とする「国民軍」の創設」
アメリカに出ていってもらうためには、このようなものが必要になるのかもしれない。
日本が本当に独立することを恐れていてはもういけない時期にきているのかもしれないと
そんな事を考え始めました。

でも、ここまで考えてくると、
やっぱり私は分からなくなってしまいます。
自国で軍隊を作って守る。
そこの部分でやっぱり…悩む…まだ、答は出ないです。

だけど、こんなアメリカのしたい放題はやっぱり許せない。

悩みます。
考えてみます。


この件に関するニュース9の全容は続きを読むにおおよそ書き出しました。







オスプレイ12

アメリカ軍の新型輸送機オスプレイが普天間基地に配備されてから今日で1ヶ月です。
この間反発が和らぐことは無く、運用ルールが守られていないという不満が高まっています。
そこで起きたアメリカ兵士二人による女性への暴行事件。
二人のうち階級が上の兵士が主導しているという事が警察への取材で新たに分かりました。
卑劣な犯行の姿が徐々に明らかになる中、沖縄の怒りは募っています。
大越キャスターが沖縄からお伝えします。

オスプレイ13

私は今沖縄本島の中部、沖縄市にあるゲート通りというところにきています。
アメリカ軍嘉手納基地と繋がる子のゲート通り、
不断ですとこの時間、アメリカ兵などでもう少しにぎわいがあるという事なんですが、
今夜は人影はまばらです。
先月女性に乱暴した容疑で、アメリカ兵士二人が逮捕されたのを受けて、
在日アメリカ人の全ての兵士に夜11時以降の外出禁止令が出されています。
自粛ムードの中の静けさが通りを覆っています。

しかし、事件への怒りはむしろおきなわでは強まっているようにも感じます。
アメリカ軍は信頼回復への対応を迫られています。

ー略ー

アメリカ軍の倫理教育の様子
現役の兵士は?
米兵1:事故を起こしたあいつらは嫌いだ。
米兵2:沖縄の人を失望させてしまった

多くのアメリカ兵が謝罪の言葉を口にする一方でこんな声も
米兵3:
いつも事件を起こすのは米兵ばかりじゃない。
米兵が事件を起こすと大ごとになる。
日本人が事件を起こしても問題が大きくならないだけ。
外出禁止令で動揺するのは日本人側でしょ、米兵が外でお金を使わなくなるから。
また元に戻るさ。

ー略ー

グレンケネディーさん「アメリカ軍基地は必要だ」
オスプレイ14
外の脅威から沖縄を守るため米軍は沖縄にいるのだから。


安全保障、そして地元経済のためにも沖縄基地は役立っていると語るアメリカの兵士たち。

昨夜沖縄で開かれた女性暴行事件による抗議集会。
およそ1000人が集まりました。

ー略ー

31年前に米兵から乱暴された80代の女性
当時経営していたカフェで開店の準備をしていたところ突然入ってきたアメリカ兵に乱暴されました。
当時の裁判の判決文です。
アメリカ兵は逮捕されましたが賠償金の支払い能力が無く本国へ強制送還されました。
地震の被害を打ち明け沖縄から被害がなくなることを願ってきましたが、
繰り返される事件に胸を痛めています。


オスプレイ15
80歳女性:
またもまたもね、同じようなそういう問題が繰り返し起こるって、
いったい責任ある人は何を考えているかと思うわけよね。
もういい加減にせいよって、もう限度だよって。
変わらないっていう事はね、
変えきれないのが我々の責任だよね、全部の。
みなさんのメディアも一般も。


基地と共存する生活から脱する必要があるのではないかと考え始めた人。
嘉手納基地に隣接する地区の自治会長の方。
これまでは基地を容認する立場だった。


オスプレイ16
だって、どうしたって何時までもこの基地に頼って行ける訳じゃないでしょ、
なら、早めに基地を返してもらって、早めに自分たちで歩き出した方がいいんじゃないですか。


大越:
沖縄で取材していますと沖縄はアメリカ軍基地なしでは立ち行かないという見方はもう古いと、
多くの人が答えます。
確かに沖縄経済は基地への依存を脱しつつあります。
それなのに基地の過重な負担の方は一向に変わらないという事実に、
基地周辺の人達はずっといらだちを募らせてきました。
そうした中で行われたのがオスプレイの配備です。
オスプレイの安全性への不安もさることながら、
それは積もり積もった不審に火を注いだ形となったのです。

女性暴行事件に沖縄の人々が強い憤りを示す背景には、
地元の反対を押し切って行われたオスプレイの配備があります。
これまで沖縄を尋ねるたびに話を聞いてきた山城賢栄さんと普天間基地に向かいました。

山城さんは住宅の上を飛ぶ軍用機の様子を記録しています。
オスプレイ17


オスプレイ18
山城:
普通のヘリとは全く違いますね。
重たい音かな、ドドドドドドという感じでですね、
それが編隊で訓練するとか、もっと低く飛んだりすると、
それはすごい音が

オスプレイ配備から一カ月、
飛行訓練は合わせて12日間行われました。
オスプレイ19

夜間飛行も行われ、おとといの訓練では、
飛行が制限されている午後10時以降まで続けられました。

飛行の方法について、日米両政府が合意した運用ルールが守られていないという指摘が相次いでいます。


オスプレイ20

負担は日本全体で

こうした現状をどう受け止めているのか、長島防衛副大臣に聞きました。

大越:当初の約束よりも、ややその、危険な飛行をしているのではないか?

長島防衛副大臣:
それは私どもも認識していまして、どういう運用をなされているのか。
それはアメリカ軍としては「守っています」という事なんですけどね、
私たちの目で、しっかり確認するという作業も同時に行っています。
で、もし仮に違反が続くようであればですね、
これもまた日米合同委員会の議題として、
えー、これからも継続的にですね、もちだして、
そして、きちっと決めた事を守らせるようですね、米側には働きかけていくつもりです。

普天間基地に隣接する公民館を尋ねると、
地元の人達から出てきたのは女性暴行事件への憤りの声でした。

「あってはならないこと、みんなそう言いますけども本当にあってはならないこと、もう涙しましたよ」

「置きな泡で事件を起こしても、まぬがれるんだという思いがあると思うんですね。
そういう思いというのが悔しくてたまりませんね」

そしてみなさんが口にしたのは沖縄と本土の間にあると感じる意識の違いでした。

「既成事実と言うのかね、基地があるという既成事実があるから、
結局本土のみなさんも、それは沖縄が担えばいいと逃げ腰ですよね」

「どんな抗議をしても何ら軽減どころじゃなく、押しつけられて、
いつの間にかそれが当たり前になっていくような、なんかそういう流れの中にいるような感じ」

「もうそろそろと言っては大変失礼ですけれども、
日本全体でこの基地問題、沖縄の問題を考えて頂く時期だと思っています」


長島防衛副大臣:
11月2日に防衛大臣は全国知事会に出席をいたします。

オスプレイ21

そして47都道府県の知事のみなさんにたいしてですね、
この沖縄の負担を何とか全国で分かち合っていただけないかという提案をさせていただくことにしています。

オスプレイ22

総理からも、その趣旨の発言をしてもらおうと思っています。

オスプレイ23

で、そういう事によって、具体的にはオスプレイの訓練。
これは沖縄だけでやるのではなくて、

オスプレイ24

全国でしかるべき地域で訓練の分散をして、それを、ま、受け入れていただけるように

オスプレイ25

全国、日本全体で、こう受け止め分かち合い、負担を分かち合うという、
そういう事をですね、具体的に進展させていきたいと思っています。

オスプレイ26

大越:
今回ほぼ半年ぶりに沖縄へ取材に来てみて感じたことがあります。
それは、アメリカ軍の駐留が日本の安全保障の代償ということであれば、
沖縄だけではなくて、
「もっと日本全土で広く負担するべきだ」という不満を明確に口にする人が増えたのではないかという事です。
それは基地の負担を他人事と受け止めがちな多くの国民への警鐘とも言えるかもしれません。

