<税金返せ!>露骨すぎるがれき利権・復興予算から交付「受け入れなくても1団体平均40億円!」

ずさん環境省 がれき受け入れないのに14団体に340億円交付
スポニチ 
 
東日本大震災で発生したがれきの広域処理をめぐり、環境省が受け入れ先から除外したにもかかわらず
北海道から大阪までの7道府県の市町や環境衛生組合など計14団体に、

復興予算の廃棄物処理施設整備費として総額約340億円の交付を決定していたことが
21日、共同通信の調べで分かった。

同省が「検討すれば、結果として受け入れなくても交付金の返還は生じない」と
異例の通達を出していたことも判明。
このうち神奈川県の4団体は交付条件だった「検討」さえしていなかったことも分かり、
共同通信の指摘を受けた同省は不適切と判断、神奈川県分の計約160億円の決定を取り消す方針だ。

被災していない地域への流用が大きな問題となった復興予算のずさんさが、あらためて問われそうだ。

[ 2012年12月22日 06:00 ]



ーーー

検討するだけで受け入れなくても交付金をもらえる。
そのお金の出所は復興予算。
記事になっている340億円は除外した14団体の分だけ。
実際はどれだけのお金が流れているのか?

さらに、
検討さえもしていない4団体にも160億円もの交付が、今回指摘されなければ渡っていたことになる。
単純に割れば1団体40億円になる。

一体これはどういう事なんだろうか?
復興予算ってなんだろう?

もっともっと私たちは怒らなければいけない!
私たちの税金です!!!

そもそも復興予算は、被災した場所のために使うものではないのでしょうか?
何100億円もこうやってばら撒く位ならば、
被災者にちゃんとした賠償金を支払う事が出来る筈だと私は思います。

くたばれ環境省!

関連記事

コメント

非公開コメント

No title

クズしかいない国、日本。(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます