スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<5.核武装>「『プルトニウムを減らすために大間を稼働しなければいけない』は詭弁」 田坂広志氏11/2自由報道協会記者会見(内容書き出し)

11月2日に自由報道協会主催
以下は質疑応答の一部分です。


<余剰プルトニウム>



質問:
AP通信の山口と申します。
核燃料サイクルを維持する理由のもう一つとして、
外国からのプレッシャーというか、アメリカの意向が反映されているという議論があったんですけれども、
核セキュリティーの観点から余剰プルトニウムをためないために、
原発で燃やし続ける必要があるという議論があることについて、どういうふうにお考えになりますか?


田坂広志:
これもね、最近日本が脱原発に行くと
アメリカとの関係がおかしくなる」とかですね、
核不拡散について非常に問題が大きいんじゃないか」とか、いろいろおっしゃる方がいますが、
実はあまり一貫した筋の通った議論というのは拝見したことがないんですね。
なんとなく気分として語られている方が多いような気がします。

むしろこの手の話は表層的な議論よりも、本質論で見つめた方がすっきりしていますね。

核不拡散」という事の一つの意味は、当然のことながら、
日本は核武装はしません」とか、
核兵器に転用することはありません」という事のもとで、
再処理まで、核燃料サイクルまで認めてもらっている訳ですね。

したがって、この議論は私は少し詭弁だと思っています。

日本はプルトニウムが、もうある。
「これは燃やして無くさないと日本は核武装するんじゃないか」と思われる。
「したがってこれは、燃やさなきゃいけない」
そうすると、「大間のようなプルサーマルの原発を稼働しなきゃまずい」
もしくは、「再処理工場と高速増殖炉を、核燃料サイクルを維持しなきゃダメだ」という、
これは極めて、私は詭弁だと思います。


それをやってもプルトニウムはまた次に出てきますから、
グルグル無限に続くような話になってしまいます。


そうではなくて、もし本当に脱原発の方向に向かうのであれば、
もう今すでに存在している40何トンかのプルトニウムについてはですね、
わたしは、国際的な査察にゆだねるような新たな政策論を世界的に提唱するべきだと思います。

つまり日本はこれについてはもう全く、「核兵器への転用はいたしません」と、
従って、
世界的なしっかりとした管理のもとで、使わないような仕組み制度を受け入れますという事で、やるべきで、
場合によってはそれを、国際的な機関で、空間的にも別の場所に持っていくことはあり得るかもしれません。
で、それがすぐにできるわけではないですが、
そういう姿勢を政策的に一挙に示すという事ですね。
つまりそういう姿勢を日本が明確に世界に対して示すという事で、まず国際的な信頼を得るいうことで、
そこをごちゃごちゃやっていると「怪しげだ」と思われると思います。

ただ、あの…
日本ではやっぱり、プルトニウムだとか、再処理というものを、
ごく少数かもしれませんが、
日本での核武装、潜在的核武装はやっておくべきだという論者の方もいらっしゃいますので、
こういう方々からすれば、むしろ再処理技術、濃縮技術そしてプルトニウム、
こういうものは何らかの理由を付けて
日本にずっと置いておきたいという考えがあることも一面の事実かとは思います。


このあたりはまた非常に難しい政治的な議論になってくると思います。





ーー会見全てーー

会見本編↓
<会見・本題>「脱原発は選択の問題ではなく、不可避の現実である」
田坂広志氏11/2自由報道協会会見(内容書き出し)


質疑応答↓

<1.望まない被ばく>「今後何十年と極めて重い心の重荷を背負う事になる」
田坂広志氏11/2自由報道協会記者会見(内容書き出し)


<2.放射性廃棄物>「国民の意識の成熟が問われる問題」
田坂広志氏11/2自由報道協会記者会見(内容書き出し)


<3.立地自治体>「地元の経済的自立を図るための政府の支援」
田坂広志氏11/2自由報道協会記者会見(内容書き出し)


<4.原子力の技術と輸出>「原発ゼロ社会にすると原子力技術者がいなくなる?」
田坂広志氏11/2自由報道協会記者会見(内容書き出し)


<5.核武装>「『プルトニウムを減らすために大間を稼働しなければいけない』は詭弁」
田坂広志氏11/2自由報道協会記者会見(内容書き出し)


<6.原子力規制委員>「何を言うよりも大切なことがある。誰が言うかだ」
田坂広志氏11/2自由報道協会記者会見(内容書き出し)







関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。