政府は明日の全国知事会議で
オスプレイの訓練を沖縄以外の場所で、分散させて実施することに理解を求めることにしています。
問われているのは、沖縄にとどまらない全国の国民一人一人だとここ沖縄に来て感じました。





関連記事

コメント

非公開コメント

同感

肥田先生やきーこさんの意見に同感します。
昨年、3・11以降の政府の対応に不信感を募らせ、日本の歴史を調べました。
わたしもアメリカには出ていってもらうのが一番だと思っています。原発はいらないけれど、安保は必要、これはないと思います。原発も基地も安保も全ては、一つの線で繋がっているからです。
安保など嘘っぱちです、アメリカがどうして日本人の為に血を流すのか、工業生産性のなくなった日本人など利用価値は、人体実験くらいでしょう。
自分の国は、自分達で守る、人任せにするのは終わりにしなくちゃなりません。
憲法も、新しいものを作ったらよいと思います、建国。
新たに建国し直す必要があるとおもう。
そして、責任逃れの筆頭、昭和天皇が交わしたアメリカとの約束を現在の天皇も継承しているならば、現天皇も責任を取るべきだと考えます。
政治に口は、挟めない。
嘘です。

ki-koさんの鋭い感性が有難い

ki-koさま、はじめまして

最後の方を見ましたが、盗人猛々しいと申しましょうか、
本当に煮えくりかえる思いをしました。

全文を書き出していただいて、改めて読ませていただきました。
巧妙ですね~。  最近このような構成で、あたかも沖縄なり、
被害者に同情すると見せかけて、あわよくばこのチャンスに
自分たちの思いを適えようという、虫の良い話が蔓延しています。

はっきり言って、ki-koさんの様に素早く反応する人が少ないのは、
云っている意味が解っていないのではないのでしょうか。

国語力の低下は凄まじいものがあります。

あきらかに、≪沖縄状態を全国に≫と言っているのであって、
在沖縄75%の基地を減らして、例えば半分に、その分はグアム
に、残る沖縄基地の半分を日本中の基地に分散とかという話
ではないのです。

この両氏のように、頭をまっとうなことに使わずに、如何にして
ばかり。 

ki-koさん、頑張ってください。お願いします。

犬HK問題

きーこさん

今回も、文字お越しご苦労様です。

アメリカ基地問題などの提起、きーこさんのまじめな性格が感じられます。

私は、その様な部分もそうですが、それ以上に、
犬HKの政府の犬ぶりを問題にしたいところです。

特に、今回出演の大越の犬ぶりには、今までも多くの批判が入っていますが、
平均年俸1700万円(大企業の役員報酬並みで、おいしい電力会社の倍)のおいしい仕事(工作?)を
やらせてもらう政府には、従わざるを得ず、政府の広報・国民洗脳担当として、
完全に受信料を負担する国民を裏切る行為を続けています。

私は、犬HKの受信料を払いたくないので、その他の民放も含めて、テレビを見る事を一切やめました。
(解約書類とB-CASカードを3枚送りつけました。)

政府、犬HK、原子炉時限爆弾爆破担当(通称○○電力)、すべての横暴を許さないためにも、
連中の原資を断つ必要があります。
公務員の豊かな生活維持資金(通称、税金)、犬の餌(通称、犬HK受信料)、
原子炉時限爆弾製作・爆破準備資金(通称、電力料金)を断つためには、
プー太郎になり自給自足生活(所得税、住民税、消費税の支払いがほぼなくなります。)、
洗脳情報垂れ流しのテレビを観ない(テレビをみられない状態にすれば、犬HK受信料の契約を解除できます。)、
電気は使わないわけにはいきませんが、節電努力と、家電メーカーの超省エネ家電を期待し、買い換える。

私は生活をずいぶん変え、抵抗しています。(でないと、日本は滅びます。)

日米安保と改憲→軍隊保持?!バっ馬鹿な!!!

キーコちゃん、いつもありがとう!

