スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<車麩のセシウム検出結果>生活クラブ放射能検査結果にあらためて思う

<ウクライナ報告>「5から10ベクレルの食品で被害が出ているという事を確認しました」
小若順一氏11/2(内容書き出し)

ウクライナの報告を聞いて、5ミリシーベルトでも身体に異変が起きるという事が分かりました。


生活クラブの放射能検査結果
生活クラブは検出限界値がゼロではないので、
商品によっては10ベクレル~30ベクレル(セシウム134+137)以下の場合、
不検出となっていることもあると思えます。
そこのところが消費者としては不満足な部分ですが…

その測定の中からも生椎茸、舞茸、レンコンはたびたびセシウムが検出されています。
11月13日には、
「にら(JA常陸小川)からセシウム合計13 Bq/kg検出しました。
100gを食したとき、1.3 Bqの摂取となり、0.026μSvの内部被曝と推計します」
との表示もあります。
この「100g食した時」という事をわざわざ書いていることに、なんとなく私は違和感をぬぐえません。
麩14



今回は、放射能検査の中で最新の検査結果11月16日より
車麩(ミサワ食品)からセシウム合計9 Bq/kg検出しました」に注目してみました。
麩12


たった9ベクレル、されど9ベクレルです。


ミサワ食品ホームページより 車麩の部分
麩11


「しかし、一般流通されている「麩」の殆どは輸入小麦粉を使用しているのです。
このたんぱく質の含有量が、輸入小麦粉より国産小麦粉の方が少なく作業効率がよくありません。
これもまた、意外と手間・技術が必要となります。国産小麦粉使用の「麩」は、麩職人のこだわりなのです」

つまり国産小麦粉使用
実は私も、原発事故前は国産小麦粉にこだわっていた一人です。

「弊社ではくず粉を加え、さらに食感をグレードアップ致しました」

くず粉が原因なのか?国産小麦粉が原因なのか?

もうちょっと詳しく見てみました。

食材から検索 車麩 ミサワ食品
麩13


なんと( ゚д゚)ハッ! 9ベクレルというのはセシウム137だけの数値です!
134は検出限界値が10ベクレルなので出ていないという事のようです。
つまり、セシウムを合計すれば10ベクレルを超え最高29ベクレルの可能性があるのです。

また、9月21日の測定でも137に限って検出限界を若干超えてしまって8ベクレル出ていますが、
この時の134の検出限界地な13ベクレルです。

もっと以前を見てみると137の検出限界値が最近のものよりも高いことが分かります。
ですから、過去にも含まれていた可能性は否定できません。

ひどいのは2011年9月の測定
セシウム134が59ベクレル。137が56ベクレルという検出限界値の高さです。

不検出という文字についつい安心してしまう私ですが、
今回のこの結果を検証してみて、安易に安心してはいけないのだという事がよく分かりました。

生活クラブは常に消費者の見方であって欲しい。
そして私たちはとっても疲れるけれど時々こうして目を光らせていなければいけないんだと
あらためて痛感しました。



たった9ベクレルの話です。
でも、134の検出限界値を下げれば多分もうちょっと数値は上がるかもしれません。
それに、セシウム以外のものも入っているかもしれません。
そして・・・もしかしたら筋肉に蓄積して身体が痛くなるかもしれません。


福島第一原発事故が起こって今までの常識が一変したことに、
生産者の方々にも早く気がついていただきたいと思っています。
今まで健康を第一に食品をつくってきて下さった生産者の方々は、
これからは視点を変えた食品作りをする必要もあるのではないかと思います。



爆発したあの日から今までの常識はもう変わってしまったのだから・・・



関連記事

コメント

非公開コメント

No title

たくさん調べていただき感謝です。
少し私的に危ないなと思っているのは、加工食品、大好物のお煎餅です。

メーカーに問い合わせても、コメは業務用加工用で混ぜ混ぜでどこのだか
特定できない。業者から買う時にすでに混ざっていると。

やばいなあ。被ばくしてるんだろうなあと。

市民測定

こんにちは。
いつも書き出し有難うございます。
ドイツに住んでいる方のブログ見ていてチェルノブイリ事故後のドイツの状況について小生がまとめたリポートをネット上で公開してあったのてでダウンロードできるアドレス入れときます。ベルリン@文話工房と言うブログです。
http://www.taiwakobo.de/allgemeines/publikationen/messstellen.htm

チョコレートイタリアのパスタなどにも結構入っていたようです。
私ヨーロッパ25年住んでぜんぜん気にしてなく今になってあせってます。私は長い間フランスに住んでますがチェルノブイリ事故後1年経ってもいない時にヨーロッパいろんな国回ったのでその時ぜんぜん気にしないで食べてました。その所為で不妊なったのかなと思ったりもしました。
食事には本当に気を付けて下さい。

ミサワ食品に問い合わせました

私も生活クラブを利用していて、こまち麩を買ったので心配になり
2013/3/18にミサワ食品に電話で問い合わせました。

・車麩だけは群馬県産の小麦粉を使用しているので、検出されたものはそれが原因と思われる。
(その他は北海道産。生活クラブ放射能検査web検索の産地表示は工場の場所)
・検出後も原材料(群馬県産の小麦粉)は変えていない

2013年03週(測定日2013/1/17)は不検出でしたが、おそらくミサワ食品さんもその原因は分かっていないのではないでしょうか。
(そこまでつっこんで質問はしませんでした)


>生活クラブは常に消費者の見方であって欲しい。

残念ながら、生活クラブは消費者と生産者の見方だと思います。
一緒に暮らす母が生協の地区委員をしていて、産直集会や勉強会に参加しています。
なので、生産者の取り組みを知っているし、それを消費者に伝える生協が生活クラブなんだと思います。
幼い子供持つ私としては検出限界値に不満を持ち、生活クラブの食品でも拒むと
「そんな事言ってたら食べるもんなんかないよ。生産者が(検体を無償提供して)検査しているのに、失礼だと思わないの?」
と反論されてしまいました。
出戻りという立場かつ母に逆らえないという関係なので、そこで反論はできませんでした。

私的な事まで書いて長文になりすみません。
今後も目を光らせななきゃいけませんね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。