残念ながら、肥田先生がおっしゃるように
ことはそれほど簡単じゃないと思う。

まず、
日本の総理大臣が「ノー」と言っても
アメリカが、そう簡単に
「はい、わかりまし。じゃあ日本の皆様さようなら!」って
米軍を引き上げてくれるとは思えないよ

なぜなら日本の米軍基地は
アメリカの極東戦略のキー・ストーン=要衝だからだ。
もし日本の米軍基地を失うことになれば
アメリカは、その世界戦略のアウトラインを
根本的に書き換えなきゃならなくなる。

グァムやハワイでは遠すぎて
極東の抑えにはならないからだ。
従ってアメリカは断固として
在日米軍基地の維持=継続に固執するだろう

そのためには
あらゆる手を使って
日米安保を守ろうとするだろう。

たとえば、日本製品の対米輸出の制限。。。
アメリカの食糧の対日輸出の差し止め。。。等々
日本経済は一朝にして
崩壊するだろう。。。

同様に
日本が、
自衛隊的「単なる防衛能力」を越えた
「自前の軍隊」を持とうとしたら
アメリカは断固として阻止するだろう。

アメリカは日本の技術力を
高く評価している筈だから
日本が「自衛」隊を超えた
戦闘能力を持ったとしたら
アメリカにとって
イランや北朝鮮以上の軍事的脅威になる可能性があると考え
日本にそんなマネをさせたら
将来的に大変なことになると考える筈だからだ。
何せ日本には水爆の原料である
プルトニウムだけは山ほど持っている上に
技術大国であり、エレクトロニクスの水準はアメリカを凌駕しかねない国だからだ

こんな国が
アメリカの言うことを聞かず
自前の軍隊を持つなんて言い出したら
特に米軍を追い出して
核武装するなんて言い出したら
アメリカは一切の
対日軍事援助や軍事情報や軍事協力を
凍結し
他の同盟国と結託して
対日経済制裁をするかもしれない
在米日本資産の凍結だってやりかねない!
シーレーンだって日本の軍事力だけで維持することは
できないだろうし、
アメリカが難癖をつけて
妨害するかもしれない?

もう一方の問題は
まがりなりにも
日本が戦後66年間、平和と繁栄を享受できたのは
平和憲法と日米軍事同盟の御蔭だって点だ。
それは、先の戦争の惨禍から日本人が
生み出した平和に生きる方便だった筈だ!

もし日本が戦前の軍事国家に逆戻りして
徴兵制を敷いたら
日本の若者たちは
再び戦場に駆り出されるかもしれない。
中国を相手に第三次世界大戦に引きずりこまれるかもしれない。。。

日清戦争から第二次世界大戦まで続いた
絶え間ない戦争の時代に逆戻りするかもしれない

そうなったら
原発はとても止められない上に
戦争の惨禍まで降りかかってくるってことに
なりはしまいか?

もし日本が改憲し「自前の軍隊」を持つことになれば
石原慎太郎や橋下徹や石破茂の思うツボだ

オレは日本は
平和憲法を維持し、
日米安保は破棄し
日本は現在の自衛隊以下の戦力で生きていくべきだと思うけど、
アメリカは安保破棄なんか許さない
って思うけど、皆さんの意見はどうですか?






管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

きーこさんへ

日本が本当に独立することを恐れていてはもういけない時期にきているのかもしれないとそんな事を考え始めました。

鳩山政権の時にアメリカに対して、普天間基地をグァムに移す事を主張して鳩山は潰されました。
「在日米軍は第七艦隊だけで十分だ」こう発言した小沢一郎は、徹底した国策捜査により、検察の滅茶苦茶な尋問を受け、世論誘導されて政治的影響力を失い潰されました。

自民党と民主党の一部の議員は、戦後CIAから多額の支援を受けて「日米安保」の名の下に米国の占領支配を受け入れてきたのです。

独立して日本軍を持つなどと本気で口にしようものなら完全に日本は沈められるでしょう。原発事故で致命傷を負って軍事政権を復活させようとしているのだとしたら、アジア諸国からも敬遠されて八方塞がりで身動きできずに結果的にアメリカとの軍事同盟、日米安保の名の下に占領支配を受ける事になります。

民主党の前原や長島は、日本が米国に吸収合併されることを願っているのではないでしょうか?自民党の小泉ジュニアもアメリカ留学でスパイ教育を受けているようですし、対面上は独立を口にしても現実は、アメリカの支配によって日本は国として国際的に認められると本気で思っているようです。

アメリカと言う国は、何処かで戦争をやりながら経済的豊かさを得てきた国なのです。戦争の火種を作っては、軍隊を送り込んで武器を売り、資源を強奪しながら経済の主導権をドルによる支配で思い通りにしてきた国です。

日本の戦後の経済もアメリカの軍事作戦、軍事行動に便乗して成り立っていたのです。

日米安保を放棄して戦争によるおこぼれに預かる様な主従関係を解消しなければいけないでしょうが、平和憲法という宝物をうまく使えば戦争を放棄した国、放棄させた国としての関係で軍隊を持たない国として独立できるのではないでしようか?

だから自国で軍隊を作って守るなどの発想は完全に放棄する。
戦争に関わらない。暴力や武力で相手を抑え付けない。

強くなければ生きられないが、優しくなれないなら、生きる価値がないと小出さんが講演会で訴えてましたよ。

ながながとすいません。


いつも文字起こしありがとうございます。

私もきーこさんと同じく思います。
himadarakeさんとも同意です。
おいしい"思いやり予算"も手放したくないでしょうし、9条改正すれば米兵じゃなく日本人で日中戦争させれる。
オスプレイ反対は在日中韓だと意見もある。
でも米国内で訓練反対の出る物を何で配備されなきゃいけない。
"日本から搾取・利用"する米が"日本の安全の為"に配備なんてするわけない。
それに日中韓を険悪にして一番儲かるのは兵器を買って貰える米のようだ。
"日本全国での訓練の必要"なんて何の理由で。
そんなに分かちあいたいなら、まず霞が関上空で半年訓練してもらえ!
野田と一緒に行動すればいい警備になるじゃないか。

問題提議できて良かったですね。
この問題は、原発を反対する上でも繋がっているので避けて通れない道なんだと思います。

軍隊の発想でなくてもよいと思いますね、日本は、戦争に参加しない、加担しない、誰も傷つけない国であってほしいです。
平和憲法は残しつつ、自立の道を歩くのが望ましい。

No title

きーこさん

 私は、いつもきーこさんのご意見に共感して、ご努力に感謝して、このブログを読んでいます。でも、このオスプレイ問題に関しては、意見が違うのです。この国がどんな国になってほしいかという根本の考え方は、きーこさんと同じですが、具体的に、オスプレイ配備問題にどう対処するかという方針のところで違うのです。
 端的には、国家的に沖縄への配備を認めておいて、オスプレイの日本本土への配備に反対することはできないと思います。オスプレイが沖縄内にとどまっている間は、沖縄の人々がどんなにそれで苦悩・苦闘していようと、本土にいる私たちには他人事です。たとえ、反基地・反軍・反戦運動にとりくんでいる人であっても、やはり、他人事です。
 反基地・反軍・反戦の気持ちがあるなら、オスプレイの日本本土への配備に反対するのではなく、日米安保の廃棄に向けて、今どうすればいいかを考えるべきではないですか。沖縄のあまりにも過酷な負担をまず、軽減しなければならないのではないですか。グアムに行け、アメリカに帰れとだけ、言っていていいのですか。そんな主張はするだけ、無駄、です。
 我が事にならなければまじめに考えられないのが、人のサガです。日本本土の人間も沖縄が押しつけられている運命を分かち合わないと、日本の安全保障とは何か、日本を守るというけれど、どこの国から何を守るのか、ほんとうにまじめに考えられないのではないでしょうか。
 日本本土の人間は、「沖縄問題」をもっと知らなくてはならないと思います。沖縄の人たちが、日本の防衛に必要だというのなら、なぜ、米軍基地を、オスプレイを、なぜ本土に持っていかないのかと言っていることを、まともに、受け止めなくてはならないのではないでしょうか。
 政府の意図は全土を沖縄化すること。それはそのとおりですが、そうならないと、私たちは、日米安保、対米従属問題を、我が事として考えられないのではないですか。福島の事故が起きてはじめて、国民的規模で原発問題を意識できるようになったのと同じに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。